クロダイ、アジ、〆サバ三種盛り。妻1号は船酔いでノーカン

妻1号用アミ五目タックルを急あつらえに見えないレベルで前日の釣果を見て妻1号のアジ30匹チャレンジは相当厳しいだろうと予想はしていたが…。北風で海が少し悪かったため妻1号はほんの数投で釣り座のマグロと化す。酔い止めを飲み忘れてたみたい。へた釣りは妻の分まで頑張って今週の刺し盛りはクロダイ、A5アジ、〆トロサバの三種。

クロダイ、アジ、〆サバ三種盛り。妻1号は船酔いでノーカン前日のうちに2隻出しにも予約締切にもなっていなかった。もしかしたら金沢八景・一之瀬丸の午前アミ五目は空いてるかもと考えていたのだが、超が付くほどの人気船宿の一之瀬丸で前日は3隻出しになった人気の釣り物であるアミ五目が空いているわけがない。船宿に到着して釣り座のボードを確認してみると既に1枚も札は残っていない。妻との釣行なので並びで釣り座の確保をお願いしてあった。この日も大グループでの釣行組が多かったようで、右舷の大艫から2席を用意してもらえた。妻1号を大艫に。満船なので後を向いて竿を出す。へた釣りは本来の大艫。横には7~8人の大グループ。天秤のアームに道糸が接続されていたが、見て見ぬふりをしておく。
クロダイ、アジ、〆サバ三種盛り。妻1号は船酔いでノーカンクロダイ、アジ、〆サバ三種盛り。妻1号は船酔いでノーカン

■想定外に海悪く、酔い止めを飲み忘れた妻1号は釣り座でマグロと化す

クロダイ、アジ、〆サバ三種盛り。妻1号は船酔いでノーカン船長は一之瀬社長船長。定刻に桟橋を離れてすぐに「波が残っていて海が悪いのでキャビンに退避した方がいいですよ」とのアナウンス。平潟湾の出口辺りからドッタンバッタンし始める。波の予報は1メートル以下と凪のはずだったが…。風が強く白波が立っているわけではなく昨夜からの風でウネリが残っているのだろうか? 止まればどうということはない海況なので問題なしと思ったが、妻1号が背後でポツリと「酔い止め…飲み忘れた」。「酔い止めの予備ないの?」と聞かれたが持ってない。「船が止まれば大したことない。大丈夫だよ」と声をかけることしかできない。ポイントは八景沖の水深12メートルのポイント。「イカ短でまずはアジを狙いましょう」という指示通り2メートルの仕掛けで釣り始めた。ほんの数投で「具合悪い。無理!!」との弱々しい声。妻1号はマグロと化した。

クロダイ、アジ、〆サバ三種盛り。妻1号は船酔いでノーカン底から1.5、2、2.5メートルでコマセを振り出し3メートルで待つ。アジの活性は著しく低いようで、何も起きない。釣り始めて15分経って最初の魚信。釣れたのは超極小カサゴ。その後、長い沈黙があり30分くらいしてやっと本日1匹目のアジ。15センチはあるが20センチはないサイズ。辛抱強くコマセを撒いていればそのうちとマメに打ち返すがどうにもならず。昨日の釣果は1~16匹だったが、下手するとそれより悪いかもという手応え。1匹は釣れたがアジがコマセに付く感じが全くしない。「ダメですね。走ります」と移動のアナウンス。北上して横浜方面へと移動する。妻はマグロ化したまま。
クロダイ、アジ、〆サバ三種盛り。妻1号は船酔いでノーカンクロダイ、アジ、〆サバ三種盛り。妻1号は船酔いでノーカン

■最後にクロダイ、A5ランクのアジ、トロサバで刺し盛りグレードアップ

クロダイ、アジ、〆サバ三種盛り。妻1号は船酔いでノーカンストラクチャーの周りにアジ狙いの船がぎっしり集結しているポイントで釣り再開となる。このポイントはアジの活性が高く。すぐに魚信が出て、15センチくらいの小型のアジが釣れ始める。ダブル・トリプル混じりで素直に釣れてくれる小アジたちに癒される。ときどきちょっといいサイズかもという手応えの引きがあるが、25センチくらいのサバ。約1時間くらいここでアジのお土産を確保する。移動の合図があったのでクーラーに移しながら数えてみるとアジが39匹、サバ5匹で44匹。取りあえず本日のお刺身は確保できた。もう一度最初のポイント周りをやってみるという。小アジの半身刺しと〆サバに加えてあと1種何か釣りたい。仕掛けをアジ用の物からアミ五目用に変える。妻はマグロのまま……。
クロダイ、アジ、〆サバ三種盛り。妻1号は船酔いでノーカンクロダイ、アジ、〆サバ三種盛り。妻1号は船酔いでノーカン

クロダイ、アジ、〆サバ三種盛り。妻1号は船酔いでノーカンアミ五目の仕掛けは3メートルなのでタナは4メートル。2、2.5、3、3.5メートルでコマセを振り出し50センチ持ち上げて魚信を待つ。何度かコマセを詰め直すと、グンッと穂先を持っていく少し重量感のある魚信。抵抗するとき首を振ってる感触がある。25センチくらいのクロダイだった。三種盛り完成。次の魚信はシャクった直後に穂先をグーと持って行く。これはアジの魚信。25センチ級の食べて一番美味しいサイズのA5ランクアジ。小アジの半身刺しからグレードアップ。最後は竿をひったくっていくような魚信。巻き始めるとドラグが滑る。絶対にイナダだと思い、「タモー!!」と叫ぶ。海面に現れたのは…40センチ超えのサバ。〆サバも脂の乗りがバッチリな〆トロサバにアップグレード。11時30分にタイムアップ。妻はマグロ。
クロダイ、アジ、〆サバ三種盛り。妻1号は船酔いでノーカンクロダイ、アジ、〆サバ三種盛り。妻1号は船酔いでノーカン

