イサキ戦線異状あり!? なんか変だぞ、今年の剣崎沖は…

イサキ戦線異状あり!? なんか変だぞ、今年の剣崎沖は…解禁初日、剣崎沖でイサキを狙ってきたのだが……さっぱりであった。イサキいるの?と疑いたくなるほどに魚信がなかった。代わりにソウダガツオがこの時期からバンバン釣れる。ウマヅラハギとアジのおかげでクーラーは悪いなりにも埋まったが、ウォリーならぬイサキを探せ!な感じに。

イサキ戦線異状あり!? なんか変だぞ、今年の剣崎沖は…6月1日の剣崎沖のイサキ解禁日が土日に重なるのは幸運なんだか不運なんだか…。始発に乗って金沢八景・一之瀬丸に到着してみると、イサキの席札が1つしか残ってない。左舷の胴の間。船に着いてみると、片舷10人ずつ。へた釣りは最後に乗船したので、「すいませ~ん」と謝りながら、左右の人に少しずつ詰めてもらってなんとか釣り座を確保できたって状態。3メートルの吹き流し仕掛けを使うので、オマツリが激しそうと覚悟する。左隣の人を見ると電動リールに太目のPE。右隣を見ると、ラインは細そうだけどこれまた電動リール。この船、LTイサキだよね?

■リールを軽量化してシャクリまくってみたもののイサキとの出会いは…

イサキ戦線異状あり!? なんか変だぞ、今年の剣崎沖は…実は、へた釣りは昨シーズンよりもさらにLT化してイサキ開幕に臨んだ。ラインの目印でタナを取ることに慣れたので、カウンター付きのSC小船800XH(PE2号)からAIRD(PE1号)にリールを変えた。重量180グラム減。竿は海明30-210で自重115グラム。1日シャクリまくっても疲れないタックルになった。竿とリールの色が一緒なのでこの組み合わせがちょっぴりお気に入り。置き竿にするつもりはないのでロッドホルダーなし。さらには取り込み時のオマツリを減らすために竿受けも使わずに竿は素早く船内に入れてしまうという方針。周りの人との装備の差に、大丈夫かなぁ~という不安を覚えつつ、剣崎沖まで約50分の航程。
イサキ戦線異状あり!? なんか変だぞ、今年の剣崎沖は…イサキ戦線異状あり!? なんか変だぞ、今年の剣崎沖は…

イサキ戦線異状あり!? なんか変だぞ、今年の剣崎沖は…イサキ船団が見える。船団はややバラけ気味。経験則ではこういう日はあまりよくないことが多い。船は船団の周辺をうろうろしつつ群れを探す。なかなか止まれない。近くに寄った船の様子を眺めて見ても、あまり釣れている雰囲気でない。ようやく船が止まって、8時30分に釣り開始。定石通り、大三元ウィリー(上からピンク、白、緑)を投入し、イサキ用の50センチ刻みで待ち時間3秒モードでウィリーシャクリに勤しんだのだが……何もない。イサキどころかゲストの魚信もなしで時間が過ぎていく。
イサキ戦線異状あり!? なんか変だぞ、今年の剣崎沖は…イサキ戦線異状あり!? なんか変だぞ、今年の剣崎沖は…

■6月になったばかりなのに…ソウダ祭りでオマツリ多発で釣りにくい

イサキ戦線異状あり!? なんか変だぞ、今年の剣崎沖は…船長も船中何もなし状態にしびれを切らしたようで、10時前にポイントを大きく移動し、アジ狙いでお土産確保に。アジはまぁ順調に釣れた。30センチ~35センチの満足サイズが飽きない程度の間隔で釣れてくる。サイズが良すぎて取り込み時の口切れ多く、さらにオマツリのせいで取りこめないことも多々あったが、それでも良型アジ5匹+マルアジ1匹を確保。魚信と魚の引きに飢えていたので、アジに癒してもらえた。アジの魚信が遠のくと、再びイサキ狙いに転進。

イサキ戦線異状あり!? なんか変だぞ、今年の剣崎沖は…再び船団に合流したのだが、イサキらしき魚信は全くなし。代わりにやってきたのがソウダガツオ!! 過去2年、6月にソウダガツオに邪魔されたという記憶がない。8月以降に剣崎沖に入ってくるものだとばかり思っていたソウダガツオが釣れ盛る。タナに仕掛けが届く前に食いついてくることもしばしばで、片舷10人の船上でソウダラッシュをくらうと……お隣さんを巻きこむだけでなく3~4人まとめて被害甚大。ラインがどうとかLTがどうとかが関係なくなるほどにソウダに玩ばれて蹂躙された。今年の剣崎沖はなんだか変だぞと思い始める。

■良型ウマヅラを2匹。久里浜沖でウリンボを釣り本命ボウズを回避

イサキ戦線異状あり!? なんか変だぞ、今年の剣崎沖は…へた釣りの竿にアジ以外のまともな手ごたえがあったのは11時半ごろ。イサキの小気味よい引きとは違うが…なんだろ?と思っていたら35センチのウマヅラハギ。型がよかったのと、なぜか肝パンなお腹の膨れ具合だったので、肝醤油でいただけるお刺身ゲット! 剣崎沖ではとうとうイサキの姿を見ることはなかった。13時半になると船長が「久里浜沖にいきます」とアナウンス。久里浜沖ってことはイサキを諦めて、アジをもう一度狙うのかな? アジなら久里浜じゃなくて八景沖の金アジの方がいいのになぁ~とボヤいていたら……。

