低打率で苦しむもタチウオはツ抜け。アジは入れパク46匹!!

低打率で苦しむもタチウオはツ抜け。アジは入れパク46匹!!自信のある釣りは1つもないが、自信がない釣りならいくらでもある。タチウオもその1つ。魚信はそれなりに出せるのだが、とにかく針掛かりさせるのが下手で5回魚信があって1匹取れるかどうかの打率1割台のへっぽこだ。魚信の多さに救われてなんとか10匹。一方のアジは入れパクだった。

低打率で苦しむもタチウオはツ抜け。アジは入れパク46匹!!海堡周りや猿島でタチウオが釣れているなら、ポイントに港が近い金沢八景・一之瀬丸が有利なのではないかと考えての釣行。船長は遠征ウィリー五目と同じなので、アウェイ感はない。船は新造の大型船で、船宿に着いてみると、いつものように艫から埋まっていた。左舷の前から2番目が空いていたので釣り座を決める。左舷は8人。釣り座で横になれるくらいだからオマツリを心配しないで済む程度に横とは間隔があり、タチウオ釣りに付き物の横の人が取り込んだタチウオの歯のせいで高切れを恐れなくてよさそう。船は定刻に桟橋を離れ、「20分ほど走ります」とのアナウンス。
低打率で苦しむもタチウオはツ抜け。アジは入れパク46匹!!低打率で苦しむもタチウオはツ抜け。アジは入れパク46匹!!

■テキパキ誘いで魚信はいっぱい。でも低打率なので…10匹がなんとか

低打率で苦しむもタチウオはツ抜け。アジは入れパク46匹!!ポイントは海堡周辺だった。港からすぐのポイントなので一番乗りかな?なんてことを考えていたが、とんでもない。既にタチウオの大船団ができていた。千葉の船や松輪の船は出船時間が早いのを忘れていた。タナの指示は海面からで「30メートル~20メートル」でスタート。まずはこれで魚信がでればラッキーな50センチ刻みの素早いシャクリ。不発。右隣で舳で釣っている名人がタチウオを釣り上げた。フワフワと少しスローめに誘い上げるという主流派の誘いだ。真似してみるがこの誘い方は苦手。魚信は出せても針掛かりしない。3回連続で空振りしてフワフワ誘いに見切りをつける。30センチ刻みでテキパキとシャクると魚信も出せるし、針掛かりさせやすいことに気付く。釣り開始30分でようやく1匹目。指2.5本サイズ。
低打率で苦しむもタチウオはツ抜け。アジは入れパク46匹!!低打率で苦しむもタチウオはツ抜け。アジは入れパク46匹!!

低打率で苦しむもタチウオはツ抜け。アジは入れパク46匹!!30センチ刻みでテキパキ誘いなら結構な頻度で魚信は出せるが針掛かり率は相変わらずの1割打者。勝手にかかってくれて、竿先を引き込んでくれるタチウオだけは物にできるが、それだけ。コツコツだのプルプルだのノターだのといったコンタクトは何度もあるのに、そのほとんどで空振り。天を仰ぐ。タチウオの活性が高いのか魚信は途切れずに出せ、ポツンポツンとはタチウオを拾っていける。指3本までだが、タチウオが掛かって巻き上げに転じた瞬間にどんな大物が釣れた?ってほどに激しく引くのが面白い。海堡のポイントでは6匹。
低打率で苦しむもタチウオはツ抜け。アジは入れパク46匹!!低打率で苦しむもタチウオはツ抜け。アジは入れパク46匹!!

低打率で苦しむもタチウオはツ抜け。アジは入れパク46匹!!船は少し南下し、観音崎沖のポイントに。攻めるタナは少し深くなって50メートルから40メートル。海堡で魚信を出せた30センチ刻みテキパキがここでも通用した。相変わらずの低打率だが、それでも何かの間違えで釣れてくれるタチウオがいて、4匹追加。半日のタチウオ釣りで目標にしているツ抜けを達成したところで11時30分になりタチウオ釣りは終了。舳の名人が16匹だったので、へた釣りにしては健闘した方だと思う。
低打率で苦しむもタチウオはツ抜け。アジは入れパク46匹!!低打率で苦しむもタチウオはツ抜け。アジは入れパク46匹!!

■コマセいらないんじゃね?な超高活性なアジの群れに癒されまくる

低打率で苦しむもタチウオはツ抜け。アジは入れパク46匹!!八景沖に戻ってアジ釣りにリレーする。水深25メートルくらいで、指示ダナは底から「2メートルから3メートル」だった。ビシが着底したら、糸吹けを取るために3メートル巻き上げる。と、途端に竿先をフルルと震わしたあとでギュンと引き込むアジの魚信。コマセを撒かなくても食ってきた。追い食いまで発生し、いきなりのダブルスタート。このあともコマセを撒く前にタナさえ合わせれば魚信が出る時間帯が続く。3本針にパーフェクトもありで、順調にバケツにアジが貯まっていく。
低打率で苦しむもタチウオはツ抜け。アジは入れパク46匹!!低打率で苦しむもタチウオはツ抜け。アジは入れパク46匹!!

