夢ではなかった…「カイワリ船中0じゃなきゃ」が瓦解した日

夢ではなかった…「カイワリ船中0じゃなきゃ」が瓦解した日下手クソのくせに調子に乗って釣りが分かったような気になる。そんな性格のおかげでブログは続く。技術の裏付けのない自信は過信にすぎない。乗ってたはずの調子が狂うともろくも瓦解する。白日夢にしたかったのは「カイワリ船中0じゃなきゃなんとかなる」という過信が崩れたから。

夢ではなかった…「カイワリ船中0じゃなきゃ」が瓦解した日よ約20日ぶりの釣行なので、釣果の手堅い宇佐美・治久丸カイワリ五目へ。お刺身最強魚であるカイワリを釣って、食べて、3週間竿を出せてないことの憂さを晴らすためのプチ遠征企画だった。最初の誤算は日曜日は強風予報で釣行が土曜日に繰り上がったこと。土曜日にウィリーを巻いて仕掛けを作るつもりだったが間に合わず。アミ五目用に作ったオキアミ3本針の仕掛けで釣ることになった。8時過ぎの東海道線に乗って宇佐美駅を目指す。春休みなので電車は少し混んでおり、立ったまま1時間半ほど。釣りをしている最中なら揺れる船上で何時間でも立ってられるが、電車で1時間半はちょっとこたえる。

■午前船は好調の報に、これは楽勝かもと虫のいいことを思い描く

夢ではなかった…「カイワリ船中0じゃなきゃ」が瓦解した日よ宇佐美港には11時少し過ぎに到着。午前船のカイワリから戻ってきた船長に「早いですね」と声を掛けられる。釣り座は船長の指定なので早く来たくはないが次の電車だと集合時間に間に合わない。午前船は「竿頭で14匹」という情報を得て「本日、楽勝♪」と考え、20匹超えしたら誰にあげようなんてことを考えていたのだから、今にして思えばおめでたい。へた釣りの釣り座はほぼ指定席の右舷の舳。片舷3人ずつの6人での出船となる。12時に港を離れて初島手前の水深90メートルのカイワリのポイントへ。

夢ではなかった…「カイワリ船中0じゃなきゃ」が瓦解した日よカイワリなのでまずは50センチ刻みスティ0の高速シャクリ。水深3メートルから10メートルまでを3回探って仕掛けを回収。このときビシにアミコマセが少しだけ残っているようにビシの上窓の開きを調整する。次の投入ではスティ1秒にスピードを落とす。スティ2秒、スティ3秒と試してみるが魚が触れてくる感触はない。船長は「いい反応なのになぁ」と繰り返すが、反応はあるのに魚が口を使ってくれないのでは打つ手がない。3個所くらいポイントを移動して「イサキをみてみましょう」とのアナウンス。

■船中0じゃ仕方ないと考えてしまったのが今にして思えば敗因か

夢ではなかった…「カイワリ船中0じゃなきゃ」が瓦解した日よ初島沖のイサキのポイントに移動する。仕掛けを4.5メートルの物に変えて、「シャクらずタナで待つ」との指示。指示ダナは30メートルくらい。指示ダナ+2メートル落としてフワフワとコマセを巻きながらタナに合わせる。あとは待つだけ。正直に書くとこの釣りは嫌い。イサキはシャクっても釣れることを知っているので、タナで待っていると体が動きたくてウズウズしてくる。バリバリ魚信があるのならタナで待っても退屈しないがこの日はとにかく魚信が遠く、タカベや小型のメジナと思われるエサ取りがうるさい。2時間ほど釣って、イサキが1匹、タカベが2匹、オキメバルが1匹。運動にもならないし釣果もこれでは…とちょっと凹む。
夢ではなかった…「カイワリ船中0じゃなきゃ」が瓦解した日よ夢ではなかった…「カイワリ船中0じゃなきゃ」が瓦解した日よ

夢ではなかった…「カイワリ船中0じゃなきゃ」が瓦解した日よイサキの釣況がよくないので「まだ少し時間が早いですが」とカイワリに戻る。15時から17時30分まで2時間半。とにかく休まずシャクリ続けた。カイワリはシャクり続けた者が勝つと信じていた。日が落ちかけあと一流しで終了のアナウンス。ここまで船中カイワリ0だったので、「まぁ、こんな日もあるか」と半ば諦めつつ、それでも最後までシャクリ続けた。終了間際に右舷の艫の人(ほぼ置き竿)に魚信。カイワリが3本針に3匹ついていた。カイワリ船中0じゃ仕方ないかという諦めの前提が崩れた。今度はちょっとでは済まない。激しく凹む。帰ってブログを書く気力も尽きていた。白日夢を見たという短い釣行記だけアップし、呑んで寝た。



