有終の美を飾る1尾で一之瀬丸感謝デーは3位入賞。桜咲く

有終の美を飾る1尾で一之瀬丸感謝デーは3位入賞。桜咲く予想通りといえば予想通りだが、海が悪かった。船がポイントに至り、キャビンから出た第一声は「これ、ダメでしょ!!」。釣れる気が全くしない時間が続く。なんとか25センチ級を午前中にゲット。今季のカワハギはこれで終わり? 有終の美を飾る1尾が欲しいと言っていたら本当に来てくれた!!

有終の美を飾る1尾で一之瀬丸感謝デーは3位入賞。桜咲く風の予報は陸で10メートル、海上では15メートル。さすがにこんな日は釣り人が少ないだろうと思っていたら、京急品川駅には竿&クーラー持参の人の姿がちらほら。金沢八景駅で降りた釣り人はさすがに普段よりは少なかったが、その大半が金沢八景・一之瀬丸の感謝デー釣り大会に参加するために受付を目指す。こんな日に釣行するなんてアホだなぁと思ったが、自分もそのアホの1人である。カワハギ船は2隻出し。釣り座のクジを引くと「8-21」。8号船の21番という意味で西村船長船の右舷艫から2番目だった。一昨年優勝したときも昨年惨敗したときもこの席だった。3年連続同じ席なんて奇跡?と思っていたら大艫は埋まらずにVIPシートに格上げ。船は7時30分に桟橋を離れる。
有終の美を飾る1尾で一之瀬丸感謝デーは3位入賞。桜咲く有終の美を飾る1尾で一之瀬丸感謝デーは3位入賞。桜咲く

■釣れる気しないレベルの激時化。ピカイチくん投入しできる釣りを

有終の美を飾る1尾で一之瀬丸感謝デーは3位入賞。桜咲く予報では朝のうちはまだいくらか風が弱く昼前から本格的に吹き始める。良型を選んで釣りやすい宙での釣りは朝のうちしかできない気がしたので、近藤名人がこの大会のために間に合わせてくださったピカイチくんSP炸裂・赤ピカイチくんの集魚効果を最大に活かせる3本針密集仕掛けを用意する。飛沫を被りそうだったのでキャビンに避難。船は約1時間かけて竹岡沖へ。戦闘開始と意気込んでキャビンを出た瞬間に戦意喪失。海の荒れ具合が想像を凌駕していた。台風が接近している日に行われた昨年の江戸前釣りサーキット大会カワハギの部よりも悪い。宙での釣りは無理と判断し、ピカイチくんを一投もせずに時化用仕掛けに付け換える。オモリから針まで30センチ放してゼロテンション以下をキープするという戦略だったが…それでもときどきオモリが底を切ってしまう。魚信は何度かあったが底での釣りが苦手な上に、波による上下で全く掛けられない。エサは取られるのでカワハギはいるのだが……。
有終の美を飾る1尾で一之瀬丸感謝デーは3位入賞。桜咲く有終の美を飾る1尾で一之瀬丸感謝デーは3位入賞。桜咲く

有終の美を飾る1尾で一之瀬丸感謝デーは3位入賞。桜咲く焦れる。焦れるが有効な手が思いつかない。1つだけ間違いないのは、このまま釣り続けていても楽しくないし、魚を手にできる気がしない。どうせダメならという考え方がうまくハマることがある。ピカイチくんSP炸裂・赤と3本針密集仕掛けに仕掛けを戻す。底を意識してたまにトンとオモリが底に着くように竿を操作する。魚信があっても掛け方が分からないという状況はいっしょだが、宙で釣っているので知らないうちにエサがないということは減った。それだけでも前進である。1匹目のカワハギが釣れたのは10時40分頃。まずまずの引きで25センチくらい。これで検寸はしてもらえる。少しずつ釣り方が分かってきた。波で船が上がっているときはタタキなど激しい誘いを入れてアピール。船が下がっているときに集中して誘い下げて魚信を出す。底にオモリが着いたら少し待って聞き上げる。2匹目、3匹目と釣れるが……15センチに満たないものばかり。
有終の美を飾る1尾で一之瀬丸感謝デーは3位入賞。桜咲く有終の美を飾る1尾で一之瀬丸感謝デーは3位入賞。桜咲く

■デカハギを釣った気分を味わえる有終の美飾る一尾がやっと来た!!

有終の美を飾る1尾で一之瀬丸感謝デーは3位入賞。桜咲く波も風も朝よりも少し弱まった。人間は順応する。どう考えても釣りやすいはずがない時化の海のままなのに随分と釣りやすくなったと感じる。バラシや掛け損ないは相変わらず多いが魚信はコンスタントに出せるようになってきた。でも、20センチを少し超えた物を1尾追加しただけでほかは15センチ以下ばかり。2018年カワハギの締めくくりにしては盛り上がりを欠く。「優勝サイズでなくていいから有終の美を飾れるサイズが欲しいなぁ」なんてことをほざいていたら、本当に来た。底から離すときに重量感があり竿を持ち上げるのに少し苦労する。巻き上げ中は竿を送っていなさないといけない激しい抵抗をみせる。ドラグが滑る。尺超え?という手応えだったが、計測してもらうと尺には足らず。29センチだった。優勝だって狙えるサイズのデカハギが釣れたことでなんとか格好がついた。
有終の美を飾る1尾で一之瀬丸感謝デーは3位入賞。桜咲く有終の美を飾る1尾で一之瀬丸感謝デーは3位入賞。桜咲く

