イサキ戦線異状あり!? なんか変だぞ、今年の剣崎沖は…

イサキ戦線異状あり!? なんか変だぞ、今年の剣崎沖は…解禁初日、剣崎沖でイサキを狙ってきたのだが……さっぱりであった。イサキいるの?と疑いたくなるほどに魚信がなかった。代わりにソウダガツオがこの時期からバンバン釣れる。ウマヅラハギとアジのおかげでクーラーは悪いなりにも埋まったが、ウォリーならぬイサキを探せ!な感じに。

イサキ戦線異状あり!? なんか変だぞ、今年の剣崎沖は…6月1日の剣崎沖のイサキ解禁日が土日に重なるのは幸運なんだか不運なんだか…。始発に乗って金沢八景・一之瀬丸に到着してみると、イサキの席札が1つしか残ってない。左舷の胴の間。船に着いてみると、片舷10人ずつ。へた釣りは最後に乗船したので、「すいませ~ん」と謝りながら、左右の人に少しずつ詰めてもらってなんとか釣り座を確保できたって状態。3メートルの吹き流し仕掛けを使うので、オマツリが激しそうと覚悟する。左隣の人を見ると電動リールに太目のPE。右隣を見ると、ラインは細そうだけどこれまた電動リール。この船、LTイサキだよね?

■リールを軽量化してシャクリまくってみたもののイサキとの出会いは…

イサキ戦線異状あり!? なんか変だぞ、今年の剣崎沖は…実は、へた釣りは昨シーズンよりもさらにLT化してイサキ開幕に臨んだ。ラインの目印でタナを取ることに慣れたので、カウンター付きのSC小船800XH(PE2号)からAIRD(PE1号)にリールを変えた。重量180グラム減。竿は海明30-210で自重115グラム。1日シャクリまくっても疲れないタックルになった。竿とリールの色が一緒なのでこの組み合わせがちょっぴりお気に入り。置き竿にするつもりはないのでロッドホルダーなし。さらには取り込み時のオマツリを減らすために竿受けも使わずに竿は素早く船内に入れてしまうという方針。周りの人との装備の差に、大丈夫かなぁ~という不安を覚えつつ、剣崎沖まで約50分の航程。
イサキ戦線異状あり!? なんか変だぞ、今年の剣崎沖は…イサキ戦線異状あり!? なんか変だぞ、今年の剣崎沖は…

イサキ戦線異状あり!? なんか変だぞ、今年の剣崎沖は…イサキ船団が見える。船団はややバラけ気味。経験則ではこういう日はあまりよくないことが多い。船は船団の周辺をうろうろしつつ群れを探す。なかなか止まれない。近くに寄った船の様子を眺めて見ても、あまり釣れている雰囲気でない。ようやく船が止まって、8時30分に釣り開始。定石通り、大三元ウィリー(上からピンク、白、緑)を投入し、イサキ用の50センチ刻みで待ち時間3秒モードでウィリーシャクリに勤しんだのだが……何もない。イサキどころかゲストの魚信もなしで時間が過ぎていく。
イサキ戦線異状あり!? なんか変だぞ、今年の剣崎沖は…イサキ戦線異状あり!? なんか変だぞ、今年の剣崎沖は…

■6月になったばかりなのに…ソウダ祭りでオマツリ多発で釣りにくい

イサキ戦線異状あり!? なんか変だぞ、今年の剣崎沖は…船長も船中何もなし状態にしびれを切らしたようで、10時前にポイントを大きく移動し、アジ狙いでお土産確保に。アジはまぁ順調に釣れた。30センチ~35センチの満足サイズが飽きない程度の間隔で釣れてくる。サイズが良すぎて取り込み時の口切れ多く、さらにオマツリのせいで取りこめないことも多々あったが、それでも良型アジ5匹+マルアジ1匹を確保。魚信と魚の引きに飢えていたので、アジに癒してもらえた。アジの魚信が遠のくと、再びイサキ狙いに転進。

イサキ戦線異状あり!? なんか変だぞ、今年の剣崎沖は…再び船団に合流したのだが、イサキらしき魚信は全くなし。代わりにやってきたのがソウダガツオ!! 過去2年、6月にソウダガツオに邪魔されたという記憶がない。8月以降に剣崎沖に入ってくるものだとばかり思っていたソウダガツオが釣れ盛る。タナに仕掛けが届く前に食いついてくることもしばしばで、片舷10人の船上でソウダラッシュをくらうと……お隣さんを巻きこむだけでなく3~4人まとめて被害甚大。ラインがどうとかLTがどうとかが関係なくなるほどにソウダに玩ばれて蹂躙された。今年の剣崎沖はなんだか変だぞと思い始める。

■良型ウマヅラを2匹。久里浜沖でウリンボを釣り本命ボウズを回避

イサキ戦線異状あり!? なんか変だぞ、今年の剣崎沖は…へた釣りの竿にアジ以外のまともな手ごたえがあったのは11時半ごろ。イサキの小気味よい引きとは違うが…なんだろ?と思っていたら35センチのウマヅラハギ。型がよかったのと、なぜか肝パンなお腹の膨れ具合だったので、肝醤油でいただけるお刺身ゲット! 剣崎沖ではとうとうイサキの姿を見ることはなかった。13時半になると船長が「久里浜沖にいきます」とアナウンス。久里浜沖ってことはイサキを諦めて、アジをもう一度狙うのかな? アジなら久里浜じゃなくて八景沖の金アジの方がいいのになぁ~とボヤいていたら……。

