まぐれは続くよ…ウィリー五目大会でなんとなんとの優勝だ

まぐれは続くよ…ウィリー五目大会でなんとなんとの優勝だ大会でまぐれ勝ちする運は昨年で使い果たしたつもりだったが、まだ少しだけ残っていたみたい。羽田・かみやウィリー五目プチ大会でなんとなんとの優勝だ。激渋といってよい洲の崎沖で、いかに魚に口を使わせるかを考えて辛抱強くシャクリ続けたへた釣りに勝利の女神が微笑んだ。

まぐれは続くよ…ウィリー五目大会でなんとなんとの優勝だいつものように蒲田駅からの送迎を利用してかみやへ。今年のかみやの大会はすべて釣り座は抽選なので、のんびり釣行にならざるを得ない電車組にはうれしい。参加者16名の一番最後に受付をすると、女将さんが「はい、これ」と小さなタッパーに入った勇者様のオキアミを手渡してくれる。餌を作ってくださった勇者様と届けてくださったK重名人に感謝である。桟橋での釣り座の抽選も一番最後に。右舷の真ん中あたりか左舷の前から2番目が空いていた。左舷の前の方が当然釣りやすいので祈るような思いでクジを引くと臨んだ通りの番号。今日はなんだかツイテるかもと少し気分をよくする。
まぐれは続くよ…ウィリー五目大会でなんとなんとの優勝だまぐれは続くよ…ウィリー五目大会でなんとなんとの優勝だ

■アマダイの2時間は魚信なし。ウィリーでも…オキアミでしか釣れない

まぐれは続くよ…ウィリー五目大会でなんとなんとの優勝だ船は定刻に桟橋を離れる。ウィリーからではなく潮が速い朝のうちにアマダイを狙うとアナウンスがあり、富浦沖に。この時期にアマダイを狙ったことがないので、どういう状況なのか分からないので、いつものように底をトントンと数回小突いて、ビュンとエビが海底で跳ねているような誘いを入れてみるが全く生体反応なし。フワリフワリとタナを探るように上下させてみたり、あまり動かさないようにしてみたりと試行錯誤したが、ほぼ2時間何も起きずに終了。船中、アマダイが4匹上がった。アマダイには嫌われたままだなってことが再確認できた。

まぐれは続くよ…ウィリー五目大会でなんとなんとの優勝だ11時少し前から洲の崎沖でのウィリー五目に切り替わる。水深70メートルくらいのポイントで釣りスタート。指示ダナは「底4メートルから10メートルまで」だった。まずは様子見に50センチ刻みのステイ1秒で始める。タナを一度探り、落とし直してもう一度シャクリ始めるとすぐに穂先をクンッと引き込む小気味よい魚信。オキメバルだ。追い食いを狙ってしばらく粘るも追い食いは発生せず、単発で巻き上げることに。嫌な予感の通り、オキメバルはオキアミに食ってきていた。ウィリーには反応してない可能性があるのでちょっぴり暗雲。

■イサキ&オキメバルはポツポツ。キントキゲットでなんとか格好がつく

まぐれは続くよ…ウィリー五目大会でなんとなんとの優勝だオキアミにしか食ってこないので単発で地味に釣っていくという展開。オキメバルとイサキが混じる。ポイントによってはオキメバル主体だったり、イサキ主体だったり、流しているうちに魚が入れ替わったり。どっちの魚が釣れるかを魚信から察知してシャクリ方を変える。オキメバルの方がステイを少し長めにとる。いい群れにあたるとオキメバルやイサキの一荷が発生することもあった。依然地味な食い方ではあるが我慢強くバケツに魚を貯めていく。13時の時点でクーラー1/4ペースって感じ。
まぐれは続くよ…ウィリー五目大会でなんとなんとの優勝だまぐれは続くよ…ウィリー五目大会でなんとなんとの優勝だ

まぐれは続くよ…ウィリー五目大会でなんとなんとの優勝だ13時ちょうどに穂先をグゥゥウウウと抑え込むような魚信。ゆっくり竿を持ち上げて仕掛けを張ると重量感のある引きに変わる。この魚信の出方はチカメキントキだ。少し慎重にやり取りして無事ゲット。レア魚欠乏症から脱却できて釣りの満足感が一気に増す。チカメキントキはその後もう1匹追加して2匹に。14時少し前に沖上がりとなる。イサキが9匹、オキメバルが10匹だった。かみやの大会ルールではチカメキントキは4点×2、イサキは3点×9、オキメバルが2点×10で合計55点。悪いなりになんとかまとめた。
まぐれは続くよ…ウィリー五目大会でなんとなんとの優勝だまぐれは続くよ…ウィリー五目大会でなんとなんとの優勝だ

