束なんてどの口が言うた!? 剣崎沖は厳しくイサキ40匹どまり

束なんてどの口が言うた!? 剣崎沖は厳しくイサキ40匹どまり威勢だけはいいんだけどさ…束超えなんて無謀な目標を掲げて臨んだ剣崎沖のウィリーイサキ。100匹のイサキで満タンになったクーラーとともにドヤ顔決めて、数釣りシーズンのイサキは楽勝だぜとほざく予定だった。剣崎沖のイサキはご機嫌斜め。一生懸命頑張ったけれど40匹どまり。

束なんてどの口が言うた!? 剣崎沖は厳しくイサキ40匹どまり剣崎沖のイサキは厳しいよという情報は事前に得ていた。2日前に釣行したN沢達人が「悔しいイサキ釣りだった。サイズが小さく、食い気もイマイチ!」と教えてくださっていた。なのに、束狙い宣言。アホである。船が空いてて、イサキの活性がよくなっていればもしかしてと虫のよいことを考えていた。束宣言して達成すれば予告ホームランみたいで格好いいよねなんて余計なことまで夢見ていたのであるから、正真正銘のアホである。

■釣り座は余裕あり。あとはイサキの活性さえ高ければ束狙える?

束なんてどの口が言うた!? 剣崎沖は厳しくイサキ40匹どまり1つ目の条件はクリアした。金沢八景・一之瀬丸に着いてみると、イサキ船の席札が結構残っている。リールを右手で巻くので取り込みしやすい右舷は、艫から2席、舳の1席が埋まっているだけで、へた釣りが入っても片舷4人と余裕がある。右舷の胴の間に釣り座を決める。ウィリーなので席の有利不利はあまりない。オマツリを恐れないで済む程度に横との間隔が開いていれば勝負できる。「片舷4人、狙えるかも」と余計なことをFacebookに書き込んだ。そのまま釣り客は増えずに桟橋を離れる。

束なんてどの口が言うた!? 剣崎沖は厳しくイサキ40匹どまり船は剣崎沖のイサキポイントへ。船団はレッドクリフ状態で連なっていた。一之瀬丸は船団には合流せず、少し離れたポイントで釣り開始。瀧本船長が船団におとなしく合流しないときは結果がいいことが多い。期待しながら仕掛けを投入する。まずはオーソドックスに50センチ刻みで待ち3秒のイサキパターン。指示された18メートルから12メートルを探ってみたのだが、ウィリーに魚が触れてくる感触なし。イサキの活性がよくなっていればという2つ目の条件はクリアならず。

束なんてどの口が言うた!? 剣崎沖は厳しくイサキ40匹どまり3秒以上じっと待つのは最後の手段に取っておきたいので、逆に待ち時間を短くしていく。待ち時間ほぼゼロの忙しいシャクリ方にすると、魚信が出るようになった。カイワリシャクリである。カイワリはもちろんこのシャクリ方、タチウオも同じ誘い方、イサキまで……どの魚を釣りに行っても、いつも同じ竿の操作をしている気がする。ほかの人が魚信を出せずに苦労している中、カイワリシャクリならポツポツとはイサキを拾っていける。待ち時間なしなので針掛かり率は悪いし、追い食いは発生せずに単発だけど、釣り始めて1時間で7匹。時速7匹なら半束ペースには乗った。

■机上の空論が尽きた。あか~んと諦めかけると最後の1時間で15匹

束なんてどの口が言うた!? 剣崎沖は厳しくイサキ40匹どまり胴の間なので、船長とお話しながらの釣り。「反応はずっとあるのに、何か気に入らないんでしょうね」。船長ですらお手上げの一番よろしくない日によく聞くセリフだ。確かに船の下にイサキの群れはいる。指示ダナを上から下まで念入りに探っていると、イサキウィリーに触れてくる手ごたえはある。ただし、針掛かり率が極めて悪い。竿先フルフルまでは行くのに、なかなか引き込まない。居食いしている? それとも仕掛けが張ってない? 竿を持ち上げてアワセにいったり、仕掛けにガン玉を打ってみたりといろいろ試してみたが、竿先フルフルまでいっても針掛かり率2割5分くらい。ウィリーに触れた回数に対する針掛かり率は1割以下だったと思う。12時の時点でイサキは17匹。束なんて望むべくもなくなってきた。

束なんてどの口が言うた!? 剣崎沖は厳しくイサキ40匹どまり引き出しなんて、ちゃんと整理した方法論の持ち合わせはない。雑然と頭の中の机の上に広げてあるへた釣り印の机上の空論シリーズでさえも底を尽きはじめる。珍しく座り込んで、タバコに火を点けながら「試したいことなくなってきた」とボヤキまで出始める。どうもならん。12時半でようやく20匹を超えた。目標束とか言ってたくせにしまらない結果に終わりそうな予感に、心が折れそうになる。へた釣りにできることは、「やる気だせ~、イサキ!!」と悪態をつく(心の中でね)くらいしか残されていない。

