低打率で苦しむもタチウオはツ抜け。アジは入れパク46匹!!

低打率で苦しむもタチウオはツ抜け。アジは入れパク46匹!!自信のある釣りは1つもないが、自信がない釣りならいくらでもある。タチウオもその1つ。魚信はそれなりに出せるのだが、とにかく針掛かりさせるのが下手で5回魚信があって1匹取れるかどうかの打率1割台のへっぽこだ。魚信の多さに救われてなんとか10匹。一方のアジは入れパクだった。

低打率で苦しむもタチウオはツ抜け。アジは入れパク46匹!!海堡周りや猿島でタチウオが釣れているなら、ポイントに港が近い金沢八景・一之瀬丸が有利なのではないかと考えての釣行。船長は遠征ウィリー五目と同じなので、アウェイ感はない。船は新造の大型船で、船宿に着いてみると、いつものように艫から埋まっていた。左舷の前から2番目が空いていたので釣り座を決める。左舷は8人。釣り座で横になれるくらいだからオマツリを心配しないで済む程度に横とは間隔があり、タチウオ釣りに付き物の横の人が取り込んだタチウオの歯のせいで高切れを恐れなくてよさそう。船は定刻に桟橋を離れ、「20分ほど走ります」とのアナウンス。
低打率で苦しむもタチウオはツ抜け。アジは入れパク46匹!!低打率で苦しむもタチウオはツ抜け。アジは入れパク46匹!!

■テキパキ誘いで魚信はいっぱい。でも低打率なので…10匹がなんとか

低打率で苦しむもタチウオはツ抜け。アジは入れパク46匹!!ポイントは海堡周辺だった。港からすぐのポイントなので一番乗りかな?なんてことを考えていたが、とんでもない。既にタチウオの大船団ができていた。千葉の船や松輪の船は出船時間が早いのを忘れていた。タナの指示は海面からで「30メートル~20メートル」でスタート。まずはこれで魚信がでればラッキーな50センチ刻みの素早いシャクリ。不発。右隣で舳で釣っている名人がタチウオを釣り上げた。フワフワと少しスローめに誘い上げるという主流派の誘いだ。真似してみるがこの誘い方は苦手。魚信は出せても針掛かりしない。3回連続で空振りしてフワフワ誘いに見切りをつける。30センチ刻みでテキパキとシャクると魚信も出せるし、針掛かりさせやすいことに気付く。釣り開始30分でようやく1匹目。指2.5本サイズ。
低打率で苦しむもタチウオはツ抜け。アジは入れパク46匹!!低打率で苦しむもタチウオはツ抜け。アジは入れパク46匹!!

低打率で苦しむもタチウオはツ抜け。アジは入れパク46匹!!30センチ刻みでテキパキ誘いなら結構な頻度で魚信は出せるが針掛かり率は相変わらずの1割打者。勝手にかかってくれて、竿先を引き込んでくれるタチウオだけは物にできるが、それだけ。コツコツだのプルプルだのノターだのといったコンタクトは何度もあるのに、そのほとんどで空振り。天を仰ぐ。タチウオの活性が高いのか魚信は途切れずに出せ、ポツンポツンとはタチウオを拾っていける。指3本までだが、タチウオが掛かって巻き上げに転じた瞬間にどんな大物が釣れた?ってほどに激しく引くのが面白い。海堡のポイントでは6匹。
低打率で苦しむもタチウオはツ抜け。アジは入れパク46匹!!低打率で苦しむもタチウオはツ抜け。アジは入れパク46匹!!

低打率で苦しむもタチウオはツ抜け。アジは入れパク46匹!!船は少し南下し、観音崎沖のポイントに。攻めるタナは少し深くなって50メートルから40メートル。海堡で魚信を出せた30センチ刻みテキパキがここでも通用した。相変わらずの低打率だが、それでも何かの間違えで釣れてくれるタチウオがいて、4匹追加。半日のタチウオ釣りで目標にしているツ抜けを達成したところで11時30分になりタチウオ釣りは終了。舳の名人が16匹だったので、へた釣りにしては健闘した方だと思う。
低打率で苦しむもタチウオはツ抜け。アジは入れパク46匹!!低打率で苦しむもタチウオはツ抜け。アジは入れパク46匹!!

■コマセいらないんじゃね?な超高活性なアジの群れに癒されまくる

低打率で苦しむもタチウオはツ抜け。アジは入れパク46匹!!八景沖に戻ってアジ釣りにリレーする。水深25メートルくらいで、指示ダナは底から「2メートルから3メートル」だった。ビシが着底したら、糸吹けを取るために3メートル巻き上げる。と、途端に竿先をフルルと震わしたあとでギュンと引き込むアジの魚信。コマセを撒かなくても食ってきた。追い食いまで発生し、いきなりのダブルスタート。このあともコマセを撒く前にタナさえ合わせれば魚信が出る時間帯が続く。3本針にパーフェクトもありで、順調にバケツにアジが貯まっていく。
低打率で苦しむもタチウオはツ抜け。アジは入れパク46匹!!低打率で苦しむもタチウオはツ抜け。アジは入れパク46匹!!

