高切れ、竿折れ、コマセをかぶって…精も根も尽き果てたよ

高切れ、竿折れ、コマセをかぶって…精も根も尽き果てたよ得意じゃないどころか不得意だと分かっている釣りを集中力が途切れやすい雨の日に行くなんて愚を犯してしまったわけだ。まずは高切れでトホホ、お次は竿を折ってしまってショボ~~ン、とどめにコマセを頭からかぶってプッツーーンである。釣るのを止めてキャビンで不貞寝しちゃった。

高切れ、竿折れ、コマセをかぶって…精も根も尽き果てたよ日中はずっと強めの雨の予報で、午後からは風も出る。これなら船上は空いているだろうと高を括っていたが、金沢八景・一之瀬丸タチアジリレーは超がつくほどの人気船。電車でのんびり釣行だと、席札は右舷、左舷の前寄りが空いているだけだった。取り込みのしやすさを考えて右舷の前から2番目に釣り座を決める。新造の大型船で片舷10人以下なのだから釣り座の間隔は十分あり、よほどのヘマをしなければ高切れの心配をしなくてよさそう。出船前はそう考えていた。雨を嫌って準備を終えたらキャビンで待機。
高切れ、竿折れ、コマセをかぶって…精も根も尽き果てたよ高切れ、竿折れ、コマセをかぶって…精も根も尽き果てたよ

■高切れ&竿折れでタチウオなんてどうでもよくなっちゃったわけよ

高切れ、竿折れ、コマセをかぶって…精も根も尽き果てたよ船は7時半ごろに桟橋を離れる。20分ほど走って観音崎沖のポイントへと向かう。海は少し荒れており、飛沫をときどきかぶる感じだったが、釣りをするのに問題はなさそう。観音崎沖にはタチウオの船団ができており、船団の周りをグルリと探索してポイントを探す。ときどき銀色に光る魚が船内に取り込まれているのが見えるので活性は悪くはなさそう。ポイントが決まり、船長からの指示は「60メートルから50メートルくらい」を探ってだった。最初は50センチ刻みステイ0のシャクリでスタートするが魚信を出せない。誘う幅が広すぎるのかもと30センチ刻みにすると、竿先に違和感を感じるがなかなか食いこまず、エサだけ取られたり齧られたりが続く。1匹目は開始20分くらいに30センチ刻みでフワフワと誘っていたらで食ってきた。指3.5本くらいのまずまずサイズ。
高切れ、竿折れ、コマセをかぶって…精も根も尽き果てたよ高切れ、竿折れ、コマセをかぶって…精も根も尽き果てたよ

高切れ、竿折れ、コマセをかぶって…精も根も尽き果てたよフワフワ誘いで魚信を出せることが分かったので、お次は掛け方を見つければという展開。ここで最初の悲劇が起きた。タチウオを掛けた左舷の人とオマツリ。魚を取り込んでもらおうとラインを出していると背後から聞こえてきたのは「切れたよ」という声。彼が取り込んでいる最中のタチウオの歯に当たって切れたわけで、「ごめん」って3文字分の言葉の労を吝しまなければお互い様のことなのでイラッとはしないのだが…。その後もこの人がタチウオを掛けたときに限って何度かオマツリをした。タチウオを海中で遊ばせないってことに頓着しない人のようだ。次の悲劇……これは完全に自分が悪い。高切れ後電動リールの0セットをしたつもりだったのに出来てなかった。愛竿カイメイスペシャルの穂先がぁぁぁぁああああ。竿が折れたのが9時10分。12時少し過ぎまでタチウオ釣りをしていたはずだが、何をしていたかよく覚えてない。クーラーの中にはタチウオが5匹だけ。サイズは指3.5~4本。
高切れ、竿折れ、コマセをかぶって…精も根も尽き果てたよ高切れ、竿折れ、コマセをかぶって…精も根も尽き果てたよ

■とどめの一撃をくらってアジ釣りはリタイヤ。船上で不貞寝は人生初

高切れ、竿折れ、コマセをかぶって…精も根も尽き果てたよ12時にタチウオを切りあげてアジへとリレーする。タチウオ釣りはうまくいかなかったが気持ちを切り替えて頑張ろうと思っていた。猿島沖の水深40メートルくらいのポイントを攻めるそうで、40号のライトタックル用のビシではなく100号のオモリを付けるように言われる。船長からカゴを借りて、ラインが1.5号と細いので80号のオモリを付けて釣ることに。このころから海はかなりドッタンバッタンし始めていた。猿島沖に到着してもなかなか船は止まれない。何度も減速しては加速を繰り返す。船の向きによってはかなり激しく飛沫をかぶる。タチウオのポイントを離れたのが12時20分ごろでアジのポイントが決まったのが13時25分。1時間もアジの反応を捜索していた。やっと見つけたショボい群れなので…船中型は見たようだが、すぐにまた移動。