Twitter

2019年03月31日 16:06

« 鏡面のように穏やかな海で釣りをしている白日夢を見たよ | メイン | 釣果がほしい。午前メバル→午後アジで手堅くお魚ゲット? »

最近の釣りに行った記事

八景沖マダイは珍しく素直で3匹。久里浜ワラサとは断交中
新ブランド?よっしゃサバ。ポニョに34cmアマダイ混ざり喜々
ラストイサキは半日50匹。ワラサは常日頃の行いが悪い?
ラスト5分…またね♥とクロムツにめっちゃ営業されてしまう
2週連続で追い食いゼロって…今年の剣崎ウリンボ手強い
くそ暑い上にくそ渋い剣崎イサキ24匹どまりでくっそーー!!
やっぱ下手やねん♪ めっちゃ真面目に釣ってシロギス14匹
イサキは雨の日に限る。今季最大36cm&最多47匹でどやっ
宇佐美のカイワリは歓迎してくれた…最初の数投だけはね
雨中のシロギス特訓。キス天食べ放題へ一歩一歩前進中♪
尺級5匹込みで21匹! 剣崎イサキの釣り方思い出した?
剣崎イサキ絶好調とはいかないが昨季より手応えありで8匹
クロムツからの魚信なしでひたすらサバサバサバサバサバ
アカクラゲの時期にシロギスの練習? 心得違いもいいとこ
尺イサキ多数にアカイサキ雄でクーラー六分もレア魚はなし
八景沖で小中アジほぼ入れ食い。アカクラゲさえいなければ
アカクラゲ大っ嫌い! アジもキスも目標未達でしょぼ~ん
強風の間隙縫って午前メバル。煮付け4匹含む19匹で満足
キントキはいるけれど遠征ウィリーで史上最低のド貧果に
キントキ、尺イサキ込みクーラー六分で沖の瀬ウィリー堪能
春の海に癒し求め午前メバル・午後アジでひねもすリレー♪
3年ぶり3戦目で3匹。一ノ瀬丸マゴチ童貞の呪縛から解放♥
アジへた女王はまさかまさかの…妻1号。アジうま女王は…?
でっぷりアラフォーアマダイ込み4匹釣って俺、ピカチュー?
イカも二度目なら少しは上手に…? ツ抜けはしたが敗北感
潮めちゃ速でどうにもならず良型オニカサゴ?バラしため息
掛からんバレる…キンメに続いてクロムツにも嫌われたかも
きっちり丁寧…キンメダイはガサツな人嫌いらしくて3匹だけ
初釣り2021は東京湾癒しのアジ&シロギス。胴突き面白い
釣り納め2020はアマダイ改めコレジャナイ十目釣りでチ~ン
チャンスタイムは根掛かりで…白間津シマアジまたもボウズ
久しぶりの宇佐美沖はカイワリ9匹込みで五目15匹と満足♪
ヤリイカデビュー戦ツ抜けに届かずも面白いのは分かった
どったんばったん大撃沈しホルモンまさるでがっつり反省会
ちょい時化でも妻はマグロ化せず良型アジ13匹と急成長?
タチウオはポンコツだけど頑張って9匹。アマダイはちっちゃ!!
一枚足らず…2020年のカワハギ開幕戦は竹岡ハギ屋敷?
高級魚は運次第? 本日の釣魚居酒屋へたはアジ専門店
カンパチガチャはハズレ! カイワリ2匹でなんとかなったぁ!!
テンビンが連続で折れるって…肝心の二目は抜きで八目!!
居酒屋へたのお通しは小アジ南蛮漬け。それ食ったら寝る
雨中の筋トレのご褒美はラスト15分に30upクロムツを2匹だ
暑さ避けさくっと午前アジ作戦。サイズいろいろ39匹で成功
カイワリにというより暑さに負けて三目6匹だけでしょんぼり
極鋭CGクロムツの章入魂。スミヤキ元気すぎて難しかった!!
2020年のイサキ…釣り方分からない。涙目でシャクリ続ける
ほぼ初体験タイラバでタツノオトシゴ+カイワリなんとか2匹
気まぐれな剣崎沖イサキに翻弄されるのもいと嬉しで35匹♪
自己最大47センチ&自己最多更新で富戸オニカサゴ最高♪
A5ランク絶品アジばかり53匹。時化避けサクッと釣行大成功

著者: へた釣り