低打率で苦しむもタチウオはツ抜け。アジは入れパク46匹!!

低打率で苦しむもタチウオはツ抜け。アジは入れパク46匹!!自信のある釣りは1つもないが、自信がない釣りならいくらでもある。タチウオもその1つ。魚信はそれなりに出せるのだが、とにかく針掛かりさせるのが下手で5回魚信があって1匹取れるかどうかの打率1割台のへっぽこだ。魚信の多さに救われてなんとか10匹。一方のアジは入れパクだった。

低打率で苦しむもタチウオはツ抜け。アジは入れパク46匹!!海堡周りや猿島でタチウオが釣れているなら、ポイントに港が近い金沢八景・一之瀬丸が有利なのではないかと考えての釣行。船長は遠征ウィリー五目と同じなので、アウェイ感はない。船は新造の大型船で、船宿に着いてみると、いつものように艫から埋まっていた。左舷の前から2番目が空いていたので釣り座を決める。左舷は8人。釣り座で横になれるくらいだからオマツリを心配しないで済む程度に横とは間隔があり、タチウオ釣りに付き物の横の人が取り込んだタチウオの歯のせいで高切れを恐れなくてよさそう。船は定刻に桟橋を離れ、「20分ほど走ります」とのアナウンス。
低打率で苦しむもタチウオはツ抜け。アジは入れパク46匹!!低打率で苦しむもタチウオはツ抜け。アジは入れパク46匹!!

■テキパキ誘いで魚信はいっぱい。でも低打率なので…10匹がなんとか

低打率で苦しむもタチウオはツ抜け。アジは入れパク46匹!!ポイントは海堡周辺だった。港からすぐのポイントなので一番乗りかな?なんてことを考えていたが、とんでもない。既にタチウオの大船団ができていた。千葉の船や松輪の船は出船時間が早いのを忘れていた。タナの指示は海面からで「30メートル~20メートル」でスタート。まずはこれで魚信がでればラッキーな50センチ刻みの素早いシャクリ。不発。右隣で舳で釣っている名人がタチウオを釣り上げた。フワフワと少しスローめに誘い上げるという主流派の誘いだ。真似してみるがこの誘い方は苦手。魚信は出せても針掛かりしない。3回連続で空振りしてフワフワ誘いに見切りをつける。30センチ刻みでテキパキとシャクると魚信も出せるし、針掛かりさせやすいことに気付く。釣り開始30分でようやく1匹目。指2.5本サイズ。
低打率で苦しむもタチウオはツ抜け。アジは入れパク46匹!!低打率で苦しむもタチウオはツ抜け。アジは入れパク46匹!!

低打率で苦しむもタチウオはツ抜け。アジは入れパク46匹!!30センチ刻みでテキパキ誘いなら結構な頻度で魚信は出せるが針掛かり率は相変わらずの1割打者。勝手にかかってくれて、竿先を引き込んでくれるタチウオだけは物にできるが、それだけ。コツコツだのプルプルだのノターだのといったコンタクトは何度もあるのに、そのほとんどで空振り。天を仰ぐ。タチウオの活性が高いのか魚信は途切れずに出せ、ポツンポツンとはタチウオを拾っていける。指3本までだが、タチウオが掛かって巻き上げに転じた瞬間にどんな大物が釣れた?ってほどに激しく引くのが面白い。海堡のポイントでは6匹。
低打率で苦しむもタチウオはツ抜け。アジは入れパク46匹!!低打率で苦しむもタチウオはツ抜け。アジは入れパク46匹!!

低打率で苦しむもタチウオはツ抜け。アジは入れパク46匹!!船は少し南下し、観音崎沖のポイントに。攻めるタナは少し深くなって50メートルから40メートル。海堡で魚信を出せた30センチ刻みテキパキがここでも通用した。相変わらずの低打率だが、それでも何かの間違えで釣れてくれるタチウオがいて、4匹追加。半日のタチウオ釣りで目標にしているツ抜けを達成したところで11時30分になりタチウオ釣りは終了。舳の名人が16匹だったので、へた釣りにしては健闘した方だと思う。
低打率で苦しむもタチウオはツ抜け。アジは入れパク46匹!!低打率で苦しむもタチウオはツ抜け。アジは入れパク46匹!!

■コマセいらないんじゃね?な超高活性なアジの群れに癒されまくる

低打率で苦しむもタチウオはツ抜け。アジは入れパク46匹!!八景沖に戻ってアジ釣りにリレーする。水深25メートルくらいで、指示ダナは底から「2メートルから3メートル」だった。ビシが着底したら、糸吹けを取るために3メートル巻き上げる。と、途端に竿先をフルルと震わしたあとでギュンと引き込むアジの魚信。コマセを撒かなくても食ってきた。追い食いまで発生し、いきなりのダブルスタート。このあともコマセを撒く前にタナさえ合わせれば魚信が出る時間帯が続く。3本針にパーフェクトもありで、順調にバケツにアジが貯まっていく。
低打率で苦しむもタチウオはツ抜け。アジは入れパク46匹!!低打率で苦しむもタチウオはツ抜け。アジは入れパク46匹!!

