三途の川みたいな海でイシダイ撃沈。アミ五目でカンパチ!!

三途の川みたいな海でイシダイ撃沈。アミ五目でカンパチ!!カンパチってショゴやんかって言うんじゃない!! 雪が降りけあらしが立って三途の川みたいになっていた久里浜沖から洲崎沖を経由して館山沖に至ってやっと手にした高級魚だ。こんな日に釣りに来るんじゃなかったという後悔を吹き飛ばしてくれた一尾だ。沖上がり15分前のドラマである。

三途の川みたいな海でイシダイ撃沈。アミ五目でカンパチ!!数日前まで午前中は少し雪がパラつくかもという予報だったが、直前に曇りに変わったので雪は降らないと思い込んでいた。三連休の初日は積雪予報で多くの船宿が出船中止、2日目は観音崎を越えると15メートルの強風予報で釣行を回避。三連休最終日の今日が一番風が弱く釣行に適していると予想したのだが……これが大外れ。京浜急行品川駅のホームに竿持参の人はへた釣り以外に一人もいない。台風前日にだってもう少しアホな釣り人(へた釣り含む)がいたのだが……。ホームで電車を待っていると雪がぱらつき始めた。積もるほどではないものの……雪が降ると出船中止になることがある。すぐやむから大丈夫と信じて金沢八景・一之瀬丸へ。釣り物はマダイ五目改めアミ五目冬の陣。左舷の大艫が空いていたので迷わず札を取る。無事出船。
三途の川みたいな海でイシダイ撃沈。アミ五目でカンパチ!!三途の川みたいな海でイシダイ撃沈。アミ五目でカンパチ!!

■久里浜沖のマダイ、イシダイは不発。洲崎沖ではウィリーでイサキを

三途の川みたいな海でイシダイ撃沈。アミ五目でカンパチ!!マダイ五目船の船長はイサキでお世話になっている瀧本船長。釣況を聞くと久里浜沖でイシダイが好調なようで6匹獲った人もいるとのこと。タックルはマダイ用の物とアミ五目(ウィリー)用の物を持って行っていた。どちらが適しているかと相談すると、久里浜沖ではマダイのタックル、洲崎などに南下したらアミ五目のタックルがよいとのことだったので2本とも準備する。最初のポイントは久里浜沖。船が速度を落としたのでキャビンから外に出てみると、海面からもやもやと湯気が立っている。けあらしだ。三途の川を連想させる姿になった久里浜沖でマダイ&イシダイを狙って竿を出す。コマセはオキアミで仕掛け長は6メートル~8メートル。仕掛け長分+2メートルくらいを探ってみたが何も起きない。へた釣りだけでなく船中手のひらサイズのシマダイ1匹で10時に久里浜沖を離れ南下することに。
三途の川みたいな海でイシダイ撃沈。アミ五目でカンパチ!!三途の川みたいな海でイシダイ撃沈。アミ五目でカンパチ!!

三途の川みたいな海でイシダイ撃沈。アミ五目でカンパチ!!行き先は洲崎沖で、イサキの群れを探してみるという。洲崎沖も久里浜沖ほど酷くはないがけあらしが立っており視界不良。ポイントは水深80メートルで、「70メートルから60メートルに反応あり」との指示が出る。10メートル幅探れるなら迷わずにウィリー仕掛けを投入する。コマセはアミコマセに。70メートルから50センチ刻みで20回シャクる。スティ0は不発、スティ1秒で穂先をキュンと持って行く良型イサキの魚信。仕掛けの張りを意識しながらゆっくり巻いて追い食いを狙う。再度、竿先が引き込まれて追い食い成功。尺には届かないが25センチ以上のイサキのダブルでスタート。その後も落とせばバリバリという食いでこそないものの頑張ってシャクれば魚信はあり、洲崎沖でイサキを10匹確保。
三途の川みたいな海でイシダイ撃沈。アミ五目でカンパチ!!三途の川みたいな海でイシダイ撃沈。アミ五目でカンパチ!!

■マダイやイシダイがダメでも瀧本船長がなんとかしてくれる五目だね

三途の川みたいな海でイシダイ撃沈。アミ五目でカンパチ!!魚信はあるのでこのまま洲崎沖で釣り続けるのかと思ったら、瀧本船長から「次は館山沖に移動します」とのアナウンス。アジなどイサキ以外の魚を狙いに行く。底をやればアマダイのチャンスもあるポイントだという。館山沖に移動したころから天気が回復しだいぶ釣りやすくなってきていた。アマダイが欲しいので仕掛けをウィリーからオキアミの3本針に変える。ビシが着底したら1.5メートル底を切ってフワフワと誘う。魚信がなければ50センチ刻みでフワリと(オキアミなのでソフトに)持ち上げて行く。持ち上げ続けてアジのタナまでくればアジが釣れるという二兎追う者釣法。アマダイの魚信はなかったがアジは5匹。さらにフワリとシャクった直後に穂先をグンッと持って行くいい魚信。アマダイのゲストでこの引きはもしかしてとカイワリ!? 大事をとって手巻きで巻き上げたが少しずつ抵抗が弱まっていく。40センチ級のアカイサキだった。味噌漬けにして美味しいのでこれはうれしい。
三途の川みたいな海でイシダイ撃沈。アミ五目でカンパチ!!三途の川みたいな海でイシダイ撃沈。アミ五目でカンパチ!!

