曇天なのに渋かったぁ!! あさなぎ丸デビュー戦は18匹まで

曇天なのに渋かったぁ!! あさなぎ丸デビュー戦は18匹まで定宿の一之瀬丸のイサキ船が満船のために前から気になっていたあさなぎ丸のデビュー戦。小雨が降る曇天模様でイサキ大爆発でもおかしくなかったのだが渋かった。魚の気配を感じない時間帯が長く、雨の中、精神を削られながらの釣り。なんとか18匹。尺超え1匹、ウメイロが混じる。

曇天なのに渋かったぁ!! あさなぎ丸デビュー戦は18匹までいつもと同じ電車で金沢八景駅へ。駅に着いたら電話をして送迎をお願いする。電話をすると要件を言う前にいきなり「行ってるよ~」。一瞬何を言われたのか分からずに「へ?」と返してしまう。「迎えの車行ってるよ」と説明されて得心する。へた釣りより前に何人かが電話済みだったうようで、所定の場所で送迎の車が待っていた。船宿に着いて席札を見ると、釣り座に余裕がありそう。なぜか左舷の舳が空いていたので、迷うことなく席札を取る。一之瀬丸でもなぜか艫から席が埋まっていく傾向があるが、もしかして艫から座るのが金沢八景のルールなんだろうか? 受付のとき「初めて来ました」と挨拶すると、「初めて? じゃあ3つくらいスタンプ押しとくか!!」とスタンプを3つ押してもらう。なんとなく船宿のノリが分かってきたかも……。
曇天なのに渋かったぁ!! あさなぎ丸デビュー戦は18匹まで曇天なのに渋かったぁ!! あさなぎ丸デビュー戦は18匹まで

■いきなりトリプル、続いてダブル。今日は忙しいぞと思ったら沈黙

曇天なのに渋かったぁ!! あさなぎ丸デビュー戦は18匹まで船に乗ってしまえば狙う魚は剣崎沖のイサキなわけで、いつも通りにやればなんとかなるはず。船長が釣り方の説明をするというので、聞きに行く。ビシの窓の設定は下が全閉で上を1/3開けと同じ。シャクったあと竿先が下がらないように少し竿を持ち上げるという方法が勧められていた。一之瀬丸でのシャクったあと力を抜いて穂先が沈まないように力加減を調整するという方法よりも簡単かも。桟橋を離れた船は剣崎沖まで50分くらいで辿りつく。松輪の根には船団ができており、今日は悪くないのかも?という雰囲気だった。
曇天なのに渋かったぁ!! あさなぎ丸デビュー戦は18匹まで曇天なのに渋かったぁ!! あさなぎ丸デビュー戦は18匹まで

曇天なのに渋かったぁ!! あさなぎ丸デビュー戦は18匹まで船団の周りをぐるりと回り、ポイントが決まる。一之瀬丸もすぐ近くにいた。タナの指示は「18メートルから13メートル」だった。梅雨空でイサキは高活性なはずと信じて、50センチ刻みステイ0の高速シャクリでスタート。1往復目は魚信なし。仕掛けを落とし直してシャクリだすとすぐにキュンと小気味よく穂先を引き込むイサキの魚信。仕掛けの張りを意識してゆっくり巻いてくると追い食いが発生した。いきなりのトリプルでスタート。お次はダブル。釣り開始15分で5匹。今日は忙しくなるぞぉぉおおお!! とダブルは写真を撮らずに急いで仕掛けを再投入したのだが……その後沈黙。ベラやミニムツなどイサキ釣りではあまりお目にかからないゲストが釣れるだけ。
曇天なのに渋かったぁ!! あさなぎ丸デビュー戦は18匹まで曇天なのに渋かったぁ!! あさなぎ丸デビュー戦は18匹まで

■ウメイロうれしい。イサキは最後まで信じてシャクれば報われた?

曇天なのに渋かったぁ!! あさなぎ丸デビュー戦は18匹まで一之瀬丸は「深いとこに行ってみますね」と沈没船ポイントへの移動がアナウンスされた。あさなぎ丸もポイントの移動が告げられる。沈没船まではいかずに松輪の根の少し南のポイントを一人旅する。狙う水深は30メートルから40メートルくらい。すぐに尺超え確実な手応えの魚信がある。鋭い引き込みもみせるので35センチ超えかもと大事に取り込む。姿が見えた。シルエットはイサキに似ているが色が違う。背中が黄金色に輝くウメイロだった。高級魚なのでこれはうれしい。血抜きしてすぐにクーラーへ。その後も魚信はあるのだが釣れてくるのはトゴットメバルばかり。一人旅では結局イサキは1匹も追加できず。11時ごろに再び船団に合流する。
曇天なのに渋かったぁ!! あさなぎ丸デビュー戦は18匹まで曇天なのに渋かったぁ!! あさなぎ丸デビュー戦は18匹まで

