5年連続イサキ束超え失敗。良型混じると数を伸ばせない

5年連続イサキ束超え失敗。良型混じると数を伸ばせない2015年から4年連続で達成していた剣崎沖イサキの束釣り。5年目、6年目と記録を伸ばしていきたかったが叶わず。ソウダガツオの邪魔もなくチャンスはあったのだが、追い食い狙って数を稼げるウリンボがほとんど釣れず。25センチ超えお刺身サイズ7匹で満足感はあるのだが…。

5年連続イサキ束超え失敗。良型混じると数を伸ばせない昨晩は予定になかった大雨。大粒の雨がガラスを叩く音で何度か目を覚ました。朝、外に出てみると、結構な風が吹いている。船が出ないという風でこそないが、束釣りチャレンジである。少しでもコンディションがよい状態で挑みたい。風は金沢八景駅についても止んでいなかった。釣り座は一之瀬丸でのほぼ定位置になっている右舷の舳。右舷は大艫と2番目が常連さんで、ほかの4人は貸し竿のグループだった。へた釣りはお一人様席の舳に。気合のシャクリサポータを装着。船は7時半ごろ桟橋を離れ約50分かけて剣崎沖の松輪の根を目指す。気温は30度近くでまだ暑いが空というか雲の様子は秋っぽくなってきている。
5年連続イサキ束超え失敗。良型混じると数を伸ばせない5年連続イサキ束超え失敗。良型混じると数を伸ばせない

■1匹1匹真心込めて巻き上げる作戦で11時少し前にゴンズイ玉1つめ!!

5年連続イサキ束超え失敗。良型混じると数を伸ばせない8時40分ごろ剣崎沖に到着した。イサキの船団は3、4隻だけ。いつものように船団の周りをぐるりと回って食い気のありそうなイサキの群れを探す。先行船の様子はというとあまり芳しくはなさそう。倦怠感こそ漂ってはいないが、イサキが船中に取り込まれるシーンは見えない。こういうときは船がなかなか止まれない。ようやくポイントが決まる。船長からの指示は「水深18メートルから12メートルを探って」だった。50センチ刻みでスティ0からスタートし、スティ1で早速魚信。追い食いを狙って粘ってみたが何も起きずに単発でスタート。この日はとにかく追い食いを意図して発生させるのが難しかった。一荷は何度か発生したが偶然、ほぼ同時に食ってきただけ。最初のポイントはすぐに気配がなくなり、3匹だけでポイント移動。
5年連続イサキ束超え失敗。良型混じると数を伸ばせない5年連続イサキ束超え失敗。良型混じると数を伸ばせない

5年連続イサキ束超え失敗。良型混じると数を伸ばせない次のポイントの指示ダナは17メートルから12メートルに。ここでちょっと盛り上がる。バリバリ食ってくるという活性ではないが指示ダナを何往復かしているうちに魚信が出、素直に針掛かりしてくれる。ゆっくり巻くだけでは追い食いが発生しないので、小さく鋭くシャクってみたり、魚信があったタナで動かさずにじっと待ってみたりしたが、追い食いはほぼなし。追い食いを狙うより手返し優先に切り替え、1匹1匹真心込めて巻き上げる作戦に。しばらくコマセを詰め替えるために仕掛けを回収しなくて済む時間帯が続いて11時少し前に最初のゴンズイ玉が完成した。イケスに移しながら数を数えてみると33匹。折り返しの時間でこの数では束釣りは相当厳しくなる。
5年連続イサキ束超え失敗。良型混じると数を伸ばせない5年連続イサキ束超え失敗。良型混じると数を伸ばせない

■数釣り希望なのになぜか良型。型がいいから追い食い発生しないの?

5年連続イサキ束超え失敗。良型混じると数を伸ばせないイサキの活性は「少しよい」と「あまりよくない」の間をいったりきたりしている感じだ。次第に少しよいの時間帯が減っていき、イサキからの反応が途切れ始める。頑張ってタナを何往復かして1匹、2匹と拾っていくしかない。指示ダナの上限である12メートルくらいで食ってくるイサキが25センチ近い良型多数だと気付いて、数釣りから型狙いにスイッチ。29センチのタモを探すか抜き上げるかで悩むサイズも混じって、お刺身にできそうなイサキを7匹キープする。剣崎沖のイサキはウリンボサイズでも脂が乗っており半身の刺身にして美味しいが、さくどりできるサイズの方がお刺身で食べるとやはり美味い。
5年連続イサキ束超え失敗。良型混じると数を伸ばせない5年連続イサキ束超え失敗。良型混じると数を伸ばせない

