東京湾の釣り納めは紅(アマ)白(タチ)そろえてまずは重畳

東京湾の釣り納めは紅(アマ)白(タチ)そろえてまずは重畳東京湾での釣り納めは、羽田・かみやからタチアマリレー。アマダイはお餅の代わりに焼いてお雑煮に入れるつもり。脂が乗った冬のタチウオは炙ってお刺身で絶品なので三が日の晩餐を豪華にするのに是非とも欲しかった。両方苦手な釣りだけど紅(アマ)白(タチ)そろえてまずは重畳。

東京湾の釣り納めは紅(アマ)白(タチ)そろえてまずは重畳釣行前日、Y田名人から「一緒に釣りましょう」とのありがたい申し出がある。電車釣行で釣り座は選べないことが多いへた釣りにとっては願ってもないことである。電車と送迎バスを利用してのんびりとかみやを目指していると、「左舳の2番目確保してあります」とのメッセージ。左前方は潮先予想の席なので、これはうれしい。アマダイに関してはこの席のおかげで釣らせてもらえたといっても過言ではない。船は定刻に桟橋を離れて「走水を目指す」とのアナウンス。風が冷たかったのでキャビンに逃げ込む。最近、キャビンに入っても船酔いしないことに気付いた。寒い時期に1時間も外で凍えなくてよくなった。

■久里浜沖深場に高活性なタチウオ。でも…掛からない。リール壊れるし

東京湾の釣り納めは紅(アマ)白(タチ)そろえてまずは重畳船は予告通り走水沖で減速する。ルアーでタチウオを狙っている船が数隻あったが、タチウオ船団というほどには船は集まっていない。ルアー船なので置き竿でアンニュイな人こそいなかったが、タチウオが船中に取り込まれている様子が全くうかがえない。反応はあるようで、水深60メートルくらいのポイントで釣り開始となる。まずは50センチ刻みのウィリーシャクリで。魚信なし。30センチ刻みのウィリーシャクリ、30センチ刻みのフワフワ。それでも駄目ならフワフワの間にインターバルを入れる。活性がよくなさそうなので誘いをどんどんスローにしていったが、一度もエサを齧られることなく走水沖は撤収。最近の主戦場になっている久里浜沖の140メートルのポイントを目指す。

東京湾の釣り納めは紅(アマ)白(タチ)そろえてまずは重畳久里浜沖には大船団ではないが中規模な船団が形成されていた。ときどき銀色に輝く魚が船に取り込まれているのが見える。船長からの指示は「140メートルから120メートルまでを探って」だった。上からタナ取りし、水深が深い分キビキビと動かすことを意識して50センチ刻みで釣り開始。最初の魚信はノタ~と重みが穂先に乗るような感じで訪れた。違和感の正体を探るべくゆっくりと竿を持ちあげると竿先をグンッと引き込む。指2.5~3本級が本日の最初の釣果。その後も50センチ刻みの誘いで魚信はいい頻度で出る。でも、なかなか掛からず。すぐ横でY田名人が魚信の数だけ釣ってるもんだからう~~むとなる。魚信があったら少し待ってクワセの間を作るのがこの日のパターンっぽい。
東京湾の釣り納めは紅(アマ)白(タチ)そろえてまずは重畳東京湾の釣り納めは紅(アマ)白(タチ)そろえてまずは重畳

東京湾の釣り納めは紅(アマ)白(タチ)そろえてまずは重畳誘ったあとに少しクワセの間を作ることで針掛かり率がいくらか改善した。10時を過ぎたあたりから型もよくなり始め、指4本級が釣れるようになってくる。ツ抜けは無理でも10本近くはいけるかもと思い始めた途端に悪夢のような出来事が……。フォースマスター400がプンッという聞いたこともない音とともに巻き上げできなくなった。以降、手巻きで140メートルである。つらかった。明らかにペースダウンしてタチウオは5匹で終了。年末年始に食べる分と考えれば十分だと考えることにしよう。
東京湾の釣り納めは紅(アマ)白(タチ)そろえてまずは重畳東京湾の釣り納めは紅(アマ)白(タチ)そろえてまずは重畳

■出だし好調で船中1匹目、2匹目。でも仕掛けが切れるとそれっきりなの

東京湾の釣り納めは紅(アマ)白(タチ)そろえてまずは重畳11時にアマダイにリレーする。ポイントの富浦沖に移動。良型の多いポイントだ。水深は100メートル以上と深い。この日のテーマはY川名人に教わった、3本針のどれかが必ずアマダイが食いつくタナで動いているという状態を作ること。仕掛けは2.4メートルで80センチおきに針をだしてある。仕掛けがなるべく自然に動くように親子サルカンは使わずに枝スを直結した。オモリが着底したら底を50センチ切ってそこからゆっくりと1.5メートルくらい誘い上げ、続いてゆっくりと誘い下げる。竿が下を向いたら底を取り直して最初に戻る。魚信は誘い下げている最中にすぐにあった。重量感はないがアマダイらしくよく暴れる。30センチくらいのキアマダイだった。続いてすぐにこれも誘い下げ中に魚信があり25センチくらいのアマダイを追加する。開始30分で本命を2尾ゲットしさすがY川流と喜んだのだが……。
東京湾の釣り納めは紅(アマ)白(タチ)そろえてまずは重畳東京湾の釣り納めは紅(アマ)白(タチ)そろえてまずは重畳

