ウィリーが相手にされない塩対応。頑張ってクーラー半分!!

ウィリーが相手にされない塩対応。頑張ってクーラー半分!!洲の崎沖や沖の瀬でのウィリー五目はいろんな魚が釣れるし、クーラーいっぱいの釣果を見込めるしで、この時期の東京湾で随一の癒しの釣り物なのだが、魚だっていつもいつもご機嫌というわけにはいかず塩対応な日も。本日がまさにそのパターン。ウィリーに全く反応してくれず撃沈。

ウィリーが相手にされない塩対応。頑張ってクーラー半分!!金沢八景・一之瀬丸のLT遠征ウィリー五目がレギュラー出船になった日に釣行。しかも三連休の初日なので混むかなぁ~と危惧していたが、思った以上の混み具合。船宿に6時40分くらいに到着し席札のボードを見ると、残っているのは左舷の二段高くなったスーパー舳シートか、右舷の胴のみ。迷わず、左舷のスーパー舳の席札を取る。船に乗り込んでみると、片舷11人ずつの22人。新造船で大きな船なので、釣りにはなりそうだが、多少のオマツリは覚悟しないとという感じだった。スーパー舳にまでちゃんとシートがあったのがうれしかった。
ウィリーが相手にされない塩対応。頑張ってクーラー半分!!ウィリーが相手にされない塩対応。頑張ってクーラー半分!!

■あの手この手でシャクってみたがウィリーに魚が全く触れてこない

ウィリーが相手にされない塩対応。頑張ってクーラー半分!!船は1時間半ほど走って、洲の崎沖の沖寄りのポイントで減速する。船長からの指示は「上から85メートルで止めて80メートルまで探って」だった。シャクれる幅が5メートルしかないのであまりよくないパターン。いつものようにカイワリ狙いの50センチ刻みのスティ0で釣り始めるが、ウィリーに魚が触れてくる気配なし。一度仕掛けを回収し、コマセの出具合を確認すると問題なし。あまり活性がよくなさそうなので、スティ時間を1秒、2秒と長くしていくと釣り始めて20分してようやく魚信が出る。最初だけ勢いよく引き込んで針掛かりさせるとおとなしいのはオキメバルだ。ウィリーにではなくオキアミに食ってきて、追い食いなしだった。

ウィリーが相手にされない塩対応。頑張ってクーラー半分!!オキアミには食ってくるがウィリーには見向きもしてないという一番嫌なパターンである。スティ時間を長くしたり、短くしたり。シャクる幅を30センチ刻みに落としてネチネチと攻めてみたり、逆に1メートル大きく誘ってみたりといろんなパターンを試すが、どれも結果を出せない。船中キントキが上がったというアナウンスがあった直後に、この日2度目の魚信があって、重量感のある引き。キントキだった。レア魚欠乏症は回避したが、オカワリはなし。代わりにイサキが小気味よく竿を引き込んでくれるようになる。そのイサキですらウィリーへの反応が悪く、1匹だけ掛けて巻き上げるとオキアミに食ってきている。トリプル1度、ダブルが2度あったがいずれもオキアミ含むだった。
ウィリーが相手にされない塩対応。頑張ってクーラー半分!!ウィリーが相手にされない塩対応。頑張ってクーラー半分!!

■沖の瀬にも裏切られる。最後の一投だけ5本針でパーフェクト

ウィリーが相手にされない塩対応。頑張ってクーラー半分!!11時過ぎに沖の瀬に移動するとのアナウンスがある。沖の瀬になら、ウィリーに反応してくれる魚がいるかもと期待したのだが……あまり状況は変わらなかった。アカイサキで味噌漬けをキープし、オキメバルがポツポツ。水深100メートル近いのに、オキアミにだけ食ってくるので1匹ずつ釣り上げることになる。数が伸ばせない。オキアミの3本針ならと考えないでもなかったが、それで釣っても面白くないので我慢。13時を回ったあたりからヒメダイが釣れ出して、キープ魚の五目をようやく達成した。リリースしたのはシキシマハナダイとサクラダイ、ヒメ。
ウィリーが相手にされない塩対応。頑張ってクーラー半分!!ウィリーが相手にされない塩対応。頑張ってクーラー半分!!

ウィリーが相手にされない塩対応。頑張ってクーラー半分!!沖上がりの時間が近づいてくる。「あと10分で上がっていく」とアナウンスされた直後に、この日初のバリバリと追い食いをしている手応え。5本針に上からオキメバル、オキメバル、スズメダイ、オキメバル、ヒメダイで1匹お邪魔な魚がいるが、針数パーフェクトを達成。最後の最後にウィリーらしい釣りができた。これって「また来てくれるよね」と魚から営業かけられた? キントキが1匹、アカイサキが1匹、ヒメダイが4匹、イサキが10匹、オキメバルが13匹で合計29匹。クーラー五分って感じだった。
ウィリーが相手にされない塩対応。頑張ってクーラー半分!!ウィリーが相手にされない塩対応。頑張ってクーラー半分!!

