続・深場伝説アラの章始まらず。お土産カイワリ4匹で十分♪

続・深場伝説アラの章始まらず。お土産カイワリ4匹で十分♪お鍋で最高な幻の高級魚アラとお刺身最強魚のカイワリを両手にドヤ顔を決めてやる。下衆な想いは伊豆の海の神様に却下された。あれこれ考え手を尽くしたがアラの魚信は訪れず、続・深場伝説アラの章は始まらなかった。それでもお土産がカイワリ4匹なのだから宇佐美は裏切らない。

続・深場伝説アラの章始まらず。お土産カイワリ4匹で十分♪宇佐美・治久丸からアラ・カイワリリレーで出撃。8時30分くらいに東海道線の下りに乗れば、熱海駅で少し早めの昼食を摂って11時30分の宇佐美港の集合時間に間に合うというゆったり釣行。Wasa達人と同船になることは連絡をもらって分かっていたが、船着き場に着いてみるとサプライズな人の姿が!! 深場の勇者様が午前のカイワリ船に乗っていた。いきなり「渋いっすよ~」。前日の午前船は20匹超えと大爆発したが午後船で沈静化。本日午前も渋かったという情報に暗澹たる気分になったが「7匹しか釣れませんでした」とのこと……7匹も釣って渋かったって…なんやそれは!!である。アラの釣り方を少し指導してもらう。勇者様とは4月に一緒に釣行する予定だ。
続・深場伝説アラの章始まらず。お土産カイワリ4匹で十分♪続・深場伝説アラの章始まらず。お土産カイワリ4匹で十分♪

■これは良型アラ間違いない!!と本気で思ってたのだが……ツノザメ

続・深場伝説アラの章始まらず。お土産カイワリ4匹で十分♪席はほぼ指定席になっている右舷の舳。釣り人3人と空いていたし、午後から少し風が吹く予報だったので舳から少し後ろに下がった位置に釣り座を決める。船長から「オモリ120号から始めますよ~」との指示。先にアラをやるようだ。船は初島沖から少し南の水深140メートルくらいのポイントへ。アラの仕掛けは全長2.4メートルの吹き流し仕掛けを自作した。誘い下げが効くと教わったので仕掛けを少し長くした方がヒラヒラと落ちるのではという判断。餌のサバ短は少し小さめで薄く削がれておりヒラヒラとよく動きそうな形状をしている。オモリが着底したら1メートル底を切って底から2メートルくらいをゆっくり持ち上げる。持ち上げ切ったらストンストンと落として誘う。オモリが底に着いたらまた1メートル底を切っての繰り返し。魚信はない。ときどき微小な変化が穂先にでるが……アワセようという気にならない小魚からのコンタクトのみ。カナドやヒメがときどき針掛かりする。
続・深場伝説アラの章始まらず。お土産カイワリ4匹で十分♪続・深場伝説アラの章始まらず。お土産カイワリ4匹で十分♪

続・深場伝説アラの章始まらず。お土産カイワリ4匹で十分♪釣りを始めて2時間が経ち、今日はダメな日なのかもと考え始めているとようやくガッガッと穂先を揺さぶるいい魚信が訪れる。リールを巻き上げながら穂先を下げ、えいやとアワセを入れる。掛かった!! もう一度素早くリールを巻きながら竿先を下げ追いアワセ。激しく抵抗する。暴れすぎ?と一瞬思ったが、巻き上げ始めるとずっと暴れているのではなく、間欠的に引き込む。サメならずっと暴れるはずなのでアラ、重量感があるので良型のアラのはずとニヤニヤしながら巻き上げる。船長がタモを持ってきてくれる。海面にシルエットが見えると、船長は操舵室に戻って行った。ツノザメだった。吻が長いのでトガリツノザメ(たぶん)。オニカサゴやアラを狙う水深でサメが釣れる日は釣果に恵まれないことが多い。その後もヒメにエサを齧られただけで何も起きずに15時30分にカイワリにリレーする。
続・深場伝説アラの章始まらず。お土産カイワリ4匹で十分♪続・深場伝説アラの章始まらず。お土産カイワリ4匹で十分♪

■ウィリーをあきらめオキアミでカイワリ4匹をなんとかお土産にゲット

続・深場伝説アラの章始まらず。お土産カイワリ4匹で十分♪このころから風が相当強くなってきており、移動中は飛沫を被るようになっていた。海が荒れると思うようにシャクれなくなるので苦戦の予感を覚える。初島近くの水深90メートルくらいのポイントでカイワリ釣りが開始となる。まずはウィリーでシャクりはじめる。ステイ時間を0秒から3秒へと長くしていったが魚からのコンタクトは全くなし。30分ほどすると風で仕掛けが絡んでしまう。リレー船なので短期決戦。波の上下でシャクリにくい状態でウィリーの下針のオキアミ一粒で勝負するのは危険と判断し、珍しくオキアミ3本針の仕掛けを投入してみる。状況は変わらない。ラインが艫方向に向けて鋭角に入っていく。潮が速くコマセと仕掛けが同調してないのかもと考え、仕掛け長4.5メートルの仕掛けに替えてみるとこれが正解。数シャクリ目でグンッと穂先が持って行かれる。小ぶりながらも船中1匹目のカイワリをゲットする。
続・深場伝説アラの章始まらず。お土産カイワリ4匹で十分♪続・深場伝説アラの章始まらず。お土産カイワリ4匹で十分♪

