前半苦戦も怒涛の追い上げでカイワリ自己最多を27匹に!

前半苦戦も怒涛の追い上げでカイワリ自己最多を27匹に!「へたさん来たら釣れないね」木部船長に何度そう言われたことか。今日も前半は貧漁神が荒ぶる展開。潮速くコマセと仕掛けがまったく同調せず、しゃくれどもしゃくれども何も起きず。中盤は良型ゲットでほっと安心。後半は怒涛の入れパクモードに突入しカイワリの自己最多を大幅更新。

前半苦戦も怒涛の追い上げでカイワリ自己最多を27匹に!新型コロナウイルスの感染拡大が懸念されている中、宇佐美まで釣りに行っていいんだろうか?と悩んだが、毎週末のお楽しみなので釣りにはどうせ行く。羽田なら安心、金沢八景なら大丈夫と線引きすることは不可能なので、あれこれ考えずに一番行きたい釣りに行くことに。8時半の東海道線で熱海を目指したが車中には観光客はほとんどおらずガラガラ。2人掛けの席に座ったが横には熱海に着くまで誰も座らずという状態だった。宇佐美駅に降り立つと珍しく少し肌寒い。鈍色の空を映した海は冬の様相。伊豆で海が冬っぽいと感じたときはだいたい苦戦しているので港を目指しながら少し嫌な予感を覚える。

■午前中にあれだけあった反応が消失!? 良型はゲットしたが数伸びず

前半苦戦も怒涛の追い上げでカイワリ自己最多を27匹に!港に到着するとちょうど午前もカイワリで出船していた治久丸が帰港してきた。クーラーを船から降ろす様子を見ていると、重そう。船長に確認すると「みなさん20匹くらいは釣ってた。いい人だと30匹くらい」とのこと。へた釣りの自己最多は18匹。船中平均釣れば自己最多を更新できる。これは期待してもいいのではと、意気揚々と出船。海は少し荒れ気味で飛沫を被るので操舵室の後ろに避難する。ポイントは初島沖の水深90メートル前後。いつものように50センチ刻みで底3メートルから12メートルくらいまでを探ってみたが魚の気配なし。上潮が速くラインは鋭角に入っていくが底の潮は動いていないようで上窓を数ミリだけ空けるいつものビシの設定ではほとんどコマセが出ない。このポイントでの唯一の魚信はサバ。そのサバすらなにかの間違いで1匹釣れただけで続かない。
前半苦戦も怒涛の追い上げでカイワリ自己最多を27匹に!前半苦戦も怒涛の追い上げでカイワリ自己最多を27匹に!

前半苦戦も怒涛の追い上げでカイワリ自己最多を27匹に!船長がマイクで「朝はあんなにあった反応が一つもなくなっている」とこぼす。魚の群れがわずか1時間で消失することがあるかどうかは知らないが、まったく魚の気配を感じないのは事実。反応を探して初島から少し離れた水深125メートルくらいのポイントに移動する。潮がいくらか緩く先のポイントより釣りやすい。着底直後にすぐに魚信があってキダイが釣れる。底付近はキダイが群れているらしくシャクっているとタイ系の硬質な手応えが何度かある。キダイをかわすために底から8メートルまではスティ0の高速シャクリで、8メートルから13メートルまでをスティ1秒のシャクリで狙っていると穂先がギュンと持っていかれる。まずは25センチ超えのお刺身サイズ。カイワリの食い層が高かったおかげでキダイをかわせる。続いて30センチを少し切るサイズのカイワリ。数は出ないがこのサイズならと喜んでいると良型はこの2匹だけで20センチくらいにサイズダウン。このポイントで15時まで頑張ってカイワリは4匹。
前半苦戦も怒涛の追い上げでカイワリ自己最多を27匹に!前半苦戦も怒涛の追い上げでカイワリ自己最多を27匹に!

■フォース達成でいきなりスイッチ入る。カイワリでは初のパーフェクトも

前半苦戦も怒涛の追い上げでカイワリ自己最多を27匹に!「いつものところをやってみましょう」と15時にポイント移動する。夕方になるとカイワリの活性が上がると信じてシャクリ続けるがやはり上潮ばかり速くて相当釣りにくい。それでも出船直後に比べればカイワリの機嫌はいくらかよくなってきているようで頑張ってシャクっていればポツポツとは拾っていける。ツ抜けくらいはなんとかなるかなぁと考えていると16時なったとほぼ同時にカイワリのスイッチが入った。追い食いを狙ったわけでなくほぼ同時にカイワリウィリーに食いついてきた。ドラグを滑らせながら取り込みに成功したのはまぁまぁサイズのカイワリのフォース。これが怒涛の追い上げ開始の合図だった。
前半苦戦も怒涛の追い上げでカイワリ自己最多を27匹に!前半苦戦も怒涛の追い上げでカイワリ自己最多を27匹に!

