宇佐美のカイワリは歓迎してくれた…最初の数投だけはね

宇佐美のカイワリは歓迎してくれた…最初の数投だけはね緊急事態宣言で金沢八景より南に行くのは自粛していたため、実に175日ぶりの宇佐美・治久丸へのカイワリプチ遠征。半年ぶりともなると釣り方覚えているかしら?と少し不安もあったが、アホな頭では覚えてなくても体が覚えているものである。開始直後に立て続けに2匹。そのあとは…。

宇佐美のカイワリは歓迎してくれた…最初の数投だけはね半年ぶりともなるといろいろなものが変わっているもので、熱海行きに使っていた快速アクティーがなくなっていたため、熱海駅で早めの昼食を摂るには10分ほど早い電車に乗らなければならなかった。ところが電車に10分ほどの遅延が発生し、集合時間には間に合うものの昼食を摂る時間はなし。宇佐美駅に着いてからコンビニで何か買って港で食べるしかないかと考えていたら、駅前のラーメン屋(お好み焼き屋?)がなくなって代わりにお弁当屋さんができていた。おにぎり2個と4個入りのからあげを買って380円。海水浴場入口にある東屋で海を眺めながらいただくことに。コンビニ弁当よりは間違いなく美味い。これからは熱海駅では食事をせずにここで昼食を買う。港入口のお地蔵さん(釣りの神様?)に久しぶりなのでご挨拶してから治久丸へと向かう。
宇佐美のカイワリは歓迎してくれた…最初の数投だけはね宇佐美のカイワリは歓迎してくれた…最初の数投だけはね

■一投目で175日ぶりのカイワリ。二投目はお刺身サイズで出だし快調

宇佐美のカイワリは歓迎してくれた…最初の数投だけはね午前はあまり様子がよくなかったようで、朝の早い時間にだけ魚信が出てそれっきりであったようだ。初島のポイントは潮も速かったようで、苦戦の予感。カイワリの主戦場である初島沖の水深80メートルくらいで釣り開始となる。オモリが着底したら仕掛けの長さ分の3メートルすぐに底を切って仕掛けが潮に馴染むのを待って、50センチ刻みでスティ0の超高速シャクリ開始。速ければ速いほど、鋭ければ鋭いほどいいのであるからカイワリシャクリは楽しい。すぐにカイワリっぽいようななんか少し変な魚信が出る。巻き始めるまでは半信半疑だったが、引きはカイワリ。開始ものの3分で175日ぶりのカイワリを手にする。なんとスレ掛かり。ウィリーに突っ込んできている証なので、今日はいいかもな滑り出し。
宇佐美のカイワリは歓迎してくれた…最初の数投だけはね宇佐美のカイワリは歓迎してくれた…最初の数投だけはね

宇佐美のカイワリは歓迎してくれた…最初の数投だけはねスティ0の高速シャクリで魚信が出れば、もう迷うことはない。とにかく高速かつ鋭くそれでいてきっちり止めることを意識してシャクリ倒す。シャクって穂先が水平に戻ろうとしている最中に穂先がグンッと入る。スレ掛かりの1匹目よりも重量感があり、巻き上げ中も間欠的に鋭い引き込みをみせる。大事をとって手巻きで慎重にやり取りして無事取り込めたのは25センチ級のお刺身サイズ。船長が写真を撮りに来てくれて「おかえり」と声をかけていただく。2匹目ゲットまで10分かかっていないのでこれはもうツ抜けは当たり前で20匹くらい狙えるかもなペースだったのだが…それ以降ぱったり。シャクれどもシャクれどもな時間が始まる。ハチビキかロウソクチビキの幼魚(?)しか釣れなくなって大減速。イサキ狙いに切り換えるも魚信なしに焦れて底まで落してカサゴの仲間(ヒレナガカサゴ?)など得体の知れない魚ばかり釣る。
宇佐美のカイワリは歓迎してくれた…最初の数投だけはね宇佐美のカイワリは歓迎してくれた…最初の数投だけはね

■陸寄りポイントで五目釣りに。マトウダイは久々にゲットしたぞ

宇佐美のカイワリは歓迎してくれた…最初の数投だけはねイサキは卦もなしですぐにカイワリに戻るが今度は潮が速くなってしまい極めて釣りにくくなってしまう。30センチ刻みの弾丸コマセを試したが不発。主戦場は見切りをつけて陸寄りの水深60メートルくらいのポイントに移動する。底が砂泥っぽい手応えだったので、イタズラで底から3メートルはアマダイ狙いでその上はカイワリ狙いで誘ってみることに。底付近で穂先に違和感があったが小魚っぽいので無視してシャクっていると何かがアタックしてきた手応え。シャクるのをやめて待つと重量感だけはある魚信になって大きなマトウダイ。底で掛けたトラギスに食ってきた。続いて待ちに待った小気味よい魚信が出て3時間ぶりのカイワリ。お次はウィリーにアタックしてきた感触はあったが弾く。カイワリがバンバン釣れている日なら弾く魚信は本命ではないので無視してシャクり続けるが、魚信に飢えているのでシャクリを止めて食わせる。定番ゲストのチダイがウィリーに食ってきた。
宇佐美のカイワリは歓迎してくれた…最初の数投だけはね宇佐美のカイワリは歓迎してくれた…最初の数投だけはね