有終の美を飾る1尾で一之瀬丸感謝デーは3位入賞。桜咲く29センチを釣った少しあとに左舷舳がざわっざわっとする。船長もマイクで「デカいな」。32.9センチの竹岡沖の主サイズのカワハギが釣れた。これが優勝魚。もう1船でも尺超えが釣れていたようでこれが2位。へた釣りの29センチは3位に。賞品はダイワのライフジャケット。今使っているライフジャケットは桜マークなし。2022年まではこれでも罰則はないが、いずれ買い替える必要がある物だったのでこれはうれしい。大会にはチーム・ミニオンズのリーダーにしてステファーノGPファイナリストの中村名人も参加しており11位。仲良く並んで写真を撮る。朝、ポイントに着いた瞬間、2018年のカワハギシーズンは最悪の幕引きになるかもと不安を抱いたことを思えば、上々の出来ではないかと……。
有終の美を飾る1尾で一之瀬丸感謝デーは3位入賞。桜咲く有終の美を飾る1尾で一之瀬丸感謝デーは3位入賞。桜咲く



Twitter

2018年12月24日 19:17

« 大会が中止になってないことを確認してファイナルハギポン | メイン | 時化の日のカワハギの掛け方に何かいい方法ってあるの? »

最近の釣りに行った記事

三兎追うも…船中カイワリ2匹を独り占めしたから良しとする
人生6、7、8匹目のオニカサゴ。最大37cmでおみくじは小吉
有終の美を飾る1尾で一之瀬丸感謝デーは3位入賞。桜咲く
血塗られた久里浜沖でマ・イシ・クロとそろえダイ三元達成♪
お持ち帰りはアラサー1尾のみ。せめてミドサー欲しかった
クロダイ、アジ、〆サバ三種盛り。妻1号は船酔いでノーカン
悪運はTKBで尽きた。かみやカワハギ大会はいいとこなし
平和島は宇宙より遠い。でもTKB初の船別1位を獲得したよ
良型アジ66匹+60センチヒラメで八景沖豪華刺し盛り成功!!
カイワリ、チダイ、イナダなど宇佐美沖豪華5点盛りが完成
アミ五目で4目釣るも…居酒屋へたは品切れ次第臨時休業
尺確実な手応え!! 釣れたのはお邪魔虫三連星でチーン♪
へた釣り亭は1品300円均一安居酒屋。刺し盛りはアジのみ
“待て”を覚えた女、妻1号はアジ23匹。へた釣りはアカ~ン
ガス欠1DAYバトル? 久しぶりのかみやは楽しかったよ!
優しくないのよ東京湾の釣りの神様はっ!! 妻1号はアジ4匹
タチウオ釣りはあ行しか喋れない? 色々あるとなおさらだ
魚種豊富で魚影濃い宇佐美でカイワリ込みウィリー十五目
平成最後のイサキ釣りは最後の最後だけちょい盛り上がり
束楽勝からのソウダ禍で大失速。平成最後?のイサキ釣り
いつになったら一之瀬丸マゴチ童貞卒業できるの(遠い目)
型狙い作戦がハマり尺足らず3匹釣るも45匹までと振るわず
鱈・柳・柳・柳・柳・柳・青など五目一荷多数で超たっのしー
北海道の師匠が釣った魚が食べられる店、釧路・巽で舌鼓
ひどいウネリに船酔いしながら3年ぶりのアオゾイ3匹ゲット!!
雨で流れが速すぎて姪2号がなんとかオショロコマを1匹
標津カレイ北海道の師匠杯は台風で飛んできた女が3位に
ご当地流には理由がある。無視するとウグイの呪いが発動
釣れないから呑む。釧路の日米でとり天と東北の美酒に酔う
明石家さんまばかりでシシャモは釣れず。明日は出船中止
数釣りシーズン開幕したよ。 179匹で7月の最多記録更新!!
イサキってどうやったら釣れるんだっけ? 本気で忘れたぞ
性悪タチウオ&やる気なしアジとの痺れる戦いの行方は…
八景沖のアジ行方知れず? ウネリで掛からんし撃チ~ン
曇天なのに渋かったぁ!! あさなぎ丸デビュー戦は18匹まで
かみやメバル大会で型も数も船中3位なら頑張った方だよね
前半ウィリーに塩対応。後半たっのしー♪でカイワリは14匹
船中0じゃどうしようもないよねと自分を慰めるアカムツ4戦目
2018年の剣崎イサキチョロくない。開幕戦はなんとかツ抜け
GWは釣りしない週間にしよかな。アジツ抜けせずに頓死す
木更津沖で「へたクソぉ!!」と自分を罵り続けた夜アナゴ釣行
GWのゲートが開いて即落馬!? 宇佐美に行ってクーラー空
予報以上に風ビュービューの中、超お立ち台で午前LTアジ
序盤魚信少なくジリジリするも3年ぶり3本目の本塁打マゴチ
潮流も竿先も俺の心もキュンキュンしなかったウィリー五目
魚信少なめもヒット3本。昨年のマゴチの釣果を1日で超えた
始まったよ、シロムツしか釣れない伝説がっ!! 今季お終い
5本針にキンメ・キンメ・キンメ・シロムツ・メダイしたものの…
いきなりの尺たらず熟メバルに今季はイケる!と思ったが…
クロムツ3匹でまずまずも難敵のチビクロ、サバに大苦戦す

著者: へた釣り