曇天なのに渋かったぁ!! あさなぎ丸デビュー戦は18匹まで

曇天なのに渋かったぁ!! あさなぎ丸デビュー戦は18匹まで定宿の一之瀬丸のイサキ船が満船のために前から気になっていたあさなぎ丸のデビュー戦。小雨が降る曇天模様でイサキ大爆発でもおかしくなかったのだが渋かった。魚の気配を感じない時間帯が長く、雨の中、精神を削られながらの釣り。なんとか18匹。尺超え1匹、ウメイロが混じる。

曇天なのに渋かったぁ!! あさなぎ丸デビュー戦は18匹までいつもと同じ電車で金沢八景駅へ。駅に着いたら電話をして送迎をお願いする。電話をすると要件を言う前にいきなり「行ってるよ~」。一瞬何を言われたのか分からずに「へ?」と返してしまう。「迎えの車行ってるよ」と説明されて得心する。へた釣りより前に何人かが電話済みだったうようで、所定の場所で送迎の車が待っていた。船宿に着いて席札を見ると、釣り座に余裕がありそう。なぜか左舷の舳が空いていたので、迷うことなく席札を取る。一之瀬丸でもなぜか艫から席が埋まっていく傾向があるが、もしかして艫から座るのが金沢八景のルールなんだろうか? 受付のとき「初めて来ました」と挨拶すると、「初めて? じゃあ3つくらいスタンプ押しとくか!!」とスタンプを3つ押してもらう。なんとなく船宿のノリが分かってきたかも……。
曇天なのに渋かったぁ!! あさなぎ丸デビュー戦は18匹まで曇天なのに渋かったぁ!! あさなぎ丸デビュー戦は18匹まで

■いきなりトリプル、続いてダブル。今日は忙しいぞと思ったら沈黙

曇天なのに渋かったぁ!! あさなぎ丸デビュー戦は18匹まで船に乗ってしまえば狙う魚は剣崎沖のイサキなわけで、いつも通りにやればなんとかなるはず。船長が釣り方の説明をするというので、聞きに行く。ビシの窓の設定は下が全閉で上を1/3開けと同じ。シャクったあと竿先が下がらないように少し竿を持ち上げるという方法が勧められていた。一之瀬丸でのシャクったあと力を抜いて穂先が沈まないように力加減を調整するという方法よりも簡単かも。桟橋を離れた船は剣崎沖まで50分くらいで辿りつく。松輪の根には船団ができており、今日は悪くないのかも?という雰囲気だった。
曇天なのに渋かったぁ!! あさなぎ丸デビュー戦は18匹まで曇天なのに渋かったぁ!! あさなぎ丸デビュー戦は18匹まで

曇天なのに渋かったぁ!! あさなぎ丸デビュー戦は18匹まで船団の周りをぐるりと回り、ポイントが決まる。一之瀬丸もすぐ近くにいた。タナの指示は「18メートルから13メートル」だった。梅雨空でイサキは高活性なはずと信じて、50センチ刻みステイ0の高速シャクリでスタート。1往復目は魚信なし。仕掛けを落とし直してシャクリだすとすぐにキュンと小気味よく穂先を引き込むイサキの魚信。仕掛けの張りを意識してゆっくり巻いてくると追い食いが発生した。いきなりのトリプルでスタート。お次はダブル。釣り開始15分で5匹。今日は忙しくなるぞぉぉおおお!! とダブルは写真を撮らずに急いで仕掛けを再投入したのだが……その後沈黙。ベラやミニムツなどイサキ釣りではあまりお目にかからないゲストが釣れるだけ。
曇天なのに渋かったぁ!! あさなぎ丸デビュー戦は18匹まで曇天なのに渋かったぁ!! あさなぎ丸デビュー戦は18匹まで

■ウメイロうれしい。イサキは最後まで信じてシャクれば報われた?

曇天なのに渋かったぁ!! あさなぎ丸デビュー戦は18匹まで一之瀬丸は「深いとこに行ってみますね」と沈没船ポイントへの移動がアナウンスされた。あさなぎ丸もポイントの移動が告げられる。沈没船まではいかずに松輪の根の少し南のポイントを一人旅する。狙う水深は30メートルから40メートルくらい。すぐに尺超え確実な手応えの魚信がある。鋭い引き込みもみせるので35センチ超えかもと大事に取り込む。姿が見えた。シルエットはイサキに似ているが色が違う。背中が黄金色に輝くウメイロだった。高級魚なのでこれはうれしい。血抜きしてすぐにクーラーへ。その後も魚信はあるのだが釣れてくるのはトゴットメバルばかり。一人旅では結局イサキは1匹も追加できず。11時ごろに再び船団に合流する。
曇天なのに渋かったぁ!! あさなぎ丸デビュー戦は18匹まで曇天なのに渋かったぁ!! あさなぎ丸デビュー戦は18匹まで

