夏タチはやっぱり苦手。食わせ方分からず見逃し三振の山

夏タチはやっぱり苦手。食わせ方分からず見逃し三振の山昨年2戦してまずまずの釣果だったので、夏タチウオへの苦手意識は薄れていたのだが、2015年開幕戦を終えての結論は、夏タチはやっぱり苦手。特に水深10メートルの浅場ではどうやって魚信を出し、どうやって食わせるかが全く分からない。まさに手も足も出ずに見逃し三振の山を築く。

夏タチはやっぱり苦手。食わせ方分からず見逃し三振の山富津沖が主戦場で、水深10メートルくらいを釣ると事前情報を得ていたので、嫌な予感はしていた。昨年割とうまく釣れたポイントの水深は30~40メートルくらい。誘い上げて魚信があっても誘い続けて針掛かりさせるというパターンしか釣り方を知らない。水深が10メートルしかないと、誘い上げ続けることは不可能なわけで…どうやって釣るのかな?という不安を抱きながらの釣行。羽田・かみやタチウオ船は片舷8人とほどよい混み具合。右舷の前から4番目に釣り座を決めて、2015年夏タチウオ開幕戦に出航!

■開始4分でプレイボールタチウオ。これはイケると思ったんだけど…

夏タチはやっぱり苦手。食わせ方分からず見逃し三振の山8時ちょうどに船は富津岬を少し通り越した辺りで減速する。タチウオ船団がレッドクリフ状態になっている。かみやのしゃちょう船も船団の外周に合流し、釣り開始。タナの指示は「水深10メートルで底から3メートルまで」。へた釣りはこの指示で既に混乱する。底から誘い始めるのは分かるのだが、底から3メートル(水深7メートル)まで誘うのか、それとも海面から3メートルまで(7メートル幅を)誘えばいいのか分からない。ま、適当でいいやと30センチ刻みでフワフワと誘い始めるとすぐに魚信。そのまま誘いを止めずに巻き上げていると針掛かりした。釣り開始4分で1匹目のタチウオを手にする。案ずるより産むが易しで、2015年のタチウオは好発進するかに思えた。
夏タチはやっぱり苦手。食わせ方分からず見逃し三振の山夏タチはやっぱり苦手。食わせ方分からず見逃し三振の山

夏タチはやっぱり苦手。食わせ方分からず見逃し三振の山入れパクペースでイケちゃうんじゃない?と思ったのだが、そこからがどうにもイケない。魚信はそれなりに出せる。ただし、針掛かりに持ち込めない。水深が浅いので食わせるまで誘い上げることができないので、魚信があったら巻き上げをやめてその場でフワフワと誘いを入れてみるのだが、その間に魚の気配がなくなってしまう。仕掛けを回収してみると、タチウオには針が見えてると考えるしかない絶妙な位置で餌が齧り取られている。緩急自在の技巧派を相手にタイミングが取れずバットを振ることなく見逃し三振しまくっているみたいだ。そのうち魚信まで少なくなっていく。素振りばっかりやらされている控え選手の気分になる。

■手も足も出ず。心折れた方が釣れるというなんだか悔しい結果に

夏タチはやっぱり苦手。食わせ方分からず見逃し三振の山どうにもならずに時間が過ぎて行く。魚信が忘れたころにある。たくさん魚信があれば、この日の食わせ方をいろいろ試してみることもできるのだろうが、忘れたころに魚信では傾向も対策も練ることができずに、魚信があったことにビックリするだけで終わってしまう。10時半には気分転換で早々とお弁当タイム。気分を変えなければやってられないくらい何もさせてもらえない。やっと何かが針掛かりしたと思えば、まずはサバ、お次はサメだもんなぁ~。まだお昼前なのに、最初に1匹釣ってボウズじゃないからいいもんねと自分を慰めだす始末。暑いし、釣れないし、なす術なしで、心が折れた。
夏タチはやっぱり苦手。食わせ方分からず見逃し三振の山夏タチはやっぱり苦手。食わせ方分からず見逃し三振の山

夏タチはやっぱり苦手。食わせ方分からず見逃し三振の山でも、この日は心が折れたくらいの方がよかったみたいだ。12時を回ったころ。少し休憩しようと置き竿にして水分補給をしていると、仕掛け回収の合図。リールを巻き始めるといきなり竿先がグンッと入って手元まで魚の重みが伝わってくる。釣ったというより勝手に2匹目のタチウオが釣れた。もしかして、誘わずに放置してるくらいの方がいいのかも? それではと、電動リールで超スロー巻き上げを試してみると、すぐにもう1匹追加。これまた勝手に食ってきて、勝手に針掛かりした。誘いすぎないという方針で沖上がりまで頑張ってはみたが、魚信はあれど針掛かりせず。13時くらいから水深50メートルのポイントに移動したが状況は変わらなかった。釣れないのは水深の問題じゃなかった。
夏タチはやっぱり苦手。食わせ方分からず見逃し三振の山夏タチはやっぱり苦手。食わせ方分からず見逃し三振の山



