カイワリは船中1匹なんだもん…。宇佐美遠征2連続で貧果に

カイワリは船中1匹なんだもん…。宇佐美遠征2連続で貧果釣りに行く前はいつだって釣れる気マンマン。船上の人になるとすぐに現実に直面する。子供たちに「今夜はカイワリパーティーだ」と宣言しての宇佐美プチ遠征、ツ抜けは無理でも片手くらいはと意気込んでいたが、カイワリは船中1匹だけ。その1匹を手にしたのだから良しとすべきかな?

カイワリは船中1匹なんだもん…。宇佐美遠征2連続で貧果2週連続の宇佐美プチ遠征。先週のカイワリ2匹だけが悔しかったのである、サバに邪魔されなければもっと釣れたはず。10匹は無理でも4、5匹は十分に狙えるつもりだった。朝7時半の電車でのんびりと宇佐美へと向かう。宇佐美漁港に11時集合だが、電車の都合で10時前には宇佐美駅に着く。海を眺めながらのんびりと徒歩で漁港へと向かう。3連休の真ん中の日なので海は家族連れの海水浴客がいっぱい。ゆっくり歩いて10時30分に漁港に到着。

■陸ではお遊び五目。沖ではサバ一目にウィリーは「解なし」の難問

カイワリは船中1匹なんだもん…。宇佐美遠征2連続で貧果午前船はアカムツで出船している治久丸はまだ戻ってきていない。船に乗り込むための準備を済ませてもまだ少し時間があったので、カワハギ用の仕掛けにオキアミを小さく丸めて付けて遊んでみる。そんな食べられもしない小魚を釣って楽しいの?と馬鹿にされそうだが、楽しい。まずはハオコゼ。最強の毒魚がいきなり釣れる。お次はスジハゼ(たぶん)。誘って魚信を出すのが面白い。3目めはキヌバリ。これもハゼの仲間だ。11時に治久丸が帰ってきたので、乗船場所に移動してお遊び釣りを継続。4目めはネンブツダイ、5目めはササノハベラ。乗船の合図があったのでお遊び終了。
カイワリは船中1匹なんだもん…。宇佐美遠征2連続で貧果カイワリは船中1匹なんだもん…。宇佐美遠征2連続で貧果
カイワリは船中1匹なんだもん…。宇佐美遠征2連続で貧果カイワリは船中1匹なんだもん…。宇佐美遠征2連続で貧果

カイワリは船中1匹なんだもん…。宇佐美遠征2連続で貧果へた釣りの釣り座は右舷の舳。左舷舳には何度かカイワリ釣りをご一緒したことがある常連さん。右隣は治久丸サイトでカイワリを手にした写真をよく見かける名人さん。浅いポイントはスル―して、初島沖の90メートルで釣り開始。カイワリ釣りの定石通りステイ0の高速シャクリで開始。少しずつシャクる速度をスローにして、魚信が出るシャクリ方を探す。1カ所目は何事もなし。2カ所目のポイントで穂先をギュンと引き込むいい魚信がある。船長もマイクで「カイワリでしょ!!」とアナウンス。すっかりその気になって手巻きで大事に巻いてきたら……海面に現れたシルエットは紡錘形。途中で化けたという感じではなかったので最初からサバだった?

■タカベがウィリーに好反応。なんとかカイワリも1匹ゲットしホッ

カイワリは船中1匹なんだもん…。宇佐美遠征2連続で貧果サバはウィリーに食ってきていた。これをかわすには高速シャクリに限るのだが、高速にするとサバも魚信らないが、他の魚も魚信らない。魚信がないことに焦れてスティ時間を長くとるとサバが釣れるというウィリーでよくある「解なし」の難問。船長もお手上げだったようで、イサキ狙いに転進。6メートルハリスでという指示が出る。タナを合わせてオキアミをこぼしながら待つ、多動性中年が苦手とする釣り。右隣の名人から「タカベがいるからウィリーでやってみれば」と勧められて、6メートル仕掛けからウィリーに戻す。タナで待ってると何も釣れなかったが、シャクればいい頻度で魚信がある。まずはイサキを1匹。続いてタカベが一荷もありで釣れてくる。ウィリーに反応してくれる魚の存在がうれしいので嬉々としてシャクリまくる。船長からは「へた釣りさんはシャクった方が釣れるんだねぇ~」と感心される。
カイワリは船中1匹なんだもん…。宇佐美遠征2連続で貧果カイワリは船中1匹なんだもん…。宇佐美遠征2連続で貧果