5年連続イサキ束超え失敗。良型混じると数を伸ばせない船長から「あと30分で上がっていきます」とのアナウンスがあっても2度目のゴンズイ玉は完成しておらす、目標の半分である50匹はさすがにクリアできているかな?という手応え。往生際の悪い人なので束なんて絶対に無理とは分かっていても最後まで諦めずにシャクリ続けたがペースアップすることなく、終了の時間に。35匹追加できていて、2019年剣崎沖イサキ最終戦は68匹。へた釣り家は「イサキは20匹まで」制限中なので、良型の物だけ持ち帰り、残りは沖の根に放流してきた。瀧本船長によると9月から本格的に乗合で出船するアミ五目のスペシャルゲストとして釣れるんだそうだ。
5年連続イサキ束超え失敗。良型混じると数を伸ばせない5年連続イサキ束超え失敗。良型混じると数を伸ばせない



Twitter

2019年08月25日 19:43

« 明日は5年連続剣崎沖イサキ束釣り成功を賭けた最終戦だ | メイン | 五島からカワハギが「あっぱよ」とすり寄ってくるオモリ到着 »

最近の釣りに行った記事

あさなぎ丸が小船と事故…イサキ開幕戦は不戦敗で激凹み
デラキンメは朝一でゲットするも水深400m超は謎だらけ
金田湾イワシメバルがあまりに魚信なく呆けてホゲて凹む
焼肉デート楽しかった。釣りもした気がするけど覚えてない
23・22・20センチのトリプルを決めるもメバルは凪に限るね
天秤? 胴突き? 俺に限ってどっちもあかんなシロギス釣り
愚策裏目で波に乗れずオキメバル4匹一荷でなんとか帳尻
天気予報大外れで良型クロムツ釣れてなければ凍え死んでた
巨大アジ猛攻であわやカイワリいない五目になるとこだった
煮付け2尾で1皿サイズのメバル14人前に癒してもらい幸せ
午前アジ22匹でなんとか。妻は5匹&竿折れて後半闇堕ちす
春の海ひねもす癒しリレーのはずが…心身鍛錬の一日に!!
春の京都。京都らしいええもんを探して一泊二日めし旨旅♪
ヤリイカも俺が行ったら終わるやん…断トツ最低1.5匹だけ
行ったらやっぱり終わってたよ…好調の余韻でカイワリ8匹
走水黄金大アジゲットも…アジに嫌われたままツ抜けせず
2022年初の大漁♪ 炙り刺しで最高なクロムツ15匹でドヤッ!!
暖かくって午後アジ作戦成功と思いきや釣果が凍死レベル
鉄壁のサバに阻まれ時合逃しカイワリ4匹だけとしょんぼり
3週間ぶりの釣りはサバ地獄と変な潮でクロムツ2匹だけ~
ドキドキもワクワクもなく初釣りの鬼おみくじ2022は大凶だ
ドデカアマ53.5センチ! 2021年最後にして最高の釣りだ!!
家族一人に1匹30㎝級クロムツ確保でお正月は尾頭付きで♪
10分の5がリリースって…一之瀬感謝デーカワハギで頓死す
潮澄み中盤まで魚信なし。日が傾いてカイワリダブル×3+1
デカハギの釣り方忘れた! 昨年に続きツ抜けせずで開幕
53センチのマハタ釣れたが…カイワリには全く相手にされず
妻がクロダイおかわり成功。それも48センチにサイズアップ
魚っ気皆無の白間津で船酔い・竿折れ・クーラー空で呆然
妻が47.5センチ人生初クロダイ。アジはコマセ係で撃ちーん
初のえいあん丸・城ヶ島沖オニカサゴは速潮に悩まされ2匹
帰りのクーラーの重さまで…サワラは五十肩に優しかった♥
105日ぶりのカイワリプチ遠征はあわやボウズで痺れたよ~
コレジャナイ十目で困憊。今日はダメ思ったらラスト10分で
三度目の正直でワラサ挑むも二度あることは…マダイは2匹
八景沖マダイは珍しく素直で3匹。久里浜ワラサとは断交中
新ブランド?よっしゃサバ。ポニョに34cmアマダイ混ざり喜々
ラストイサキは半日50匹。ワラサは常日頃の行いが悪い?
ラスト5分…またね♥とクロムツにめっちゃ営業されてしまう
2週連続で追い食いゼロって…今年の剣崎ウリンボ手強い
くそ暑い上にくそ渋い剣崎イサキ24匹どまりでくっそーー!!
やっぱ下手やねん♪ めっちゃ真面目に釣ってシロギス14匹
イサキは雨の日に限る。今季最大36cm&最多47匹でどやっ
宇佐美のカイワリは歓迎してくれた…最初の数投だけはね
雨中のシロギス特訓。キス天食べ放題へ一歩一歩前進中♪
尺級5匹込みで21匹! 剣崎イサキの釣り方思い出した?
剣崎イサキ絶好調とはいかないが昨季より手応えありで8匹
クロムツからの魚信なしでひたすらサバサバサバサバサバ
アカクラゲの時期にシロギスの練習? 心得違いもいいとこ
尺イサキ多数にアカイサキ雄でクーラー六分もレア魚はなし

著者: へた釣り