有終の美を飾る1尾で一之瀬丸感謝デーは3位入賞。桜咲く

有終の美を飾る1尾で一之瀬丸感謝デーは3位入賞。桜咲く予想通りといえば予想通りだが、海が悪かった。船がポイントに至り、キャビンから出た第一声は「これ、ダメでしょ!!」。釣れる気が全くしない時間が続く。なんとか25センチ級を午前中にゲット。今季のカワハギはこれで終わり? 有終の美を飾る1尾が欲しいと言っていたら本当に来てくれた!!

有終の美を飾る1尾で一之瀬丸感謝デーは3位入賞。桜咲く風の予報は陸で10メートル、海上では15メートル。さすがにこんな日は釣り人が少ないだろうと思っていたら、京急品川駅には竿&クーラー持参の人の姿がちらほら。金沢八景駅で降りた釣り人はさすがに普段よりは少なかったが、その大半が金沢八景・一之瀬丸の感謝デー釣り大会に参加するために受付を目指す。こんな日に釣行するなんてアホだなぁと思ったが、自分もそのアホの1人である。カワハギ船は2隻出し。釣り座のクジを引くと「8-21」。8号船の21番という意味で西村船長船の右舷艫から2番目だった。一昨年優勝したときも昨年惨敗したときもこの席だった。3年連続同じ席なんて奇跡?と思っていたら大艫は埋まらずにVIPシートに格上げ。船は7時30分に桟橋を離れる。
有終の美を飾る1尾で一之瀬丸感謝デーは3位入賞。桜咲く有終の美を飾る1尾で一之瀬丸感謝デーは3位入賞。桜咲く

■釣れる気しないレベルの激時化。ピカイチくん投入しできる釣りを

有終の美を飾る1尾で一之瀬丸感謝デーは3位入賞。桜咲く予報では朝のうちはまだいくらか風が弱く昼前から本格的に吹き始める。良型を選んで釣りやすい宙での釣りは朝のうちしかできない気がしたので、近藤名人がこの大会のために間に合わせてくださったピカイチくんSP炸裂・赤ピカイチくんの集魚効果を最大に活かせる3本針密集仕掛けを用意する。飛沫を被りそうだったのでキャビンに避難。船は約1時間かけて竹岡沖へ。戦闘開始と意気込んでキャビンを出た瞬間に戦意喪失。海の荒れ具合が想像を凌駕していた。台風が接近している日に行われた昨年の江戸前釣りサーキット大会カワハギの部よりも悪い。宙での釣りは無理と判断し、ピカイチくんを一投もせずに時化用仕掛けに付け換える。オモリから針まで30センチ放してゼロテンション以下をキープするという戦略だったが…それでもときどきオモリが底を切ってしまう。魚信は何度かあったが底での釣りが苦手な上に、波による上下で全く掛けられない。エサは取られるのでカワハギはいるのだが……。
有終の美を飾る1尾で一之瀬丸感謝デーは3位入賞。桜咲く有終の美を飾る1尾で一之瀬丸感謝デーは3位入賞。桜咲く

有終の美を飾る1尾で一之瀬丸感謝デーは3位入賞。桜咲く焦れる。焦れるが有効な手が思いつかない。1つだけ間違いないのは、このまま釣り続けていても楽しくないし、魚を手にできる気がしない。どうせダメならという考え方がうまくハマることがある。ピカイチくんSP炸裂・赤と3本針密集仕掛けに仕掛けを戻す。底を意識してたまにトンとオモリが底に着くように竿を操作する。魚信があっても掛け方が分からないという状況はいっしょだが、宙で釣っているので知らないうちにエサがないということは減った。それだけでも前進である。1匹目のカワハギが釣れたのは10時40分頃。まずまずの引きで25センチくらい。これで検寸はしてもらえる。少しずつ釣り方が分かってきた。波で船が上がっているときはタタキなど激しい誘いを入れてアピール。船が下がっているときに集中して誘い下げて魚信を出す。底にオモリが着いたら少し待って聞き上げる。2匹目、3匹目と釣れるが……15センチに満たないものばかり。
有終の美を飾る1尾で一之瀬丸感謝デーは3位入賞。桜咲く有終の美を飾る1尾で一之瀬丸感謝デーは3位入賞。桜咲く

■デカハギを釣った気分を味わえる有終の美飾る一尾がやっと来た!!

有終の美を飾る1尾で一之瀬丸感謝デーは3位入賞。桜咲く波も風も朝よりも少し弱まった。人間は順応する。どう考えても釣りやすいはずがない時化の海のままなのに随分と釣りやすくなったと感じる。バラシや掛け損ないは相変わらず多いが魚信はコンスタントに出せるようになってきた。でも、20センチを少し超えた物を1尾追加しただけでほかは15センチ以下ばかり。2018年カワハギの締めくくりにしては盛り上がりを欠く。「優勝サイズでなくていいから有終の美を飾れるサイズが欲しいなぁ」なんてことをほざいていたら、本当に来た。底から離すときに重量感があり竿を持ち上げるのに少し苦労する。巻き上げ中は竿を送っていなさないといけない激しい抵抗をみせる。ドラグが滑る。尺超え?という手応えだったが、計測してもらうと尺には足らず。29センチだった。優勝だって狙えるサイズのデカハギが釣れたことでなんとか格好がついた。
有終の美を飾る1尾で一之瀬丸感謝デーは3位入賞。桜咲く有終の美を飾る1尾で一之瀬丸感謝デーは3位入賞。桜咲く

