三途の川みたいな海でイシダイ撃沈。アミ五目でカンパチ!!

三途の川みたいな海でイシダイ撃沈。アミ五目でカンパチ!!カンパチってショゴやんかって言うんじゃない!! 雪が降りけあらしが立って三途の川みたいになっていた久里浜沖から洲崎沖を経由して館山沖に至ってやっと手にした高級魚だ。こんな日に釣りに来るんじゃなかったという後悔を吹き飛ばしてくれた一尾だ。沖上がり15分前のドラマである。

三途の川みたいな海でイシダイ撃沈。アミ五目でカンパチ!!数日前まで午前中は少し雪がパラつくかもという予報だったが、直前に曇りに変わったので雪は降らないと思い込んでいた。三連休の初日は積雪予報で多くの船宿が出船中止、2日目は観音崎を越えると15メートルの強風予報で釣行を回避。三連休最終日の今日が一番風が弱く釣行に適していると予想したのだが……これが大外れ。京浜急行品川駅のホームに竿持参の人はへた釣り以外に一人もいない。台風前日にだってもう少しアホな釣り人(へた釣り含む)がいたのだが……。ホームで電車を待っていると雪がぱらつき始めた。積もるほどではないものの……雪が降ると出船中止になることがある。すぐやむから大丈夫と信じて金沢八景・一之瀬丸へ。釣り物はマダイ五目改めアミ五目冬の陣。左舷の大艫が空いていたので迷わず札を取る。無事出船。
三途の川みたいな海でイシダイ撃沈。アミ五目でカンパチ!!三途の川みたいな海でイシダイ撃沈。アミ五目でカンパチ!!

■久里浜沖のマダイ、イシダイは不発。洲崎沖ではウィリーでイサキを

三途の川みたいな海でイシダイ撃沈。アミ五目でカンパチ!!マダイ五目船の船長はイサキでお世話になっている瀧本船長。釣況を聞くと久里浜沖でイシダイが好調なようで6匹獲った人もいるとのこと。タックルはマダイ用の物とアミ五目(ウィリー)用の物を持って行っていた。どちらが適しているかと相談すると、久里浜沖ではマダイのタックル、洲崎などに南下したらアミ五目のタックルがよいとのことだったので2本とも準備する。最初のポイントは久里浜沖。船が速度を落としたのでキャビンから外に出てみると、海面からもやもやと湯気が立っている。けあらしだ。三途の川を連想させる姿になった久里浜沖でマダイ&イシダイを狙って竿を出す。コマセはオキアミで仕掛け長は6メートル~8メートル。仕掛け長分+2メートルくらいを探ってみたが何も起きない。へた釣りだけでなく船中手のひらサイズのシマダイ1匹で10時に久里浜沖を離れ南下することに。
三途の川みたいな海でイシダイ撃沈。アミ五目でカンパチ!!三途の川みたいな海でイシダイ撃沈。アミ五目でカンパチ!!

三途の川みたいな海でイシダイ撃沈。アミ五目でカンパチ!!行き先は洲崎沖で、イサキの群れを探してみるという。洲崎沖も久里浜沖ほど酷くはないがけあらしが立っており視界不良。ポイントは水深80メートルで、「70メートルから60メートルに反応あり」との指示が出る。10メートル幅探れるなら迷わずにウィリー仕掛けを投入する。コマセはアミコマセに。70メートルから50センチ刻みで20回シャクる。スティ0は不発、スティ1秒で穂先をキュンと持って行く良型イサキの魚信。仕掛けの張りを意識しながらゆっくり巻いて追い食いを狙う。再度、竿先が引き込まれて追い食い成功。尺には届かないが25センチ以上のイサキのダブルでスタート。その後も落とせばバリバリという食いでこそないものの頑張ってシャクれば魚信はあり、洲崎沖でイサキを10匹確保。
三途の川みたいな海でイシダイ撃沈。アミ五目でカンパチ!!三途の川みたいな海でイシダイ撃沈。アミ五目でカンパチ!!

■マダイやイシダイがダメでも瀧本船長がなんとかしてくれる五目だね

三途の川みたいな海でイシダイ撃沈。アミ五目でカンパチ!!魚信はあるのでこのまま洲崎沖で釣り続けるのかと思ったら、瀧本船長から「次は館山沖に移動します」とのアナウンス。アジなどイサキ以外の魚を狙いに行く。底をやればアマダイのチャンスもあるポイントだという。館山沖に移動したころから天気が回復しだいぶ釣りやすくなってきていた。アマダイが欲しいので仕掛けをウィリーからオキアミの3本針に変える。ビシが着底したら1.5メートル底を切ってフワフワと誘う。魚信がなければ50センチ刻みでフワリと(オキアミなのでソフトに)持ち上げて行く。持ち上げ続けてアジのタナまでくればアジが釣れるという二兎追う者釣法。アマダイの魚信はなかったがアジは5匹。さらにフワリとシャクった直後に穂先をグンッと持って行くいい魚信。アマダイのゲストでこの引きはもしかしてとカイワリ!? 大事をとって手巻きで巻き上げたが少しずつ抵抗が弱まっていく。40センチ級のアカイサキだった。味噌漬けにして美味しいのでこれはうれしい。
三途の川みたいな海でイシダイ撃沈。アミ五目でカンパチ!!三途の川みたいな海でイシダイ撃沈。アミ五目でカンパチ!!

