三兎追うも…船中カイワリ2匹を独り占めしたから良しとする

三兎追うも…船中カイワリ2匹を独り占めしたから良しとするマダイ、カイワリアマダイをゲットしお鍋、お刺し身、酒蒸しで娘1号の成人式をお祝いしてあげようという三兎追うプランを立てて、宇佐美・治久丸からアマダイカイワリリレーで出撃する。豊饒の海であるはずの宇佐美沖だがこの日は魚がご機嫌斜め。船中2匹のカイワリを独り占めできた。

三兎追うも…船中カイワリ2匹を独り占めしたから良しとする娘1号はマダイの鍋が大好物、お刺身はへた釣り家で一番人気のカイワリ、50センチ超えの脂ノリノリ熟々アマダイで酒蒸しと成人式の祝い膳のイメージは完璧だった。三兎追う宣言して三兎ゲットは出来すぎとしても、リレーの本命であるカイワリアマダイの二兎はゲットできるものと考えていた。甘かった。8時くらいに家を出て宇佐美駅着が11時少し前。伊豆の気温は東京都内より高く、冬でも暖かいことが多いが肌寒い。午前中に雨が降ったのか路面が濡れている。風もあるので余計に寒く感じる。曇天のせいか海が暗く見え、すっかり冬の海。それでも釣れないとは考えない。宇佐美の海ならなんとかなると信じていた。
三兎追うも…船中カイワリ2匹を独り占めしたから良しとする三兎追うも…船中カイワリ2匹を独り占めしたから良しとする

■アマダイやる気が微塵もなし。カイワリ以外にまともな魚信なし

三兎追うも…船中カイワリ2匹を独り占めしたから良しとするキンメ・オニカサゴで出船していた午前船が帰ってくる。あまり魚の活性がよろしくなかったようでここで始めて嫌な予感。釣り座はほぼ指定席になっている右舷の舳。船長から「アマダイからやる」との指示がある。天秤までは共通でFLビシを外して80号のオモリに、ハリス3号3本針のアマダイ仕掛けを付ける。アマダイのポイントは港を出てすぐの水深60メートル前後。仕掛け長は3メートルなので着底したら1メートル底を切ってゆっくりと誘い上げていくことに。竿を持ち上げ切ると2メートルくらいの幅を誘っているイメージ。まずはゆっくり太極拳で誘ってみて、魚信がなければ小さく鋭くシャクる、止める時間を長く取るなどいろいろ試してみる。置き竿以外のあの手この手を繰り出したがな~んにも起きない。トラギスが1匹釣れただけ。
三兎追うも…船中カイワリ2匹を独り占めしたから良しとする三兎追うも…船中カイワリ2匹を独り占めしたから良しとする

三兎追うも…船中カイワリ2匹を独り占めしたから良しとする「口使ってくれませんね~」と船長。アマダイが元気ないというだけでなく本当に魚が船下にいるの?と疑いたくなるほどに魚からのコンタクトがない。釣り始めて1時間ほどしてようやく少しマシな魚信がある。穂先を鋭く引き込むが巻き上げ始めると重量感がない。そのわりによく引いた魚の正体はカイワリ。リレーの本命の1つを取りあえず手にする。時間だけが経っていく。船長も宇佐美港近くのポイントに見切りをつけて初島沖の水深90メートル前後に移動する。アマダイからのコンタクトは一度もなく、黄色のアゴヒゲがかわいいヒメジとタマガシラが釣れただけでアマダイは終了。三兎のうち一兎は逃す。
三兎追うも…船中カイワリ2匹を独り占めしたから良しとする三兎追うも…船中カイワリ2匹を独り占めしたから良しとする

■イナダを捨ててカイワリに狙いを絞った高速シャクリで1匹追加

三兎追うも…船中カイワリ2匹を独り占めしたから良しとするカイワリも初島沖の90メートル前後のポイントで狙った。ハリス分(3メートル)底を切ってから50センチ刻みで14回シャクって底から10メートルまでを探る。カイワリ狙いなのでスティ0の高速シャクリでスタートするが、魚信なし。7メートル幅を3回探ってコマセがビシに少し残っているように上窓の開き具合を調整し、次にスティ時間を1秒、2秒と長くしていって魚信が出るシャクリ方を探す。スティ2秒にすると魚信があった。グンッと穂先を暴力的に持って行く。ドラグが滑って巻けない。イナダ(ハマチ)だ。クッションなしだったので2.5号のハリスを切られて終了。船長が「カイワリは夕方から」と言ってた理由が分かった。イナダの活性が高いとカイワリはなかなか食ってこないし、カイワリを掛けても巻き上げ中にイナダに化けて船に入らないことが多い。イナダは暗くなってくると活性が下がる。
三兎追うも…船中カイワリ2匹を独り占めしたから良しとする三兎追うも…船中カイワリ2匹を独り占めしたから良しとする

