宇佐美のカイワリは歓迎してくれた…最初の数投だけはね

宇佐美のカイワリは歓迎してくれた…最初の数投だけはね緊急事態宣言で金沢八景より南に行くのは自粛していたため、実に175日ぶりの宇佐美・治久丸へのカイワリプチ遠征。半年ぶりともなると釣り方覚えているかしら?と少し不安もあったが、アホな頭では覚えてなくても体が覚えているものである。開始直後に立て続けに2匹。そのあとは…。

宇佐美のカイワリは歓迎してくれた…最初の数投だけはね半年ぶりともなるといろいろなものが変わっているもので、熱海行きに使っていた快速アクティーがなくなっていたため、熱海駅で早めの昼食を摂るには10分ほど早い電車に乗らなければならなかった。ところが電車に10分ほどの遅延が発生し、集合時間には間に合うものの昼食を摂る時間はなし。宇佐美駅に着いてからコンビニで何か買って港で食べるしかないかと考えていたら、駅前のラーメン屋(お好み焼き屋?)がなくなって代わりにお弁当屋さんができていた。おにぎり2個と4個入りのからあげを買って380円。海水浴場入口にある東屋で海を眺めながらいただくことに。コンビニ弁当よりは間違いなく美味い。これからは熱海駅では食事をせずにここで昼食を買う。港入口のお地蔵さん(釣りの神様?)に久しぶりなのでご挨拶してから治久丸へと向かう。
宇佐美のカイワリは歓迎してくれた…最初の数投だけはね宇佐美のカイワリは歓迎してくれた…最初の数投だけはね

■一投目で175日ぶりのカイワリ。二投目はお刺身サイズで出だし快調

宇佐美のカイワリは歓迎してくれた…最初の数投だけはね午前はあまり様子がよくなかったようで、朝の早い時間にだけ魚信が出てそれっきりであったようだ。初島のポイントは潮も速かったようで、苦戦の予感。カイワリの主戦場である初島沖の水深80メートルくらいで釣り開始となる。オモリが着底したら仕掛けの長さ分の3メートルすぐに底を切って仕掛けが潮に馴染むのを待って、50センチ刻みでスティ0の超高速シャクリ開始。速ければ速いほど、鋭ければ鋭いほどいいのであるからカイワリシャクリは楽しい。すぐにカイワリっぽいようななんか少し変な魚信が出る。巻き始めるまでは半信半疑だったが、引きはカイワリ。開始ものの3分で175日ぶりのカイワリを手にする。なんとスレ掛かり。ウィリーに突っ込んできている証なので、今日はいいかもな滑り出し。
宇佐美のカイワリは歓迎してくれた…最初の数投だけはね宇佐美のカイワリは歓迎してくれた…最初の数投だけはね

宇佐美のカイワリは歓迎してくれた…最初の数投だけはねスティ0の高速シャクリで魚信が出れば、もう迷うことはない。とにかく高速かつ鋭くそれでいてきっちり止めることを意識してシャクリ倒す。シャクって穂先が水平に戻ろうとしている最中に穂先がグンッと入る。スレ掛かりの1匹目よりも重量感があり、巻き上げ中も間欠的に鋭い引き込みをみせる。大事をとって手巻きで慎重にやり取りして無事取り込めたのは25センチ級のお刺身サイズ。船長が写真を撮りに来てくれて「おかえり」と声をかけていただく。2匹目ゲットまで10分かかっていないのでこれはもうツ抜けは当たり前で20匹くらい狙えるかもなペースだったのだが…それ以降ぱったり。シャクれどもシャクれどもな時間が始まる。ハチビキかロウソクチビキの幼魚(?)しか釣れなくなって大減速。イサキ狙いに切り換えるも魚信なしに焦れて底まで落してカサゴの仲間(ヒレナガカサゴ?)など得体の知れない魚ばかり釣る。
宇佐美のカイワリは歓迎してくれた…最初の数投だけはね宇佐美のカイワリは歓迎してくれた…最初の数投だけはね

■陸寄りポイントで五目釣りに。マトウダイは久々にゲットしたぞ

宇佐美のカイワリは歓迎してくれた…最初の数投だけはねイサキは卦もなしですぐにカイワリに戻るが今度は潮が速くなってしまい極めて釣りにくくなってしまう。30センチ刻みの弾丸コマセを試したが不発。主戦場は見切りをつけて陸寄りの水深60メートルくらいのポイントに移動する。底が砂泥っぽい手応えだったので、イタズラで底から3メートルはアマダイ狙いでその上はカイワリ狙いで誘ってみることに。底付近で穂先に違和感があったが小魚っぽいので無視してシャクっていると何かがアタックしてきた手応え。シャクるのをやめて待つと重量感だけはある魚信になって大きなマトウダイ。底で掛けたトラギスに食ってきた。続いて待ちに待った小気味よい魚信が出て3時間ぶりのカイワリ。お次はウィリーにアタックしてきた感触はあったが弾く。カイワリがバンバン釣れている日なら弾く魚信は本命ではないので無視してシャクり続けるが、魚信に飢えているのでシャクリを止めて食わせる。定番ゲストのチダイがウィリーに食ってきた。
宇佐美のカイワリは歓迎してくれた…最初の数投だけはね宇佐美のカイワリは歓迎してくれた…最初の数投だけはね