イサキ戦線異状あり!? なんか変だぞ、今年の剣崎沖は…「久里浜沖でマダイやってたときにイサキがよく混じったんですよ」と説明してくれる。イサキは剣崎沖からさらに北上して久里浜沖に集結中ってことなんだろうか? 船長の言葉にウソはなく、船中でポツリポツリとではあるがイサキが上がりだす。へた釣りの竿にも…???…なんだかデジャブな引き。これまた35センチのウマヅラハギだった。沖上がりまであと少しになって、ようやく…やっと…諦めそうになっていた…悲願の…イサキの手ごたえ。23センチのウリンボサイズでも本命は本命。本命ボウズを回避して、胸をなで下ろす。今年はひょっとすると、剣崎沖より久里浜沖の方がイサキ釣れるんじゃない? イサキ戦線異状あり!?
イサキ戦線異状あり!? なんか変だぞ、今年の剣崎沖は…イサキ戦線異状あり!? なんか変だぞ、今年の剣崎沖は…



Twitter

2013年06月01日 19:38

« 手っ取り早く大物釣り師の称号を!「みうら海王」が気になる | メイン | 剣崎沖イサキのウィリー仕掛けの作り方をメモしてみたぞ »

最近の釣りに行った記事

三途の川みたいな海でイシダイ撃沈。アミ五目でカンパチ!!
ブラックドラゴン相手に筋トレ。クロムツは3匹だけでチーン
三兎追うも…船中カイワリ2匹を独り占めしたから良しとする
人生6、7、8匹目のオニカサゴ。最大37cmでおみくじは小吉
有終の美を飾る1尾で一之瀬丸感謝デーは3位入賞。桜咲く
血塗られた久里浜沖でマ・イシ・クロとそろえダイ三元達成♪
お持ち帰りはアラサー1尾のみ。せめてミドサー欲しかった
クロダイ、アジ、〆サバ三種盛り。妻1号は船酔いでノーカン
悪運はTKBで尽きた。かみやカワハギ大会はいいとこなし
平和島は宇宙より遠い。でもTKB初の船別1位を獲得したよ
良型アジ66匹+60センチヒラメで八景沖豪華刺し盛り成功!!
カイワリ、チダイ、イナダなど宇佐美沖豪華5点盛りが完成
アミ五目で4目釣るも…居酒屋へたは品切れ次第臨時休業
尺確実な手応え!! 釣れたのはお邪魔虫三連星でチーン♪
へた釣り亭は1品300円均一安居酒屋。刺し盛りはアジのみ
“待て”を覚えた女、妻1号はアジ23匹。へた釣りはアカ~ン
ガス欠1DAYバトル? 久しぶりのかみやは楽しかったよ!
優しくないのよ東京湾の釣りの神様はっ!! 妻1号はアジ4匹
タチウオ釣りはあ行しか喋れない? 色々あるとなおさらだ
魚種豊富で魚影濃い宇佐美でカイワリ込みウィリー十五目
平成最後のイサキ釣りは最後の最後だけちょい盛り上がり
束楽勝からのソウダ禍で大失速。平成最後?のイサキ釣り
いつになったら一之瀬丸マゴチ童貞卒業できるの(遠い目)
型狙い作戦がハマり尺足らず3匹釣るも45匹までと振るわず
鱈・柳・柳・柳・柳・柳・青など五目一荷多数で超たっのしー
北海道の師匠が釣った魚が食べられる店、釧路・巽で舌鼓
ひどいウネリに船酔いしながら3年ぶりのアオゾイ3匹ゲット!!
雨で流れが速すぎて姪2号がなんとかオショロコマを1匹
標津カレイ北海道の師匠杯は台風で飛んできた女が3位に
ご当地流には理由がある。無視するとウグイの呪いが発動
釣れないから呑む。釧路の日米でとり天と東北の美酒に酔う
明石家さんまばかりでシシャモは釣れず。明日は出船中止
数釣りシーズン開幕したよ。 179匹で7月の最多記録更新!!
イサキってどうやったら釣れるんだっけ? 本気で忘れたぞ
性悪タチウオ&やる気なしアジとの痺れる戦いの行方は…
八景沖のアジ行方知れず? ウネリで掛からんし撃チ~ン
曇天なのに渋かったぁ!! あさなぎ丸デビュー戦は18匹まで
かみやメバル大会で型も数も船中3位なら頑張った方だよね
前半ウィリーに塩対応。後半たっのしー♪でカイワリは14匹
船中0じゃどうしようもないよねと自分を慰めるアカムツ4戦目
2018年の剣崎イサキチョロくない。開幕戦はなんとかツ抜け
GWは釣りしない週間にしよかな。アジツ抜けせずに頓死す
木更津沖で「へたクソぉ!!」と自分を罵り続けた夜アナゴ釣行
GWのゲートが開いて即落馬!? 宇佐美に行ってクーラー空
予報以上に風ビュービューの中、超お立ち台で午前LTアジ
序盤魚信少なくジリジリするも3年ぶり3本目の本塁打マゴチ
潮流も竿先も俺の心もキュンキュンしなかったウィリー五目
魚信少なめもヒット3本。昨年のマゴチの釣果を1日で超えた
始まったよ、シロムツしか釣れない伝説がっ!! 今季お終い
5本針にキンメ・キンメ・キンメ・シロムツ・メダイしたものの…

著者: へた釣り