推しは剣崎でしょ、と沖の瀬イサキに塩対応されてしまい…

推しは剣崎でしょ、と沖の瀬イサキに塩対応されてしまい…2020年のイサキ開幕戦は洲崎沖で23匹のイサキを釣ったものの、剣崎では1匹も釣れず。剣崎イサキ解禁はオアズケをくらってしまった。あれから3週間。そろそろ松輪の根が安定し始める時期、6月下旬ともなれば引きが小気味よい浅場のイサキを楽しめると信じて疑ってなかったが…。

推しは剣崎でしょ、と沖の瀬イサキに塩対応されてしまい…あれれ?となったのは週の半ばのこと。それまで剣崎沖で20センチ級のイサキがポツポツと釣れていたのだが急に、釣果が悪くなった。悪い人はほんの数匹、いい人でも20匹にとどかないという釣況に。釣行前日には1~10匹になってしまい、これは相当厳しいかもという予感を抱きながら金沢八景・一ノ瀬丸へ。乗船し瀧本船長にご挨拶すると、「今日はいきなり沖の瀬まで行くと思います」とのこと。え~~~~!って気分だが、船長が剣崎では勝負できないと判断したのなら仕方がない。「今年まだ1匹も剣崎でイサキ釣ってない」と伝えると「最後に戻って頑張ってみます」。開幕戦は洲崎→剣崎で、2戦目は沖の瀬→剣崎。嫌な予感しかしない。

■剣崎沖には寄らず沖の瀬へ。最初だけよかったがその後悪戦苦闘

推しは剣崎でしょ、と沖の瀬イサキに塩対応されてしまい…船は定刻に桟橋を離れる。剣崎の様子を見てから沖の瀬に向かうのだと思っていたら、いつもの航路よりもずいぶんと東を走る。剣崎の陸地を右手に見ながら沖の瀬まで一直線。剣崎沖で1日やるつもりだったので、電動リールも持ってきてないし、仕掛けも剣崎用の細ハリス、小針の物しか持ってきてない。ポイントに到着すると「50メートル」という指示。ウィリーでの釣りなので50メートル~45メートルといった具合に指示が出るはずなのに……。魚信はすぐにあったカワリハナダイと一荷で20センチくらいの小型のイサキでスタート。続いてダブルでうち1匹は30センチ超えのお刺身サイズ。沖の瀬で順調にお土産を確保し剣崎沖に戻れそうな雰囲気だったのだが……。
推しは剣崎でしょ、と沖の瀬イサキに塩対応されてしまい…推しは剣崎でしょ、と沖の瀬イサキに塩対応されてしまい…

推しは剣崎でしょ、と沖の瀬イサキに塩対応されてしまい…よかったのは最初のポイントだけで、それから先はシャクれどもシャクれども魚の雰囲気を感じない時間帯が続く。全く魚がいないわけではないようで、たまにイサキらしい魚信が出るのだが嘘でしょってレベルで掛からない。掛かっても巻き上げ中にバレたり、イサキでは滅多にない海面バラシも……おそらく剣崎用のチヌ針0.8号では沖の瀬のイサキには小さすぎるようですっぽ抜けてしまってるんだと思われる。沖のウィリー用のチヌ針2号の仕掛けがあればもう少し獲れたはずだが、そもそも魚信が少ない。待望の魚信が掛からないでは心が折れていく。シャクリはソフトからハードまで、スティ時間も最大5秒まで試したものの正解は見つからず。沖の瀬ではあと1匹、尺イサキを追加して4匹で終了。
推しは剣崎でしょ、と沖の瀬イサキに塩対応されてしまい…推しは剣崎でしょ、と沖の瀬イサキに塩対応されてしまい…

■今日もダメかと諦めかけたその時に待望の1匹で正真正銘、剣崎解禁

推しは剣崎でしょ、と沖の瀬イサキに塩対応されてしまい…船中お土産をまだ確保できていない人がいたため、もしかするとこのまま剣崎には戻らずに沖の瀬で1日やるのかも?と不安を覚え始めた13時過ぎにようやく「剣崎に戻ってみますね」とのアナウンス。15時沖上がりなので移動時間を考えると1時間半くらいの勝負。剣崎沖には船が5、6隻いるだけだった。瀧本船長は根の周辺をゆっくり回ってこれぞという反応を探してくれるが先着の船…誰一人釣れていない。ようやく船が止まる。タナの指示は17メートルから10メートル。50センチ刻みで14回シャクる。いろんなシャクリ方を試してみたが手強い。

