東京湾の釣り納めは紅(アマ)白(タチ)そろえてまずは重畳

東京湾の釣り納めは紅(アマ)白(タチ)そろえてまずは重畳東京湾での釣り納めは、羽田・かみやからタチアマリレー。アマダイはお餅の代わりに焼いてお雑煮に入れるつもり。脂が乗った冬のタチウオは炙ってお刺身で絶品なので三が日の晩餐を豪華にするのに是非とも欲しかった。両方苦手な釣りだけど紅(アマ)白(タチ)そろえてまずは重畳。

東京湾の釣り納めは紅(アマ)白(タチ)そろえてまずは重畳釣行前日、Y田名人から「一緒に釣りましょう」とのありがたい申し出がある。電車釣行で釣り座は選べないことが多いへた釣りにとっては願ってもないことである。電車と送迎バスを利用してのんびりとかみやを目指していると、「左舳の2番目確保してあります」とのメッセージ。左前方は潮先予想の席なので、これはうれしい。アマダイに関してはこの席のおかげで釣らせてもらえたといっても過言ではない。船は定刻に桟橋を離れて「走水を目指す」とのアナウンス。風が冷たかったのでキャビンに逃げ込む。最近、キャビンに入っても船酔いしないことに気付いた。寒い時期に1時間も外で凍えなくてよくなった。

■久里浜沖深場に高活性なタチウオ。でも…掛からない。リール壊れるし

東京湾の釣り納めは紅(アマ)白(タチ)そろえてまずは重畳船は予告通り走水沖で減速する。ルアーでタチウオを狙っている船が数隻あったが、タチウオ船団というほどには船は集まっていない。ルアー船なので置き竿でアンニュイな人こそいなかったが、タチウオが船中に取り込まれている様子が全くうかがえない。反応はあるようで、水深60メートルくらいのポイントで釣り開始となる。まずは50センチ刻みのウィリーシャクリで。魚信なし。30センチ刻みのウィリーシャクリ、30センチ刻みのフワフワ。それでも駄目ならフワフワの間にインターバルを入れる。活性がよくなさそうなので誘いをどんどんスローにしていったが、一度もエサを齧られることなく走水沖は撤収。最近の主戦場になっている久里浜沖の140メートルのポイントを目指す。

東京湾の釣り納めは紅(アマ)白(タチ)そろえてまずは重畳久里浜沖には大船団ではないが中規模な船団が形成されていた。ときどき銀色に輝く魚が船に取り込まれているのが見える。船長からの指示は「140メートルから120メートルまでを探って」だった。上からタナ取りし、水深が深い分キビキビと動かすことを意識して50センチ刻みで釣り開始。最初の魚信はノタ~と重みが穂先に乗るような感じで訪れた。違和感の正体を探るべくゆっくりと竿を持ちあげると竿先をグンッと引き込む。指2.5~3本級が本日の最初の釣果。その後も50センチ刻みの誘いで魚信はいい頻度で出る。でも、なかなか掛からず。すぐ横でY田名人が魚信の数だけ釣ってるもんだからう~~むとなる。魚信があったら少し待ってクワセの間を作るのがこの日のパターンっぽい。
東京湾の釣り納めは紅(アマ)白(タチ)そろえてまずは重畳東京湾の釣り納めは紅(アマ)白(タチ)そろえてまずは重畳

東京湾の釣り納めは紅(アマ)白(タチ)そろえてまずは重畳誘ったあとに少しクワセの間を作ることで針掛かり率がいくらか改善した。10時を過ぎたあたりから型もよくなり始め、指4本級が釣れるようになってくる。ツ抜けは無理でも10本近くはいけるかもと思い始めた途端に悪夢のような出来事が……。フォースマスター400がプンッという聞いたこともない音とともに巻き上げできなくなった。以降、手巻きで140メートルである。つらかった。明らかにペースダウンしてタチウオは5匹で終了。年末年始に食べる分と考えれば十分だと考えることにしよう。
東京湾の釣り納めは紅(アマ)白(タチ)そろえてまずは重畳東京湾の釣り納めは紅(アマ)白(タチ)そろえてまずは重畳

■出だし好調で船中1匹目、2匹目。でも仕掛けが切れるとそれっきりなの

東京湾の釣り納めは紅(アマ)白(タチ)そろえてまずは重畳11時にアマダイにリレーする。ポイントの富浦沖に移動。良型の多いポイントだ。水深は100メートル以上と深い。この日のテーマはY川名人に教わった、3本針のどれかが必ずアマダイが食いつくタナで動いているという状態を作ること。仕掛けは2.4メートルで80センチおきに針をだしてある。仕掛けがなるべく自然に動くように親子サルカンは使わずに枝スを直結した。オモリが着底したら底を50センチ切ってそこからゆっくりと1.5メートルくらい誘い上げ、続いてゆっくりと誘い下げる。竿が下を向いたら底を取り直して最初に戻る。魚信は誘い下げている最中にすぐにあった。重量感はないがアマダイらしくよく暴れる。30センチくらいのキアマダイだった。続いてすぐにこれも誘い下げ中に魚信があり25センチくらいのアマダイを追加する。開始30分で本命を2尾ゲットしさすがY川流と喜んだのだが……。
東京湾の釣り納めは紅(アマ)白(タチ)そろえてまずは重畳東京湾の釣り納めは紅(アマ)白(タチ)そろえてまずは重畳

