肩コリ完治!! すげぇな、東京湾。もしかしてサバのおかげ?

肩コリ完治!! すげぇな、東京湾。もしかしてサバのおかげ?釣りに行けてないせいではないと思うが酷い肩コリに苦しんでいた。首から肩甲骨にかけて何かが乗っかっているような感覚が続く、時に激しく痛む。ずっとそんな感じなので気分が沈む。肩コリが釣り始めてものの数時間で完治した。東京湾の海風は万病に効く。魚が釣れなくても効く。

肩コリ完治!! すげぇな、東京湾。もしかしてサバのおかげ?2週間ぶりの釣行は羽田・かみやからLT深場五目へ。今週半ばに終わってしまうのでこれがラストチャンスだ。脂の乗ったクロムツをツ抜けとは言わないが片手くらいはと期待して蒲田駅へ。6時10分くらいに到着すると既に日が昇り、明るくなっていた。季節は着実に春へと向かっている。受付番号は7番目。席を選べたことはないので、デカッw船長の操舵室下のある意味特等席で釣るつもりで桟橋に向かうと…なぜか左舷の舳が空いている。サバに巻かれてのオマツリリスクが減らせるので当然、左舷舳に釣り座を決める。席もいいし、今日はいけるかも意気揚々だったわけだが……。
肩コリ完治!! すげぇな、東京湾。もしかしてサバのおかげ?肩コリ完治!! すげぇな、東京湾。もしかしてサバのおかげ?

■反応ないので実績ポイント…サバしかおらん。でも肩コリ治った

肩コリ完治!! すげぇな、東京湾。もしかしてサバのおかげ?船は1時間半ほどかけて剣崎沖と洲崎沖の中間くらいのポイントへ。前回3匹とはいえクロムツをゲットした場所だと思われる。減速した船は反応を探してストップ&ゴーを繰り返すがなかなか止まれない。反応はあるけれどサバの可能性大みたいだ。妥協気味に船は止まる。「反応はないけど実績のあるポイントなのでやってみましょう」。水深は250メートルくらい。5本針の欲張り仕掛けをマグネットを使って投入。今日も風がないので幹糸や親子サルカンは船べりの外に垂らした。この方法ならほぼトラブルなしで投入できる。釣り方はいつも通りで、底から10メートルを70センチくらい刻みでストンストンと落としながら探る。サルカンを要にしてハリスが扇状に動き、クロムツはハリスが水平になった瞬間に食ってくる(と信じている)。魚信なし。反応がないのであるから辛抱強くやるしかない。
肩コリ完治!! すげぇな、東京湾。もしかしてサバのおかげ?肩コリ完治!! すげぇな、東京湾。もしかしてサバのおかげ?

肩コリ完治!! すげぇな、東京湾。もしかしてサバのおかげ?何カ所かポイントを移動したが底の方に小さな反応があるものの魚にやる気はないらしく口を使ってくれない。ほかの魚のやる気がないときに妙に元気になるヤツが大挙して押し寄せてきた。サバである。船下はサバだらけで仕掛けが底に着くことは稀になる。サバが掛かったら遊ばせずに竿を下に向けて電動リールで全力巻き。5本針に3匹、4匹付いてくる。釣れたサバはすぐにキッチンバサミで解体して餌に。ついさっきまで一緒に回遊していたであろう仲間の身に食らいついてくるのであるから困った輩である。運よくサバの層を抜けても釣れるのは微小な魚信で引きもしないから巻き上げる気にもならないシロムツだけ。今日はつらい1日になりそうと覚悟したが、同時にずっと抱えてきたつらさから解放されているのに気付いた。肩コリが治った。東京湾の海風のおかげか、それともサバの全力巻き上げにはマッサージ効果がある?
肩コリ完治!! すげぇな、東京湾。もしかしてサバのおかげ?肩コリ完治!! すげぇな、東京湾。もしかしてサバのおかげ?

■唯一のガコッでメダイをゲット。クロムツは一応釣れはしたものの…

肩コリ完治!! すげぇな、東京湾。もしかしてサバのおかげ?最初のポイント周辺に見切りをつけて南下する。近くにヤリイカ船団が見える洲崎沖の300メートル超えのポイントで釣り再開となる。魚影の濃い洲崎沖までくればクロムツの1匹や2匹楽勝…ではなかった。あまり状況は変わらない。何も釣れない。同じポイントで粘っているとサバが押し寄せてきて釣りにならなくなる。沖上がりまで1時間半を残すだけ。ようやく竿先がガコッと動く。クロムツなら続けてガコガコッとなるのだがそのままグーンと竿先を引き込む。この魚信の出方はメダイだ。本日初の重量感のある引きを楽しみつつ、大事に巻き上げる。デカッw船長構えた玉網に収まったのは45センチくらいのメダイだった。ようやくお土産らしいお土産をゲットする。
肩コリ完治!! すげぇな、東京湾。もしかしてサバのおかげ?肩コリ完治!! すげぇな、東京湾。もしかしてサバのおかげ?