有終の美を飾る1尾で一之瀬丸感謝デーは3位入賞。桜咲く29センチを釣った少しあとに左舷舳がざわっざわっとする。船長もマイクで「デカいな」。32.9センチの竹岡沖の主サイズのカワハギが釣れた。これが優勝魚。もう1船でも尺超えが釣れていたようでこれが2位。へた釣りの29センチは3位に。賞品はダイワのライフジャケット。今使っているライフジャケットは桜マークなし。2022年まではこれでも罰則はないが、いずれ買い替える必要がある物だったのでこれはうれしい。大会にはチーム・ミニオンズのリーダーにしてステファーノGPファイナリストの中村名人も参加しており11位。仲良く並んで写真を撮る。朝、ポイントに着いた瞬間、2018年のカワハギシーズンは最悪の幕引きになるかもと不安を抱いたことを思えば、上々の出来ではないかと……。
有終の美を飾る1尾で一之瀬丸感謝デーは3位入賞。桜咲く有終の美を飾る1尾で一之瀬丸感謝デーは3位入賞。桜咲く



Twitter

2018年12月24日 19:17

« 大会が中止になってないことを確認してファイナルハギポン | メイン | 時化の日のカワハギの掛け方に何かいい方法ってあるの? »

最近の釣りに行った記事

ゲストはサバだけ…八景沖でアジ入れ食いの午後アミ五目
浅場タチウオ攻略失敗。でも50mなら労せずとも掛かるかも
路線図読めないおっさんはタチウオ掛け方分からんのです
刺し盛りは関西は活かり、関東は旨みと恵比寿 魚一商店で
撃沈ではないが下手さ加減認識したタチアジ。でもタコ3杯♪
5年連続イサキ束超え失敗。良型混じると数を伸ばせない
純ちゃんのすじ塩は恵比寿でNo.1の煮込みかも知れない!!
難波・豪快立ち寿司でウニとイクラこぼれ盛り痛風一直線♪
恵比寿・肉天国で炙りユッケ、痛風味玉、牛トロ天を堪能す
一之瀬丸一の凄腕カツオ一本釣り師になってげんなりする
北海道のそばは最高!! 中標津・伊とうで藪・更科食べ比べ
姪2号にオショロコマを釣らせるミッション今年も無事クリア!!
釧路・繁栄丸アオゾイ耐久。7匹だけど今年も釣れたよ
北海道の師匠杯で子供はアオゾイゲット。へたはお世話係
台風令和初上陸の翌日剣崎イサキ束釣れるかなチャレンジ
難波居酒屋のお刺身は安くて美味いの代表、嬉々わらまさ
難波で昼飲みならなんばグランド花月1階、酒処さつき最強
宇佐美の魚やる気なし。カイワリ、チダイ、ホウボウ1匹ずつ
売り切れが多いがおっぱい串がとにかく絶品なおみっちゃん
竿先グングンッ…でもバレる。気難しいアジに翻弄されたよ
土用の丑に鰻なる野暮は避け恵比寿・う福でお先に鰻三昧
小サメの駆除に協力したら梅雨アナゴとタチウオもらえたよ
俺が行っても終わらずどころかカイワリ18匹で最多記録更新
6月のええもん1=新川にしやで伝助アナゴ、白子、キアラ刺
6月のええもん2=ShunのA5牛しゃぶローススープ茶漬け♪
プチ時化お立ち台で体幹トレーニングしつつイサキを26匹♪
1日剣崎で釣れてイサキ13匹、最大28.5cmでなんとかなった
コマセ振る意味ないレベルの速潮にカイワリ1匹だけと撃沈
5月のええもん=哲剣で活アコウ刺しに感動+カマ焼きも◎
好漁続きでどうした、俺。六目41匹でクーラー八分と大満足
G:激旨W:ウィークの仕上げは東京湾口アカムツでにんまり
令和の初釣りは雨の中シャクリ続けてカイワリ7匹でドヤッ!!
アラフォー食べ頃アマダイに癒されGWのGは撃沈じゃない
4月のええもん=正宗屋のカステラ&魚屋ひでぞう刺し盛り
妄想は妄想のまま。シマアジは釣れずメジナとイサキのみ
タナ取りスピード勝負に妻苦戦で14匹。30匹クリアが遠いよ
夢ではなかった…「カイワリ船中0じゃなきゃ」が瓦解した日
鏡面のように穏やかな海で釣りをしている白日夢を見たよ
明石焼き、いかなご釘煮、蛸ぺったん、穴子串を魚の棚で
明石・人丸花壇で鯛・蛸・穴子の海峡名物3点セットを満喫♪
続・深場伝説アラの章始まらず。お土産カイワリ4匹で十分♪
不幸だねぇ氷雨降る時化海で本命ボウズなんて闇堕ちする
肩コリ完治!! すげぇな、東京湾。もしかしてサバのおかげ?
2月のええもんは難波・天秤棒でおこぜ含むお刺身三昧!
三途の川みたいな海でイシダイ撃沈。アミ五目でカンパチ!!
ブラックドラゴン相手に筋トレ。クロムツは3匹だけでチーン
難波・桃酔でええもん=アコウの酒蒸しと白アマダイを食う
三兎追うも…船中カイワリ2匹を独り占めしたから良しとする
人生6、7、8匹目のオニカサゴ。最大37cmでおみくじは小吉
有終の美を飾る1尾で一之瀬丸感謝デーは3位入賞。桜咲く

著者: へた釣り