高切れ、竿折れ、コマセをかぶって…精も根も尽き果てたよ2カ所目のポイントへの移動中にとどめの悲劇が起きた。飛沫をかぶるので船べりに背を向けて耐えていたのだが、大きめの波で跳ねた(?)瞬間。背後から固形物を投げつけられたような感触。なんだ?と思い振り返ってみるとコマセの洗面器がなくなっている。海に落ちたようだ。コマセ爆弾はヘラかビシが跳ねあげた物と思われる。たっぷりとというわけではないが頭から背中の辺りに飛び散っている。雨、風、高切れ、竿折れ、タチウオ不調、時化海クルージングで少しずつ削られてきたMPがこれで0になった。竿をたたんで、キャビンに逃げ込む。自主早上がりだ。不貞寝を決め込む。
高切れ、竿折れ、コマセをかぶって…精も根も尽き果てたよ高切れ、竿折れ、コマセをかぶって…精も根も尽き果てたよ



Twitter

2017年10月15日 19:31

« 俺が行ったらどころか俺が書いたらタチウオ爆釣は沈静化 | メイン | タチウオ釣れないのは竿のせいと船長に励まされてしまう »

最近の釣りに行った記事

シマアジは俺のこと大嫌いみたいだ。コマいのが1匹だけ
妻ノーピクで闇墜ち&僕もカイワリ2匹だけでデート失敗
庄吉丸の下に15匹目のオニカサゴ…でも16匹目はおあずけ
萬栄丸半夜クロムツで自己最多を27匹&最大を38センチに
山下丸アマダイ初挑戦は良型獲れずも5匹釣れてまずまず
久里浜ウィリー五目…ワラサとサバフグに邪魔され大苦戦
バラシ多数で大苦戦。でも25センチ級カイワリ2匹を独占
悲願の妻アジ30匹チャレンジは42匹でクリア…ど、同数!!?
海堡で順調→竹岡砂漠→海堡に戻りカワハギ開幕戦は11匹
…………………………………………………ノーピクだった
萬栄丸半夜クロムツ初戦はサバ禍で失速も16匹でえっへん
小サバ湧いてカイワリお留守。カンパチはいてくれたよ~
新山下デビュー戦は美味しいサイズのベイブリアジ17匹♪
25cmが小さく見える尺超え×2で夏カイワリ攻略の糸口!?
ゴロタとフグに翻弄され苦戦。シロギス20匹超えがやっと
タコを釣ったらキャーキャー騒ぐへたれなおっさんが8杯♪
本日、大人はウィリーにおさわり禁止…カイワリほげたぞ
居食いしてる?な気難アジにあの手この手で口使わせて81匹
天秤&仕掛けを和彦丸SPにしてシロギス58匹でにんまり
アカムツどころか魚信が一度もなく城ヶ島沖で大撃ち~ん
暑さとサバに無口になるも船長冴えててカイワリを9匹!!
あさなぎ丸が小船と事故…イサキ開幕戦は不戦敗で激凹み
デラキンメは朝一でゲットするも水深400m超は謎だらけ
金田湾イワシメバルがあまりに魚信なく呆けてホゲて凹む
焼肉デート楽しかった。釣りもした気がするけど覚えてない
23・22・20センチのトリプルを決めるもメバルは凪に限るね
天秤? 胴突き? 俺に限ってどっちもあかんなシロギス釣り
愚策裏目で波に乗れずオキメバル4匹一荷でなんとか帳尻
天気予報大外れで良型クロムツ釣れてなければ凍え死んでた
巨大アジ猛攻であわやカイワリいない五目になるとこだった
煮付け2尾で1皿サイズのメバル14人前に癒してもらい幸せ
午前アジ22匹でなんとか。妻は5匹&竿折れて後半闇堕ちす
春の海ひねもす癒しリレーのはずが…心身鍛錬の一日に!!
春の京都。京都らしいええもんを探して一泊二日めし旨旅♪
ヤリイカも俺が行ったら終わるやん…断トツ最低1.5匹だけ
行ったらやっぱり終わってたよ…好調の余韻でカイワリ8匹
走水黄金大アジゲットも…アジに嫌われたままツ抜けせず
2022年初の大漁♪ 炙り刺しで最高なクロムツ15匹でドヤッ!!
暖かくって午後アジ作戦成功と思いきや釣果が凍死レベル
鉄壁のサバに阻まれ時合逃しカイワリ4匹だけとしょんぼり
3週間ぶりの釣りはサバ地獄と変な潮でクロムツ2匹だけ~
ドキドキもワクワクもなく初釣りの鬼おみくじ2022は大凶だ
ドデカアマ53.5センチ! 2021年最後にして最高の釣りだ!!
家族一人に1匹30㎝級クロムツ確保でお正月は尾頭付きで♪
10分の5がリリースって…一之瀬感謝デーカワハギで頓死す
潮澄み中盤まで魚信なし。日が傾いてカイワリダブル×3+1
デカハギの釣り方忘れた! 昨年に続きツ抜けせずで開幕
53センチのマハタ釣れたが…カイワリには全く相手にされず
妻がクロダイおかわり成功。それも48センチにサイズアップ
魚っ気皆無の白間津で船酔い・竿折れ・クーラー空で呆然

著者: へた釣り