カイワリは船中1匹なんだもん…。宇佐美遠征2連続で貧果タカベは高活性だが、肝心のイサキは船中数匹だけと低調だったので、再びカイワリ狙いに転ずる。どういう加減なのかサバはいなくなった。さっきまではサバしか魚信がなかったのに、そのサバもいなくなると……何にもなしである。それでもシャクルのを休んではいけないのがウィリーである。粘り強い者が勝つ…とは限らないがそう信じたい。15時少しすぎにシャクった直後にキュンと穂先を持っていく魚信。最初のサバと魚信の出方が似ていたので騒がずにこっそりと巻きはじめる。海面下に現れたシルエットは銀色に輝く菱形。そこまで確認してから「カイワリ!!」と叫ぶ。名人がタモ入れしてくれた。船中、この日最初にして最後のカイワリだった。その後、釣況がよくなることはなく、最後のポイントは宇佐美漁港すぐ近くの水深25メートルの浅場のポイント。ここでアジ(今日はマルアジではなくマアジだった)を釣ってお土産確保。今日も宇佐美の海はへた釣りに冷たかった。
カイワリは船中1匹なんだもん…。宇佐美遠征2連続で貧果カイワリは船中1匹なんだもん…。宇佐美遠征2連続で貧果



Twitter

2017年07月16日 23:03

« 不凍処理済みなら…へたさんのオキアミハード加工に挑戦 | メイン | アオゾイ五目とカレイの道具を引っ張り出し北海道の荷造り »

最近の釣りに行った記事

へた釣り亭は1品300円均一安居酒屋。刺し盛りはアジのみ
“待て”を覚えた女、妻1号はアジ23匹。へた釣りはアカ~ン
ガス欠1DAYバトル? 久しぶりのかみやは楽しかったよ!
優しくないのよ東京湾の釣りの神様はっ!! 妻1号はアジ4匹
タチウオ釣りはあ行しか喋れない? 色々あるとなおさらだ
魚種豊富で魚影濃い宇佐美でカイワリ込みウィリー十五目
平成最後のイサキ釣りは最後の最後だけちょい盛り上がり
束楽勝からのソウダ禍で大失速。平成最後?のイサキ釣り
いつになったら一之瀬丸マゴチ童貞卒業できるの(遠い目)
型狙い作戦がハマり尺足らず3匹釣るも45匹までと振るわず
鱈・柳・柳・柳・柳・柳・青など五目一荷多数で超たっのしー
北海道の師匠が釣った魚が食べられる店、釧路・巽で舌鼓
ひどいウネリに船酔いしながら3年ぶりのアオゾイ3匹ゲット!!
雨で流れが速すぎて姪2号がなんとかオショロコマを1匹
標津カレイ北海道の師匠杯は台風で飛んできた女が3位に
ご当地流には理由がある。無視するとウグイの呪いが発動
釣れないから呑む。釧路の日米でとり天と東北の美酒に酔う
明石家さんまばかりでシシャモは釣れず。明日は出船中止
数釣りシーズン開幕したよ。 179匹で7月の最多記録更新!!
イサキってどうやったら釣れるんだっけ? 本気で忘れたぞ
性悪タチウオ&やる気なしアジとの痺れる戦いの行方は…
八景沖のアジ行方知れず? ウネリで掛からんし撃チ~ン
曇天なのに渋かったぁ!! あさなぎ丸デビュー戦は18匹まで
かみやメバル大会で型も数も船中3位なら頑張った方だよね
前半ウィリーに塩対応。後半たっのしー♪でカイワリは14匹
船中0じゃどうしようもないよねと自分を慰めるアカムツ4戦目
2018年の剣崎イサキチョロくない。開幕戦はなんとかツ抜け
GWは釣りしない週間にしよかな。アジツ抜けせずに頓死す
木更津沖で「へたクソぉ!!」と自分を罵り続けた夜アナゴ釣行
GWのゲートが開いて即落馬!? 宇佐美に行ってクーラー空
予報以上に風ビュービューの中、超お立ち台で午前LTアジ
序盤魚信少なくジリジリするも3年ぶり3本目の本塁打マゴチ
潮流も竿先も俺の心もキュンキュンしなかったウィリー五目
魚信少なめもヒット3本。昨年のマゴチの釣果を1日で超えた
始まったよ、シロムツしか釣れない伝説がっ!! 今季お終い
5本針にキンメ・キンメ・キンメ・シロムツ・メダイしたものの…
いきなりの尺たらず熟メバルに今季はイケる!と思ったが…
クロムツ3匹でまずまずも難敵のチビクロ、サバに大苦戦す
今年も始まったよぉ~……釣れない方の“深場伝説”がっ!!!
次にオニカサゴ釣れるのは4年後かも…サドンデスで散る!!
アジにまさかの完全試合?からの後半ポツポツでなんとか
4年ぶり通算4匹目と5匹目のオニカサゴで2017初釣りは吉!!
釣り納め2017はカイワリ17匹で自己最多更新。ハマチも8匹
東京湾の釣り納めは紅(アマ)白(タチ)そろえてまずは重畳
ツイテないのか実力不足か。一之瀬丸感謝デーで撃ち~ん
時化の上に激渋カワハギだったがピカイチくんに救われる
入学初日に退学しよかなと頭をよぎった2017アマダイ初戦
平和島は果てしなく…。TKB6回目で初めて船中個人表彰♪
ダイ三元狙いも…中(マダイ)のみ。この釣り向いてないね
プチ時化へのアジャストで大迷走したかみやカワハギ大会

著者: へた釣り