まぐれは続くよ…ウィリー五目大会でなんとなんとの優勝だ
周りはもっと釣れてなかったので、表彰台には乗れるかなぁと思っていたら、いきなり「1位、へた釣りさん!!」と呼ばれる。アルファタックルの「TZ FORMULA ライトゲーム200ML」という竿をいただいた。トルザイトのガイドが使われている竿を持ってないし、買う予定もなかったので、ちょっとうれしい。竿を抱えて満面の笑みをうかべて写真に収まってきた。ドヤ顔でないのは、釣果的にはイマイチだから。
まぐれは続くよ…ウィリー五目大会でなんとなんとの優勝だまぐれは続くよ…ウィリー五目大会でなんとなんとの優勝だ

ウィリーこいこいで本日の釣りの満足度を指標化


タネ
イサキ×9キントキ×2
短冊
オキメバル×10
タネ7文+短冊1文+レア魚ボーナス2文=10文



Twitter

2017年04月23日 20:04

« 勇者様のオキアミ着弾!? 明日はウィリー五目釣りプチ大会 | メイン | 下手のやることに言いたいことはあるだろうけど大会中は… »

最近の釣りに行った記事

極鋭CGオニカサゴで入魂完了。腕ではなく竿を褒められる
自称・老先短い母にええもん食わせに上かん屋 久佐久へ
初の外房にて45cm&30cmのアカムツ両手にドヤっドヤっ顔
満足サイズも2匹。深場五目初戦はクロムツ6匹でえっへん
難波最強の立ち飲み屋発見! あたりや食堂でニセンベロ!!
あわや2釣行連続でクーラー空! オニカサゴみくじは小吉
年越しそば2019は難波・源氏で。関西流に辛味大根が美味
令和元年の釣り納めで今年初のをやらかしてしょぼ~ん!
イナダだらけでイシダイどこ~? シマ消え込みで3匹ゲット
久里浜沖7時間耐久マダイ魚信なし地獄にもがき苦しんだ
カイワリは安定の14匹。カンパチはソレダメをやらかしたよ
序盤にクロダイ×2、そのうちマダイも釣れると思ったのに…
雑然とした路地の老舗寿司屋あばらやで大人のドキドキを
カイワリと変わらないサイズだけど初の白間津・シマアジだ
カイワリツ抜けは楽勝と油断したら後半デカアジに翻弄され
ドラグ滑って面白すぎ!! イナダ(ハマチ)10匹で大大大満足
タチウオは指5本×2で満足。アマダイはポニョのみで罪悪感
台風一過の午前アジは土砂降り、強風、ゴミだらけだったが
餃子激戦区の恵比寿に祇園歩兵3号店。優しいお味に納得
35up乱舞。アジしか釣れずしょんぼり、妻は人生最大に興奮
伊豆はカワハギ天国のはずだったのに後半失速でもツ抜け
久々の治久丸午前でカイワリ9匹。えべっさんも人生初の!!
炙り+好みの味ですし焼き。コスパも抜群な難波・ときすし
母78歳の誕生日をメープル猪名川で祝う。秋の味覚楽しむ
ゲストはサバだけ…八景沖でアジ入れ食いの午後アミ五目
浅場タチウオ攻略失敗。でも50mなら労せずとも掛かるかも
路線図読めないおっさんはタチウオ掛け方分からんのです
刺し盛りは関西は活かり、関東は旨みと恵比寿 魚一商店で
撃沈ではないが下手さ加減認識したタチアジ。でもタコ3杯♪
5年連続イサキ束超え失敗。良型混じると数を伸ばせない
純ちゃんのすじ塩は恵比寿でNo.1の煮込みかも知れない!!
難波・豪快立ち寿司でウニとイクラこぼれ盛り痛風一直線♪
恵比寿・肉天国で炙りユッケ、痛風味玉、牛トロ天を堪能す
一之瀬丸一の凄腕カツオ一本釣り師になってげんなりする
北海道のそばは最高!! 中標津・伊とうで藪・更科食べ比べ
姪2号にオショロコマを釣らせるミッション今年も無事クリア!!
釧路・繁栄丸アオゾイ耐久。7匹だけど今年も釣れたよ
北海道の師匠杯で子供はアオゾイゲット。へたはお世話係
台風令和初上陸の翌日剣崎イサキ束釣れるかなチャレンジ
難波居酒屋のお刺身は安くて美味いの代表、嬉々わらまさ
難波で昼飲みならなんばグランド花月1階、酒処さつき最強
宇佐美の魚やる気なし。カイワリ、チダイ、ホウボウ1匹ずつ
売り切れが多いがおっぱい串がとにかく絶品なおみっちゃん
竿先グングンッ…でもバレる。気難しいアジに翻弄されたよ
土用の丑に鰻なる野暮は避け恵比寿・う福でお先に鰻三昧
小サメの駆除に協力したら梅雨アナゴとタチウオもらえたよ
俺が行っても終わらずどころかカイワリ18匹で最多記録更新
6月のええもん1=新川にしやで伝助アナゴ、白子、キアラ刺
6月のええもん2=ShunのA5牛しゃぶローススープ茶漬け♪
プチ時化お立ち台で体幹トレーニングしつつイサキを26匹♪

著者: へた釣り