船中0じゃどうしようもないよねと自分を慰めるアカムツ4戦目

船中0じゃどうしようもないよねと自分を慰めるアカムツ4戦目深場の勇者様からお誘いいただき、宇佐美・治久丸から午前アカムツ、午後カイワリ五目のダブルヘッダー釣行。不眠不休での釣りに疲れ果てているので、本日はアカムツ編の釣行記だけ更新する。宇佐美沖のアカムツに挑むのはこれが4戦目。結果はボウズ・ボウズ・ボウズ…ボウズ!!

船中0じゃどうしようもないよねと自分を慰めるアカムツ4戦目深夜1時に車で迎えに来ていただいて宇佐美漁港を目指す。前夜は寝れていないので、午前船→午後船と合わせて12時間の釣行中、睡魔に襲われはしないかと、そのことばかりが不安だったが、50過ぎのおっさんでも大好きな釣りならば眠くもならず、最後まで体が動くものだということを確認できた。午前船の集合時間は4時。席はいつも通り右舷の舳とその次の席を指定される。勇者様に舳にはいってもらい、へた釣りは2番目の席に。宇佐美沖のアカムツ釣りはこれが4戦目。いくらなんでもそろそろ釣れてくれるだろうと信じていたが……。

■馬鹿の一つ覚えの誘いでシロムツ、サバ、カゴカマスは釣れたけど

船中0じゃどうしようもないよねと自分を慰めるアカムツ4戦目船は川奈の方へ向かい、その沖の水深250メートルくらいのポイントで釣り開始となる。この日の方針はオモリを底から3~4メートル切ってアカムツが潜んでいる可能性が高い層をネチネチと攻める。勇者様からは「朝のうちは5メートルくらい切ってもいいが、日が昇ったら2~3メートルで。アカムツはクワセの間があった方がいいので誘ったら30秒くらいは動かさずに待つ」と出船前に教わった。誘い方は馬鹿の一つ覚えで50~70センチ刻みでストンストンと落としていく。方針は立った。あとは釣るだけなのだが……。

船中0じゃどうしようもないよねと自分を慰めるアカムツ4戦目魚信はすぐにあったが竿先をコンコンと小さく引き込むいや~~~~な魚信。シロムツである。開始直後から釣れてくるのはコイツばかりで竿先ガコガコなアカムツやクロムツらしき魚信はない。シロムツ以外の魚をようやく手にしたのは釣り開始から2時間近く経ってからで、サバが釣れた。サバはすぐにキッチンバサミで解体して新鮮餌にする。この餌を付けるとすぐに本日3魚種目をゲットする。カゴカマス(≒スミヤキ)だった。餌を変えると来たので新鮮餌効いてるかもぉ!?
船中0じゃどうしようもないよねと自分を慰めるアカムツ4戦目船中0じゃどうしようもないよねと自分を慰めるアカムツ4戦目

■アカムツ欲しさに置き竿もやってはみたが…最後までなんもな~し!!

船中0じゃどうしようもないよねと自分を慰めるアカムツ4戦目まだまだ時間はある。新鮮餌のおかげでここから巻き返しをと威勢だけはよいのだが、釣れてくるのはシロムツとカゴカマス(≒スミヤキ)ばかりでなんともならない状態。自棄になってシロムツを手にドヤ顔を決めている写真を撮りだす始末。動かしすぎかもとクワセの間を30秒から60秒に延長したり。竿を手に持っているから釣れないのかと名人オススメの置き竿にしてみたりとあれこれやってみたがいずれも効果なし。そうこうしているうちにシロムツの魚信まで遠ざかりだす。このあたりで4連敗になりそうだなという予感しかしなくなった。

船中0じゃどうしようもないよねと自分を慰めるアカムツ4戦目もしかしたらアカムツかもという魚信は一度だけ。魚信が竿先ガコガコと大きかったし巻き上げ始めてもよく引く。休まずずっと引いてくれる。この下品な感じ……覚えがある。ツノザメだった。そのあとは極小キンメを釣った(伊豆ルールで28センチ以下はリリース)りしながら沖上がりの時間に。釣果はカゴカマス(≒スミヤキ)×2、シロムツ7匹。アカムツは船中0だった。成す術なくダブルヘッダーの第1戦目は惨敗。アカムツのお刺身&しゃぶしゃぶは今回もオアズケ。
船中0じゃどうしようもないよねと自分を慰めるアカムツ4戦目船中0じゃどうしようもないよねと自分を慰めるアカムツ4戦目



