東京湾の釣り納めは紅(アマ)白(タチ)そろえてまずは重畳

東京湾の釣り納めは紅(アマ)白(タチ)そろえてまずは重畳東京湾での釣り納めは、羽田・かみやからタチアマリレー。アマダイはお餅の代わりに焼いてお雑煮に入れるつもり。脂が乗った冬のタチウオは炙ってお刺身で絶品なので三が日の晩餐を豪華にするのに是非とも欲しかった。両方苦手な釣りだけど紅(アマ)白(タチ)そろえてまずは重畳。

東京湾の釣り納めは紅(アマ)白(タチ)そろえてまずは重畳釣行前日、Y田名人から「一緒に釣りましょう」とのありがたい申し出がある。電車釣行で釣り座は選べないことが多いへた釣りにとっては願ってもないことである。電車と送迎バスを利用してのんびりとかみやを目指していると、「左舳の2番目確保してあります」とのメッセージ。左前方は潮先予想の席なので、これはうれしい。アマダイに関してはこの席のおかげで釣らせてもらえたといっても過言ではない。船は定刻に桟橋を離れて「走水を目指す」とのアナウンス。風が冷たかったのでキャビンに逃げ込む。最近、キャビンに入っても船酔いしないことに気付いた。寒い時期に1時間も外で凍えなくてよくなった。

■久里浜沖深場に高活性なタチウオ。でも…掛からない。リール壊れるし

東京湾の釣り納めは紅(アマ)白(タチ)そろえてまずは重畳船は予告通り走水沖で減速する。ルアーでタチウオを狙っている船が数隻あったが、タチウオ船団というほどには船は集まっていない。ルアー船なので置き竿でアンニュイな人こそいなかったが、タチウオが船中に取り込まれている様子が全くうかがえない。反応はあるようで、水深60メートルくらいのポイントで釣り開始となる。まずは50センチ刻みのウィリーシャクリで。魚信なし。30センチ刻みのウィリーシャクリ、30センチ刻みのフワフワ。それでも駄目ならフワフワの間にインターバルを入れる。活性がよくなさそうなので誘いをどんどんスローにしていったが、一度もエサを齧られることなく走水沖は撤収。最近の主戦場になっている久里浜沖の140メートルのポイントを目指す。

東京湾の釣り納めは紅(アマ)白(タチ)そろえてまずは重畳久里浜沖には大船団ではないが中規模な船団が形成されていた。ときどき銀色に輝く魚が船に取り込まれているのが見える。船長からの指示は「140メートルから120メートルまでを探って」だった。上からタナ取りし、水深が深い分キビキビと動かすことを意識して50センチ刻みで釣り開始。最初の魚信はノタ~と重みが穂先に乗るような感じで訪れた。違和感の正体を探るべくゆっくりと竿を持ちあげると竿先をグンッと引き込む。指2.5~3本級が本日の最初の釣果。その後も50センチ刻みの誘いで魚信はいい頻度で出る。でも、なかなか掛からず。すぐ横でY田名人が魚信の数だけ釣ってるもんだからう~~むとなる。魚信があったら少し待ってクワセの間を作るのがこの日のパターンっぽい。
東京湾の釣り納めは紅(アマ)白(タチ)そろえてまずは重畳東京湾の釣り納めは紅(アマ)白(タチ)そろえてまずは重畳

東京湾の釣り納めは紅(アマ)白(タチ)そろえてまずは重畳誘ったあとに少しクワセの間を作ることで針掛かり率がいくらか改善した。10時を過ぎたあたりから型もよくなり始め、指4本級が釣れるようになってくる。ツ抜けは無理でも10本近くはいけるかもと思い始めた途端に悪夢のような出来事が……。フォースマスター400がプンッという聞いたこともない音とともに巻き上げできなくなった。以降、手巻きで140メートルである。つらかった。明らかにペースダウンしてタチウオは5匹で終了。年末年始に食べる分と考えれば十分だと考えることにしよう。
東京湾の釣り納めは紅(アマ)白(タチ)そろえてまずは重畳東京湾の釣り納めは紅(アマ)白(タチ)そろえてまずは重畳

■出だし好調で船中1匹目、2匹目。でも仕掛けが切れるとそれっきりなの

東京湾の釣り納めは紅(アマ)白(タチ)そろえてまずは重畳11時にアマダイにリレーする。ポイントの富浦沖に移動。良型の多いポイントだ。水深は100メートル以上と深い。この日のテーマはY川名人に教わった、3本針のどれかが必ずアマダイが食いつくタナで動いているという状態を作ること。仕掛けは2.4メートルで80センチおきに針をだしてある。仕掛けがなるべく自然に動くように親子サルカンは使わずに枝スを直結した。オモリが着底したら底を50センチ切ってそこからゆっくりと1.5メートルくらい誘い上げ、続いてゆっくりと誘い下げる。竿が下を向いたら底を取り直して最初に戻る。魚信は誘い下げている最中にすぐにあった。重量感はないがアマダイらしくよく暴れる。30センチくらいのキアマダイだった。続いてすぐにこれも誘い下げ中に魚信があり25センチくらいのアマダイを追加する。開始30分で本命を2尾ゲットしさすがY川流と喜んだのだが……。
東京湾の釣り納めは紅(アマ)白(タチ)そろえてまずは重畳東京湾の釣り納めは紅(アマ)白(タチ)そろえてまずは重畳