三途の川みたいな海でイシダイ撃沈。アミ五目でカンパチ!!館山沖の漁礁などの周りのポイントを転々と探っていく。マダイやメダイの実績もあるポイントとのことなので期待は高まるが、反応はあるはずなのになかなか魚信がでない。15時の沖上がりの時間が近付いてきている。本日の刺し盛りはイサキアジの二種盛りで終わりかなと諦めかけていると、シャクった直後にズドン。竿を送ってドラグを出さないとハリスを瞬殺されそうな引き。メダイがいると聞いていたのでそれかな? ドラグが止まって巻き上げようとするとまた走りだす。青物っぽい引き方なので無理せず慎重にやり取りする。海面に現れたシルエットはイナダより体高がある。カンパチだった。本当はショゴだけど標準和名がカンパチという魚には違いない。お刺身最強魚の1つである。イサキアジにカンパチが加わると高級感がぐっと増す。釣果はカンパチ×1、アカイサキ×1、イサキ×10、アジ×5で17匹。マダイ五目改めアミ五目冬の陣初体験の感想はというと、「マダイやイシダイがダメでも瀧本船長がなんとかしてくれる五目だね、これは」。
三途の川みたいな海でイシダイ撃沈。アミ五目でカンパチ!!三途の川みたいな海でイシダイ撃沈。アミ五目でカンパチ!!



Twitter

2019年02月11日 20:35

« イカだけでなくLT深場にもよさそうなワンダーグリップを買う | メイン | イシダイ狙いは4.5メートル仕掛けでシャクリ続けるが正解? »

最近の釣りに行った記事

猿島沖で下手をキワめる! 午後アジ5匹、夜メバル6匹のみ!!
【番外編】妻と釣りじゃないデートで河津で鰻、多賀で蕎麦
特餌忘れ凪のはずが時化でメバル釣れずなんだか不本意な…
前半はサバに混じってアジで後半はアジに混じってサバ地獄
稲取沖第1投で城ケ島以西で“アレ”が釣れない呪い解呪成功
シロギスは三歩進んで五歩さがりアナゴは二歩進んだら迷子
辛うじてノーピクではないもののノーガコッでクロムツボウズ
へたが来た日は釣れる!? 尺級2匹込みカイワリ18匹でどやっ
釣れるイメージ全く湧ず。マゴチで2024年初の完全ボウズ
程よくとほろ酔いが苦手な夫婦は人生二度目の仲良く束釣り
A5ランク混じりでアジ28匹+煮付けメバルにクロダイまで
式根島キンメでシールもらってドヤッ顔で写真に納まったよ
上手くシャクれば!! 一荷も! カイワリの醍醐味満喫し自己最多
手乗りキダイに翻弄されてあわやあわやのアマダイボウズ!?
役満かも!?はメダイで…いつも通り白中ドラ(クロムツ)2
ほぼ尺…29.5センチの自己最大メバルでリアランサーに入魂
2024年伊豆初釣りはラスト入れパクしカイワリ20匹でどやっ
時化はあか~ん!! ドッタンバッタン魚信だせずシロギス21匹
走水黄金大アジとはいかなかったが30センチ級混じり28匹
役満かも?な引きはサバのみで。またも白ドラ(クロムツ)3
2024年は幸先よすぎ!! 初釣りでアジ105匹+シロギス20匹
オーラスで役満(アカムツ)あがれず白ドラ(クロムツ)3で
2023年の帳尻合わせ第1戦はカイワリツ抜け達成でどやっ!!
津波注意報の中白間津まで行ってうどん食って帰ってきた
寒さと雨で午前は瀕死…陽がさす午後にアマダイ2匹で帳尻
夫婦そろって束超え…合わせてアジ242匹って粂丸の奇跡?
へたさん来たらやっぱり…でもカイワリ3匹で痛風には十分
入れて入れて休んで入れて…1回旋回半夜クロムツであわわ
ガツ~ンと穂先持っていく夏秋の癒しの釣魚アカハタ初挑戦
ゲスト含め渋かった!! でも満足サイズのアマダイゲット♪
シロムツ本命宣言したら2匹だけ。ほかは痛風に悪そうな…
唯一のこれは!?な魚信は奪食いで…伊豆アカムツまたも撃沈
元気なのはサバとカマスだけで美味しいお刺身はいずこへ?
猛暑日に釣りは本当にあかん…脇腹攣って船上で悶絶したよ
隣でキハダ26キロ+カツオ3.6キロ…でも、僕はノーピク
キャストは少しは様になりシロギス久々に大人になれて24匹
極技 湾フグは2投で入魂するもシロギスはやっぱり苦手だ…
メバル煮付け級1匹だけだがA5級アジ多数+人生初キジハタ
妻と二人がかりでジャスト束!! 全部干物サイズで満足度◎
タコを触れずにキャーキャー言うことすらできなかったのよ
宇佐美の「へたさん来たら釣れない」がまた始まってしまう
人生二度目の新島キンメは…底も魚信も取れず大撃ち~ん
朝からキスで夜はアナゴで下手さ加減を思い知らされた一日
城ヶ島沖クロムツは魚信少なめも釣れれば大満足サイズで♪
久々フォースに気をよくするもオキアミ有利でカイワリ7匹
GW第2戦は待望の凪!! いつもの如く撃沈しマゴチ1匹だけ
強風に苦しみ触手に苛まれ釣り方見失うアジ・キスリレー
予期せぬ大時化にアジツ抜けせずクロダイで帳尻だけ合わす
ちょい時化だけど猿アジはぽつぽつ…後半凪たらし~んと
昼までノーガコッ伝説継続…ヤヴァいかもで一度だけガコッ

著者: へた釣り