低打率で苦しむもタチウオはツ抜け。アジは入れパク46匹!!1時間くらいコマセなくても釣れるんじゃね?という超高活性な時間が続いた。バケツのアジは少し酸欠状態だったので、クーラーに移しながら数えてみるとちょうど30匹いた。ここから少し失速するが、それでも入れ食いペースで釣れ続け、お刺身サイズも混じる。台風の影響か、風が吹き始めてきたのもあって、14時30分に少し早めの沖上がり。アジは46匹だった。タチウオ10匹とアジ46匹……家庭不和を招かない適量なのではないかと。
低打率で苦しむもタチウオはツ抜け。アジは入れパク46匹!!低打率で苦しむもタチウオはツ抜け。アジは入れパク46匹!!



Twitter

2017年08月06日 19:08

« 明日はタチウオの群れが行方不明じゃありませんように! | メイン | タチウオのエサは魚信を増やすには長く、掛けるには短く »

最近の釣りに行った記事

へた釣り亭は1品300円均一安居酒屋。刺し盛りはアジのみ
“待て”を覚えた女、妻1号はアジ23匹。へた釣りはアカ~ン
ガス欠1DAYバトル? 久しぶりのかみやは楽しかったよ!
優しくないのよ東京湾の釣りの神様はっ!! 妻1号はアジ4匹
タチウオ釣りはあ行しか喋れない? 色々あるとなおさらだ
魚種豊富で魚影濃い宇佐美でカイワリ込みウィリー十五目
平成最後のイサキ釣りは最後の最後だけちょい盛り上がり
束楽勝からのソウダ禍で大失速。平成最後?のイサキ釣り
いつになったら一之瀬丸マゴチ童貞卒業できるの(遠い目)
型狙い作戦がハマり尺足らず3匹釣るも45匹までと振るわず
鱈・柳・柳・柳・柳・柳・青など五目一荷多数で超たっのしー
北海道の師匠が釣った魚が食べられる店、釧路・巽で舌鼓
ひどいウネリに船酔いしながら3年ぶりのアオゾイ3匹ゲット!!
雨で流れが速すぎて姪2号がなんとかオショロコマを1匹
標津カレイ北海道の師匠杯は台風で飛んできた女が3位に
ご当地流には理由がある。無視するとウグイの呪いが発動
釣れないから呑む。釧路の日米でとり天と東北の美酒に酔う
明石家さんまばかりでシシャモは釣れず。明日は出船中止
数釣りシーズン開幕したよ。 179匹で7月の最多記録更新!!
イサキってどうやったら釣れるんだっけ? 本気で忘れたぞ
性悪タチウオ&やる気なしアジとの痺れる戦いの行方は…
八景沖のアジ行方知れず? ウネリで掛からんし撃チ~ン
曇天なのに渋かったぁ!! あさなぎ丸デビュー戦は18匹まで
かみやメバル大会で型も数も船中3位なら頑張った方だよね
前半ウィリーに塩対応。後半たっのしー♪でカイワリは14匹
船中0じゃどうしようもないよねと自分を慰めるアカムツ4戦目
2018年の剣崎イサキチョロくない。開幕戦はなんとかツ抜け
GWは釣りしない週間にしよかな。アジツ抜けせずに頓死す
木更津沖で「へたクソぉ!!」と自分を罵り続けた夜アナゴ釣行
GWのゲートが開いて即落馬!? 宇佐美に行ってクーラー空
予報以上に風ビュービューの中、超お立ち台で午前LTアジ
序盤魚信少なくジリジリするも3年ぶり3本目の本塁打マゴチ
潮流も竿先も俺の心もキュンキュンしなかったウィリー五目
魚信少なめもヒット3本。昨年のマゴチの釣果を1日で超えた
始まったよ、シロムツしか釣れない伝説がっ!! 今季お終い
5本針にキンメ・キンメ・キンメ・シロムツ・メダイしたものの…
いきなりの尺たらず熟メバルに今季はイケる!と思ったが…
クロムツ3匹でまずまずも難敵のチビクロ、サバに大苦戦す
今年も始まったよぉ~……釣れない方の“深場伝説”がっ!!!
次にオニカサゴ釣れるのは4年後かも…サドンデスで散る!!
アジにまさかの完全試合?からの後半ポツポツでなんとか
4年ぶり通算4匹目と5匹目のオニカサゴで2017初釣りは吉!!
釣り納め2017はカイワリ17匹で自己最多更新。ハマチも8匹
東京湾の釣り納めは紅(アマ)白(タチ)そろえてまずは重畳
ツイテないのか実力不足か。一之瀬丸感謝デーで撃ち~ん
時化の上に激渋カワハギだったがピカイチくんに救われる
入学初日に退学しよかなと頭をよぎった2017アマダイ初戦
平和島は果てしなく…。TKB6回目で初めて船中個人表彰♪
ダイ三元狙いも…中(マダイ)のみ。この釣り向いてないね
プチ時化へのアジャストで大迷走したかみやカワハギ大会

著者: へた釣り