Twitter

2015年08月01日 20:37

« 5年ぶりにFLビシを買おうとしたら高くてビックリしちゃったよ | メイン | そこから!? 釣れないとタチウオのエサの付け方に悩みだす »

最近の釣りに行った記事

特餌忘れ凪のはずが時化でメバル釣れずなんだか不本意な…
前半はサバに混じってアジで後半はアジに混じってサバ地獄
稲取沖第1投で城ケ島以西で“アレ”が釣れない呪い解呪成功
シロギスは三歩進んで五歩さがりアナゴは二歩進んだら迷子
辛うじてノーピクではないもののノーガコッでクロムツボウズ
へたが来た日は釣れる!? 尺級2匹込みカイワリ18匹でどやっ
釣れるイメージ全く湧ず。マゴチで2024年初の完全ボウズ
程よくとほろ酔いが苦手な夫婦は人生二度目の仲良く束釣り
A5ランク混じりでアジ28匹+煮付けメバルにクロダイまで
式根島キンメでシールもらってドヤッ顔で写真に納まったよ
上手くシャクれば!! 一荷も! カイワリの醍醐味満喫し自己最多
手乗りキダイに翻弄されてあわやあわやのアマダイボウズ!?
役満かも!?はメダイで…いつも通り白中ドラ(クロムツ)2
ほぼ尺…29.5センチの自己最大メバルでリアランサーに入魂
2024年伊豆初釣りはラスト入れパクしカイワリ20匹でどやっ
時化はあか~ん!! ドッタンバッタン魚信だせずシロギス21匹
走水黄金大アジとはいかなかったが30センチ級混じり28匹
役満かも?な引きはサバのみで。またも白ドラ(クロムツ)3
2024年は幸先よすぎ!! 初釣りでアジ105匹+シロギス20匹
オーラスで役満(アカムツ)あがれず白ドラ(クロムツ)3で
2023年の帳尻合わせ第1戦はカイワリツ抜け達成でどやっ!!
津波注意報の中白間津まで行ってうどん食って帰ってきた
寒さと雨で午前は瀕死…陽がさす午後にアマダイ2匹で帳尻
夫婦そろって束超え…合わせてアジ242匹って粂丸の奇跡?
へたさん来たらやっぱり…でもカイワリ3匹で痛風には十分
入れて入れて休んで入れて…1回旋回半夜クロムツであわわ
ガツ~ンと穂先持っていく夏秋の癒しの釣魚アカハタ初挑戦
ゲスト含め渋かった!! でも満足サイズのアマダイゲット♪
シロムツ本命宣言したら2匹だけ。ほかは痛風に悪そうな…
唯一のこれは!?な魚信は奪食いで…伊豆アカムツまたも撃沈
元気なのはサバとカマスだけで美味しいお刺身はいずこへ?
猛暑日に釣りは本当にあかん…脇腹攣って船上で悶絶したよ
隣でキハダ26キロ+カツオ3.6キロ…でも、僕はノーピク
キャストは少しは様になりシロギス久々に大人になれて24匹
極技 湾フグは2投で入魂するもシロギスはやっぱり苦手だ…
メバル煮付け級1匹だけだがA5級アジ多数+人生初キジハタ
妻と二人がかりでジャスト束!! 全部干物サイズで満足度◎
タコを触れずにキャーキャー言うことすらできなかったのよ
宇佐美の「へたさん来たら釣れない」がまた始まってしまう
人生二度目の新島キンメは…底も魚信も取れず大撃ち~ん
朝からキスで夜はアナゴで下手さ加減を思い知らされた一日
城ヶ島沖クロムツは魚信少なめも釣れれば大満足サイズで♪
久々フォースに気をよくするもオキアミ有利でカイワリ7匹
GW第2戦は待望の凪!! いつもの如く撃沈しマゴチ1匹だけ
強風に苦しみ触手に苛まれ釣り方見失うアジ・キスリレー
予期せぬ大時化にアジツ抜けせずクロダイで帳尻だけ合わす
ちょい時化だけど猿アジはぽつぽつ…後半凪たらし~んと
昼までノーガコッ伝説継続…ヤヴァいかもで一度だけガコッ
気難しいアジに苦戦も46匹。シロギスは釣り方掴めず9匹だけ
驕る下手は久しからず。ノーガコッ伝説が今日始まったよ

著者: へた釣り