三途の川みたいな海でイシダイ撃沈。アミ五目でカンパチ!!館山沖の漁礁などの周りのポイントを転々と探っていく。マダイやメダイの実績もあるポイントとのことなので期待は高まるが、反応はあるはずなのになかなか魚信がでない。15時の沖上がりの時間が近付いてきている。本日の刺し盛りはイサキアジの二種盛りで終わりかなと諦めかけていると、シャクった直後にズドン。竿を送ってドラグを出さないとハリスを瞬殺されそうな引き。メダイがいると聞いていたのでそれかな? ドラグが止まって巻き上げようとするとまた走りだす。青物っぽい引き方なので無理せず慎重にやり取りする。海面に現れたシルエットはイナダより体高がある。カンパチだった。本当はショゴだけど標準和名がカンパチという魚には違いない。お刺身最強魚の1つである。イサキアジにカンパチが加わると高級感がぐっと増す。釣果はカンパチ×1、アカイサキ×1、イサキ×10、アジ×5で17匹。マダイ五目改めアミ五目冬の陣初体験の感想はというと、「マダイやイシダイがダメでも瀧本船長がなんとかしてくれる五目だね、これは」。
三途の川みたいな海でイシダイ撃沈。アミ五目でカンパチ!!三途の川みたいな海でイシダイ撃沈。アミ五目でカンパチ!!



Twitter

2019年02月11日 20:35

« イカだけでなくLT深場にもよさそうなワンダーグリップを買う | メイン | イシダイ狙いは4.5メートル仕掛けでシャクリ続けるが正解? »

最近の釣りに行った記事

妄想は妄想のまま。シマアジは釣れずメジナとイサキのみ
タナ取りスピード勝負に妻苦戦で14匹。30匹クリアが遠いよ
夢ではなかった…「カイワリ船中0じゃなきゃ」が瓦解した日
鏡面のように穏やかな海で釣りをしている白日夢を見たよ
続・深場伝説アラの章始まらず。お土産カイワリ4匹で十分♪
不幸だねぇ氷雨降る時化海で本命ボウズなんて闇堕ちする
肩コリ完治!! すげぇな、東京湾。もしかしてサバのおかげ?
三途の川みたいな海でイシダイ撃沈。アミ五目でカンパチ!!
ブラックドラゴン相手に筋トレ。クロムツは3匹だけでチーン
三兎追うも…船中カイワリ2匹を独り占めしたから良しとする
人生6、7、8匹目のオニカサゴ。最大37cmでおみくじは小吉
有終の美を飾る1尾で一之瀬丸感謝デーは3位入賞。桜咲く
血塗られた久里浜沖でマ・イシ・クロとそろえダイ三元達成♪
お持ち帰りはアラサー1尾のみ。せめてミドサー欲しかった
クロダイ、アジ、〆サバ三種盛り。妻1号は船酔いでノーカン
悪運はTKBで尽きた。かみやカワハギ大会はいいとこなし
平和島は宇宙より遠い。でもTKB初の船別1位を獲得したよ
良型アジ66匹+60センチヒラメで八景沖豪華刺し盛り成功!!
カイワリ、チダイ、イナダなど宇佐美沖豪華5点盛りが完成
アミ五目で4目釣るも…居酒屋へたは品切れ次第臨時休業
尺確実な手応え!! 釣れたのはお邪魔虫三連星でチーン♪
へた釣り亭は1品300円均一安居酒屋。刺し盛りはアジのみ
“待て”を覚えた女、妻1号はアジ23匹。へた釣りはアカ~ン
ガス欠1DAYバトル? 久しぶりのかみやは楽しかったよ!
優しくないのよ東京湾の釣りの神様はっ!! 妻1号はアジ4匹
タチウオ釣りはあ行しか喋れない? 色々あるとなおさらだ
魚種豊富で魚影濃い宇佐美でカイワリ込みウィリー十五目
平成最後のイサキ釣りは最後の最後だけちょい盛り上がり
束楽勝からのソウダ禍で大失速。平成最後?のイサキ釣り
いつになったら一之瀬丸マゴチ童貞卒業できるの(遠い目)
型狙い作戦がハマり尺足らず3匹釣るも45匹までと振るわず
鱈・柳・柳・柳・柳・柳・青など五目一荷多数で超たっのしー
北海道の師匠が釣った魚が食べられる店、釧路・巽で舌鼓
ひどいウネリに船酔いしながら3年ぶりのアオゾイ3匹ゲット!!
雨で流れが速すぎて姪2号がなんとかオショロコマを1匹
標津カレイ北海道の師匠杯は台風で飛んできた女が3位に
ご当地流には理由がある。無視するとウグイの呪いが発動
釣れないから呑む。釧路の日米でとり天と東北の美酒に酔う
明石家さんまばかりでシシャモは釣れず。明日は出船中止
数釣りシーズン開幕したよ。 179匹で7月の最多記録更新!!
イサキってどうやったら釣れるんだっけ? 本気で忘れたぞ
性悪タチウオ&やる気なしアジとの痺れる戦いの行方は…
八景沖のアジ行方知れず? ウネリで掛からんし撃チ~ン
曇天なのに渋かったぁ!! あさなぎ丸デビュー戦は18匹まで
かみやメバル大会で型も数も船中3位なら頑張った方だよね
前半ウィリーに塩対応。後半たっのしー♪でカイワリは14匹
船中0じゃどうしようもないよねと自分を慰めるアカムツ4戦目
2018年の剣崎イサキチョロくない。開幕戦はなんとかツ抜け
GWは釣りしない週間にしよかな。アジツ抜けせずに頓死す
木更津沖で「へたクソぉ!!」と自分を罵り続けた夜アナゴ釣行

著者: へた釣り