Twitter

2018年06月09日 22:10

« 伊豆のアカムツとイサキは誘うと釣れないって本当なのか? | メイン | 前半ウィリーに塩対応。後半たっのしー♪でカイワリは14匹 »

最近の釣りに行った記事

5年連続イサキ束超え失敗。良型混じると数を伸ばせない
純ちゃんのすじ塩は恵比寿でNo.1の煮込みかも知れない!!
難波・豪快立ち寿司でウニとイクラこぼれ盛り痛風一直線♪
恵比寿・肉天国で炙りユッケ、痛風味玉、牛トロ天を堪能す
一之瀬丸一の凄腕カツオ一本釣り師になってげんなりする
北海道のそばは最高!! 中標津・伊とうで藪・更科食べ比べ
姪2号にオショロコマを釣らせるミッション今年も無事クリア!!
釧路・繁栄丸アオゾイ耐久。7匹だけど今年も釣れたよ
北海道の師匠杯で子供はアオゾイゲット。へたはお世話係
台風令和初上陸の翌日剣崎イサキ束釣れるかなチャレンジ
難波居酒屋のお刺身は安くて美味いの代表、嬉々わらまさ
難波で昼飲みならなんばグランド花月1階、酒処さつき最強
宇佐美の魚やる気なし。カイワリ、チダイ、ホウボウ1匹ずつ
売り切れが多いがおっぱい串がとにかく絶品なおみっちゃん
竿先グングンッ…でもバレる。気難しいアジに翻弄されたよ
土用の丑に鰻なる野暮は避け恵比寿・う福でお先に鰻三昧
小サメの駆除に協力したら梅雨アナゴとタチウオもらえたよ
俺が行っても終わらずどころかカイワリ18匹で最多記録更新
6月のええもん1=新川にしやで伝助アナゴ、白子、キアラ刺
6月のええもん2=ShunのA5牛しゃぶローススープ茶漬け♪
プチ時化お立ち台で体幹トレーニングしつつイサキを26匹♪
1日剣崎で釣れてイサキ13匹、最大28.5cmでなんとかなった
コマセ振る意味ないレベルの速潮にカイワリ1匹だけと撃沈
5月のええもん=哲剣で活アコウ刺しに感動+カマ焼きも◎
好漁続きでどうした、俺。六目41匹でクーラー八分と大満足
G:激旨W:ウィークの仕上げは東京湾口アカムツでにんまり
令和の初釣りは雨の中シャクリ続けてカイワリ7匹でドヤッ!!
アラフォー食べ頃アマダイに癒されGWのGは撃沈じゃない
4月のええもん=正宗屋のカステラ&魚屋ひでぞう刺し盛り
妄想は妄想のまま。シマアジは釣れずメジナとイサキのみ
タナ取りスピード勝負に妻苦戦で14匹。30匹クリアが遠いよ
夢ではなかった…「カイワリ船中0じゃなきゃ」が瓦解した日
鏡面のように穏やかな海で釣りをしている白日夢を見たよ
明石焼き、いかなご釘煮、蛸ぺったん、穴子串を魚の棚で
明石・人丸花壇で鯛・蛸・穴子の海峡名物3点セットを満喫♪
続・深場伝説アラの章始まらず。お土産カイワリ4匹で十分♪
不幸だねぇ氷雨降る時化海で本命ボウズなんて闇堕ちする
肩コリ完治!! すげぇな、東京湾。もしかしてサバのおかげ?
2月のええもんは難波・天秤棒でおこぜ含むお刺身三昧!
三途の川みたいな海でイシダイ撃沈。アミ五目でカンパチ!!
ブラックドラゴン相手に筋トレ。クロムツは3匹だけでチーン
難波・桃酔でええもん=アコウの酒蒸しと白アマダイを食う
三兎追うも…船中カイワリ2匹を独り占めしたから良しとする
人生6、7、8匹目のオニカサゴ。最大37cmでおみくじは小吉
有終の美を飾る1尾で一之瀬丸感謝デーは3位入賞。桜咲く
血塗られた久里浜沖でマ・イシ・クロとそろえダイ三元達成♪
お持ち帰りはアラサー1尾のみ。せめてミドサー欲しかった
クロダイ、アジ、〆サバ三種盛り。妻1号は船酔いでノーカン
悪運はTKBで尽きた。かみやカワハギ大会はいいとこなし
平和島は宇宙より遠い。でもTKB初の船別1位を獲得したよ

著者: へた釣り