いつになったら一之瀬丸マゴチ童貞卒業できるの(遠い目)

いつになったら一之瀬丸マゴチ童貞卒業できるの(遠い目)やっちまった!! 今季初の マゴチボウズ。金沢八景・一之瀬丸では2戦連続のボウズ。2戦とも本命からの魚信なしの完全試合をくらっている。何かが狂っている。一之瀬丸マゴチ童貞卒業できると思っていたがまさかのおあずけに。船上で意気消沈し虚ろな目で穂先を眺めタナを取り直す。

いつになったら一之瀬丸マゴチ童貞卒業できるの(遠い目)朝からテンションは下がっていた。玄関を出ると小雨模様。晴れの予報だからこの日に釣行することにしたのに、曇りの予報になり、小雨まで降っている。「照り込みで濁りが入って活性があがる」というのがどういう状態なのか実際に体験しに行くという釣行のテーマが満たされそうになくなった。その上、小雨はイサキの活性が上がる条件、 マゴチではなくイサキだったかもと考えても仕方ないことを考えながら一之瀬丸へ。金沢八景駅に着くと雨は止んでいたが空はどんよりと暗く「照り込み」が発生するとは思えない。片舷7人ずつの右舷の後ろから3番目に釣り座を決める。

■エビはフグにやられて瞬殺。ハゼは何も起きず2時間しても異常なし

いつになったら一之瀬丸マゴチ童貞卒業できるの(遠い目)前回一之瀬丸のマゴチ船に乗ったのは4月のことだったので、照りゴチシーズンは初めて。エサは基本サイマキエビだが、出船前にお願いすればマハゼを1匹100円で買うことができる。船長にどちらがよいか聞くと「どちらでも釣れている」とのことだがエビの方がフグなどにやられやすいと説明される。マハゼも試してみるかと5匹だけ購入し、エビ5匹、ハゼ5匹をもらう。最初のポイントは港の入口の「SUMITOMO よこすか」の周辺。水深は16メートルくらい。まずはエビで釣ることに。すぐに右隣で魚信があるがバラシ、続いて左隣りで小型だが マゴチをゲット。活性は悪くなさそうと喜んだがへた釣りの竿に変化なし。エサを確認してみると……エサなし。もう一度エビを付けて投入。今度は微小ながらも穂先に変化が出る。食いこむような魚信には発展せずに終了。エサの状態を確認すると、フグにエビを齧り取られていた。
いつになったら一之瀬丸マゴチ童貞卒業できるの(遠い目)いつになったら一之瀬丸マゴチ童貞卒業できるの(遠い目)

いつになったら一之瀬丸マゴチ童貞卒業できるの(遠い目)釣り開始20分で立て続けにフグにエビをかすめ取られたので、エサをマハゼに変えてみる。ハゼで マゴチを狙うのは5年ぶりくらい。上あごの硬いところに針を刺して仕掛けを投入。フグはエビは好物だがマハゼはあまりお好きではないようで、フグからの攻撃を回避して マゴチを狙える…はずだった。はずだったというのはマハゼにエサを変えてから2時間以上魚信なし。タナが狂っているのかもと75センチ、1メートル、1.25メートルと底を着る長さを変えてなんとか魚信を出そうとしたのだが、どうしても魚信が出せない。ポイントは富津沖の水深4メートルや海堡周りの水深16メートルから22メートルくらいまでを攻めたのだが一度も魚信をだせずハゼは元気なまま。遂には「フグにイタズラしてもらえるだけマシ」とエサをエビに戻してしまう。
いつになったら一之瀬丸マゴチ童貞卒業できるの(遠い目)いつになったら一之瀬丸マゴチ童貞卒業できるの(遠い目)

■同じことやっているはずなのに一之瀬丸ではどうして釣れないの?

いつになったら一之瀬丸マゴチ童貞卒業できるの(遠い目)エサをエビにしたからといって魚信が出るわけもなく、時間が過ぎて行く。 マゴチ釣りでできることは多くない。20秒に1回底を取り直してタナを切りなおす、この操作が誘いとなって魚信が増えるはずなのだが……報われる気配はない。周りではポツポツではあるが マゴチやソゲが釣れている。へた釣りの竿には マゴチどころかソゲからのコンタクトもない。やっていることは羽田・かみや マゴチ船でやっていることと同じはず。かみやでは釣れるのに一之瀬丸ではなぜ釣れない? 何かが狂っているのだろうが何が狂っているのか分からない。「なぜ釣れない?」という歯がゆさが頭の中を支配し対応策を打ち出せなくなったらその日の釣りは終了である。

いつになったら一之瀬丸マゴチ童貞卒業できるの(遠い目)釣れないへた釣りを哀れに思った船長からアドバイス。「仕掛けの長さを1.2メートルにしてみたら」と教わる。無策にタナを取り直すだけになっていたので、船長のアドバイスに飛びつく。すぐに仕掛けを1.2メートルに詰めて釣り始めたが、あまり状況は変わらなかった。富津沖から海堡の周りをグルリと攻めてから再び港の入口「SUMITOMO よこすか」近辺に戻ってくる。エビがなくなったのでハゼで最後まで頑張ったが、頑張ったところでどうにもならなかった。本日良かったことは1つだけ。クーラー洗わなくて済んだ!!