肩コリ完治!! すげぇな、東京湾。もしかしてサバのおかげ?メダイが釣れたのだから少しは上向くかもと期待したが何も変わらず。富浦沖に北上する。水深は220メートル。着底直後に竿先に違和感があってユメカサゴが釣れる。その後も誘った直後に竿先を揺らす魚信が続くのだが針掛かりする気配はない。魚のサイズが小さいのかもと予想し、魚の口に針が入るように竿を動かさずに待つとようやく針掛かりする。20センチを少し超えたくらいのクロムツだった。デカッw船長いわく「奇跡の一尾」。って、おい!! クロムツ狙いで出船して釣れたら奇跡って……船長も成す術なしだったってことかな。
肩コリ完治!! すげぇな、東京湾。もしかしてサバのおかげ?肩コリ完治!! すげぇな、東京湾。もしかしてサバのおかげ?

キープしたのはクロムツ(3点)×1、メダイ(5点)、シロムツ(2点)×3で本日のLT深場ポイントは14点。もちろん赤点だが、成績不振により退学勧告をくらいレベルの点数。サバはたくさん釣ったが脂の乗りの悪そうな物ばかりだったので0点。



Twitter

2019年02月24日 19:56

« かみやLT深場は今週で終了。伝説の続きは宇佐美でかな | メイン | ワンダーグリップでできること、できないことをチェックしたよ »

最近の釣りに行った記事

続・深場伝説アラの章始まらず。お土産カイワリ4匹で十分♪
不幸だねぇ氷雨降る時化海で本命ボウズなんて闇堕ちする
肩コリ完治!! すげぇな、東京湾。もしかしてサバのおかげ?
三途の川みたいな海でイシダイ撃沈。アミ五目でカンパチ!!
ブラックドラゴン相手に筋トレ。クロムツは3匹だけでチーン
三兎追うも…船中カイワリ2匹を独り占めしたから良しとする
人生6、7、8匹目のオニカサゴ。最大37cmでおみくじは小吉
有終の美を飾る1尾で一之瀬丸感謝デーは3位入賞。桜咲く
血塗られた久里浜沖でマ・イシ・クロとそろえダイ三元達成♪
お持ち帰りはアラサー1尾のみ。せめてミドサー欲しかった
クロダイ、アジ、〆サバ三種盛り。妻1号は船酔いでノーカン
悪運はTKBで尽きた。かみやカワハギ大会はいいとこなし
平和島は宇宙より遠い。でもTKB初の船別1位を獲得したよ
良型アジ66匹+60センチヒラメで八景沖豪華刺し盛り成功!!
カイワリ、チダイ、イナダなど宇佐美沖豪華5点盛りが完成
アミ五目で4目釣るも…居酒屋へたは品切れ次第臨時休業
尺確実な手応え!! 釣れたのはお邪魔虫三連星でチーン♪
へた釣り亭は1品300円均一安居酒屋。刺し盛りはアジのみ
“待て”を覚えた女、妻1号はアジ23匹。へた釣りはアカ~ン
ガス欠1DAYバトル? 久しぶりのかみやは楽しかったよ!
優しくないのよ東京湾の釣りの神様はっ!! 妻1号はアジ4匹
タチウオ釣りはあ行しか喋れない? 色々あるとなおさらだ
魚種豊富で魚影濃い宇佐美でカイワリ込みウィリー十五目
平成最後のイサキ釣りは最後の最後だけちょい盛り上がり
束楽勝からのソウダ禍で大失速。平成最後?のイサキ釣り
いつになったら一之瀬丸マゴチ童貞卒業できるの(遠い目)
型狙い作戦がハマり尺足らず3匹釣るも45匹までと振るわず
鱈・柳・柳・柳・柳・柳・青など五目一荷多数で超たっのしー
北海道の師匠が釣った魚が食べられる店、釧路・巽で舌鼓
ひどいウネリに船酔いしながら3年ぶりのアオゾイ3匹ゲット!!
雨で流れが速すぎて姪2号がなんとかオショロコマを1匹
標津カレイ北海道の師匠杯は台風で飛んできた女が3位に
ご当地流には理由がある。無視するとウグイの呪いが発動
釣れないから呑む。釧路の日米でとり天と東北の美酒に酔う
明石家さんまばかりでシシャモは釣れず。明日は出船中止
数釣りシーズン開幕したよ。 179匹で7月の最多記録更新!!
イサキってどうやったら釣れるんだっけ? 本気で忘れたぞ
性悪タチウオ&やる気なしアジとの痺れる戦いの行方は…
八景沖のアジ行方知れず? ウネリで掛からんし撃チ~ン
曇天なのに渋かったぁ!! あさなぎ丸デビュー戦は18匹まで
かみやメバル大会で型も数も船中3位なら頑張った方だよね
前半ウィリーに塩対応。後半たっのしー♪でカイワリは14匹
船中0じゃどうしようもないよねと自分を慰めるアカムツ4戦目
2018年の剣崎イサキチョロくない。開幕戦はなんとかツ抜け
GWは釣りしない週間にしよかな。アジツ抜けせずに頓死す
木更津沖で「へたクソぉ!!」と自分を罵り続けた夜アナゴ釣行
GWのゲートが開いて即落馬!? 宇佐美に行ってクーラー空
予報以上に風ビュービューの中、超お立ち台で午前LTアジ
序盤魚信少なくジリジリするも3年ぶり3本目の本塁打マゴチ
潮流も竿先も俺の心もキュンキュンしなかったウィリー五目

著者: へた釣り