推しは剣崎でしょ、と沖の瀬イサキに塩対応されてしまい…

推しは剣崎でしょ、と沖の瀬イサキに塩対応されてしまい…2020年のイサキ開幕戦は洲崎沖で23匹のイサキを釣ったものの、剣崎では1匹も釣れず。剣崎イサキ解禁はオアズケをくらってしまった。あれから3週間。そろそろ松輪の根が安定し始める時期、6月下旬ともなれば引きが小気味よい浅場のイサキを楽しめると信じて疑ってなかったが…。

推しは剣崎でしょ、と沖の瀬イサキに塩対応されてしまい…あれれ?となったのは週の半ばのこと。それまで剣崎沖で20センチ級のイサキがポツポツと釣れていたのだが急に、釣果が悪くなった。悪い人はほんの数匹、いい人でも20匹にとどかないという釣況に。釣行前日には1~10匹になってしまい、これは相当厳しいかもという予感を抱きながら金沢八景・一ノ瀬丸へ。乗船し瀧本船長にご挨拶すると、「今日はいきなり沖の瀬まで行くと思います」とのこと。え~~~~!って気分だが、船長が剣崎では勝負できないと判断したのなら仕方がない。「今年まだ1匹も剣崎でイサキ釣ってない」と伝えると「最後に戻って頑張ってみます」。開幕戦は洲崎→剣崎で、2戦目は沖の瀬→剣崎。嫌な予感しかしない。

■剣崎沖には寄らず沖の瀬へ。最初だけよかったがその後悪戦苦闘

推しは剣崎でしょ、と沖の瀬イサキに塩対応されてしまい…船は定刻に桟橋を離れる。剣崎の様子を見てから沖の瀬に向かうのだと思っていたら、いつもの航路よりもずいぶんと東を走る。剣崎の陸地を右手に見ながら沖の瀬まで一直線。剣崎沖で1日やるつもりだったので、電動リールも持ってきてないし、仕掛けも剣崎用の細ハリス、小針の物しか持ってきてない。ポイントに到着すると「50メートル」という指示。ウィリーでの釣りなので50メートル~45メートルといった具合に指示が出るはずなのに……。魚信はすぐにあったカワリハナダイと一荷で20センチくらいの小型のイサキでスタート。続いてダブルでうち1匹は30センチ超えのお刺身サイズ。沖の瀬で順調にお土産を確保し剣崎沖に戻れそうな雰囲気だったのだが……。
推しは剣崎でしょ、と沖の瀬イサキに塩対応されてしまい…推しは剣崎でしょ、と沖の瀬イサキに塩対応されてしまい…

推しは剣崎でしょ、と沖の瀬イサキに塩対応されてしまい…よかったのは最初のポイントだけで、それから先はシャクれどもシャクれども魚の雰囲気を感じない時間帯が続く。全く魚がいないわけではないようで、たまにイサキらしい魚信が出るのだが嘘でしょってレベルで掛からない。掛かっても巻き上げ中にバレたり、イサキでは滅多にない海面バラシも……おそらく剣崎用のチヌ針0.8号では沖の瀬のイサキには小さすぎるようですっぽ抜けてしまってるんだと思われる。沖のウィリー用のチヌ針2号の仕掛けがあればもう少し獲れたはずだが、そもそも魚信が少ない。待望の魚信が掛からないでは心が折れていく。シャクリはソフトからハードまで、スティ時間も最大5秒まで試したものの正解は見つからず。沖の瀬ではあと1匹、尺イサキを追加して4匹で終了。
推しは剣崎でしょ、と沖の瀬イサキに塩対応されてしまい…推しは剣崎でしょ、と沖の瀬イサキに塩対応されてしまい…

■今日もダメかと諦めかけたその時に待望の1匹で正真正銘、剣崎解禁

推しは剣崎でしょ、と沖の瀬イサキに塩対応されてしまい…船中お土産をまだ確保できていない人がいたため、もしかするとこのまま剣崎には戻らずに沖の瀬で1日やるのかも?と不安を覚え始めた13時過ぎにようやく「剣崎に戻ってみますね」とのアナウンス。15時沖上がりなので移動時間を考えると1時間半くらいの勝負。剣崎沖には船が5、6隻いるだけだった。瀧本船長は根の周辺をゆっくり回ってこれぞという反応を探してくれるが先着の船…誰一人釣れていない。ようやく船が止まる。タナの指示は17メートルから10メートル。50センチ刻みで14回シャクる。いろんなシャクリ方を試してみたが手強い。

