カイワリは船中1匹なんだもん…。宇佐美遠征2連続で貧果に

カイワリは船中1匹なんだもん…。宇佐美遠征2連続で貧果釣りに行く前はいつだって釣れる気マンマン。船上の人になるとすぐに現実に直面する。子供たちに「今夜はカイワリパーティーだ」と宣言しての宇佐美プチ遠征、ツ抜けは無理でも片手くらいはと意気込んでいたが、カイワリは船中1匹だけ。その1匹を手にしたのだから良しとすべきかな?

カイワリは船中1匹なんだもん…。宇佐美遠征2連続で貧果2週連続の宇佐美プチ遠征。先週のカイワリ2匹だけが悔しかったのである、サバに邪魔されなければもっと釣れたはず。10匹は無理でも4、5匹は十分に狙えるつもりだった。朝7時半の電車でのんびりと宇佐美へと向かう。宇佐美漁港に11時集合だが、電車の都合で10時前には宇佐美駅に着く。海を眺めながらのんびりと徒歩で漁港へと向かう。3連休の真ん中の日なので海は家族連れの海水浴客がいっぱい。ゆっくり歩いて10時30分に漁港に到着。

■陸ではお遊び五目。沖ではサバ一目にウィリーは「解なし」の難問

カイワリは船中1匹なんだもん…。宇佐美遠征2連続で貧果午前船はアカムツで出船している治久丸はまだ戻ってきていない。船に乗り込むための準備を済ませてもまだ少し時間があったので、カワハギ用の仕掛けにオキアミを小さく丸めて付けて遊んでみる。そんな食べられもしない小魚を釣って楽しいの?と馬鹿にされそうだが、楽しい。まずはハオコゼ。最強の毒魚がいきなり釣れる。お次はスジハゼ(たぶん)。誘って魚信を出すのが面白い。3目めはキヌバリ。これもハゼの仲間だ。11時に治久丸が帰ってきたので、乗船場所に移動してお遊び釣りを継続。4目めはネンブツダイ、5目めはササノハベラ。乗船の合図があったのでお遊び終了。
カイワリは船中1匹なんだもん…。宇佐美遠征2連続で貧果カイワリは船中1匹なんだもん…。宇佐美遠征2連続で貧果
カイワリは船中1匹なんだもん…。宇佐美遠征2連続で貧果カイワリは船中1匹なんだもん…。宇佐美遠征2連続で貧果

カイワリは船中1匹なんだもん…。宇佐美遠征2連続で貧果へた釣りの釣り座は右舷の舳。左舷舳には何度かカイワリ釣りをご一緒したことがある常連さん。右隣は治久丸サイトでカイワリを手にした写真をよく見かける名人さん。浅いポイントはスル―して、初島沖の90メートルで釣り開始。カイワリ釣りの定石通りステイ0の高速シャクリで開始。少しずつシャクる速度をスローにして、魚信が出るシャクリ方を探す。1カ所目は何事もなし。2カ所目のポイントで穂先をギュンと引き込むいい魚信がある。船長もマイクで「カイワリでしょ!!」とアナウンス。すっかりその気になって手巻きで大事に巻いてきたら……海面に現れたシルエットは紡錘形。途中で化けたという感じではなかったので最初からサバだった?

■タカベがウィリーに好反応。なんとかカイワリも1匹ゲットしホッ

カイワリは船中1匹なんだもん…。宇佐美遠征2連続で貧果サバはウィリーに食ってきていた。これをかわすには高速シャクリに限るのだが、高速にするとサバも魚信らないが、他の魚も魚信らない。魚信がないことに焦れてスティ時間を長くとるとサバが釣れるというウィリーでよくある「解なし」の難問。船長もお手上げだったようで、イサキ狙いに転進。6メートルハリスでという指示が出る。タナを合わせてオキアミをこぼしながら待つ、多動性中年が苦手とする釣り。右隣の名人から「タカベがいるからウィリーでやってみれば」と勧められて、6メートル仕掛けからウィリーに戻す。タナで待ってると何も釣れなかったが、シャクればいい頻度で魚信がある。まずはイサキを1匹。続いてタカベが一荷もありで釣れてくる。ウィリーに反応してくれる魚の存在がうれしいので嬉々としてシャクリまくる。船長からは「へた釣りさんはシャクった方が釣れるんだねぇ~」と感心される。
カイワリは船中1匹なんだもん…。宇佐美遠征2連続で貧果カイワリは船中1匹なんだもん…。宇佐美遠征2連続で貧果