宇佐美のカイワリは歓迎してくれた…最初の数投だけはね最後は宇佐美港近くの漁礁周りのポイントへ。秋になるとカンパチを狙えるポイントだ。カイワリもいないわけではないので、カイワリ狙いの高速シャクリを継続することに。シャクればいくらでも魚信はある。竿先をフルルと振るわせるのはだいたいアジ。あまりアジは欲しくなのでぞんざいに釣って、それでも取り込めた分だけ持ち帰ることに。いるのは分かっていて、比較的高速なシャクリに反応してくれるある魚を裏本命にしていたら1匹だけ釣れた。メジナだ。これでお持ち帰りはカイワリ×3、チダイ×1、マトウダイ×1、メジナ×1、アジ×9、キダイ(リリース失敗)×1の六目16匹に。好漁とは言えないが宇佐美での釣りを久しぶりに楽しめたので良し♪
宇佐美のカイワリは歓迎してくれた…最初の数投だけはね宇佐美のカイワリは歓迎してくれた…最初の数投だけはね


Twitter

2021年06月26日 22:52

« 半日お試しタコはミナミのリレーでもできると今さら気づいた | メイン | 【動画】伊豆だから? カイワリだから? テンションブチ上げ »

最近の釣りに行った記事

前半はサバに混じってアジで後半はアジに混じってサバ地獄
稲取沖第1投で城ケ島以西で“アレ”が釣れない呪い解呪成功
シロギスは三歩進んで五歩さがりアナゴは二歩進んだら迷子
辛うじてノーピクではないもののノーガコッでクロムツボウズ
へたが来た日は釣れる!? 尺級2匹込みカイワリ18匹でどやっ
釣れるイメージ全く湧ず。マゴチで2024年初の完全ボウズ
程よくとほろ酔いが苦手な夫婦は人生二度目の仲良く束釣り
A5ランク混じりでアジ28匹+煮付けメバルにクロダイまで
式根島キンメでシールもらってドヤッ顔で写真に納まったよ
上手くシャクれば!! 一荷も! カイワリの醍醐味満喫し自己最多
手乗りキダイに翻弄されてあわやあわやのアマダイボウズ!?
役満かも!?はメダイで…いつも通り白中ドラ(クロムツ)2
ほぼ尺…29.5センチの自己最大メバルでリアランサーに入魂
2024年伊豆初釣りはラスト入れパクしカイワリ20匹でどやっ
時化はあか~ん!! ドッタンバッタン魚信だせずシロギス21匹
走水黄金大アジとはいかなかったが30センチ級混じり28匹
役満かも?な引きはサバのみで。またも白ドラ(クロムツ)3
2024年は幸先よすぎ!! 初釣りでアジ105匹+シロギス20匹
オーラスで役満(アカムツ)あがれず白ドラ(クロムツ)3で
2023年の帳尻合わせ第1戦はカイワリツ抜け達成でどやっ!!
津波注意報の中白間津まで行ってうどん食って帰ってきた
寒さと雨で午前は瀕死…陽がさす午後にアマダイ2匹で帳尻
夫婦そろって束超え…合わせてアジ242匹って粂丸の奇跡?
へたさん来たらやっぱり…でもカイワリ3匹で痛風には十分
入れて入れて休んで入れて…1回旋回半夜クロムツであわわ
ガツ~ンと穂先持っていく夏秋の癒しの釣魚アカハタ初挑戦
ゲスト含め渋かった!! でも満足サイズのアマダイゲット♪
シロムツ本命宣言したら2匹だけ。ほかは痛風に悪そうな…
唯一のこれは!?な魚信は奪食いで…伊豆アカムツまたも撃沈
元気なのはサバとカマスだけで美味しいお刺身はいずこへ?
猛暑日に釣りは本当にあかん…脇腹攣って船上で悶絶したよ
隣でキハダ26キロ+カツオ3.6キロ…でも、僕はノーピク
キャストは少しは様になりシロギス久々に大人になれて24匹
極技 湾フグは2投で入魂するもシロギスはやっぱり苦手だ…
メバル煮付け級1匹だけだがA5級アジ多数+人生初キジハタ
妻と二人がかりでジャスト束!! 全部干物サイズで満足度◎
タコを触れずにキャーキャー言うことすらできなかったのよ
宇佐美の「へたさん来たら釣れない」がまた始まってしまう
人生二度目の新島キンメは…底も魚信も取れず大撃ち~ん
朝からキスで夜はアナゴで下手さ加減を思い知らされた一日
城ヶ島沖クロムツは魚信少なめも釣れれば大満足サイズで♪
久々フォースに気をよくするもオキアミ有利でカイワリ7匹
GW第2戦は待望の凪!! いつもの如く撃沈しマゴチ1匹だけ
強風に苦しみ触手に苛まれ釣り方見失うアジ・キスリレー
予期せぬ大時化にアジツ抜けせずクロダイで帳尻だけ合わす
ちょい時化だけど猿アジはぽつぽつ…後半凪たらし~んと
昼までノーガコッ伝説継続…ヤヴァいかもで一度だけガコッ
気難しいアジに苦戦も46匹。シロギスは釣り方掴めず9匹だけ
驕る下手は久しからず。ノーガコッ伝説が今日始まったよ
ウィリーもカブラも無視するカイワリなんて大嫌いだぁあ

著者: へた釣り