三兎追うも…船中カイワリ2匹を独り占めしたから良しとする

三兎追うも…船中カイワリ2匹を独り占めしたから良しとするマダイ、カイワリアマダイをゲットしお鍋、お刺し身、酒蒸しで娘1号の成人式をお祝いしてあげようという三兎追うプランを立てて、宇佐美・治久丸からアマダイカイワリリレーで出撃する。豊饒の海であるはずの宇佐美沖だがこの日は魚がご機嫌斜め。船中2匹のカイワリを独り占めできた。

三兎追うも…船中カイワリ2匹を独り占めしたから良しとする娘1号はマダイの鍋が大好物、お刺身はへた釣り家で一番人気のカイワリ、50センチ超えの脂ノリノリ熟々アマダイで酒蒸しと成人式の祝い膳のイメージは完璧だった。三兎追う宣言して三兎ゲットは出来すぎとしても、リレーの本命であるカイワリアマダイの二兎はゲットできるものと考えていた。甘かった。8時くらいに家を出て宇佐美駅着が11時少し前。伊豆の気温は東京都内より高く、冬でも暖かいことが多いが肌寒い。午前中に雨が降ったのか路面が濡れている。風もあるので余計に寒く感じる。曇天のせいか海が暗く見え、すっかり冬の海。それでも釣れないとは考えない。宇佐美の海ならなんとかなると信じていた。
三兎追うも…船中カイワリ2匹を独り占めしたから良しとする三兎追うも…船中カイワリ2匹を独り占めしたから良しとする

■アマダイやる気が微塵もなし。カイワリ以外にまともな魚信なし

三兎追うも…船中カイワリ2匹を独り占めしたから良しとするキンメ・オニカサゴで出船していた午前船が帰ってくる。あまり魚の活性がよろしくなかったようでここで始めて嫌な予感。釣り座はほぼ指定席になっている右舷の舳。船長から「アマダイからやる」との指示がある。天秤までは共通でFLビシを外して80号のオモリに、ハリス3号3本針のアマダイ仕掛けを付ける。アマダイのポイントは港を出てすぐの水深60メートル前後。仕掛け長は3メートルなので着底したら1メートル底を切ってゆっくりと誘い上げていくことに。竿を持ち上げ切ると2メートルくらいの幅を誘っているイメージ。まずはゆっくり太極拳で誘ってみて、魚信がなければ小さく鋭くシャクる、止める時間を長く取るなどいろいろ試してみる。置き竿以外のあの手この手を繰り出したがな~んにも起きない。トラギスが1匹釣れただけ。
三兎追うも…船中カイワリ2匹を独り占めしたから良しとする三兎追うも…船中カイワリ2匹を独り占めしたから良しとする

三兎追うも…船中カイワリ2匹を独り占めしたから良しとする「口使ってくれませんね~」と船長。アマダイが元気ないというだけでなく本当に魚が船下にいるの?と疑いたくなるほどに魚からのコンタクトがない。釣り始めて1時間ほどしてようやく少しマシな魚信がある。穂先を鋭く引き込むが巻き上げ始めると重量感がない。そのわりによく引いた魚の正体はカイワリ。リレーの本命の1つを取りあえず手にする。時間だけが経っていく。船長も宇佐美港近くのポイントに見切りをつけて初島沖の水深90メートル前後に移動する。アマダイからのコンタクトは一度もなく、黄色のアゴヒゲがかわいいヒメジとタマガシラが釣れただけでアマダイは終了。三兎のうち一兎は逃す。
三兎追うも…船中カイワリ2匹を独り占めしたから良しとする三兎追うも…船中カイワリ2匹を独り占めしたから良しとする

■イナダを捨ててカイワリに狙いを絞った高速シャクリで1匹追加

三兎追うも…船中カイワリ2匹を独り占めしたから良しとするカイワリも初島沖の90メートル前後のポイントで狙った。ハリス分(3メートル)底を切ってから50センチ刻みで14回シャクって底から10メートルまでを探る。カイワリ狙いなのでスティ0の高速シャクリでスタートするが、魚信なし。7メートル幅を3回探ってコマセがビシに少し残っているように上窓の開き具合を調整し、次にスティ時間を1秒、2秒と長くしていって魚信が出るシャクリ方を探す。スティ2秒にすると魚信があった。グンッと穂先を暴力的に持って行く。ドラグが滑って巻けない。イナダ(ハマチ)だ。クッションなしだったので2.5号のハリスを切られて終了。船長が「カイワリは夕方から」と言ってた理由が分かった。イナダの活性が高いとカイワリはなかなか食ってこないし、カイワリを掛けても巻き上げ中にイナダに化けて船に入らないことが多い。イナダは暗くなってくると活性が下がる。
三兎追うも…船中カイワリ2匹を独り占めしたから良しとする三兎追うも…船中カイワリ2匹を独り占めしたから良しとする