低打率で苦しむもタチウオはツ抜け。アジは入れパク46匹!!1時間くらいコマセなくても釣れるんじゃね?という超高活性な時間が続いた。バケツのアジは少し酸欠状態だったので、クーラーに移しながら数えてみるとちょうど30匹いた。ここから少し失速するが、それでも入れ食いペースで釣れ続け、お刺身サイズも混じる。台風の影響か、風が吹き始めてきたのもあって、14時30分に少し早めの沖上がり。アジは46匹だった。タチウオ10匹とアジ46匹……家庭不和を招かない適量なのではないかと。
低打率で苦しむもタチウオはツ抜け。アジは入れパク46匹!!低打率で苦しむもタチウオはツ抜け。アジは入れパク46匹!!



Twitter

2017年08月06日 19:08

« 明日はタチウオの群れが行方不明じゃありませんように! | メイン | タチウオのエサは魚信を増やすには長く、掛けるには短く »

最近の釣りに行った記事

ゲストはサバだけ…八景沖でアジ入れ食いの午後アミ五目
浅場タチウオ攻略失敗。でも50mなら労せずとも掛かるかも
路線図読めないおっさんはタチウオ掛け方分からんのです
刺し盛りは関西は活かり、関東は旨みと恵比寿 魚一商店で
撃沈ではないが下手さ加減認識したタチアジ。でもタコ3杯♪
5年連続イサキ束超え失敗。良型混じると数を伸ばせない
純ちゃんのすじ塩は恵比寿でNo.1の煮込みかも知れない!!
難波・豪快立ち寿司でウニとイクラこぼれ盛り痛風一直線♪
恵比寿・肉天国で炙りユッケ、痛風味玉、牛トロ天を堪能す
一之瀬丸一の凄腕カツオ一本釣り師になってげんなりする
北海道のそばは最高!! 中標津・伊とうで藪・更科食べ比べ
姪2号にオショロコマを釣らせるミッション今年も無事クリア!!
釧路・繁栄丸アオゾイ耐久。7匹だけど今年も釣れたよ
北海道の師匠杯で子供はアオゾイゲット。へたはお世話係
台風令和初上陸の翌日剣崎イサキ束釣れるかなチャレンジ
難波居酒屋のお刺身は安くて美味いの代表、嬉々わらまさ
難波で昼飲みならなんばグランド花月1階、酒処さつき最強
宇佐美の魚やる気なし。カイワリ、チダイ、ホウボウ1匹ずつ
売り切れが多いがおっぱい串がとにかく絶品なおみっちゃん
竿先グングンッ…でもバレる。気難しいアジに翻弄されたよ
土用の丑に鰻なる野暮は避け恵比寿・う福でお先に鰻三昧
小サメの駆除に協力したら梅雨アナゴとタチウオもらえたよ
俺が行っても終わらずどころかカイワリ18匹で最多記録更新
6月のええもん1=新川にしやで伝助アナゴ、白子、キアラ刺
6月のええもん2=ShunのA5牛しゃぶローススープ茶漬け♪
プチ時化お立ち台で体幹トレーニングしつつイサキを26匹♪
1日剣崎で釣れてイサキ13匹、最大28.5cmでなんとかなった
コマセ振る意味ないレベルの速潮にカイワリ1匹だけと撃沈
5月のええもん=哲剣で活アコウ刺しに感動+カマ焼きも◎
好漁続きでどうした、俺。六目41匹でクーラー八分と大満足
G:激旨W:ウィークの仕上げは東京湾口アカムツでにんまり
令和の初釣りは雨の中シャクリ続けてカイワリ7匹でドヤッ!!
アラフォー食べ頃アマダイに癒されGWのGは撃沈じゃない
4月のええもん=正宗屋のカステラ&魚屋ひでぞう刺し盛り
妄想は妄想のまま。シマアジは釣れずメジナとイサキのみ
タナ取りスピード勝負に妻苦戦で14匹。30匹クリアが遠いよ
夢ではなかった…「カイワリ船中0じゃなきゃ」が瓦解した日
鏡面のように穏やかな海で釣りをしている白日夢を見たよ
明石焼き、いかなご釘煮、蛸ぺったん、穴子串を魚の棚で
明石・人丸花壇で鯛・蛸・穴子の海峡名物3点セットを満喫♪
続・深場伝説アラの章始まらず。お土産カイワリ4匹で十分♪
不幸だねぇ氷雨降る時化海で本命ボウズなんて闇堕ちする
肩コリ完治!! すげぇな、東京湾。もしかしてサバのおかげ?
2月のええもんは難波・天秤棒でおこぜ含むお刺身三昧!
三途の川みたいな海でイシダイ撃沈。アミ五目でカンパチ!!
ブラックドラゴン相手に筋トレ。クロムツは3匹だけでチーン
難波・桃酔でええもん=アコウの酒蒸しと白アマダイを食う
三兎追うも…船中カイワリ2匹を独り占めしたから良しとする
人生6、7、8匹目のオニカサゴ。最大37cmでおみくじは小吉
有終の美を飾る1尾で一之瀬丸感謝デーは3位入賞。桜咲く

著者: へた釣り