釧路・繁栄丸アオゾイ耐久。7匹だけど今年も釣れたよ

釧路・繁栄丸アオゾイ耐久。7匹だけど今年も釣れたよ釧路随一の釣らせてやる魂の男、繁栄丸の船長とは、昨日海攻の船着場で挨拶していた。そのとき言われたのが「明日は××(聞き取れず)まで行くので2時集合の2時半出船ね」。アオゾイが釣れる可能性が少しでも上がるなら早起きは厭わない。繁栄丸12時間アオゾイ耐久の始まり~。

釧路・繁栄丸アオゾイ耐久。7匹だけど今年も釣れたよ睡眠というよりは2時間ほど仮眠を取って1時30分にホテルを出る。ラッシュガードとTシャツでちょうどいい気温。珍しく霧は薄かった。幣舞橋に至ると繁栄丸のライトが煌々と点いている。集合時間までまだ余裕があると思っていたら既にへた釣り以外の釣り客は到着しており、釣り座のセッティングも終わっていた。左舷舳で釣ることに。大型の船に片舷4人。へた釣りが慌てて準備を済ませるのを待って2時20分に出航する。霧多布方面へ約3時間の航路。条件さえ整えば大型アオゾイの針数コイノボリが見込めるポイントだ。
釧路・繁栄丸アオゾイ耐久。7匹だけど今年も釣れたよ釧路・繁栄丸アオゾイ耐久。7匹だけど今年も釣れたよ

■アオゾイ本命なのになぜかヤナギノマイばかり。しかもネコのエサ!?

釧路・繁栄丸アオゾイ耐久。7匹だけど今年も釣れたよ空が白み始めたころにちょうど最初のポイントに到着する。「根がきつい場所なのでオモリが着いたらすぐに1メートルか2メートル巻き上げてね」という合図で仕掛けを投入する。投入は合図から遅れることなく行う。そうすることでオマツリを回避できるだけでなく、アオゾイは早い者勝ちで釣れる魚なので、竿を真下に向けて少しでも早く仕掛けが落下するようにする。指示された水深の少し手前でブレーキをかけて一度仕掛けを止める。そこからゆっくりと仕掛けを落としていくと誘いにもなるし、根掛かりもしにくくなる。何度か底を取り直していると魚信。最初の獲物は小型のマダラだった。最初のポイントから釣れたので幸先のよいスタート。
釧路・繁栄丸アオゾイ耐久。7匹だけど今年も釣れたよ釧路・繁栄丸アオゾイ耐久。7匹だけど今年も釣れたよ

釧路・繁栄丸アオゾイ耐久。7匹だけど今年も釣れたよアオゾイ狙いなので根の荒いポイントを転々と攻めていく。釣れるには釣れるがキープしても仕方がないヤナギノマイばかりが釣れてくる。船長いわく「ネコのエサにもならない」サイズ。ネコはいないのでカモメのエサになってもらうしかない。船中、小型ではあるがアオゾイが釣れ始めているようなのだが、腕が悪いのか、釣り座が悪いのか蚊帳の外。釣り始めて1時間以上経ってようやく強めの魚信があり、2019年初のアオゾイをダブルでゲットする。ヤナギノマイより重量感があり、抵抗も激しいので釣趣においては断然アオゾイが勝る。昨年に引き続き、無事アオゾイをゲットできた。このサイズのアオゾイで喜んでいると、右舷舳の人に呆れられたが、ネコのエサ呼ばわりされてもうれしいものはうれしい。その後、すぐにヤナギノマイとの一荷でこれまた小ぶりなのを1匹追加する。
釧路・繁栄丸アオゾイ耐久。7匹だけど今年も釣れたよ釧路・繁栄丸アオゾイ耐久。7匹だけど今年も釣れたよ

■満足サイズ2尾で溜飲を下げる、特大の針数はまた来年挑戦するよ

釧路・繁栄丸アオゾイ耐久。7匹だけど今年も釣れたよポイントは少しずつ船長の本命ポイントへと近づいていく。へた釣りは相変わらずヤナギノマイばかり釣っていたが、船中ポツポツと良型のアオゾイが混じるようになってきた。へた釣りはアオゾイは小ぶりの物を2匹追加しただけでやはりうまくいかない。9時半ごろに「特大アオゾイが針数付くことがある」というとっておきのポイントに至る。根掛かり必至なのでタナ取りは海面から。タナで魚信らなければ、底まで落として少し巻き上げてとの指示。魚信はすぐに出た。引きも強烈で竿先を持ち上げるのに苦労する。特大ではないものの満足サイズのアオゾイをようやくゲットする。船中特大サイズも顔を見せる。へた釣りの竿にはこなかった理由を船長と右舷舳の名人が教えてくれた。「仕掛けは短冊と呼ばれているものがアオゾイに効果的」で、へた釣りの使っている仕掛けだと「アオゾイより先にヤナギノマイが食ってくる」と教わる。ヤナギノマイばかり釣れる…思い当たることが多すぎる。針数特大サイズチャレンジは潮が速過ぎて数度チャレンジして終了した。
釧路・繁栄丸アオゾイ耐久。7匹だけど今年も釣れたよ釧路・繁栄丸アオゾイ耐久。7匹だけど今年も釣れたよ