低打率で苦しむもタチウオはツ抜け。アジは入れパク46匹!!1時間くらいコマセなくても釣れるんじゃね?という超高活性な時間が続いた。バケツのアジは少し酸欠状態だったので、クーラーに移しながら数えてみるとちょうど30匹いた。ここから少し失速するが、それでも入れ食いペースで釣れ続け、お刺身サイズも混じる。台風の影響か、風が吹き始めてきたのもあって、14時30分に少し早めの沖上がり。アジは46匹だった。タチウオ10匹とアジ46匹……家庭不和を招かない適量なのではないかと。
低打率で苦しむもタチウオはツ抜け。アジは入れパク46匹!!低打率で苦しむもタチウオはツ抜け。アジは入れパク46匹!!



Twitter

2017年08月06日 19:08

« 明日はタチウオの群れが行方不明じゃありませんように! | メイン | タチウオのエサは魚信を増やすには長く、掛けるには短く »

最近の釣りに行った記事

妻ノーピクで闇墜ち&僕もカイワリ2匹だけでデート失敗
庄吉丸の下に15匹目のオニカサゴ…でも16匹目はおあずけ
萬栄丸半夜クロムツで自己最多を27匹&最大を38センチに
山下丸アマダイ初挑戦は良型獲れずも5匹釣れてまずまず
久里浜ウィリー五目…ワラサとサバフグに邪魔され大苦戦
バラシ多数で大苦戦。でも25センチ級カイワリ2匹を独占
悲願の妻アジ30匹チャレンジは42匹でクリア…ど、同数!!?
海堡で順調→竹岡砂漠→海堡に戻りカワハギ開幕戦は11匹
…………………………………………………ノーピクだった
萬栄丸半夜クロムツ初戦はサバ禍で失速も16匹でえっへん
小サバ湧いてカイワリお留守。カンパチはいてくれたよ~
新山下デビュー戦は美味しいサイズのベイブリアジ17匹♪
25cmが小さく見える尺超え×2で夏カイワリ攻略の糸口!?
ゴロタとフグに翻弄され苦戦。シロギス20匹超えがやっと
タコを釣ったらキャーキャー騒ぐへたれなおっさんが8杯♪
本日、大人はウィリーにおさわり禁止…カイワリほげたぞ
居食いしてる?な気難アジにあの手この手で口使わせて81匹
天秤&仕掛けを和彦丸SPにしてシロギス58匹でにんまり
アカムツどころか魚信が一度もなく城ヶ島沖で大撃ち~ん
暑さとサバに無口になるも船長冴えててカイワリを9匹!!
あさなぎ丸が小船と事故…イサキ開幕戦は不戦敗で激凹み
デラキンメは朝一でゲットするも水深400m超は謎だらけ
金田湾イワシメバルがあまりに魚信なく呆けてホゲて凹む
焼肉デート楽しかった。釣りもした気がするけど覚えてない
23・22・20センチのトリプルを決めるもメバルは凪に限るね
天秤? 胴突き? 俺に限ってどっちもあかんなシロギス釣り
愚策裏目で波に乗れずオキメバル4匹一荷でなんとか帳尻
天気予報大外れで良型クロムツ釣れてなければ凍え死んでた
巨大アジ猛攻であわやカイワリいない五目になるとこだった
煮付け2尾で1皿サイズのメバル14人前に癒してもらい幸せ
午前アジ22匹でなんとか。妻は5匹&竿折れて後半闇堕ちす
春の海ひねもす癒しリレーのはずが…心身鍛錬の一日に!!
春の京都。京都らしいええもんを探して一泊二日めし旨旅♪
ヤリイカも俺が行ったら終わるやん…断トツ最低1.5匹だけ
行ったらやっぱり終わってたよ…好調の余韻でカイワリ8匹
走水黄金大アジゲットも…アジに嫌われたままツ抜けせず
2022年初の大漁♪ 炙り刺しで最高なクロムツ15匹でドヤッ!!
暖かくって午後アジ作戦成功と思いきや釣果が凍死レベル
鉄壁のサバに阻まれ時合逃しカイワリ4匹だけとしょんぼり
3週間ぶりの釣りはサバ地獄と変な潮でクロムツ2匹だけ~
ドキドキもワクワクもなく初釣りの鬼おみくじ2022は大凶だ
ドデカアマ53.5センチ! 2021年最後にして最高の釣りだ!!
家族一人に1匹30㎝級クロムツ確保でお正月は尾頭付きで♪
10分の5がリリースって…一之瀬感謝デーカワハギで頓死す
潮澄み中盤まで魚信なし。日が傾いてカイワリダブル×3+1
デカハギの釣り方忘れた! 昨年に続きツ抜けせずで開幕
53センチのマハタ釣れたが…カイワリには全く相手にされず
妻がクロダイおかわり成功。それも48センチにサイズアップ
魚っ気皆無の白間津で船酔い・竿折れ・クーラー空で呆然
妻が47.5センチ人生初クロダイ。アジはコマセ係で撃ちーん

著者: へた釣り