>

クロダイ、アジ、〆サバ三種盛り。妻1号は船酔いでノーカン妻はボウズをくらったと思っていたら、バケツの中にアジが1匹いた。横浜沖でアジが釣れているのが声で分かったのでなんとか1度だけ仕掛けを入れてアジを釣ったんだそうだ。本人いわく「執念のアジ」。「あの活性なら30匹いけた気がするんだけどな~」と悔しそうにしていたが、今日は船酔いしてなくても30匹は苦しかったと思う。桟橋に戻るために船が走りだすと、またすぐに釣り座に寝っ転がってしまい。最後までマグロ化の呪いは解けず。



Twitter

2018年11月24日 16:53

« 妻1号用アミ五目タックルを急あつらえに見えないレベルで | メイン | クロダイが釣れた日のお楽しみは頭肉が絶品の潮汁だよね »

最近の釣りに行った記事

【コロナで散財】日本一美味い駅そば「音威子府そば」を食う
アラはともかくとして…クーラー真っ白でピント合わねぇよ(泣
前半苦戦も怒涛の追い上げでカイワリ自己最多を27匹に!
釣れども釣れども手乗りカサゴで…俺の心は木っ端微塵!
怒涛の4連荘ありアカムツ5匹。極鋭CG釣れる気しかしない
午前は船中1匹の報に暗澹とするもカイワリ15匹でえっへん
南房まで行ってシマアジがボウズだけでなくクーラー空っぽ
厳しい通り越し痺れた。アラフォーイシダイゲットでなんとか
極鋭CGオニカサゴで入魂完了。腕ではなく竿を褒められる
自称・老先短い母にええもん食わせに上かん屋 久佐久へ
初の外房にて45cm&30cmのアカムツ両手にドヤっドヤっ顔
満足サイズも2匹。深場五目初戦はクロムツ6匹でえっへん
難波最強の立ち飲み屋発見! あたりや食堂でニセンベロ!!
あわや2釣行連続でクーラー空! オニカサゴみくじは小吉
年越しそば2019は難波・源氏で。関西流に辛味大根が美味
令和元年の釣り納めで今年初のをやらかしてしょぼ~ん!
イナダだらけでイシダイどこ~? シマ消え込みで3匹ゲット
久里浜沖7時間耐久マダイ魚信なし地獄にもがき苦しんだ
カイワリは安定の14匹。カンパチはソレダメをやらかしたよ
序盤にクロダイ×2、そのうちマダイも釣れると思ったのに…
雑然とした路地の老舗寿司屋あばらやで大人のドキドキを
カイワリと変わらないサイズだけど初の白間津・シマアジだ
カイワリツ抜けは楽勝と油断したら後半デカアジに翻弄され
ドラグ滑って面白すぎ!! イナダ(ハマチ)10匹で大大大満足
タチウオは指5本×2で満足。アマダイはポニョのみで罪悪感
台風一過の午前アジは土砂降り、強風、ゴミだらけだったが
餃子激戦区の恵比寿に祇園歩兵3号店。優しいお味に納得
35up乱舞。アジしか釣れずしょんぼり、妻は人生最大に興奮
伊豆はカワハギ天国のはずだったのに後半失速でもツ抜け
久々の治久丸午前でカイワリ9匹。えべっさんも人生初の!!
炙り+好みの味ですし焼き。コスパも抜群な難波・ときすし
母78歳の誕生日をメープル猪名川で祝う。秋の味覚楽しむ
ゲストはサバだけ…八景沖でアジ入れ食いの午後アミ五目
浅場タチウオ攻略失敗。でも50mなら労せずとも掛かるかも
路線図読めないおっさんはタチウオ掛け方分からんのです
刺し盛りは関西は活かり、関東は旨みと恵比寿 魚一商店で
撃沈ではないが下手さ加減認識したタチアジ。でもタコ3杯♪
5年連続イサキ束超え失敗。良型混じると数を伸ばせない
純ちゃんのすじ塩は恵比寿でNo.1の煮込みかも知れない!!
難波・豪快立ち寿司でウニとイクラこぼれ盛り痛風一直線♪
恵比寿・肉天国で炙りユッケ、痛風味玉、牛トロ天を堪能す
一之瀬丸一の凄腕カツオ一本釣り師になってげんなりする
北海道のそばは最高!! 中標津・伊とうで藪・更科食べ比べ
姪2号にオショロコマを釣らせるミッション今年も無事クリア!!
釧路・繁栄丸アオゾイ耐久。7匹だけど今年も釣れたよ
北海道の師匠杯で子供はアオゾイゲット。へたはお世話係
台風令和初上陸の翌日剣崎イサキ束釣れるかなチャレンジ
難波居酒屋のお刺身は安くて美味いの代表、嬉々わらまさ
難波で昼飲みならなんばグランド花月1階、酒処さつき最強
宇佐美の魚やる気なし。カイワリ、チダイ、ホウボウ1匹ずつ

著者: へた釣り