東京湾の釣り納めは紅(アマ)白(タチ)そろえてまずは重畳タチウオはリールが壊れて失速した。アマダイは…仕掛けがなくなって大失速した。3本針2.4メートルの仕掛けは2組しか用意していかなかった。うち1つをオマツリで、もう1つを気持ち悪いウミヘビにグチャグチャにされた。船宿の仕掛けを購入したが、仕掛けが変われば誘い方も変わってしまうのか、それ以降は全くアマダイの魚信を出せなくなる。カナドやアカボラは釣れたのでタナが間違えているということはないと思うのだが……アマダイに嫌われたまま本日終了。Y田名人はすぐ横で45センチの良型こみでアマダイ4匹にオニカサゴも。腕の差を見せつけられた容だがアマダイ0の人が船中半数以上なので、へた釣りにしては頑張った方だ。
東京湾の釣り納めは紅(アマ)白(タチ)そろえてまずは重畳東京湾の釣り納めは紅(アマ)白(タチ)そろえてまずは重畳



Twitter

2017年12月28日 19:57

« うわぁ~タチウオの主戦場が久里浜沖の140mになってるよ~ | メイン | FM400…怪我とか病気じゃなくて心肺停止!? 水没の影響? »

最近の釣りに行った記事

特餌忘れ凪のはずが時化でメバル釣れずなんだか不本意な…
前半はサバに混じってアジで後半はアジに混じってサバ地獄
稲取沖第1投で城ケ島以西で“アレ”が釣れない呪い解呪成功
シロギスは三歩進んで五歩さがりアナゴは二歩進んだら迷子
辛うじてノーピクではないもののノーガコッでクロムツボウズ
へたが来た日は釣れる!? 尺級2匹込みカイワリ18匹でどやっ
釣れるイメージ全く湧ず。マゴチで2024年初の完全ボウズ
程よくとほろ酔いが苦手な夫婦は人生二度目の仲良く束釣り
A5ランク混じりでアジ28匹+煮付けメバルにクロダイまで
式根島キンメでシールもらってドヤッ顔で写真に納まったよ
上手くシャクれば!! 一荷も! カイワリの醍醐味満喫し自己最多
手乗りキダイに翻弄されてあわやあわやのアマダイボウズ!?
役満かも!?はメダイで…いつも通り白中ドラ(クロムツ)2
ほぼ尺…29.5センチの自己最大メバルでリアランサーに入魂
2024年伊豆初釣りはラスト入れパクしカイワリ20匹でどやっ
時化はあか~ん!! ドッタンバッタン魚信だせずシロギス21匹
走水黄金大アジとはいかなかったが30センチ級混じり28匹
役満かも?な引きはサバのみで。またも白ドラ(クロムツ)3
2024年は幸先よすぎ!! 初釣りでアジ105匹+シロギス20匹
オーラスで役満(アカムツ)あがれず白ドラ(クロムツ)3で
2023年の帳尻合わせ第1戦はカイワリツ抜け達成でどやっ!!
津波注意報の中白間津まで行ってうどん食って帰ってきた
寒さと雨で午前は瀕死…陽がさす午後にアマダイ2匹で帳尻
夫婦そろって束超え…合わせてアジ242匹って粂丸の奇跡?
へたさん来たらやっぱり…でもカイワリ3匹で痛風には十分
入れて入れて休んで入れて…1回旋回半夜クロムツであわわ
ガツ~ンと穂先持っていく夏秋の癒しの釣魚アカハタ初挑戦
ゲスト含め渋かった!! でも満足サイズのアマダイゲット♪
シロムツ本命宣言したら2匹だけ。ほかは痛風に悪そうな…
唯一のこれは!?な魚信は奪食いで…伊豆アカムツまたも撃沈
元気なのはサバとカマスだけで美味しいお刺身はいずこへ?
猛暑日に釣りは本当にあかん…脇腹攣って船上で悶絶したよ
隣でキハダ26キロ+カツオ3.6キロ…でも、僕はノーピク
キャストは少しは様になりシロギス久々に大人になれて24匹
極技 湾フグは2投で入魂するもシロギスはやっぱり苦手だ…
メバル煮付け級1匹だけだがA5級アジ多数+人生初キジハタ
妻と二人がかりでジャスト束!! 全部干物サイズで満足度◎
タコを触れずにキャーキャー言うことすらできなかったのよ
宇佐美の「へたさん来たら釣れない」がまた始まってしまう
人生二度目の新島キンメは…底も魚信も取れず大撃ち~ん
朝からキスで夜はアナゴで下手さ加減を思い知らされた一日
城ヶ島沖クロムツは魚信少なめも釣れれば大満足サイズで♪
久々フォースに気をよくするもオキアミ有利でカイワリ7匹
GW第2戦は待望の凪!! いつもの如く撃沈しマゴチ1匹だけ
強風に苦しみ触手に苛まれ釣り方見失うアジ・キスリレー
予期せぬ大時化にアジツ抜けせずクロダイで帳尻だけ合わす
ちょい時化だけど猿アジはぽつぽつ…後半凪たらし~んと
昼までノーガコッ伝説継続…ヤヴァいかもで一度だけガコッ
気難しいアジに苦戦も46匹。シロギスは釣り方掴めず9匹だけ
驕る下手は久しからず。ノーガコッ伝説が今日始まったよ

著者: へた釣り