三兎追うも…船中カイワリ2匹を独り占めしたから良しとするイナダを狙うならスティ時間を3秒以上取ればよい。逆にスティ時間を2秒以下にすればイナダはほとんど食ってこない。魚がもっと釣れていればこの時間帯はイナダタイムと割りきれるのだが、ここまでキープできているのはカイワリ1匹だけ。イナダと遊んでいる時間(巻き上げに時間がかかる)はもったいない。イナダが食ってこないカイワリ狙いの高速シャクリで釣り続ける。この判断が正解だったのか失敗だったかは微妙。他の人が釣っているイナダは1匹も釣れなかった。代わりにカイワリをもう1匹だけ追加できた。カイワリは船中2匹でその2匹を独り占めしたのだから正解だったとすべきか、「イナダいい人5本、マダイ混じる」を逃したのを悔いるべきか……やっぱりカイワリの方がうれしい気がするので良し!!
三兎追うも…船中カイワリ2匹を独り占めしたから良しとする三兎追うも…船中カイワリ2匹を独り占めしたから良しとする



Twitter

2019年01月12日 23:13

« 明日は宇佐美にてマダイ、カイワリ、アマダイ三兎追う釣行 | メイン | カイワリを釣りながらムツ針ウィリーはあり? なし?と夢想 »

最近の釣りに行った記事

帰りのクーラーの重さまで…サワラは五十肩に優しかった♥
105日ぶりのカイワリプチ遠征はあわやボウズで痺れたよ~
コレジャナイ十目で困憊。今日はダメ思ったらラスト10分で
三度目の正直でワラサ挑むも二度あることは…マダイは2匹
八景沖マダイは珍しく素直で3匹。久里浜ワラサとは断交中
新ブランド?よっしゃサバ。ポニョに34cmアマダイ混ざり喜々
ラストイサキは半日50匹。ワラサは常日頃の行いが悪い?
ラスト5分…またね♥とクロムツにめっちゃ営業されてしまう
2週連続で追い食いゼロって…今年の剣崎ウリンボ手強い
くそ暑い上にくそ渋い剣崎イサキ24匹どまりでくっそーー!!
やっぱ下手やねん♪ めっちゃ真面目に釣ってシロギス14匹
イサキは雨の日に限る。今季最大36cm&最多47匹でどやっ
宇佐美のカイワリは歓迎してくれた…最初の数投だけはね
雨中のシロギス特訓。キス天食べ放題へ一歩一歩前進中♪
尺級5匹込みで21匹! 剣崎イサキの釣り方思い出した?
剣崎イサキ絶好調とはいかないが昨季より手応えありで8匹
クロムツからの魚信なしでひたすらサバサバサバサバサバ
アカクラゲの時期にシロギスの練習? 心得違いもいいとこ
尺イサキ多数にアカイサキ雄でクーラー六分もレア魚はなし
八景沖で小中アジほぼ入れ食い。アカクラゲさえいなければ
アカクラゲ大っ嫌い! アジもキスも目標未達でしょぼ~ん
強風の間隙縫って午前メバル。煮付け4匹含む19匹で満足
キントキはいるけれど遠征ウィリーで史上最低のド貧果に
キントキ、尺イサキ込みクーラー六分で沖の瀬ウィリー堪能
春の海に癒し求め午前メバル・午後アジでひねもすリレー♪
3年ぶり3戦目で3匹。一ノ瀬丸マゴチ童貞の呪縛から解放♥
アジへた女王はまさかまさかの…妻1号。アジうま女王は…?
でっぷりアラフォーアマダイ込み4匹釣って俺、ピカチュー?
イカも二度目なら少しは上手に…? ツ抜けはしたが敗北感
潮めちゃ速でどうにもならず良型オニカサゴ?バラしため息
掛からんバレる…キンメに続いてクロムツにも嫌われたかも
きっちり丁寧…キンメダイはガサツな人嫌いらしくて3匹だけ
初釣り2021は東京湾癒しのアジ&シロギス。胴突き面白い
釣り納め2020はアマダイ改めコレジャナイ十目釣りでチ~ン
チャンスタイムは根掛かりで…白間津シマアジまたもボウズ
久しぶりの宇佐美沖はカイワリ9匹込みで五目15匹と満足♪
ヤリイカデビュー戦ツ抜けに届かずも面白いのは分かった
どったんばったん大撃沈しホルモンまさるでがっつり反省会
ちょい時化でも妻はマグロ化せず良型アジ13匹と急成長?
タチウオはポンコツだけど頑張って9匹。アマダイはちっちゃ!!
一枚足らず…2020年のカワハギ開幕戦は竹岡ハギ屋敷?
高級魚は運次第? 本日の釣魚居酒屋へたはアジ専門店
カンパチガチャはハズレ! カイワリ2匹でなんとかなったぁ!!
テンビンが連続で折れるって…肝心の二目は抜きで八目!!
居酒屋へたのお通しは小アジ南蛮漬け。それ食ったら寝る
雨中の筋トレのご褒美はラスト15分に30upクロムツを2匹だ
暑さ避けさくっと午前アジ作戦。サイズいろいろ39匹で成功
カイワリにというより暑さに負けて三目6匹だけでしょんぼり
極鋭CGクロムツの章入魂。スミヤキ元気すぎて難しかった!!
2020年のイサキ…釣り方分からない。涙目でシャクリ続ける

著者: へた釣り