ウィリーこいこいで本日の釣りの満足度を指標化


タネ
イサキ×10キントキ×1ヒメダイ×4
短冊
アカイサキ×1 オキメバル×13
タネ8文+短冊5文+レア魚ボーナス3文=16文



Twitter

2017年03月18日 19:50

« 気になってた「○秘奇跡の海老」ゲット。カイワリ釣れるかな | メイン | ウィリー五目でカイワリ釣れないのはタナの取り方のせい? »

最近の釣りに行った記事

かみやメバル大会で型も数も船中3位なら頑張った方だよね
前半ウィリーに塩対応。後半たっのしー♪でカイワリは14匹
船中0じゃどうしようもないよねと自分を慰めるアカムツ4戦目
2018年の剣崎イサキチョロくない。開幕戦はなんとかツ抜け
GWは釣りしない週間にしよかな。アジツ抜けせずに頓死す
木更津沖で「へたクソぉ!!」と自分を罵り続けた夜アナゴ釣行
GWのゲートが開いて即落馬!? 宇佐美に行ってクーラー空
予報以上に風ビュービューの中、超お立ち台で午前LTアジ
序盤魚信少なくジリジリするも3年ぶり3本目の本塁打マゴチ
潮流も竿先も俺の心もキュンキュンしなかったウィリー五目
魚信少なめもヒット3本。昨年のマゴチの釣果を1日で超えた
始まったよ、シロムツしか釣れない伝説がっ!! 今季お終い
5本針にキンメ・キンメ・キンメ・シロムツ・メダイしたものの…
いきなりの尺たらず熟メバルに今季はイケる!と思ったが…
クロムツ3匹でまずまずも難敵のチビクロ、サバに大苦戦す
今年も始まったよぉ~……釣れない方の“深場伝説”がっ!!!
次にオニカサゴ釣れるのは4年後かも…サドンデスで散る!!
アジにまさかの完全試合?からの後半ポツポツでなんとか
4年ぶり通算4匹目と5匹目のオニカサゴで2017初釣りは吉!!
釣り納め2017はカイワリ17匹で自己最多更新。ハマチも8匹
東京湾の釣り納めは紅(アマ)白(タチ)そろえてまずは重畳
ツイテないのか実力不足か。一之瀬丸感謝デーで撃ち~ん
時化の上に激渋カワハギだったがピカイチくんに救われる
入学初日に退学しよかなと頭をよぎった2017アマダイ初戦
平和島は果てしなく…。TKB6回目で初めて船中個人表彰♪
ダイ三元狙いも…中(マダイ)のみ。この釣り向いてないね
プチ時化へのアジャストで大迷走したかみやカワハギ大会
江戸前カワハギおかわりは船別で型数1位も3万円に届かず
台風前の強行午前アミ五目はマダイで入魂、イナダで痛恨
台風の中継かって時化海でたっのしーいカワハギ釣り大会
高切れ、竿折れ、コマセをかぶって…精も根も尽き果てたよ
ちいさいアジ、ちいさいアジ、ちいさいアジだけ釣…~れた♪
あと5g分の底力が足りず上州屋カワハギ大会はお土産なし
ウィリーたっのしーカイワリ5匹。カンパチきっびしー1匹だけ
1匹だけはという夢はかなえたもののマゴチに苦手意識は…
どっちつかずで狙いを絞れずアジのみで終わったアミ五目
時化後の××で八景沖アジがちょろいヤツに。半日で117匹♪
型(25up×7匹)よし、数(122匹)よしで2017イサキは最高だ♪
1匹1匹丁寧に真心込めて巻き上げたイサキは…88匹止まり
船上でムキー!!ってなったら負け。タチウオ迷宮に迷いこむ
低打率で苦しむもタチウオはツ抜け。アジは入れパク46匹!!
入れパク追い食いバリバリ。イサキ162匹に笑いが止まらん
アオゾイを釣らせてやろうと海攻頑張る。でも釣れなかった
2年ぶりの釧路の沖を満喫。ただしアオゾイ明日にオアズケ
なんちゃって渓流釣りでオショロコマと子供に遊んでもらう
釣りができる喜びに小突きまくった標津沖カレイは44cmまで
予想通りの出船中止。元祖ザンタレを食いに南蛮酊を目指す
カイワリは船中1匹なんだもん…。宇佐美遠征2連続で貧果に
サバに負けた。カイワリ2匹だけでしょんぼりな宇佐美遠征
ウィリーを信じる心を失った!! イサキの今季ワーストを更新

著者: へた釣り