カイワリは船中1匹なんだもん…。宇佐美遠征2連続で貧果タカベは高活性だが、肝心のイサキは船中数匹だけと低調だったので、再びカイワリ狙いに転ずる。どういう加減なのかサバはいなくなった。さっきまではサバしか魚信がなかったのに、そのサバもいなくなると……何にもなしである。それでもシャクルのを休んではいけないのがウィリーである。粘り強い者が勝つ…とは限らないがそう信じたい。15時少しすぎにシャクった直後にキュンと穂先を持っていく魚信。最初のサバと魚信の出方が似ていたので騒がずにこっそりと巻きはじめる。海面下に現れたシルエットは銀色に輝く菱形。そこまで確認してから「カイワリ!!」と叫ぶ。名人がタモ入れしてくれた。船中、この日最初にして最後のカイワリだった。その後、釣況がよくなることはなく、最後のポイントは宇佐美漁港すぐ近くの水深25メートルの浅場のポイント。ここでアジ(今日はマルアジではなくマアジだった)を釣ってお土産確保。今日も宇佐美の海はへた釣りに冷たかった。
カイワリは船中1匹なんだもん…。宇佐美遠征2連続で貧果カイワリは船中1匹なんだもん…。宇佐美遠征2連続で貧果



Twitter

2017年07月16日 23:03

« 不凍処理済みなら…へたさんのオキアミハード加工に挑戦 | メイン | アオゾイ五目とカレイの道具を引っ張り出し北海道の荷造り »

最近の釣りに行った記事

5年連続イサキ束超え失敗。良型混じると数を伸ばせない
純ちゃんのすじ塩は恵比寿でNo.1の煮込みかも知れない!!
難波・豪快立ち寿司でウニとイクラこぼれ盛り痛風一直線♪
恵比寿・肉天国で炙りユッケ、痛風味玉、牛トロ天を堪能す
一之瀬丸一の凄腕カツオ一本釣り師になってげんなりする
北海道のそばは最高!! 中標津・伊とうで藪・更科食べ比べ
姪2号にオショロコマを釣らせるミッション今年も無事クリア!!
釧路・繁栄丸アオゾイ耐久。7匹だけど今年も釣れたよ
北海道の師匠杯で子供はアオゾイゲット。へたはお世話係
台風令和初上陸の翌日剣崎イサキ束釣れるかなチャレンジ
難波居酒屋のお刺身は安くて美味いの代表、嬉々わらまさ
難波で昼飲みならなんばグランド花月1階、酒処さつき最強
宇佐美の魚やる気なし。カイワリ、チダイ、ホウボウ1匹ずつ
売り切れが多いがおっぱい串がとにかく絶品なおみっちゃん
竿先グングンッ…でもバレる。気難しいアジに翻弄されたよ
土用の丑に鰻なる野暮は避け恵比寿・う福でお先に鰻三昧
小サメの駆除に協力したら梅雨アナゴとタチウオもらえたよ
俺が行っても終わらずどころかカイワリ18匹で最多記録更新
6月のええもん1=新川にしやで伝助アナゴ、白子、キアラ刺
6月のええもん2=ShunのA5牛しゃぶローススープ茶漬け♪
プチ時化お立ち台で体幹トレーニングしつつイサキを26匹♪
1日剣崎で釣れてイサキ13匹、最大28.5cmでなんとかなった
コマセ振る意味ないレベルの速潮にカイワリ1匹だけと撃沈
5月のええもん=哲剣で活アコウ刺しに感動+カマ焼きも◎
好漁続きでどうした、俺。六目41匹でクーラー八分と大満足
G:激旨W:ウィークの仕上げは東京湾口アカムツでにんまり
令和の初釣りは雨の中シャクリ続けてカイワリ7匹でドヤッ!!
アラフォー食べ頃アマダイに癒されGWのGは撃沈じゃない
4月のええもん=正宗屋のカステラ&魚屋ひでぞう刺し盛り
妄想は妄想のまま。シマアジは釣れずメジナとイサキのみ
タナ取りスピード勝負に妻苦戦で14匹。30匹クリアが遠いよ
夢ではなかった…「カイワリ船中0じゃなきゃ」が瓦解した日
鏡面のように穏やかな海で釣りをしている白日夢を見たよ
明石焼き、いかなご釘煮、蛸ぺったん、穴子串を魚の棚で
明石・人丸花壇で鯛・蛸・穴子の海峡名物3点セットを満喫♪
続・深場伝説アラの章始まらず。お土産カイワリ4匹で十分♪
不幸だねぇ氷雨降る時化海で本命ボウズなんて闇堕ちする
肩コリ完治!! すげぇな、東京湾。もしかしてサバのおかげ?
2月のええもんは難波・天秤棒でおこぜ含むお刺身三昧!
三途の川みたいな海でイシダイ撃沈。アミ五目でカンパチ!!
ブラックドラゴン相手に筋トレ。クロムツは3匹だけでチーン
難波・桃酔でええもん=アコウの酒蒸しと白アマダイを食う
三兎追うも…船中カイワリ2匹を独り占めしたから良しとする
人生6、7、8匹目のオニカサゴ。最大37cmでおみくじは小吉
有終の美を飾る1尾で一之瀬丸感謝デーは3位入賞。桜咲く
血塗られた久里浜沖でマ・イシ・クロとそろえダイ三元達成♪
お持ち帰りはアラサー1尾のみ。せめてミドサー欲しかった
クロダイ、アジ、〆サバ三種盛り。妻1号は船酔いでノーカン
悪運はTKBで尽きた。かみやカワハギ大会はいいとこなし
平和島は宇宙より遠い。でもTKB初の船別1位を獲得したよ

著者: へた釣り