東京湾の釣り納めは紅(アマ)白(タチ)そろえてまずは重畳タチウオはリールが壊れて失速した。アマダイは…仕掛けがなくなって大失速した。3本針2.4メートルの仕掛けは2組しか用意していかなかった。うち1つをオマツリで、もう1つを気持ち悪いウミヘビにグチャグチャにされた。船宿の仕掛けを購入したが、仕掛けが変われば誘い方も変わってしまうのか、それ以降は全くアマダイの魚信を出せなくなる。カナドやアカボラは釣れたのでタナが間違えているということはないと思うのだが……アマダイに嫌われたまま本日終了。Y田名人はすぐ横で45センチの良型こみでアマダイ4匹にオニカサゴも。腕の差を見せつけられた容だがアマダイ0の人が船中半数以上なので、へた釣りにしては頑張った方だ。
東京湾の釣り納めは紅(アマ)白(タチ)そろえてまずは重畳東京湾の釣り納めは紅(アマ)白(タチ)そろえてまずは重畳



Twitter

2017年12月28日 19:57

« うわぁ~タチウオの主戦場が久里浜沖の140mになってるよ~ | メイン | FM400…怪我とか病気じゃなくて心肺停止!? 水没の影響? »

最近の釣りに行った記事

久里浜沖7時間耐久マダイ魚信なし地獄にもがき苦しんだ
カイワリは安定の14匹。カンパチはソレダメをやらかしたよ
序盤にクロダイ×2、そのうちマダイも釣れると思ったのに…
雑然とした路地の老舗寿司屋あばらやで大人のドキドキを
カイワリと変わらないサイズだけど初の白間津・シマアジだ
カイワリツ抜けは楽勝と油断したら後半デカアジに翻弄され
ドラグ滑って面白すぎ!! イナダ(ハマチ)10匹で大大大満足
タチウオは指5本×2で満足。アマダイはポニョのみで罪悪感
台風一過の午前アジは土砂降り、強風、ゴミだらけだったが
餃子激戦区の恵比寿に祇園歩兵3号店。優しいお味に納得
35up乱舞。アジしか釣れずしょんぼり、妻は人生最大に興奮
伊豆はカワハギ天国のはずだったのに後半失速でもツ抜け
久々の治久丸午前でカイワリ9匹。えべっさんも人生初の!!
炙り+好みの味ですし焼き。コスパも抜群な難波・ときすし
母78歳の誕生日をメープル猪名川で祝う。秋の味覚楽しむ
ゲストはサバだけ…八景沖でアジ入れ食いの午後アミ五目
浅場タチウオ攻略失敗。でも50mなら労せずとも掛かるかも
路線図読めないおっさんはタチウオ掛け方分からんのです
刺し盛りは関西は活かり、関東は旨みと恵比寿 魚一商店で
撃沈ではないが下手さ加減認識したタチアジ。でもタコ3杯♪
5年連続イサキ束超え失敗。良型混じると数を伸ばせない
純ちゃんのすじ塩は恵比寿でNo.1の煮込みかも知れない!!
難波・豪快立ち寿司でウニとイクラこぼれ盛り痛風一直線♪
恵比寿・肉天国で炙りユッケ、痛風味玉、牛トロ天を堪能す
一之瀬丸一の凄腕カツオ一本釣り師になってげんなりする
北海道のそばは最高!! 中標津・伊とうで藪・更科食べ比べ
姪2号にオショロコマを釣らせるミッション今年も無事クリア!!
釧路・繁栄丸アオゾイ耐久。7匹だけど今年も釣れたよ
北海道の師匠杯で子供はアオゾイゲット。へたはお世話係
台風令和初上陸の翌日剣崎イサキ束釣れるかなチャレンジ
難波居酒屋のお刺身は安くて美味いの代表、嬉々わらまさ
難波で昼飲みならなんばグランド花月1階、酒処さつき最強
宇佐美の魚やる気なし。カイワリ、チダイ、ホウボウ1匹ずつ
売り切れが多いがおっぱい串がとにかく絶品なおみっちゃん
竿先グングンッ…でもバレる。気難しいアジに翻弄されたよ
土用の丑に鰻なる野暮は避け恵比寿・う福でお先に鰻三昧
小サメの駆除に協力したら梅雨アナゴとタチウオもらえたよ
俺が行っても終わらずどころかカイワリ18匹で最多記録更新
6月のええもん1=新川にしやで伝助アナゴ、白子、キアラ刺
6月のええもん2=ShunのA5牛しゃぶローススープ茶漬け♪
プチ時化お立ち台で体幹トレーニングしつつイサキを26匹♪
1日剣崎で釣れてイサキ13匹、最大28.5cmでなんとかなった
コマセ振る意味ないレベルの速潮にカイワリ1匹だけと撃沈
5月のええもん=哲剣で活アコウ刺しに感動+カマ焼きも◎
好漁続きでどうした、俺。六目41匹でクーラー八分と大満足
G:激旨W:ウィークの仕上げは東京湾口アカムツでにんまり
令和の初釣りは雨の中シャクリ続けてカイワリ7匹でドヤッ!!
アラフォー食べ頃アマダイに癒されGWのGは撃沈じゃない
4月のええもん=正宗屋のカステラ&魚屋ひでぞう刺し盛り
妄想は妄想のまま。シマアジは釣れずメジナとイサキのみ

著者: へた釣り