曇天なのに渋かったぁ!! あさなぎ丸デビュー戦は18匹までここから沖上がりまでの4時間は、我慢大会。シャクリ続けることがイサキを手にする唯一の方法だと信じて休まずにシャクリ続ける。魚信は忘れたころにあるという程度。20分に1匹くらいのペースなので時速3匹。調子のいいときならトリプル1発でゲットできるイサキを1時間シャクリ続けてやっと手にする。徒労ではない。それを徒労と感じるなら魚屋で魚を買う。シャクリの幅、ステイ時間を変え、魚信が出たときに共通の条件が何かないか?と考える。指示ダナより2メートルくらい上まで魚信が出ることに気付く。船長の指示は13メートルまでだったが、11メートルくらいでシャクることに。高いタナなので尺超えこそ1匹だか25センチ超えの大ウリンボもポツポツと混じる。結果は18匹と報われたとは言い難いが他の人の竿がほぼ沈黙している時間帯にでもイサキを拾えていたので、休まずシャクリ続けた甲斐があった。と、釣行記には書いておこう。
曇天なのに渋かったぁ!! あさなぎ丸デビュー戦は18匹まで曇天なのに渋かったぁ!! あさなぎ丸デビュー戦は18匹まで



Twitter

2018年06月23日 20:11

« 一之瀬丸イサキ船まさかの満船で明日はあさなぎ丸に浮気 | メイン | ウメイロの刺身が脂乗って甘くて絶品。イサキの裏本命かも »

最近の釣りに行った記事

特餌忘れ凪のはずが時化でメバル釣れずなんだか不本意な…
前半はサバに混じってアジで後半はアジに混じってサバ地獄
稲取沖第1投で城ケ島以西で“アレ”が釣れない呪い解呪成功
シロギスは三歩進んで五歩さがりアナゴは二歩進んだら迷子
辛うじてノーピクではないもののノーガコッでクロムツボウズ
へたが来た日は釣れる!? 尺級2匹込みカイワリ18匹でどやっ
釣れるイメージ全く湧ず。マゴチで2024年初の完全ボウズ
程よくとほろ酔いが苦手な夫婦は人生二度目の仲良く束釣り
A5ランク混じりでアジ28匹+煮付けメバルにクロダイまで
式根島キンメでシールもらってドヤッ顔で写真に納まったよ
上手くシャクれば!! 一荷も! カイワリの醍醐味満喫し自己最多
手乗りキダイに翻弄されてあわやあわやのアマダイボウズ!?
役満かも!?はメダイで…いつも通り白中ドラ(クロムツ)2
ほぼ尺…29.5センチの自己最大メバルでリアランサーに入魂
2024年伊豆初釣りはラスト入れパクしカイワリ20匹でどやっ
時化はあか~ん!! ドッタンバッタン魚信だせずシロギス21匹
走水黄金大アジとはいかなかったが30センチ級混じり28匹
役満かも?な引きはサバのみで。またも白ドラ(クロムツ)3
2024年は幸先よすぎ!! 初釣りでアジ105匹+シロギス20匹
オーラスで役満(アカムツ)あがれず白ドラ(クロムツ)3で
2023年の帳尻合わせ第1戦はカイワリツ抜け達成でどやっ!!
津波注意報の中白間津まで行ってうどん食って帰ってきた
寒さと雨で午前は瀕死…陽がさす午後にアマダイ2匹で帳尻
夫婦そろって束超え…合わせてアジ242匹って粂丸の奇跡?
へたさん来たらやっぱり…でもカイワリ3匹で痛風には十分
入れて入れて休んで入れて…1回旋回半夜クロムツであわわ
ガツ~ンと穂先持っていく夏秋の癒しの釣魚アカハタ初挑戦
ゲスト含め渋かった!! でも満足サイズのアマダイゲット♪
シロムツ本命宣言したら2匹だけ。ほかは痛風に悪そうな…
唯一のこれは!?な魚信は奪食いで…伊豆アカムツまたも撃沈
元気なのはサバとカマスだけで美味しいお刺身はいずこへ?
猛暑日に釣りは本当にあかん…脇腹攣って船上で悶絶したよ
隣でキハダ26キロ+カツオ3.6キロ…でも、僕はノーピク
キャストは少しは様になりシロギス久々に大人になれて24匹
極技 湾フグは2投で入魂するもシロギスはやっぱり苦手だ…
メバル煮付け級1匹だけだがA5級アジ多数+人生初キジハタ
妻と二人がかりでジャスト束!! 全部干物サイズで満足度◎
タコを触れずにキャーキャー言うことすらできなかったのよ
宇佐美の「へたさん来たら釣れない」がまた始まってしまう
人生二度目の新島キンメは…底も魚信も取れず大撃ち~ん
朝からキスで夜はアナゴで下手さ加減を思い知らされた一日
城ヶ島沖クロムツは魚信少なめも釣れれば大満足サイズで♪
久々フォースに気をよくするもオキアミ有利でカイワリ7匹
GW第2戦は待望の凪!! いつもの如く撃沈しマゴチ1匹だけ
強風に苦しみ触手に苛まれ釣り方見失うアジ・キスリレー
予期せぬ大時化にアジツ抜けせずクロダイで帳尻だけ合わす
ちょい時化だけど猿アジはぽつぽつ…後半凪たらし~んと
昼までノーガコッ伝説継続…ヤヴァいかもで一度だけガコッ
気難しいアジに苦戦も46匹。シロギスは釣り方掴めず9匹だけ
驕る下手は久しからず。ノーガコッ伝説が今日始まったよ

著者: へた釣り