続・深場伝説アラの章始まらず。お土産カイワリ4匹で十分♪1匹目のカイワリを手にしたのは16時30分近く。17時30分に沖上がりなので残り時間は少ない。迷わずに4.5メートルの長めの仕掛けを信じてやることに。ヨリトフグ(ミズフグ)に針を切られまくる。15分後くらいにお刺身で美味しい25センチ級のカイワリが釣れる。さらにその15分後にカイワリがダブル。最後の最後にちょっとだけ盛り上がった。「今入ってる仕掛けが上がったらかたずけて行きましょう」というアナウンスと同時に良型っぽい魚信。上げちゃうと終わってしまうので追い食い狙って粘るが、遊び過ぎたらしく最後の1匹はバラしてしまう。実釣2時間でカイワリ4匹はまずまず。アラは釣れなかったがお土産にカイワリ4匹なら十分だ。
続・深場伝説アラの章始まらず。お土産カイワリ4匹で十分♪続・深場伝説アラの章始まらず。お土産カイワリ4匹で十分♪



Twitter

2019年03月09日 23:00

« カイワリ爆発中!! アラも釣れてる。あべなぎさ号は直った | メイン | ラインの角度と潮の速さは関係ないと知り頭が大混乱中だ »

最近の釣りに行った記事

あさなぎ丸が小船と事故…イサキ開幕戦は不戦敗で激凹み
デラキンメは朝一でゲットするも水深400m超は謎だらけ
金田湾イワシメバルがあまりに魚信なく呆けてホゲて凹む
焼肉デート楽しかった。釣りもした気がするけど覚えてない
23・22・20センチのトリプルを決めるもメバルは凪に限るね
天秤? 胴突き? 俺に限ってどっちもあかんなシロギス釣り
愚策裏目で波に乗れずオキメバル4匹一荷でなんとか帳尻
天気予報大外れで良型クロムツ釣れてなければ凍え死んでた
巨大アジ猛攻であわやカイワリいない五目になるとこだった
煮付け2尾で1皿サイズのメバル14人前に癒してもらい幸せ
午前アジ22匹でなんとか。妻は5匹&竿折れて後半闇堕ちす
春の海ひねもす癒しリレーのはずが…心身鍛錬の一日に!!
春の京都。京都らしいええもんを探して一泊二日めし旨旅♪
ヤリイカも俺が行ったら終わるやん…断トツ最低1.5匹だけ
行ったらやっぱり終わってたよ…好調の余韻でカイワリ8匹
走水黄金大アジゲットも…アジに嫌われたままツ抜けせず
2022年初の大漁♪ 炙り刺しで最高なクロムツ15匹でドヤッ!!
暖かくって午後アジ作戦成功と思いきや釣果が凍死レベル
鉄壁のサバに阻まれ時合逃しカイワリ4匹だけとしょんぼり
3週間ぶりの釣りはサバ地獄と変な潮でクロムツ2匹だけ~
ドキドキもワクワクもなく初釣りの鬼おみくじ2022は大凶だ
ドデカアマ53.5センチ! 2021年最後にして最高の釣りだ!!
家族一人に1匹30㎝級クロムツ確保でお正月は尾頭付きで♪
10分の5がリリースって…一之瀬感謝デーカワハギで頓死す
潮澄み中盤まで魚信なし。日が傾いてカイワリダブル×3+1
デカハギの釣り方忘れた! 昨年に続きツ抜けせずで開幕
53センチのマハタ釣れたが…カイワリには全く相手にされず
妻がクロダイおかわり成功。それも48センチにサイズアップ
魚っ気皆無の白間津で船酔い・竿折れ・クーラー空で呆然
妻が47.5センチ人生初クロダイ。アジはコマセ係で撃ちーん
初のえいあん丸・城ヶ島沖オニカサゴは速潮に悩まされ2匹
帰りのクーラーの重さまで…サワラは五十肩に優しかった♥
105日ぶりのカイワリプチ遠征はあわやボウズで痺れたよ~
コレジャナイ十目で困憊。今日はダメ思ったらラスト10分で
三度目の正直でワラサ挑むも二度あることは…マダイは2匹
八景沖マダイは珍しく素直で3匹。久里浜ワラサとは断交中
新ブランド?よっしゃサバ。ポニョに34cmアマダイ混ざり喜々
ラストイサキは半日50匹。ワラサは常日頃の行いが悪い?
ラスト5分…またね♥とクロムツにめっちゃ営業されてしまう
2週連続で追い食いゼロって…今年の剣崎ウリンボ手強い
くそ暑い上にくそ渋い剣崎イサキ24匹どまりでくっそーー!!
やっぱ下手やねん♪ めっちゃ真面目に釣ってシロギス14匹
イサキは雨の日に限る。今季最大36cm&最多47匹でどやっ
宇佐美のカイワリは歓迎してくれた…最初の数投だけはね
雨中のシロギス特訓。キス天食べ放題へ一歩一歩前進中♪
尺級5匹込みで21匹! 剣崎イサキの釣り方思い出した?
剣崎イサキ絶好調とはいかないが昨季より手応えありで8匹
クロムツからの魚信なしでひたすらサバサバサバサバサバ
アカクラゲの時期にシロギスの練習? 心得違いもいいとこ
尺イサキ多数にアカイサキ雄でクーラー六分もレア魚はなし

著者: へた釣り