イサキ戦線異状あり!? なんか変だぞ、今年の剣崎沖は…「久里浜沖でマダイやってたときにイサキがよく混じったんですよ」と説明してくれる。イサキは剣崎沖からさらに北上して久里浜沖に集結中ってことなんだろうか? 船長の言葉にウソはなく、船中でポツリポツリとではあるがイサキが上がりだす。へた釣りの竿にも…???…なんだかデジャブな引き。これまた35センチのウマヅラハギだった。沖上がりまであと少しになって、ようやく…やっと…諦めそうになっていた…悲願の…イサキの手ごたえ。23センチのウリンボサイズでも本命は本命。本命ボウズを回避して、胸をなで下ろす。今年はひょっとすると、剣崎沖より久里浜沖の方がイサキ釣れるんじゃない? イサキ戦線異状あり!?
イサキ戦線異状あり!? なんか変だぞ、今年の剣崎沖は…イサキ戦線異状あり!? なんか変だぞ、今年の剣崎沖は…



Twitter

2013年06月01日 19:38

« 手っ取り早く大物釣り師の称号を!「みうら海王」が気になる | メイン | 剣崎沖イサキのウィリー仕掛けの作り方をメモしてみたぞ »

最近の釣りに行った記事

久里浜沖7時間耐久マダイ魚信なし地獄にもがき苦しんだ
カイワリは安定の14匹。カンパチはソレダメをやらかしたよ
序盤にクロダイ×2、そのうちマダイも釣れると思ったのに…
雑然とした路地の老舗寿司屋あばらやで大人のドキドキを
カイワリと変わらないサイズだけど初の白間津・シマアジだ
カイワリツ抜けは楽勝と油断したら後半デカアジに翻弄され
ドラグ滑って面白すぎ!! イナダ(ハマチ)10匹で大大大満足
タチウオは指5本×2で満足。アマダイはポニョのみで罪悪感
台風一過の午前アジは土砂降り、強風、ゴミだらけだったが
餃子激戦区の恵比寿に祇園歩兵3号店。優しいお味に納得
35up乱舞。アジしか釣れずしょんぼり、妻は人生最大に興奮
伊豆はカワハギ天国のはずだったのに後半失速でもツ抜け
久々の治久丸午前でカイワリ9匹。えべっさんも人生初の!!
炙り+好みの味ですし焼き。コスパも抜群な難波・ときすし
母78歳の誕生日をメープル猪名川で祝う。秋の味覚楽しむ
ゲストはサバだけ…八景沖でアジ入れ食いの午後アミ五目
浅場タチウオ攻略失敗。でも50mなら労せずとも掛かるかも
路線図読めないおっさんはタチウオ掛け方分からんのです
刺し盛りは関西は活かり、関東は旨みと恵比寿 魚一商店で
撃沈ではないが下手さ加減認識したタチアジ。でもタコ3杯♪
5年連続イサキ束超え失敗。良型混じると数を伸ばせない
純ちゃんのすじ塩は恵比寿でNo.1の煮込みかも知れない!!
難波・豪快立ち寿司でウニとイクラこぼれ盛り痛風一直線♪
恵比寿・肉天国で炙りユッケ、痛風味玉、牛トロ天を堪能す
一之瀬丸一の凄腕カツオ一本釣り師になってげんなりする
北海道のそばは最高!! 中標津・伊とうで藪・更科食べ比べ
姪2号にオショロコマを釣らせるミッション今年も無事クリア!!
釧路・繁栄丸アオゾイ耐久。7匹だけど今年も釣れたよ
北海道の師匠杯で子供はアオゾイゲット。へたはお世話係
台風令和初上陸の翌日剣崎イサキ束釣れるかなチャレンジ
難波居酒屋のお刺身は安くて美味いの代表、嬉々わらまさ
難波で昼飲みならなんばグランド花月1階、酒処さつき最強
宇佐美の魚やる気なし。カイワリ、チダイ、ホウボウ1匹ずつ
売り切れが多いがおっぱい串がとにかく絶品なおみっちゃん
竿先グングンッ…でもバレる。気難しいアジに翻弄されたよ
土用の丑に鰻なる野暮は避け恵比寿・う福でお先に鰻三昧
小サメの駆除に協力したら梅雨アナゴとタチウオもらえたよ
俺が行っても終わらずどころかカイワリ18匹で最多記録更新
6月のええもん1=新川にしやで伝助アナゴ、白子、キアラ刺
6月のええもん2=ShunのA5牛しゃぶローススープ茶漬け♪
プチ時化お立ち台で体幹トレーニングしつつイサキを26匹♪
1日剣崎で釣れてイサキ13匹、最大28.5cmでなんとかなった
コマセ振る意味ないレベルの速潮にカイワリ1匹だけと撃沈
5月のええもん=哲剣で活アコウ刺しに感動+カマ焼きも◎
好漁続きでどうした、俺。六目41匹でクーラー八分と大満足
G:激旨W:ウィークの仕上げは東京湾口アカムツでにんまり
令和の初釣りは雨の中シャクリ続けてカイワリ7匹でドヤッ!!
アラフォー食べ頃アマダイに癒されGWのGは撃沈じゃない
4月のええもん=正宗屋のカステラ&魚屋ひでぞう刺し盛り
妄想は妄想のまま。シマアジは釣れずメジナとイサキのみ

著者: へた釣り