束なんてどの口が言うた!? 剣崎沖は厳しくイサキ40匹どまりそんな願いが通じたのか、14時を前にイサキの活性が少しだけ上がった。どれだけ足掻いても目標には届かないと分かっているのに、シャクってシャクってシャクリ倒す。ダブルも3回あり、終了までの1時間で、15匹くらい追加。時速15匹ってことは最後だけ束釣りペースに乗った。バケツの中もようやくイサキのゴンズイ玉状態に。沖上がり後、船長から「今年はこれで終わりですか?」と聞かれる。終われない。来週もたぶん行く気がする。目標は、もちろん束釣り! アホというのは懲りないものなのである。
束なんてどの口が言うた!? 剣崎沖は厳しくイサキ40匹どまり束なんてどの口が言うた!? 剣崎沖は厳しくイサキ40匹どまり



Twitter

2014年08月24日 20:34

« 久々の剣崎沖が凪予報の週末。狙うはイサキの束釣りだぁ!! | メイン | イサキ束狙い最終戦に向けて仕掛けの全長・枝間を見直す »

最近の釣りに行った記事

特餌忘れ凪のはずが時化でメバル釣れずなんだか不本意な…
前半はサバに混じってアジで後半はアジに混じってサバ地獄
稲取沖第1投で城ケ島以西で“アレ”が釣れない呪い解呪成功
シロギスは三歩進んで五歩さがりアナゴは二歩進んだら迷子
辛うじてノーピクではないもののノーガコッでクロムツボウズ
へたが来た日は釣れる!? 尺級2匹込みカイワリ18匹でどやっ
釣れるイメージ全く湧ず。マゴチで2024年初の完全ボウズ
程よくとほろ酔いが苦手な夫婦は人生二度目の仲良く束釣り
A5ランク混じりでアジ28匹+煮付けメバルにクロダイまで
式根島キンメでシールもらってドヤッ顔で写真に納まったよ
上手くシャクれば!! 一荷も! カイワリの醍醐味満喫し自己最多
手乗りキダイに翻弄されてあわやあわやのアマダイボウズ!?
役満かも!?はメダイで…いつも通り白中ドラ(クロムツ)2
ほぼ尺…29.5センチの自己最大メバルでリアランサーに入魂
2024年伊豆初釣りはラスト入れパクしカイワリ20匹でどやっ
時化はあか~ん!! ドッタンバッタン魚信だせずシロギス21匹
走水黄金大アジとはいかなかったが30センチ級混じり28匹
役満かも?な引きはサバのみで。またも白ドラ(クロムツ)3
2024年は幸先よすぎ!! 初釣りでアジ105匹+シロギス20匹
オーラスで役満(アカムツ)あがれず白ドラ(クロムツ)3で
2023年の帳尻合わせ第1戦はカイワリツ抜け達成でどやっ!!
津波注意報の中白間津まで行ってうどん食って帰ってきた
寒さと雨で午前は瀕死…陽がさす午後にアマダイ2匹で帳尻
夫婦そろって束超え…合わせてアジ242匹って粂丸の奇跡?
へたさん来たらやっぱり…でもカイワリ3匹で痛風には十分
入れて入れて休んで入れて…1回旋回半夜クロムツであわわ
ガツ~ンと穂先持っていく夏秋の癒しの釣魚アカハタ初挑戦
ゲスト含め渋かった!! でも満足サイズのアマダイゲット♪
シロムツ本命宣言したら2匹だけ。ほかは痛風に悪そうな…
唯一のこれは!?な魚信は奪食いで…伊豆アカムツまたも撃沈
元気なのはサバとカマスだけで美味しいお刺身はいずこへ?
猛暑日に釣りは本当にあかん…脇腹攣って船上で悶絶したよ
隣でキハダ26キロ+カツオ3.6キロ…でも、僕はノーピク
キャストは少しは様になりシロギス久々に大人になれて24匹
極技 湾フグは2投で入魂するもシロギスはやっぱり苦手だ…
メバル煮付け級1匹だけだがA5級アジ多数+人生初キジハタ
妻と二人がかりでジャスト束!! 全部干物サイズで満足度◎
タコを触れずにキャーキャー言うことすらできなかったのよ
宇佐美の「へたさん来たら釣れない」がまた始まってしまう
人生二度目の新島キンメは…底も魚信も取れず大撃ち~ん
朝からキスで夜はアナゴで下手さ加減を思い知らされた一日
城ヶ島沖クロムツは魚信少なめも釣れれば大満足サイズで♪
久々フォースに気をよくするもオキアミ有利でカイワリ7匹
GW第2戦は待望の凪!! いつもの如く撃沈しマゴチ1匹だけ
強風に苦しみ触手に苛まれ釣り方見失うアジ・キスリレー
予期せぬ大時化にアジツ抜けせずクロダイで帳尻だけ合わす
ちょい時化だけど猿アジはぽつぽつ…後半凪たらし~んと
昼までノーガコッ伝説継続…ヤヴァいかもで一度だけガコッ
気難しいアジに苦戦も46匹。シロギスは釣り方掴めず9匹だけ
驕る下手は久しからず。ノーガコッ伝説が今日始まったよ

著者: へた釣り