曇天なのに渋かったぁ!! あさなぎ丸デビュー戦は18匹まで

曇天なのに渋かったぁ!! あさなぎ丸デビュー戦は18匹まで定宿の一之瀬丸のイサキ船が満船のために前から気になっていたあさなぎ丸のデビュー戦。小雨が降る曇天模様でイサキ大爆発でもおかしくなかったのだが渋かった。魚の気配を感じない時間帯が長く、雨の中、精神を削られながらの釣り。なんとか18匹。尺超え1匹、ウメイロが混じる。

曇天なのに渋かったぁ!! あさなぎ丸デビュー戦は18匹までいつもと同じ電車で金沢八景駅へ。駅に着いたら電話をして送迎をお願いする。電話をすると要件を言う前にいきなり「行ってるよ~」。一瞬何を言われたのか分からずに「へ?」と返してしまう。「迎えの車行ってるよ」と説明されて得心する。へた釣りより前に何人かが電話済みだったうようで、所定の場所で送迎の車が待っていた。船宿に着いて席札を見ると、釣り座に余裕がありそう。なぜか左舷の舳が空いていたので、迷うことなく席札を取る。一之瀬丸でもなぜか艫から席が埋まっていく傾向があるが、もしかして艫から座るのが金沢八景のルールなんだろうか? 受付のとき「初めて来ました」と挨拶すると、「初めて? じゃあ3つくらいスタンプ押しとくか!!」とスタンプを3つ押してもらう。なんとなく船宿のノリが分かってきたかも……。
曇天なのに渋かったぁ!! あさなぎ丸デビュー戦は18匹まで曇天なのに渋かったぁ!! あさなぎ丸デビュー戦は18匹まで

■いきなりトリプル、続いてダブル。今日は忙しいぞと思ったら沈黙

曇天なのに渋かったぁ!! あさなぎ丸デビュー戦は18匹まで船に乗ってしまえば狙う魚は剣崎沖のイサキなわけで、いつも通りにやればなんとかなるはず。船長が釣り方の説明をするというので、聞きに行く。ビシの窓の設定は下が全閉で上を1/3開けと同じ。シャクったあと竿先が下がらないように少し竿を持ち上げるという方法が勧められていた。一之瀬丸でのシャクったあと力を抜いて穂先が沈まないように力加減を調整するという方法よりも簡単かも。桟橋を離れた船は剣崎沖まで50分くらいで辿りつく。松輪の根には船団ができており、今日は悪くないのかも?という雰囲気だった。
曇天なのに渋かったぁ!! あさなぎ丸デビュー戦は18匹まで曇天なのに渋かったぁ!! あさなぎ丸デビュー戦は18匹まで

曇天なのに渋かったぁ!! あさなぎ丸デビュー戦は18匹まで船団の周りをぐるりと回り、ポイントが決まる。一之瀬丸もすぐ近くにいた。タナの指示は「18メートルから13メートル」だった。梅雨空でイサキは高活性なはずと信じて、50センチ刻みステイ0の高速シャクリでスタート。1往復目は魚信なし。仕掛けを落とし直してシャクリだすとすぐにキュンと小気味よく穂先を引き込むイサキの魚信。仕掛けの張りを意識してゆっくり巻いてくると追い食いが発生した。いきなりのトリプルでスタート。お次はダブル。釣り開始15分で5匹。今日は忙しくなるぞぉぉおおお!! とダブルは写真を撮らずに急いで仕掛けを再投入したのだが……その後沈黙。ベラやミニムツなどイサキ釣りではあまりお目にかからないゲストが釣れるだけ。
曇天なのに渋かったぁ!! あさなぎ丸デビュー戦は18匹まで曇天なのに渋かったぁ!! あさなぎ丸デビュー戦は18匹まで

■ウメイロうれしい。イサキは最後まで信じてシャクれば報われた?

曇天なのに渋かったぁ!! あさなぎ丸デビュー戦は18匹まで一之瀬丸は「深いとこに行ってみますね」と沈没船ポイントへの移動がアナウンスされた。あさなぎ丸もポイントの移動が告げられる。沈没船まではいかずに松輪の根の少し南のポイントを一人旅する。狙う水深は30メートルから40メートルくらい。すぐに尺超え確実な手応えの魚信がある。鋭い引き込みもみせるので35センチ超えかもと大事に取り込む。姿が見えた。シルエットはイサキに似ているが色が違う。背中が黄金色に輝くウメイロだった。高級魚なのでこれはうれしい。血抜きしてすぐにクーラーへ。その後も魚信はあるのだが釣れてくるのはトゴットメバルばかり。一人旅では結局イサキは1匹も追加できず。11時ごろに再び船団に合流する。
曇天なのに渋かったぁ!! あさなぎ丸デビュー戦は18匹まで曇天なのに渋かったぁ!! あさなぎ丸デビュー戦は18匹まで