推しは剣崎でしょ、と沖の瀬イサキに塩対応されてしまい…何も起きずにこのまま終了かな?と考えざるを得ない。久里浜・ムツ六が沖上がりしたので残り30分。とうとう「残り10分で仕舞っていきます」。だめかぁぁあああと心の中で叫ぶ。瀧本船長から「最後もう1回、1投勝負でやりかえてみるから」とのアナウンスがある。船長は諦めてなかったわけだ。最後のポイントで16メートルからシャクリ始めて8シャクリめだから12メートルで魚信! 「剣崎イサキィィイイイ」って叫んじゃったよ。20センチくらいと沖の瀬で釣れたものより小さかったけど終了間際の正真正銘剣崎イサキ解禁達成にテンション上がりまくる。船長が少しだけ時間延長してくれたので最後まで頑張ったが魚信は訪れず。待望の1尾を手にできたので良し!
推しは剣崎でしょ、と沖の瀬イサキに塩対応されてしまい…推しは剣崎でしょ、と沖の瀬イサキに塩対応されてしまい…


Twitter

2020年06月27日 20:24

« 神奈川に比べ東京は女性乗船料割引率が低いのはなぜ? | メイン | 【動画】沖の瀬尺イサキにではなく剣崎の中イサキに歓喜す »

最近の釣りに行った記事

シマアジは俺のこと大嫌いみたいだ。コマいのが1匹だけ
妻ノーピクで闇墜ち&僕もカイワリ2匹だけでデート失敗
庄吉丸の下に15匹目のオニカサゴ…でも16匹目はおあずけ
萬栄丸半夜クロムツで自己最多を27匹&最大を38センチに
山下丸アマダイ初挑戦は良型獲れずも5匹釣れてまずまず
久里浜ウィリー五目…ワラサとサバフグに邪魔され大苦戦
バラシ多数で大苦戦。でも25センチ級カイワリ2匹を独占
悲願の妻アジ30匹チャレンジは42匹でクリア…ど、同数!!?
海堡で順調→竹岡砂漠→海堡に戻りカワハギ開幕戦は11匹
…………………………………………………ノーピクだった
萬栄丸半夜クロムツ初戦はサバ禍で失速も16匹でえっへん
小サバ湧いてカイワリお留守。カンパチはいてくれたよ~
新山下デビュー戦は美味しいサイズのベイブリアジ17匹♪
25cmが小さく見える尺超え×2で夏カイワリ攻略の糸口!?
ゴロタとフグに翻弄され苦戦。シロギス20匹超えがやっと
タコを釣ったらキャーキャー騒ぐへたれなおっさんが8杯♪
本日、大人はウィリーにおさわり禁止…カイワリほげたぞ
居食いしてる?な気難アジにあの手この手で口使わせて81匹
天秤&仕掛けを和彦丸SPにしてシロギス58匹でにんまり
アカムツどころか魚信が一度もなく城ヶ島沖で大撃ち~ん
暑さとサバに無口になるも船長冴えててカイワリを9匹!!
あさなぎ丸が小船と事故…イサキ開幕戦は不戦敗で激凹み
デラキンメは朝一でゲットするも水深400m超は謎だらけ
金田湾イワシメバルがあまりに魚信なく呆けてホゲて凹む
焼肉デート楽しかった。釣りもした気がするけど覚えてない
23・22・20センチのトリプルを決めるもメバルは凪に限るね
天秤? 胴突き? 俺に限ってどっちもあかんなシロギス釣り
愚策裏目で波に乗れずオキメバル4匹一荷でなんとか帳尻
天気予報大外れで良型クロムツ釣れてなければ凍え死んでた
巨大アジ猛攻であわやカイワリいない五目になるとこだった
煮付け2尾で1皿サイズのメバル14人前に癒してもらい幸せ
午前アジ22匹でなんとか。妻は5匹&竿折れて後半闇堕ちす
春の海ひねもす癒しリレーのはずが…心身鍛錬の一日に!!
春の京都。京都らしいええもんを探して一泊二日めし旨旅♪
ヤリイカも俺が行ったら終わるやん…断トツ最低1.5匹だけ
行ったらやっぱり終わってたよ…好調の余韻でカイワリ8匹
走水黄金大アジゲットも…アジに嫌われたままツ抜けせず
2022年初の大漁♪ 炙り刺しで最高なクロムツ15匹でドヤッ!!
暖かくって午後アジ作戦成功と思いきや釣果が凍死レベル
鉄壁のサバに阻まれ時合逃しカイワリ4匹だけとしょんぼり
3週間ぶりの釣りはサバ地獄と変な潮でクロムツ2匹だけ~
ドキドキもワクワクもなく初釣りの鬼おみくじ2022は大凶だ
ドデカアマ53.5センチ! 2021年最後にして最高の釣りだ!!
家族一人に1匹30㎝級クロムツ確保でお正月は尾頭付きで♪
10分の5がリリースって…一之瀬感謝デーカワハギで頓死す
潮澄み中盤まで魚信なし。日が傾いてカイワリダブル×3+1
デカハギの釣り方忘れた! 昨年に続きツ抜けせずで開幕
53センチのマハタ釣れたが…カイワリには全く相手にされず
妻がクロダイおかわり成功。それも48センチにサイズアップ
魚っ気皆無の白間津で船酔い・竿折れ・クーラー空で呆然

著者: へた釣り