推しは剣崎でしょ、と沖の瀬イサキに塩対応されてしまい…何も起きずにこのまま終了かな?と考えざるを得ない。久里浜・ムツ六が沖上がりしたので残り30分。とうとう「残り10分で仕舞っていきます」。だめかぁぁあああと心の中で叫ぶ。瀧本船長から「最後もう1回、1投勝負でやりかえてみるから」とのアナウンスがある。船長は諦めてなかったわけだ。最後のポイントで16メートルからシャクリ始めて8シャクリめだから12メートルで魚信! 「剣崎イサキィィイイイ」って叫んじゃったよ。20センチくらいと沖の瀬で釣れたものより小さかったけど終了間際の正真正銘剣崎イサキ解禁達成にテンション上がりまくる。船長が少しだけ時間延長してくれたので最後まで頑張ったが魚信は訪れず。待望の1尾を手にできたので良し!
推しは剣崎でしょ、と沖の瀬イサキに塩対応されてしまい…推しは剣崎でしょ、と沖の瀬イサキに塩対応されてしまい…


Twitter

2020年06月27日 20:24

« 神奈川に比べ東京は女性乗船料割引率が低いのはなぜ? | メイン | 【動画】沖の瀬尺イサキにではなく剣崎の中イサキに歓喜す »

最近の釣りに行った記事

テンビンが連続で折れるって…肝心の二目は抜きで八目!!
居酒屋へたのお通しは小アジ南蛮漬け。それ食ったら寝る
雨中の筋トレのご褒美はラスト15分に30upクロムツを2匹だ
暑さ避けさくっと午前アジ作戦。サイズいろいろ39匹で成功
カイワリにというより暑さに負けて三目6匹だけでしょんぼり
極鋭CGクロムツの章入魂。スミヤキ元気すぎて難しかった!!
2020年のイサキ…釣り方分からない。涙目でシャクリ続ける
ほぼ初体験タイラバでタツノオトシゴ+カイワリなんとか2匹
気まぐれな剣崎沖イサキに翻弄されるのもいと嬉しで35匹♪
自己最大47センチ&自己最多更新で富戸オニカサゴ最高♪
A5ランク絶品アジばかり53匹。時化避けサクッと釣行大成功
推しは剣崎でしょ、と沖の瀬イサキに塩対応されてしまい…
和彦丸キス・アジリレーで東京湾二大釣魚に再入門してきた
イサキ開幕戦は尺級5匹込み23匹。でも剣崎は撃ちーん!
復活の日釣行。まずはめでタイ、あとはひたすらイサキで…
【コロナで自粛】試行錯誤で美味しく! 日田風焼きそば開店
【コロナで自粛】大阪の居酒屋の味を求め串揚げやさん開店
【コロナで散財】美味い乾麺のそば番外編。ほうじ茶蕎麦編
【コロナで自粛】大阪の匂いに包まれお好み焼き屋さん開店
【コロナで自粛】子供1号バイト先より肉着弾し焼肉屋開店!!
【コロナで散財】一番美味い乾麺のそばを探す。天狗そば編
【コロナで自粛】陽気がよいので玄関先で焼き鳥屋さん開店
【コロナで散財】日本一美味い駅そば「音威子府そば」を食う
アラはともかくとして…クーラー真っ白でピント合わねぇよ(泣
前半苦戦も怒涛の追い上げでカイワリ自己最多を27匹に!
釣れども釣れども手乗りカサゴで…俺の心は木っ端微塵!
怒涛の4連荘ありアカムツ5匹。極鋭CG釣れる気しかしない
午前は船中1匹の報に暗澹とするもカイワリ15匹でえっへん
南房まで行ってシマアジがボウズだけでなくクーラー空っぽ
厳しい通り越し痺れた。アラフォーイシダイゲットでなんとか
極鋭CGオニカサゴで入魂完了。腕ではなく竿を褒められる
自称・老先短い母にええもん食わせに上かん屋 久佐久へ
初の外房にて45cm&30cmのアカムツ両手にドヤっドヤっ顔
満足サイズも2匹。深場五目初戦はクロムツ6匹でえっへん
難波最強の立ち飲み屋発見! あたりや食堂でニセンベロ!!
あわや2釣行連続でクーラー空! オニカサゴみくじは小吉
年越しそば2019は難波・源氏で。関西流に辛味大根が美味
令和元年の釣り納めで今年初のをやらかしてしょぼ~ん!
イナダだらけでイシダイどこ~? シマ消え込みで3匹ゲット
久里浜沖7時間耐久マダイ魚信なし地獄にもがき苦しんだ
カイワリは安定の14匹。カンパチはソレダメをやらかしたよ
序盤にクロダイ×2、そのうちマダイも釣れると思ったのに…
雑然とした路地の老舗寿司屋あばらやで大人のドキドキを
カイワリと変わらないサイズだけど初の白間津・シマアジだ
カイワリツ抜けは楽勝と油断したら後半デカアジに翻弄され
ドラグ滑って面白すぎ!! イナダ(ハマチ)10匹で大大大満足
タチウオは指5本×2で満足。アマダイはポニョのみで罪悪感
台風一過の午前アジは土砂降り、強風、ゴミだらけだったが
餃子激戦区の恵比寿に祇園歩兵3号店。優しいお味に納得
35up乱舞。アジしか釣れずしょんぼり、妻は人生最大に興奮

著者: へた釣り