続・深場伝説アラの章始まらず。お土産カイワリ4匹で十分♪

続・深場伝説アラの章始まらず。お土産カイワリ4匹で十分♪お鍋で最高な幻の高級魚アラとお刺身最強魚のカイワリを両手にドヤ顔を決めてやる。下衆な想いは伊豆の海の神様に却下された。あれこれ考え手を尽くしたがアラの魚信は訪れず、続・深場伝説アラの章は始まらなかった。それでもお土産がカイワリ4匹なのだから宇佐美は裏切らない。

続・深場伝説アラの章始まらず。お土産カイワリ4匹で十分♪宇佐美・治久丸からアラ・カイワリリレーで出撃。8時30分くらいに東海道線の下りに乗れば、熱海駅で少し早めの昼食を摂って11時30分の宇佐美港の集合時間に間に合うというゆったり釣行。Wasa達人と同船になることは連絡をもらって分かっていたが、船着き場に着いてみるとサプライズな人の姿が!! 深場の勇者様が午前のカイワリ船に乗っていた。いきなり「渋いっすよ~」。前日の午前船は20匹超えと大爆発したが午後船で沈静化。本日午前も渋かったという情報に暗澹たる気分になったが「7匹しか釣れませんでした」とのこと……7匹も釣って渋かったって…なんやそれは!!である。アラの釣り方を少し指導してもらう。勇者様とは4月に一緒に釣行する予定だ。
続・深場伝説アラの章始まらず。お土産カイワリ4匹で十分♪続・深場伝説アラの章始まらず。お土産カイワリ4匹で十分♪

■これは良型アラ間違いない!!と本気で思ってたのだが……ツノザメ

続・深場伝説アラの章始まらず。お土産カイワリ4匹で十分♪席はほぼ指定席になっている右舷の舳。釣り人3人と空いていたし、午後から少し風が吹く予報だったので舳から少し後ろに下がった位置に釣り座を決める。船長から「オモリ120号から始めますよ~」との指示。先にアラをやるようだ。船は初島沖から少し南の水深140メートルくらいのポイントへ。アラの仕掛けは全長2.4メートルの吹き流し仕掛けを自作した。誘い下げが効くと教わったので仕掛けを少し長くした方がヒラヒラと落ちるのではという判断。餌のサバ短は少し小さめで薄く削がれておりヒラヒラとよく動きそうな形状をしている。オモリが着底したら1メートル底を切って底から2メートルくらいをゆっくり持ち上げる。持ち上げ切ったらストンストンと落として誘う。オモリが底に着いたらまた1メートル底を切っての繰り返し。魚信はない。ときどき微小な変化が穂先にでるが……アワセようという気にならない小魚からのコンタクトのみ。カナドやヒメがときどき針掛かりする。
続・深場伝説アラの章始まらず。お土産カイワリ4匹で十分♪続・深場伝説アラの章始まらず。お土産カイワリ4匹で十分♪

続・深場伝説アラの章始まらず。お土産カイワリ4匹で十分♪釣りを始めて2時間が経ち、今日はダメな日なのかもと考え始めているとようやくガッガッと穂先を揺さぶるいい魚信が訪れる。リールを巻き上げながら穂先を下げ、えいやとアワセを入れる。掛かった!! もう一度素早くリールを巻きながら竿先を下げ追いアワセ。激しく抵抗する。暴れすぎ?と一瞬思ったが、巻き上げ始めるとずっと暴れているのではなく、間欠的に引き込む。サメならずっと暴れるはずなのでアラ、重量感があるので良型のアラのはずとニヤニヤしながら巻き上げる。船長がタモを持ってきてくれる。海面にシルエットが見えると、船長は操舵室に戻って行った。ツノザメだった。吻が長いのでトガリツノザメ(たぶん)。オニカサゴやアラを狙う水深でサメが釣れる日は釣果に恵まれないことが多い。その後もヒメにエサを齧られただけで何も起きずに15時30分にカイワリにリレーする。
続・深場伝説アラの章始まらず。お土産カイワリ4匹で十分♪続・深場伝説アラの章始まらず。お土産カイワリ4匹で十分♪

■ウィリーをあきらめオキアミでカイワリ4匹をなんとかお土産にゲット

続・深場伝説アラの章始まらず。お土産カイワリ4匹で十分♪このころから風が相当強くなってきており、移動中は飛沫を被るようになっていた。海が荒れると思うようにシャクれなくなるので苦戦の予感を覚える。初島近くの水深90メートルくらいのポイントでカイワリ釣りが開始となる。まずはウィリーでシャクりはじめる。ステイ時間を0秒から3秒へと長くしていったが魚からのコンタクトは全くなし。30分ほどすると風で仕掛けが絡んでしまう。リレー船なので短期決戦。波の上下でシャクリにくい状態でウィリーの下針のオキアミ一粒で勝負するのは危険と判断し、珍しくオキアミ3本針の仕掛けを投入してみる。状況は変わらない。ラインが艫方向に向けて鋭角に入っていく。潮が速くコマセと仕掛けが同調してないのかもと考え、仕掛け長4.5メートルの仕掛けに替えてみるとこれが正解。数シャクリ目でグンッと穂先が持って行かれる。小ぶりながらも船中1匹目のカイワリをゲットする。
続・深場伝説アラの章始まらず。お土産カイワリ4匹で十分♪続・深場伝説アラの章始まらず。お土産カイワリ4匹で十分♪