釧路・繁栄丸アオゾイ耐久。7匹だけど今年も釣れたよ10時になるといい反応があったらやりながら帰ることになる。水深が浅かったり100メートル以上と深かったり、底がガリガリの根だったり砂泥地だったりするいろんなポイントを攻めながら釧路港は目指す。へた釣りはというと例によってヤナギノマイなら順調に釣れるがアオゾイは気配すらなく12時すぎに昆布の森というポイントに。そろそろ沖上がりの時間が近づいている。「根掛かりするぞ。気をつけて」と言われたポイントで底から3メートルくらいでブレーキをかけるとすぐに竿先をガコガコと揺さぶるような魚信。沖上がり間近の営業アオゾイが釣れてくれる。これで7匹。あとはヤナギノマイを追加しつつ14時10分の港に戻ってくる。釣り船に12時間乗りっぱなしというのは初体験。睡眠不足なのもあって沖上がり後はうとうとしてしまう。疲れた。でも、楽しかった。
釧路・繁栄丸アオゾイ耐久。7匹だけど今年も釣れたよ釧路・繁栄丸アオゾイ耐久。7匹だけど今年も釣れたよ



Twitter

2019年08月03日 17:22

« 北海道の師匠杯で子供はアオゾイゲット。へたはお世話係 | メイン | 姪2号にオショロコマを釣らせるミッション今年も無事クリア!! »

最近の釣りに行った記事

佳肴求めて鴨川沖へ。クエ・クロムツ・アカハタでえっへん♪
プルルと魚信るが掛からない!? でも44匹でキス天食べ放題
40センチのデカイワリ含む5匹で夏の美酒佳肴作戦は大成功
気難しベイブリアジに翻弄され二人で83匹。釣りデート成功
【番外編】妻と釣りじゃないデートで大阪食い&呑みだおれ
猿島沖で下手をキワめる! 午後アジ5匹、夜メバル6匹のみ!!
【番外編】妻と釣りじゃないデートで河津で鰻、多賀で蕎麦
特餌忘れ凪のはずが時化でメバル釣れずなんだか不本意な…
前半はサバに混じってアジで後半はアジに混じってサバ地獄
稲取沖第1投で城ケ島以西で“アレ”が釣れない呪い解呪成功
シロギスは三歩進んで五歩さがりアナゴは二歩進んだら迷子
辛うじてノーピクではないもののノーガコッでクロムツボウズ
へたが来た日は釣れる!? 尺級2匹込みカイワリ18匹でどやっ
釣れるイメージ全く湧ず。マゴチで2024年初の完全ボウズ
程よくとほろ酔いが苦手な夫婦は人生二度目の仲良く束釣り
A5ランク混じりでアジ28匹+煮付けメバルにクロダイまで
式根島キンメでシールもらってドヤッ顔で写真に納まったよ
上手くシャクれば!! 一荷も! カイワリの醍醐味満喫し自己最多
手乗りキダイに翻弄されてあわやあわやのアマダイボウズ!?
役満かも!?はメダイで…いつも通り白中ドラ(クロムツ)2
ほぼ尺…29.5センチの自己最大メバルでリアランサーに入魂
2024年伊豆初釣りはラスト入れパクしカイワリ20匹でどやっ
時化はあか~ん!! ドッタンバッタン魚信だせずシロギス21匹
走水黄金大アジとはいかなかったが30センチ級混じり28匹
役満かも?な引きはサバのみで。またも白ドラ(クロムツ)3
2024年は幸先よすぎ!! 初釣りでアジ105匹+シロギス20匹
オーラスで役満(アカムツ)あがれず白ドラ(クロムツ)3で
2023年の帳尻合わせ第1戦はカイワリツ抜け達成でどやっ!!
津波注意報の中白間津まで行ってうどん食って帰ってきた
寒さと雨で午前は瀕死…陽がさす午後にアマダイ2匹で帳尻
夫婦そろって束超え…合わせてアジ242匹って粂丸の奇跡?
へたさん来たらやっぱり…でもカイワリ3匹で痛風には十分
入れて入れて休んで入れて…1回旋回半夜クロムツであわわ
ガツ~ンと穂先持っていく夏秋の癒しの釣魚アカハタ初挑戦
ゲスト含め渋かった!! でも満足サイズのアマダイゲット♪
シロムツ本命宣言したら2匹だけ。ほかは痛風に悪そうな…
唯一のこれは!?な魚信は奪食いで…伊豆アカムツまたも撃沈
元気なのはサバとカマスだけで美味しいお刺身はいずこへ?
猛暑日に釣りは本当にあかん…脇腹攣って船上で悶絶したよ
隣でキハダ26キロ+カツオ3.6キロ…でも、僕はノーピク
キャストは少しは様になりシロギス久々に大人になれて24匹
極技 湾フグは2投で入魂するもシロギスはやっぱり苦手だ…
メバル煮付け級1匹だけだがA5級アジ多数+人生初キジハタ
妻と二人がかりでジャスト束!! 全部干物サイズで満足度◎
タコを触れずにキャーキャー言うことすらできなかったのよ
宇佐美の「へたさん来たら釣れない」がまた始まってしまう
人生二度目の新島キンメは…底も魚信も取れず大撃ち~ん
朝からキスで夜はアナゴで下手さ加減を思い知らされた一日
城ヶ島沖クロムツは魚信少なめも釣れれば大満足サイズで♪
久々フォースに気をよくするもオキアミ有利でカイワリ7匹

著者: へた釣り