宇佐美のカイワリは歓迎してくれた…最初の数投だけはね最後は宇佐美港近くの漁礁周りのポイントへ。秋になるとカンパチを狙えるポイントだ。カイワリもいないわけではないので、カイワリ狙いの高速シャクリを継続することに。シャクればいくらでも魚信はある。竿先をフルルと振るわせるのはだいたいアジ。あまりアジは欲しくなのでぞんざいに釣って、それでも取り込めた分だけ持ち帰ることに。いるのは分かっていて、比較的高速なシャクリに反応してくれるある魚を裏本命にしていたら1匹だけ釣れた。メジナだ。これでお持ち帰りはカイワリ×3、チダイ×1、マトウダイ×1、メジナ×1、アジ×9、キダイ(リリース失敗)×1の六目16匹に。好漁とは言えないが宇佐美での釣りを久しぶりに楽しめたので良し♪
宇佐美のカイワリは歓迎してくれた…最初の数投だけはね宇佐美のカイワリは歓迎してくれた…最初の数投だけはね


Twitter

2021年06月26日 22:52

« 半日お試しタコはミナミのリレーでもできると今さら気づいた | メイン | 【動画】伊豆だから? カイワリだから? テンションブチ上げ »

最近の釣りに行った記事

あさなぎ丸が小船と事故…イサキ開幕戦は不戦敗で激凹み
デラキンメは朝一でゲットするも水深400m超は謎だらけ
金田湾イワシメバルがあまりに魚信なく呆けてホゲて凹む
焼肉デート楽しかった。釣りもした気がするけど覚えてない
23・22・20センチのトリプルを決めるもメバルは凪に限るね
天秤? 胴突き? 俺に限ってどっちもあかんなシロギス釣り
愚策裏目で波に乗れずオキメバル4匹一荷でなんとか帳尻
天気予報大外れで良型クロムツ釣れてなければ凍え死んでた
巨大アジ猛攻であわやカイワリいない五目になるとこだった
煮付け2尾で1皿サイズのメバル14人前に癒してもらい幸せ
午前アジ22匹でなんとか。妻は5匹&竿折れて後半闇堕ちす
春の海ひねもす癒しリレーのはずが…心身鍛錬の一日に!!
春の京都。京都らしいええもんを探して一泊二日めし旨旅♪
ヤリイカも俺が行ったら終わるやん…断トツ最低1.5匹だけ
行ったらやっぱり終わってたよ…好調の余韻でカイワリ8匹
走水黄金大アジゲットも…アジに嫌われたままツ抜けせず
2022年初の大漁♪ 炙り刺しで最高なクロムツ15匹でドヤッ!!
暖かくって午後アジ作戦成功と思いきや釣果が凍死レベル
鉄壁のサバに阻まれ時合逃しカイワリ4匹だけとしょんぼり
3週間ぶりの釣りはサバ地獄と変な潮でクロムツ2匹だけ~
ドキドキもワクワクもなく初釣りの鬼おみくじ2022は大凶だ
ドデカアマ53.5センチ! 2021年最後にして最高の釣りだ!!
家族一人に1匹30㎝級クロムツ確保でお正月は尾頭付きで♪
10分の5がリリースって…一之瀬感謝デーカワハギで頓死す
潮澄み中盤まで魚信なし。日が傾いてカイワリダブル×3+1
デカハギの釣り方忘れた! 昨年に続きツ抜けせずで開幕
53センチのマハタ釣れたが…カイワリには全く相手にされず
妻がクロダイおかわり成功。それも48センチにサイズアップ
魚っ気皆無の白間津で船酔い・竿折れ・クーラー空で呆然
妻が47.5センチ人生初クロダイ。アジはコマセ係で撃ちーん
初のえいあん丸・城ヶ島沖オニカサゴは速潮に悩まされ2匹
帰りのクーラーの重さまで…サワラは五十肩に優しかった♥
105日ぶりのカイワリプチ遠征はあわやボウズで痺れたよ~
コレジャナイ十目で困憊。今日はダメ思ったらラスト10分で
三度目の正直でワラサ挑むも二度あることは…マダイは2匹
八景沖マダイは珍しく素直で3匹。久里浜ワラサとは断交中
新ブランド?よっしゃサバ。ポニョに34cmアマダイ混ざり喜々
ラストイサキは半日50匹。ワラサは常日頃の行いが悪い?
ラスト5分…またね♥とクロムツにめっちゃ営業されてしまう
2週連続で追い食いゼロって…今年の剣崎ウリンボ手強い
くそ暑い上にくそ渋い剣崎イサキ24匹どまりでくっそーー!!
やっぱ下手やねん♪ めっちゃ真面目に釣ってシロギス14匹
イサキは雨の日に限る。今季最大36cm&最多47匹でどやっ
宇佐美のカイワリは歓迎してくれた…最初の数投だけはね
雨中のシロギス特訓。キス天食べ放題へ一歩一歩前進中♪
尺級5匹込みで21匹! 剣崎イサキの釣り方思い出した?
剣崎イサキ絶好調とはいかないが昨季より手応えありで8匹
クロムツからの魚信なしでひたすらサバサバサバサバサバ
アカクラゲの時期にシロギスの練習? 心得違いもいいとこ
尺イサキ多数にアカイサキ雄でクーラー六分もレア魚はなし

著者: へた釣り