三兎追うも…船中カイワリ2匹を独り占めしたから良しとするイナダを狙うならスティ時間を3秒以上取ればよい。逆にスティ時間を2秒以下にすればイナダはほとんど食ってこない。魚がもっと釣れていればこの時間帯はイナダタイムと割りきれるのだが、ここまでキープできているのはカイワリ1匹だけ。イナダと遊んでいる時間(巻き上げに時間がかかる)はもったいない。イナダが食ってこないカイワリ狙いの高速シャクリで釣り続ける。この判断が正解だったのか失敗だったかは微妙。他の人が釣っているイナダは1匹も釣れなかった。代わりにカイワリをもう1匹だけ追加できた。カイワリは船中2匹でその2匹を独り占めしたのだから正解だったとすべきか、「イナダいい人5本、マダイ混じる」を逃したのを悔いるべきか……やっぱりカイワリの方がうれしい気がするので良し!!
三兎追うも…船中カイワリ2匹を独り占めしたから良しとする三兎追うも…船中カイワリ2匹を独り占めしたから良しとする



Twitter

2019年01月12日 23:13

« 明日は宇佐美にてマダイ、カイワリ、アマダイ三兎追う釣行 | メイン | カイワリを釣りながらムツ針ウィリーはあり? なし?と夢想 »

最近の釣りに行った記事

続・深場伝説アラの章始まらず。お土産カイワリ4匹で十分♪
不幸だねぇ氷雨降る時化海で本命ボウズなんて闇堕ちする
肩コリ完治!! すげぇな、東京湾。もしかしてサバのおかげ?
三途の川みたいな海でイシダイ撃沈。アミ五目でカンパチ!!
ブラックドラゴン相手に筋トレ。クロムツは3匹だけでチーン
三兎追うも…船中カイワリ2匹を独り占めしたから良しとする
人生6、7、8匹目のオニカサゴ。最大37cmでおみくじは小吉
有終の美を飾る1尾で一之瀬丸感謝デーは3位入賞。桜咲く
血塗られた久里浜沖でマ・イシ・クロとそろえダイ三元達成♪
お持ち帰りはアラサー1尾のみ。せめてミドサー欲しかった
クロダイ、アジ、〆サバ三種盛り。妻1号は船酔いでノーカン
悪運はTKBで尽きた。かみやカワハギ大会はいいとこなし
平和島は宇宙より遠い。でもTKB初の船別1位を獲得したよ
良型アジ66匹+60センチヒラメで八景沖豪華刺し盛り成功!!
カイワリ、チダイ、イナダなど宇佐美沖豪華5点盛りが完成
アミ五目で4目釣るも…居酒屋へたは品切れ次第臨時休業
尺確実な手応え!! 釣れたのはお邪魔虫三連星でチーン♪
へた釣り亭は1品300円均一安居酒屋。刺し盛りはアジのみ
“待て”を覚えた女、妻1号はアジ23匹。へた釣りはアカ~ン
ガス欠1DAYバトル? 久しぶりのかみやは楽しかったよ!
優しくないのよ東京湾の釣りの神様はっ!! 妻1号はアジ4匹
タチウオ釣りはあ行しか喋れない? 色々あるとなおさらだ
魚種豊富で魚影濃い宇佐美でカイワリ込みウィリー十五目
平成最後のイサキ釣りは最後の最後だけちょい盛り上がり
束楽勝からのソウダ禍で大失速。平成最後?のイサキ釣り
いつになったら一之瀬丸マゴチ童貞卒業できるの(遠い目)
型狙い作戦がハマり尺足らず3匹釣るも45匹までと振るわず
鱈・柳・柳・柳・柳・柳・青など五目一荷多数で超たっのしー
北海道の師匠が釣った魚が食べられる店、釧路・巽で舌鼓
ひどいウネリに船酔いしながら3年ぶりのアオゾイ3匹ゲット!!
雨で流れが速すぎて姪2号がなんとかオショロコマを1匹
標津カレイ北海道の師匠杯は台風で飛んできた女が3位に
ご当地流には理由がある。無視するとウグイの呪いが発動
釣れないから呑む。釧路の日米でとり天と東北の美酒に酔う
明石家さんまばかりでシシャモは釣れず。明日は出船中止
数釣りシーズン開幕したよ。 179匹で7月の最多記録更新!!
イサキってどうやったら釣れるんだっけ? 本気で忘れたぞ
性悪タチウオ&やる気なしアジとの痺れる戦いの行方は…
八景沖のアジ行方知れず? ウネリで掛からんし撃チ~ン
曇天なのに渋かったぁ!! あさなぎ丸デビュー戦は18匹まで
かみやメバル大会で型も数も船中3位なら頑張った方だよね
前半ウィリーに塩対応。後半たっのしー♪でカイワリは14匹
船中0じゃどうしようもないよねと自分を慰めるアカムツ4戦目
2018年の剣崎イサキチョロくない。開幕戦はなんとかツ抜け
GWは釣りしない週間にしよかな。アジツ抜けせずに頓死す
木更津沖で「へたクソぉ!!」と自分を罵り続けた夜アナゴ釣行
GWのゲートが開いて即落馬!? 宇佐美に行ってクーラー空
予報以上に風ビュービューの中、超お立ち台で午前LTアジ
序盤魚信少なくジリジリするも3年ぶり3本目の本塁打マゴチ
潮流も竿先も俺の心もキュンキュンしなかったウィリー五目

著者: へた釣り