東京湾の釣り納めは紅(アマ)白(タチ)そろえてまずは重畳タチウオはリールが壊れて失速した。アマダイは…仕掛けがなくなって大失速した。3本針2.4メートルの仕掛けは2組しか用意していかなかった。うち1つをオマツリで、もう1つを気持ち悪いウミヘビにグチャグチャにされた。船宿の仕掛けを購入したが、仕掛けが変われば誘い方も変わってしまうのか、それ以降は全くアマダイの魚信を出せなくなる。カナドやアカボラは釣れたのでタナが間違えているということはないと思うのだが……アマダイに嫌われたまま本日終了。Y田名人はすぐ横で45センチの良型こみでアマダイ4匹にオニカサゴも。腕の差を見せつけられた容だがアマダイ0の人が船中半数以上なので、へた釣りにしては頑張った方だ。
東京湾の釣り納めは紅(アマ)白(タチ)そろえてまずは重畳東京湾の釣り納めは紅(アマ)白(タチ)そろえてまずは重畳



Twitter

2017年12月28日 19:57

« うわぁ~タチウオの主戦場が久里浜沖の140mになってるよ~ | メイン | FM400…怪我とか病気じゃなくて心肺停止!? 水没の影響? »

最近の釣りに行った記事

105日ぶりのカイワリプチ遠征はあわやボウズで痺れたよ~
コレジャナイ十目で困憊。今日はダメ思ったらラスト10分で
三度目の正直でワラサ挑むも二度あることは…マダイは2匹
八景沖マダイは珍しく素直で3匹。久里浜ワラサとは断交中
新ブランド?よっしゃサバ。ポニョに34cmアマダイ混ざり喜々
ラストイサキは半日50匹。ワラサは常日頃の行いが悪い?
ラスト5分…またね♥とクロムツにめっちゃ営業されてしまう
2週連続で追い食いゼロって…今年の剣崎ウリンボ手強い
くそ暑い上にくそ渋い剣崎イサキ24匹どまりでくっそーー!!
やっぱ下手やねん♪ めっちゃ真面目に釣ってシロギス14匹
イサキは雨の日に限る。今季最大36cm&最多47匹でどやっ
宇佐美のカイワリは歓迎してくれた…最初の数投だけはね
雨中のシロギス特訓。キス天食べ放題へ一歩一歩前進中♪
尺級5匹込みで21匹! 剣崎イサキの釣り方思い出した?
剣崎イサキ絶好調とはいかないが昨季より手応えありで8匹
クロムツからの魚信なしでひたすらサバサバサバサバサバ
アカクラゲの時期にシロギスの練習? 心得違いもいいとこ
尺イサキ多数にアカイサキ雄でクーラー六分もレア魚はなし
八景沖で小中アジほぼ入れ食い。アカクラゲさえいなければ
アカクラゲ大っ嫌い! アジもキスも目標未達でしょぼ~ん
強風の間隙縫って午前メバル。煮付け4匹含む19匹で満足
キントキはいるけれど遠征ウィリーで史上最低のド貧果に
キントキ、尺イサキ込みクーラー六分で沖の瀬ウィリー堪能
春の海に癒し求め午前メバル・午後アジでひねもすリレー♪
3年ぶり3戦目で3匹。一ノ瀬丸マゴチ童貞の呪縛から解放♥
アジへた女王はまさかまさかの…妻1号。アジうま女王は…?
でっぷりアラフォーアマダイ込み4匹釣って俺、ピカチュー?
イカも二度目なら少しは上手に…? ツ抜けはしたが敗北感
潮めちゃ速でどうにもならず良型オニカサゴ?バラしため息
掛からんバレる…キンメに続いてクロムツにも嫌われたかも
きっちり丁寧…キンメダイはガサツな人嫌いらしくて3匹だけ
初釣り2021は東京湾癒しのアジ&シロギス。胴突き面白い
釣り納め2020はアマダイ改めコレジャナイ十目釣りでチ~ン
チャンスタイムは根掛かりで…白間津シマアジまたもボウズ
久しぶりの宇佐美沖はカイワリ9匹込みで五目15匹と満足♪
ヤリイカデビュー戦ツ抜けに届かずも面白いのは分かった
どったんばったん大撃沈しホルモンまさるでがっつり反省会
ちょい時化でも妻はマグロ化せず良型アジ13匹と急成長?
タチウオはポンコツだけど頑張って9匹。アマダイはちっちゃ!!
一枚足らず…2020年のカワハギ開幕戦は竹岡ハギ屋敷?
高級魚は運次第? 本日の釣魚居酒屋へたはアジ専門店
カンパチガチャはハズレ! カイワリ2匹でなんとかなったぁ!!
テンビンが連続で折れるって…肝心の二目は抜きで八目!!
居酒屋へたのお通しは小アジ南蛮漬け。それ食ったら寝る
雨中の筋トレのご褒美はラスト15分に30upクロムツを2匹だ
暑さ避けさくっと午前アジ作戦。サイズいろいろ39匹で成功
カイワリにというより暑さに負けて三目6匹だけでしょんぼり
極鋭CGクロムツの章入魂。スミヤキ元気すぎて難しかった!!
2020年のイサキ…釣り方分からない。涙目でシャクリ続ける
ほぼ初体験タイラバでタツノオトシゴ+カイワリなんとか2匹

著者: へた釣り