曇天なのに渋かったぁ!! あさなぎ丸デビュー戦は18匹までここから沖上がりまでの4時間は、我慢大会。シャクリ続けることがイサキを手にする唯一の方法だと信じて休まずにシャクリ続ける。魚信は忘れたころにあるという程度。20分に1匹くらいのペースなので時速3匹。調子のいいときならトリプル1発でゲットできるイサキを1時間シャクリ続けてやっと手にする。徒労ではない。それを徒労と感じるなら魚屋で魚を買う。シャクリの幅、ステイ時間を変え、魚信が出たときに共通の条件が何かないか?と考える。指示ダナより2メートルくらい上まで魚信が出ることに気付く。船長の指示は13メートルまでだったが、11メートルくらいでシャクることに。高いタナなので尺超えこそ1匹だか25センチ超えの大ウリンボもポツポツと混じる。結果は18匹と報われたとは言い難いが他の人の竿がほぼ沈黙している時間帯にでもイサキを拾えていたので、休まずシャクリ続けた甲斐があった。と、釣行記には書いておこう。
曇天なのに渋かったぁ!! あさなぎ丸デビュー戦は18匹まで曇天なのに渋かったぁ!! あさなぎ丸デビュー戦は18匹まで



Twitter

2018年06月23日 20:11

« 一之瀬丸イサキ船まさかの満船で明日はあさなぎ丸に浮気 | メイン | ウメイロの刺身が脂乗って甘くて絶品。イサキの裏本命かも »

最近の釣りに行った記事

怒涛の4連荘ありアカムツ5匹。極鋭CG釣れる気しかしない
午前は船中1匹の報に暗澹とするもカイワリ15匹でえっへん
南房まで行ってシマアジがボウズだけでなくクーラー空っぽ
厳しい通り越し痺れた。アラフォーイシダイゲットでなんとか
極鋭CGオニカサゴで入魂完了。腕ではなく竿を褒められる
自称・老先短い母にええもん食わせに上かん屋 久佐久へ
初の外房にて45cm&30cmのアカムツ両手にドヤっドヤっ顔
満足サイズも2匹。深場五目初戦はクロムツ6匹でえっへん
難波最強の立ち飲み屋発見! あたりや食堂でニセンベロ!!
あわや2釣行連続でクーラー空! オニカサゴみくじは小吉
年越しそば2019は難波・源氏で。関西流に辛味大根が美味
令和元年の釣り納めで今年初のをやらかしてしょぼ~ん!
イナダだらけでイシダイどこ~? シマ消え込みで3匹ゲット
久里浜沖7時間耐久マダイ魚信なし地獄にもがき苦しんだ
カイワリは安定の14匹。カンパチはソレダメをやらかしたよ
序盤にクロダイ×2、そのうちマダイも釣れると思ったのに…
雑然とした路地の老舗寿司屋あばらやで大人のドキドキを
カイワリと変わらないサイズだけど初の白間津・シマアジだ
カイワリツ抜けは楽勝と油断したら後半デカアジに翻弄され
ドラグ滑って面白すぎ!! イナダ(ハマチ)10匹で大大大満足
タチウオは指5本×2で満足。アマダイはポニョのみで罪悪感
台風一過の午前アジは土砂降り、強風、ゴミだらけだったが
餃子激戦区の恵比寿に祇園歩兵3号店。優しいお味に納得
35up乱舞。アジしか釣れずしょんぼり、妻は人生最大に興奮
伊豆はカワハギ天国のはずだったのに後半失速でもツ抜け
久々の治久丸午前でカイワリ9匹。えべっさんも人生初の!!
炙り+好みの味ですし焼き。コスパも抜群な難波・ときすし
母78歳の誕生日をメープル猪名川で祝う。秋の味覚楽しむ
ゲストはサバだけ…八景沖でアジ入れ食いの午後アミ五目
浅場タチウオ攻略失敗。でも50mなら労せずとも掛かるかも
路線図読めないおっさんはタチウオ掛け方分からんのです
刺し盛りは関西は活かり、関東は旨みと恵比寿 魚一商店で
撃沈ではないが下手さ加減認識したタチアジ。でもタコ3杯♪
5年連続イサキ束超え失敗。良型混じると数を伸ばせない
純ちゃんのすじ塩は恵比寿でNo.1の煮込みかも知れない!!
難波・豪快立ち寿司でウニとイクラこぼれ盛り痛風一直線♪
恵比寿・肉天国で炙りユッケ、痛風味玉、牛トロ天を堪能す
一之瀬丸一の凄腕カツオ一本釣り師になってげんなりする
北海道のそばは最高!! 中標津・伊とうで藪・更科食べ比べ
姪2号にオショロコマを釣らせるミッション今年も無事クリア!!
釧路・繁栄丸アオゾイ耐久。7匹だけど今年も釣れたよ
北海道の師匠杯で子供はアオゾイゲット。へたはお世話係
台風令和初上陸の翌日剣崎イサキ束釣れるかなチャレンジ
難波居酒屋のお刺身は安くて美味いの代表、嬉々わらまさ
難波で昼飲みならなんばグランド花月1階、酒処さつき最強
宇佐美の魚やる気なし。カイワリ、チダイ、ホウボウ1匹ずつ
売り切れが多いがおっぱい串がとにかく絶品なおみっちゃん
竿先グングンッ…でもバレる。気難しいアジに翻弄されたよ
土用の丑に鰻なる野暮は避け恵比寿・う福でお先に鰻三昧
小サメの駆除に協力したら梅雨アナゴとタチウオもらえたよ

著者: へた釣り