東京湾の釣り納めは紅(アマ)白(タチ)そろえてまずは重畳

東京湾の釣り納めは紅(アマ)白(タチ)そろえてまずは重畳東京湾での釣り納めは、羽田・かみやからタチアマリレー。アマダイはお餅の代わりに焼いてお雑煮に入れるつもり。脂が乗った冬のタチウオは炙ってお刺身で絶品なので三が日の晩餐を豪華にするのに是非とも欲しかった。両方苦手な釣りだけど紅(アマ)白(タチ)そろえてまずは重畳。

東京湾の釣り納めは紅(アマ)白(タチ)そろえてまずは重畳釣行前日、Y田名人から「一緒に釣りましょう」とのありがたい申し出がある。電車釣行で釣り座は選べないことが多いへた釣りにとっては願ってもないことである。電車と送迎バスを利用してのんびりとかみやを目指していると、「左舳の2番目確保してあります」とのメッセージ。左前方は潮先予想の席なので、これはうれしい。アマダイに関してはこの席のおかげで釣らせてもらえたといっても過言ではない。船は定刻に桟橋を離れて「走水を目指す」とのアナウンス。風が冷たかったのでキャビンに逃げ込む。最近、キャビンに入っても船酔いしないことに気付いた。寒い時期に1時間も外で凍えなくてよくなった。

■久里浜沖深場に高活性なタチウオ。でも…掛からない。リール壊れるし

東京湾の釣り納めは紅(アマ)白(タチ)そろえてまずは重畳船は予告通り走水沖で減速する。ルアーでタチウオを狙っている船が数隻あったが、タチウオ船団というほどには船は集まっていない。ルアー船なので置き竿でアンニュイな人こそいなかったが、タチウオが船中に取り込まれている様子が全くうかがえない。反応はあるようで、水深60メートルくらいのポイントで釣り開始となる。まずは50センチ刻みのウィリーシャクリで。魚信なし。30センチ刻みのウィリーシャクリ、30センチ刻みのフワフワ。それでも駄目ならフワフワの間にインターバルを入れる。活性がよくなさそうなので誘いをどんどんスローにしていったが、一度もエサを齧られることなく走水沖は撤収。最近の主戦場になっている久里浜沖の140メートルのポイントを目指す。

東京湾の釣り納めは紅(アマ)白(タチ)そろえてまずは重畳久里浜沖には大船団ではないが中規模な船団が形成されていた。ときどき銀色に輝く魚が船に取り込まれているのが見える。船長からの指示は「140メートルから120メートルまでを探って」だった。上からタナ取りし、水深が深い分キビキビと動かすことを意識して50センチ刻みで釣り開始。最初の魚信はノタ~と重みが穂先に乗るような感じで訪れた。違和感の正体を探るべくゆっくりと竿を持ちあげると竿先をグンッと引き込む。指2.5~3本級が本日の最初の釣果。その後も50センチ刻みの誘いで魚信はいい頻度で出る。でも、なかなか掛からず。すぐ横でY田名人が魚信の数だけ釣ってるもんだからう~~むとなる。魚信があったら少し待ってクワセの間を作るのがこの日のパターンっぽい。
東京湾の釣り納めは紅(アマ)白(タチ)そろえてまずは重畳東京湾の釣り納めは紅(アマ)白(タチ)そろえてまずは重畳

東京湾の釣り納めは紅(アマ)白(タチ)そろえてまずは重畳誘ったあとに少しクワセの間を作ることで針掛かり率がいくらか改善した。10時を過ぎたあたりから型もよくなり始め、指4本級が釣れるようになってくる。ツ抜けは無理でも10本近くはいけるかもと思い始めた途端に悪夢のような出来事が……。フォースマスター400がプンッという聞いたこともない音とともに巻き上げできなくなった。以降、手巻きで140メートルである。つらかった。明らかにペースダウンしてタチウオは5匹で終了。年末年始に食べる分と考えれば十分だと考えることにしよう。
東京湾の釣り納めは紅(アマ)白(タチ)そろえてまずは重畳東京湾の釣り納めは紅(アマ)白(タチ)そろえてまずは重畳

■出だし好調で船中1匹目、2匹目。でも仕掛けが切れるとそれっきりなの

東京湾の釣り納めは紅(アマ)白(タチ)そろえてまずは重畳11時にアマダイにリレーする。ポイントの富浦沖に移動。良型の多いポイントだ。水深は100メートル以上と深い。この日のテーマはY川名人に教わった、3本針のどれかが必ずアマダイが食いつくタナで動いているという状態を作ること。仕掛けは2.4メートルで80センチおきに針をだしてある。仕掛けがなるべく自然に動くように親子サルカンは使わずに枝スを直結した。オモリが着底したら底を50センチ切ってそこからゆっくりと1.5メートルくらい誘い上げ、続いてゆっくりと誘い下げる。竿が下を向いたら底を取り直して最初に戻る。魚信は誘い下げている最中にすぐにあった。重量感はないがアマダイらしくよく暴れる。30センチくらいのキアマダイだった。続いてすぐにこれも誘い下げ中に魚信があり25センチくらいのアマダイを追加する。開始30分で本命を2尾ゲットしさすがY川流と喜んだのだが……。
東京湾の釣り納めは紅(アマ)白(タチ)そろえてまずは重畳東京湾の釣り納めは紅(アマ)白(タチ)そろえてまずは重畳