Twitter

2018年08月12日 19:33

« 今季ソウダガツオがショート仕掛けでかわせないのは何故 | メイン | 実績のピカピカと五島の石のラトル音でカワハギを悩殺する »

最近の釣りに行った記事

血塗られた久里浜沖でマ・イシ・クロとそろえダイ三元達成♪
お持ち帰りはアラサー1尾のみ。せめてミドサー欲しかった
クロダイ、アジ、〆サバ三種盛り。妻1号は船酔いでノーカン
悪運はTKBで尽きた。かみやカワハギ大会はいいとこなし
平和島は宇宙より遠い。でもTKB初の船別1位を獲得したよ
良型アジ66匹+60センチヒラメで八景沖豪華刺し盛り成功!!
カイワリ、チダイ、イナダなど宇佐美沖豪華5点盛りが完成
アミ五目で4目釣るも…居酒屋へたは品切れ次第臨時休業
尺確実な手応え!! 釣れたのはお邪魔虫三連星でチーン♪
へた釣り亭は1品300円均一安居酒屋。刺し盛りはアジのみ
“待て”を覚えた女、妻1号はアジ23匹。へた釣りはアカ~ン
ガス欠1DAYバトル? 久しぶりのかみやは楽しかったよ!
優しくないのよ東京湾の釣りの神様はっ!! 妻1号はアジ4匹
タチウオ釣りはあ行しか喋れない? 色々あるとなおさらだ
魚種豊富で魚影濃い宇佐美でカイワリ込みウィリー十五目
平成最後のイサキ釣りは最後の最後だけちょい盛り上がり
束楽勝からのソウダ禍で大失速。平成最後?のイサキ釣り
いつになったら一之瀬丸マゴチ童貞卒業できるの(遠い目)
型狙い作戦がハマり尺足らず3匹釣るも45匹までと振るわず
鱈・柳・柳・柳・柳・柳・青など五目一荷多数で超たっのしー
北海道の師匠が釣った魚が食べられる店、釧路・巽で舌鼓
ひどいウネリに船酔いしながら3年ぶりのアオゾイ3匹ゲット!!
雨で流れが速すぎて姪2号がなんとかオショロコマを1匹
標津カレイ北海道の師匠杯は台風で飛んできた女が3位に
ご当地流には理由がある。無視するとウグイの呪いが発動
釣れないから呑む。釧路の日米でとり天と東北の美酒に酔う
明石家さんまばかりでシシャモは釣れず。明日は出船中止
数釣りシーズン開幕したよ。 179匹で7月の最多記録更新!!
イサキってどうやったら釣れるんだっけ? 本気で忘れたぞ
性悪タチウオ&やる気なしアジとの痺れる戦いの行方は…
八景沖のアジ行方知れず? ウネリで掛からんし撃チ~ン
曇天なのに渋かったぁ!! あさなぎ丸デビュー戦は18匹まで
かみやメバル大会で型も数も船中3位なら頑張った方だよね
前半ウィリーに塩対応。後半たっのしー♪でカイワリは14匹
船中0じゃどうしようもないよねと自分を慰めるアカムツ4戦目
2018年の剣崎イサキチョロくない。開幕戦はなんとかツ抜け
GWは釣りしない週間にしよかな。アジツ抜けせずに頓死す
木更津沖で「へたクソぉ!!」と自分を罵り続けた夜アナゴ釣行
GWのゲートが開いて即落馬!? 宇佐美に行ってクーラー空
予報以上に風ビュービューの中、超お立ち台で午前LTアジ
序盤魚信少なくジリジリするも3年ぶり3本目の本塁打マゴチ
潮流も竿先も俺の心もキュンキュンしなかったウィリー五目
魚信少なめもヒット3本。昨年のマゴチの釣果を1日で超えた
始まったよ、シロムツしか釣れない伝説がっ!! 今季お終い
5本針にキンメ・キンメ・キンメ・シロムツ・メダイしたものの…
いきなりの尺たらず熟メバルに今季はイケる!と思ったが…
クロムツ3匹でまずまずも難敵のチビクロ、サバに大苦戦す
今年も始まったよぉ~……釣れない方の“深場伝説”がっ!!!
次にオニカサゴ釣れるのは4年後かも…サドンデスで散る!!
アジにまさかの完全試合?からの後半ポツポツでなんとか

著者: へた釣り