前半苦戦も怒涛の追い上げでカイワリ自己最多を27匹に!ここから先、沖上がりの17時40分まで入れパクタイムが始まる。ダブルで釣れるのなんて当たり前、トリプル、フォースと発生し、遂には5本針にパーフェクトまで。17時14分に20匹を超えて自己最多を更新。船長から「まだ時間があるから30匹狙えますよ」と発破をかけられる。17時30分にフォースを達成し27匹。「あと10分」と告げられる。ラスト1投でトリプル以上なら30匹だ。シャクった直後にいい魚信があったが掛からず。タナを上まで探り切って底を取り直そうとすると穂先をフワフワと揺らす変な魚信。アカアジがダブルで付いており、仕掛けをグチャグチャにされて終了。30匹には届かなかったが自己最多を5割増しで更新したのだから満足、満足、大満足。
前半苦戦も怒涛の追い上げでカイワリ自己最多を27匹に!前半苦戦も怒涛の追い上げでカイワリ自己最多を27匹に!


Twitter

2020年03月07日 23:21

« 今年もトラフグ始まった? 吉久のトラフグ乗合で0~3匹! | メイン | 【動画】カイワリで針数パーフェクトを初めて達成できたよ! »

最近の釣りに行った記事

あさなぎ丸が小船と事故…イサキ開幕戦は不戦敗で激凹み
デラキンメは朝一でゲットするも水深400m超は謎だらけ
金田湾イワシメバルがあまりに魚信なく呆けてホゲて凹む
焼肉デート楽しかった。釣りもした気がするけど覚えてない
23・22・20センチのトリプルを決めるもメバルは凪に限るね
天秤? 胴突き? 俺に限ってどっちもあかんなシロギス釣り
愚策裏目で波に乗れずオキメバル4匹一荷でなんとか帳尻
天気予報大外れで良型クロムツ釣れてなければ凍え死んでた
巨大アジ猛攻であわやカイワリいない五目になるとこだった
煮付け2尾で1皿サイズのメバル14人前に癒してもらい幸せ
午前アジ22匹でなんとか。妻は5匹&竿折れて後半闇堕ちす
春の海ひねもす癒しリレーのはずが…心身鍛錬の一日に!!
春の京都。京都らしいええもんを探して一泊二日めし旨旅♪
ヤリイカも俺が行ったら終わるやん…断トツ最低1.5匹だけ
行ったらやっぱり終わってたよ…好調の余韻でカイワリ8匹
走水黄金大アジゲットも…アジに嫌われたままツ抜けせず
2022年初の大漁♪ 炙り刺しで最高なクロムツ15匹でドヤッ!!
暖かくって午後アジ作戦成功と思いきや釣果が凍死レベル
鉄壁のサバに阻まれ時合逃しカイワリ4匹だけとしょんぼり
3週間ぶりの釣りはサバ地獄と変な潮でクロムツ2匹だけ~
ドキドキもワクワクもなく初釣りの鬼おみくじ2022は大凶だ
ドデカアマ53.5センチ! 2021年最後にして最高の釣りだ!!
家族一人に1匹30㎝級クロムツ確保でお正月は尾頭付きで♪
10分の5がリリースって…一之瀬感謝デーカワハギで頓死す
潮澄み中盤まで魚信なし。日が傾いてカイワリダブル×3+1
デカハギの釣り方忘れた! 昨年に続きツ抜けせずで開幕
53センチのマハタ釣れたが…カイワリには全く相手にされず
妻がクロダイおかわり成功。それも48センチにサイズアップ
魚っ気皆無の白間津で船酔い・竿折れ・クーラー空で呆然
妻が47.5センチ人生初クロダイ。アジはコマセ係で撃ちーん
初のえいあん丸・城ヶ島沖オニカサゴは速潮に悩まされ2匹
帰りのクーラーの重さまで…サワラは五十肩に優しかった♥
105日ぶりのカイワリプチ遠征はあわやボウズで痺れたよ~
コレジャナイ十目で困憊。今日はダメ思ったらラスト10分で
三度目の正直でワラサ挑むも二度あることは…マダイは2匹
八景沖マダイは珍しく素直で3匹。久里浜ワラサとは断交中
新ブランド?よっしゃサバ。ポニョに34cmアマダイ混ざり喜々
ラストイサキは半日50匹。ワラサは常日頃の行いが悪い?
ラスト5分…またね♥とクロムツにめっちゃ営業されてしまう
2週連続で追い食いゼロって…今年の剣崎ウリンボ手強い
くそ暑い上にくそ渋い剣崎イサキ24匹どまりでくっそーー!!
やっぱ下手やねん♪ めっちゃ真面目に釣ってシロギス14匹
イサキは雨の日に限る。今季最大36cm&最多47匹でどやっ
宇佐美のカイワリは歓迎してくれた…最初の数投だけはね
雨中のシロギス特訓。キス天食べ放題へ一歩一歩前進中♪
尺級5匹込みで21匹! 剣崎イサキの釣り方思い出した?
剣崎イサキ絶好調とはいかないが昨季より手応えありで8匹
クロムツからの魚信なしでひたすらサバサバサバサバサバ
アカクラゲの時期にシロギスの練習? 心得違いもいいとこ
尺イサキ多数にアカイサキ雄でクーラー六分もレア魚はなし

著者: へた釣り