曇天なのに渋かったぁ!! あさなぎ丸デビュー戦は18匹までここから沖上がりまでの4時間は、我慢大会。シャクリ続けることがイサキを手にする唯一の方法だと信じて休まずにシャクリ続ける。魚信は忘れたころにあるという程度。20分に1匹くらいのペースなので時速3匹。調子のいいときならトリプル1発でゲットできるイサキを1時間シャクリ続けてやっと手にする。徒労ではない。それを徒労と感じるなら魚屋で魚を買う。シャクリの幅、ステイ時間を変え、魚信が出たときに共通の条件が何かないか?と考える。指示ダナより2メートルくらい上まで魚信が出ることに気付く。船長の指示は13メートルまでだったが、11メートルくらいでシャクることに。高いタナなので尺超えこそ1匹だか25センチ超えの大ウリンボもポツポツと混じる。結果は18匹と報われたとは言い難いが他の人の竿がほぼ沈黙している時間帯にでもイサキを拾えていたので、休まずシャクリ続けた甲斐があった。と、釣行記には書いておこう。
曇天なのに渋かったぁ!! あさなぎ丸デビュー戦は18匹まで曇天なのに渋かったぁ!! あさなぎ丸デビュー戦は18匹まで



Twitter

2018年06月23日 20:11

« 一之瀬丸イサキ船まさかの満船で明日はあさなぎ丸に浮気 | メイン | ウメイロの刺身が脂乗って甘くて絶品。イサキの裏本命かも »

最近の釣りに行った記事

優しくないのよ東京湾の釣りの神様はっ!! 妻1号はアジ4匹
タチウオ釣りはあ行しか喋れない? 色々あるとなおさらだ
魚種豊富で魚影濃い宇佐美でカイワリ込みウィリー十五目
平成最後のイサキ釣りは最後の最後だけちょい盛り上がり
束楽勝からのソウダ禍で大失速。平成最後?のイサキ釣り
いつになったら一之瀬丸マゴチ童貞卒業できるの(遠い目)
型狙い作戦がハマり尺足らず3匹釣るも45匹までと振るわず
鱈・柳・柳・柳・柳・柳・青など五目一荷多数で超たっのしー
北海道の師匠が釣った魚が食べられる店、釧路・巽で舌鼓
ひどいウネリに船酔いしながら3年ぶりのアオゾイ3匹ゲット!!
雨で流れが速すぎて姪2号がなんとかオショロコマを1匹
標津カレイ北海道の師匠杯は台風で飛んできた女が3位に
ご当地流には理由がある。無視するとウグイの呪いが発動
釣れないから呑む。釧路の日米でとり天と東北の美酒に酔う
明石家さんまばかりでシシャモは釣れず。明日は出船中止
数釣りシーズン開幕したよ。 179匹で7月の最多記録更新!!
イサキってどうやったら釣れるんだっけ? 本気で忘れたぞ
性悪タチウオ&やる気なしアジとの痺れる戦いの行方は…
八景沖のアジ行方知れず? ウネリで掛からんし撃チ~ン
曇天なのに渋かったぁ!! あさなぎ丸デビュー戦は18匹まで
かみやメバル大会で型も数も船中3位なら頑張った方だよね
前半ウィリーに塩対応。後半たっのしー♪でカイワリは14匹
船中0じゃどうしようもないよねと自分を慰めるアカムツ4戦目
2018年の剣崎イサキチョロくない。開幕戦はなんとかツ抜け
GWは釣りしない週間にしよかな。アジツ抜けせずに頓死す
木更津沖で「へたクソぉ!!」と自分を罵り続けた夜アナゴ釣行
GWのゲートが開いて即落馬!? 宇佐美に行ってクーラー空
予報以上に風ビュービューの中、超お立ち台で午前LTアジ
序盤魚信少なくジリジリするも3年ぶり3本目の本塁打マゴチ
潮流も竿先も俺の心もキュンキュンしなかったウィリー五目
魚信少なめもヒット3本。昨年のマゴチの釣果を1日で超えた
始まったよ、シロムツしか釣れない伝説がっ!! 今季お終い
5本針にキンメ・キンメ・キンメ・シロムツ・メダイしたものの…
いきなりの尺たらず熟メバルに今季はイケる!と思ったが…
クロムツ3匹でまずまずも難敵のチビクロ、サバに大苦戦す
今年も始まったよぉ~……釣れない方の“深場伝説”がっ!!!
次にオニカサゴ釣れるのは4年後かも…サドンデスで散る!!
アジにまさかの完全試合?からの後半ポツポツでなんとか
4年ぶり通算4匹目と5匹目のオニカサゴで2017初釣りは吉!!
釣り納め2017はカイワリ17匹で自己最多更新。ハマチも8匹
東京湾の釣り納めは紅(アマ)白(タチ)そろえてまずは重畳
ツイテないのか実力不足か。一之瀬丸感謝デーで撃ち~ん
時化の上に激渋カワハギだったがピカイチくんに救われる
入学初日に退学しよかなと頭をよぎった2017アマダイ初戦
平和島は果てしなく…。TKB6回目で初めて船中個人表彰♪
ダイ三元狙いも…中(マダイ)のみ。この釣り向いてないね
プチ時化へのアジャストで大迷走したかみやカワハギ大会
江戸前カワハギおかわりは船別で型数1位も3万円に届かず
台風前の強行午前アミ五目はマダイで入魂、イナダで痛恨
台風の中継かって時化海でたっのしーいカワハギ釣り大会

著者: へた釣り