低打率で苦しむもタチウオはツ抜け。アジは入れパク46匹!!

低打率で苦しむもタチウオはツ抜け。アジは入れパク46匹!!自信のある釣りは1つもないが、自信がない釣りならいくらでもある。タチウオもその1つ。魚信はそれなりに出せるのだが、とにかく針掛かりさせるのが下手で5回魚信があって1匹取れるかどうかの打率1割台のへっぽこだ。魚信の多さに救われてなんとか10匹。一方のアジは入れパクだった。

低打率で苦しむもタチウオはツ抜け。アジは入れパク46匹!!海堡周りや猿島でタチウオが釣れているなら、ポイントに港が近い金沢八景・一之瀬丸が有利なのではないかと考えての釣行。船長は遠征ウィリー五目と同じなので、アウェイ感はない。船は新造の大型船で、船宿に着いてみると、いつものように艫から埋まっていた。左舷の前から2番目が空いていたので釣り座を決める。左舷は8人。釣り座で横になれるくらいだからオマツリを心配しないで済む程度に横とは間隔があり、タチウオ釣りに付き物の横の人が取り込んだタチウオの歯のせいで高切れを恐れなくてよさそう。船は定刻に桟橋を離れ、「20分ほど走ります」とのアナウンス。
低打率で苦しむもタチウオはツ抜け。アジは入れパク46匹!!低打率で苦しむもタチウオはツ抜け。アジは入れパク46匹!!

■テキパキ誘いで魚信はいっぱい。でも低打率なので…10匹がなんとか

低打率で苦しむもタチウオはツ抜け。アジは入れパク46匹!!ポイントは海堡周辺だった。港からすぐのポイントなので一番乗りかな?なんてことを考えていたが、とんでもない。既にタチウオの大船団ができていた。千葉の船や松輪の船は出船時間が早いのを忘れていた。タナの指示は海面からで「30メートル~20メートル」でスタート。まずはこれで魚信がでればラッキーな50センチ刻みの素早いシャクリ。不発。右隣で舳で釣っている名人がタチウオを釣り上げた。フワフワと少しスローめに誘い上げるという主流派の誘いだ。真似してみるがこの誘い方は苦手。魚信は出せても針掛かりしない。3回連続で空振りしてフワフワ誘いに見切りをつける。30センチ刻みでテキパキとシャクると魚信も出せるし、針掛かりさせやすいことに気付く。釣り開始30分でようやく1匹目。指2.5本サイズ。
低打率で苦しむもタチウオはツ抜け。アジは入れパク46匹!!低打率で苦しむもタチウオはツ抜け。アジは入れパク46匹!!

低打率で苦しむもタチウオはツ抜け。アジは入れパク46匹!!30センチ刻みでテキパキ誘いなら結構な頻度で魚信は出せるが針掛かり率は相変わらずの1割打者。勝手にかかってくれて、竿先を引き込んでくれるタチウオだけは物にできるが、それだけ。コツコツだのプルプルだのノターだのといったコンタクトは何度もあるのに、そのほとんどで空振り。天を仰ぐ。タチウオの活性が高いのか魚信は途切れずに出せ、ポツンポツンとはタチウオを拾っていける。指3本までだが、タチウオが掛かって巻き上げに転じた瞬間にどんな大物が釣れた?ってほどに激しく引くのが面白い。海堡のポイントでは6匹。
低打率で苦しむもタチウオはツ抜け。アジは入れパク46匹!!低打率で苦しむもタチウオはツ抜け。アジは入れパク46匹!!

低打率で苦しむもタチウオはツ抜け。アジは入れパク46匹!!船は少し南下し、観音崎沖のポイントに。攻めるタナは少し深くなって50メートルから40メートル。海堡で魚信を出せた30センチ刻みテキパキがここでも通用した。相変わらずの低打率だが、それでも何かの間違えで釣れてくれるタチウオがいて、4匹追加。半日のタチウオ釣りで目標にしているツ抜けを達成したところで11時30分になりタチウオ釣りは終了。舳の名人が16匹だったので、へた釣りにしては健闘した方だと思う。
低打率で苦しむもタチウオはツ抜け。アジは入れパク46匹!!低打率で苦しむもタチウオはツ抜け。アジは入れパク46匹!!

■コマセいらないんじゃね?な超高活性なアジの群れに癒されまくる

低打率で苦しむもタチウオはツ抜け。アジは入れパク46匹!!八景沖に戻ってアジ釣りにリレーする。水深25メートルくらいで、指示ダナは底から「2メートルから3メートル」だった。ビシが着底したら、糸吹けを取るために3メートル巻き上げる。と、途端に竿先をフルルと震わしたあとでギュンと引き込むアジの魚信。コマセを撒かなくても食ってきた。追い食いまで発生し、いきなりのダブルスタート。このあともコマセを撒く前にタナさえ合わせれば魚信が出る時間帯が続く。3本針にパーフェクトもありで、順調にバケツにアジが貯まっていく。
低打率で苦しむもタチウオはツ抜け。アジは入れパク46匹!!低打率で苦しむもタチウオはツ抜け。アジは入れパク46匹!!