続・深場伝説アラの章始まらず。お土産カイワリ4匹で十分♪1匹目のカイワリを手にしたのは16時30分近く。17時30分に沖上がりなので残り時間は少ない。迷わずに4.5メートルの長めの仕掛けを信じてやることに。ヨリトフグ(ミズフグ)に針を切られまくる。15分後くらいにお刺身で美味しい25センチ級のカイワリが釣れる。さらにその15分後にカイワリがダブル。最後の最後にちょっとだけ盛り上がった。「今入ってる仕掛けが上がったらかたずけて行きましょう」というアナウンスと同時に良型っぽい魚信。上げちゃうと終わってしまうので追い食い狙って粘るが、遊び過ぎたらしく最後の1匹はバラしてしまう。実釣2時間でカイワリ4匹はまずまず。アラは釣れなかったがお土産にカイワリ4匹なら十分だ。
続・深場伝説アラの章始まらず。お土産カイワリ4匹で十分♪続・深場伝説アラの章始まらず。お土産カイワリ4匹で十分♪



Twitter

2019年03月09日 23:00

« カイワリ爆発中!! アラも釣れてる。あべなぎさ号は直った | メイン | ラインの角度と潮の速さは関係ないと知り頭が大混乱中だ »

最近の釣りに行った記事

雑然とした路地の老舗寿司屋あばらやで大人のドキドキを
カイワリと変わらないサイズだけど初の白間津・シマアジだ
カイワリツ抜けは楽勝と油断したら後半デカアジに翻弄され
ドラグ滑って面白すぎ!! イナダ(ハマチ)10匹で大大大満足
タチウオは指5本×2で満足。アマダイはポニョのみで罪悪感
台風一過の午前アジは土砂降り、強風、ゴミだらけだったが
餃子激戦区の恵比寿に祇園歩兵3号店。優しいお味に納得
35up乱舞。アジしか釣れずしょんぼり、妻は人生最大に興奮
伊豆はカワハギ天国のはずだったのに後半失速でもツ抜け
久々の治久丸午前でカイワリ9匹。えべっさんも人生初の!!
炙り+好みの味ですし焼き。コスパも抜群な難波・ときすし
母78歳の誕生日をメープル猪名川で祝う。秋の味覚楽しむ
ゲストはサバだけ…八景沖でアジ入れ食いの午後アミ五目
浅場タチウオ攻略失敗。でも50mなら労せずとも掛かるかも
路線図読めないおっさんはタチウオ掛け方分からんのです
刺し盛りは関西は活かり、関東は旨みと恵比寿 魚一商店で
撃沈ではないが下手さ加減認識したタチアジ。でもタコ3杯♪
5年連続イサキ束超え失敗。良型混じると数を伸ばせない
純ちゃんのすじ塩は恵比寿でNo.1の煮込みかも知れない!!
難波・豪快立ち寿司でウニとイクラこぼれ盛り痛風一直線♪
恵比寿・肉天国で炙りユッケ、痛風味玉、牛トロ天を堪能す
一之瀬丸一の凄腕カツオ一本釣り師になってげんなりする
北海道のそばは最高!! 中標津・伊とうで藪・更科食べ比べ
姪2号にオショロコマを釣らせるミッション今年も無事クリア!!
釧路・繁栄丸アオゾイ耐久。7匹だけど今年も釣れたよ
北海道の師匠杯で子供はアオゾイゲット。へたはお世話係
台風令和初上陸の翌日剣崎イサキ束釣れるかなチャレンジ
難波居酒屋のお刺身は安くて美味いの代表、嬉々わらまさ
難波で昼飲みならなんばグランド花月1階、酒処さつき最強
宇佐美の魚やる気なし。カイワリ、チダイ、ホウボウ1匹ずつ
売り切れが多いがおっぱい串がとにかく絶品なおみっちゃん
竿先グングンッ…でもバレる。気難しいアジに翻弄されたよ
土用の丑に鰻なる野暮は避け恵比寿・う福でお先に鰻三昧
小サメの駆除に協力したら梅雨アナゴとタチウオもらえたよ
俺が行っても終わらずどころかカイワリ18匹で最多記録更新
6月のええもん1=新川にしやで伝助アナゴ、白子、キアラ刺
6月のええもん2=ShunのA5牛しゃぶローススープ茶漬け♪
プチ時化お立ち台で体幹トレーニングしつつイサキを26匹♪
1日剣崎で釣れてイサキ13匹、最大28.5cmでなんとかなった
コマセ振る意味ないレベルの速潮にカイワリ1匹だけと撃沈
5月のええもん=哲剣で活アコウ刺しに感動+カマ焼きも◎
好漁続きでどうした、俺。六目41匹でクーラー八分と大満足
G:激旨W:ウィークの仕上げは東京湾口アカムツでにんまり
令和の初釣りは雨の中シャクリ続けてカイワリ7匹でドヤッ!!
アラフォー食べ頃アマダイに癒されGWのGは撃沈じゃない
4月のええもん=正宗屋のカステラ&魚屋ひでぞう刺し盛り
妄想は妄想のまま。シマアジは釣れずメジナとイサキのみ
タナ取りスピード勝負に妻苦戦で14匹。30匹クリアが遠いよ
夢ではなかった…「カイワリ船中0じゃなきゃ」が瓦解した日
鏡面のように穏やかな海で釣りをしている白日夢を見たよ

著者: へた釣り