東京湾の釣り納めは紅(アマ)白(タチ)そろえてまずは重畳タチウオはリールが壊れて失速した。アマダイは…仕掛けがなくなって大失速した。3本針2.4メートルの仕掛けは2組しか用意していかなかった。うち1つをオマツリで、もう1つを気持ち悪いウミヘビにグチャグチャにされた。船宿の仕掛けを購入したが、仕掛けが変われば誘い方も変わってしまうのか、それ以降は全くアマダイの魚信を出せなくなる。カナドやアカボラは釣れたのでタナが間違えているということはないと思うのだが……アマダイに嫌われたまま本日終了。Y田名人はすぐ横で45センチの良型こみでアマダイ4匹にオニカサゴも。腕の差を見せつけられた容だがアマダイ0の人が船中半数以上なので、へた釣りにしては頑張った方だ。
東京湾の釣り納めは紅(アマ)白(タチ)そろえてまずは重畳東京湾の釣り納めは紅(アマ)白(タチ)そろえてまずは重畳



Twitter

2017年12月28日 19:57

« うわぁ~タチウオの主戦場が久里浜沖の140mになってるよ~ | メイン | FM400…怪我とか病気じゃなくて心肺停止!? 水没の影響? »

最近の釣りに行った記事

序盤魚信少なくジリジリするも3年ぶり3本目の本塁打マゴチ
潮流も竿先も俺の心もキュンキュンしなかったウィリー五目
魚信少なめもヒット3本。昨年のマゴチの釣果を1日で超えた
始まったよ、シロムツしか釣れない伝説がっ!! 今季お終い
5本針にキンメ・キンメ・キンメ・シロムツ・メダイしたものの…
いきなりの尺たらず熟メバルに今季はイケる!と思ったが…
クロムツ3匹でまずまずも難敵のチビクロ、サバに大苦戦す
今年も始まったよぉ~……釣れない方の“深場伝説”がっ!!!
次にオニカサゴ釣れるのは4年後かも…サドンデスで散る!!
アジにまさかの完全試合?からの後半ポツポツでなんとか
4年ぶり通算4匹目と5匹目のオニカサゴで2017初釣りは吉!!
釣り納め2017はカイワリ17匹で自己最多更新。ハマチも8匹
東京湾の釣り納めは紅(アマ)白(タチ)そろえてまずは重畳
ツイテないのか実力不足か。一之瀬丸感謝デーで撃ち~ん
時化の上に激渋カワハギだったがピカイチくんに救われる
入学初日に退学しよかなと頭をよぎった2017アマダイ初戦
平和島は果てしなく…。TKB6回目で初めて船中個人表彰♪
ダイ三元狙いも…中(マダイ)のみ。この釣り向いてないね
プチ時化へのアジャストで大迷走したかみやカワハギ大会
江戸前カワハギおかわりは船別で型数1位も3万円に届かず
台風前の強行午前アミ五目はマダイで入魂、イナダで痛恨
台風の中継かって時化海でたっのしーいカワハギ釣り大会
高切れ、竿折れ、コマセをかぶって…精も根も尽き果てたよ
ちいさいアジ、ちいさいアジ、ちいさいアジだけ釣…~れた♪
あと5g分の底力が足りず上州屋カワハギ大会はお土産なし
ウィリーたっのしーカイワリ5匹。カンパチきっびしー1匹だけ
1匹だけはという夢はかなえたもののマゴチに苦手意識は…
どっちつかずで狙いを絞れずアジのみで終わったアミ五目
時化後の××で八景沖アジがちょろいヤツに。半日で117匹♪
型(25up×7匹)よし、数(122匹)よしで2017イサキは最高だ♪
1匹1匹丁寧に真心込めて巻き上げたイサキは…88匹止まり
船上でムキー!!ってなったら負け。タチウオ迷宮に迷いこむ
低打率で苦しむもタチウオはツ抜け。アジは入れパク46匹!!
入れパク追い食いバリバリ。イサキ162匹に笑いが止まらん
アオゾイを釣らせてやろうと海攻頑張る。でも釣れなかった
2年ぶりの釧路の沖を満喫。ただしアオゾイ明日にオアズケ
なんちゃって渓流釣りでオショロコマと子供に遊んでもらう
釣りができる喜びに小突きまくった標津沖カレイは44cmまで
予想通りの出船中止。元祖ザンタレを食いに南蛮酊を目指す
カイワリは船中1匹なんだもん…。宇佐美遠征2連続で貧果に
サバに負けた。カイワリ2匹だけでしょんぼりな宇佐美遠征
ウィリーを信じる心を失った!! イサキの今季ワーストを更新
月別最多は頓挫でも尺イサキ5+クロムツ+クロダイでドヤッ
イサキは週休2日制? 目標の1/3しか釣れずにどよ~~ん
メバルの数は2位。でも型勝負は最下位…デカいの釣れん
今年はいいかも!! 剣崎沖イサキ開幕戦で40匹は自己最多
夜アジ・メバカサで本命そろえる。数と型は聞かないでぇ~w
…………………………伝説どころか何事も始まらなかった
2試合連続で完全試合。マゴチ…釣れる気しなくなってきた
GWは4連敗。ウィリーまで貧果に沈んでもうあかーーーん!!

著者: へた釣り