低打率で苦しむもタチウオはツ抜け。アジは入れパク46匹!!1時間くらいコマセなくても釣れるんじゃね?という超高活性な時間が続いた。バケツのアジは少し酸欠状態だったので、クーラーに移しながら数えてみるとちょうど30匹いた。ここから少し失速するが、それでも入れ食いペースで釣れ続け、お刺身サイズも混じる。台風の影響か、風が吹き始めてきたのもあって、14時30分に少し早めの沖上がり。アジは46匹だった。タチウオ10匹とアジ46匹……家庭不和を招かない適量なのではないかと。
低打率で苦しむもタチウオはツ抜け。アジは入れパク46匹!!低打率で苦しむもタチウオはツ抜け。アジは入れパク46匹!!



Twitter

2017年08月06日 19:08

« 明日はタチウオの群れが行方不明じゃありませんように! | メイン | タチウオのエサは魚信を増やすには長く、掛けるには短く »

最近の釣りに行った記事

特餌忘れ凪のはずが時化でメバル釣れずなんだか不本意な…
前半はサバに混じってアジで後半はアジに混じってサバ地獄
稲取沖第1投で城ケ島以西で“アレ”が釣れない呪い解呪成功
シロギスは三歩進んで五歩さがりアナゴは二歩進んだら迷子
辛うじてノーピクではないもののノーガコッでクロムツボウズ
へたが来た日は釣れる!? 尺級2匹込みカイワリ18匹でどやっ
釣れるイメージ全く湧ず。マゴチで2024年初の完全ボウズ
程よくとほろ酔いが苦手な夫婦は人生二度目の仲良く束釣り
A5ランク混じりでアジ28匹+煮付けメバルにクロダイまで
式根島キンメでシールもらってドヤッ顔で写真に納まったよ
上手くシャクれば!! 一荷も! カイワリの醍醐味満喫し自己最多
手乗りキダイに翻弄されてあわやあわやのアマダイボウズ!?
役満かも!?はメダイで…いつも通り白中ドラ(クロムツ)2
ほぼ尺…29.5センチの自己最大メバルでリアランサーに入魂
2024年伊豆初釣りはラスト入れパクしカイワリ20匹でどやっ
時化はあか~ん!! ドッタンバッタン魚信だせずシロギス21匹
走水黄金大アジとはいかなかったが30センチ級混じり28匹
役満かも?な引きはサバのみで。またも白ドラ(クロムツ)3
2024年は幸先よすぎ!! 初釣りでアジ105匹+シロギス20匹
オーラスで役満(アカムツ)あがれず白ドラ(クロムツ)3で
2023年の帳尻合わせ第1戦はカイワリツ抜け達成でどやっ!!
津波注意報の中白間津まで行ってうどん食って帰ってきた
寒さと雨で午前は瀕死…陽がさす午後にアマダイ2匹で帳尻
夫婦そろって束超え…合わせてアジ242匹って粂丸の奇跡?
へたさん来たらやっぱり…でもカイワリ3匹で痛風には十分
入れて入れて休んで入れて…1回旋回半夜クロムツであわわ
ガツ~ンと穂先持っていく夏秋の癒しの釣魚アカハタ初挑戦
ゲスト含め渋かった!! でも満足サイズのアマダイゲット♪
シロムツ本命宣言したら2匹だけ。ほかは痛風に悪そうな…
唯一のこれは!?な魚信は奪食いで…伊豆アカムツまたも撃沈
元気なのはサバとカマスだけで美味しいお刺身はいずこへ?
猛暑日に釣りは本当にあかん…脇腹攣って船上で悶絶したよ
隣でキハダ26キロ+カツオ3.6キロ…でも、僕はノーピク
キャストは少しは様になりシロギス久々に大人になれて24匹
極技 湾フグは2投で入魂するもシロギスはやっぱり苦手だ…
メバル煮付け級1匹だけだがA5級アジ多数+人生初キジハタ
妻と二人がかりでジャスト束!! 全部干物サイズで満足度◎
タコを触れずにキャーキャー言うことすらできなかったのよ
宇佐美の「へたさん来たら釣れない」がまた始まってしまう
人生二度目の新島キンメは…底も魚信も取れず大撃ち~ん
朝からキスで夜はアナゴで下手さ加減を思い知らされた一日
城ヶ島沖クロムツは魚信少なめも釣れれば大満足サイズで♪
久々フォースに気をよくするもオキアミ有利でカイワリ7匹
GW第2戦は待望の凪!! いつもの如く撃沈しマゴチ1匹だけ
強風に苦しみ触手に苛まれ釣り方見失うアジ・キスリレー
予期せぬ大時化にアジツ抜けせずクロダイで帳尻だけ合わす
ちょい時化だけど猿アジはぽつぽつ…後半凪たらし~んと
昼までノーガコッ伝説継続…ヤヴァいかもで一度だけガコッ
気難しいアジに苦戦も46匹。シロギスは釣り方掴めず9匹だけ
驕る下手は久しからず。ノーガコッ伝説が今日始まったよ

著者: へた釣り