三兎追うも…船中カイワリ2匹を独り占めしたから良しとする

三兎追うも…船中カイワリ2匹を独り占めしたから良しとするマダイ、カイワリアマダイをゲットしお鍋、お刺し身、酒蒸しで娘1号の成人式をお祝いしてあげようという三兎追うプランを立てて、宇佐美・治久丸からアマダイカイワリリレーで出撃する。豊饒の海であるはずの宇佐美沖だがこの日は魚がご機嫌斜め。船中2匹のカイワリを独り占めできた。

三兎追うも…船中カイワリ2匹を独り占めしたから良しとする娘1号はマダイの鍋が大好物、お刺身はへた釣り家で一番人気のカイワリ、50センチ超えの脂ノリノリ熟々アマダイで酒蒸しと成人式の祝い膳のイメージは完璧だった。三兎追う宣言して三兎ゲットは出来すぎとしても、リレーの本命であるカイワリアマダイの二兎はゲットできるものと考えていた。甘かった。8時くらいに家を出て宇佐美駅着が11時少し前。伊豆の気温は東京都内より高く、冬でも暖かいことが多いが肌寒い。午前中に雨が降ったのか路面が濡れている。風もあるので余計に寒く感じる。曇天のせいか海が暗く見え、すっかり冬の海。それでも釣れないとは考えない。宇佐美の海ならなんとかなると信じていた。
三兎追うも…船中カイワリ2匹を独り占めしたから良しとする三兎追うも…船中カイワリ2匹を独り占めしたから良しとする

■アマダイやる気が微塵もなし。カイワリ以外にまともな魚信なし

三兎追うも…船中カイワリ2匹を独り占めしたから良しとするキンメ・オニカサゴで出船していた午前船が帰ってくる。あまり魚の活性がよろしくなかったようでここで始めて嫌な予感。釣り座はほぼ指定席になっている右舷の舳。船長から「アマダイからやる」との指示がある。天秤までは共通でFLビシを外して80号のオモリに、ハリス3号3本針のアマダイ仕掛けを付ける。アマダイのポイントは港を出てすぐの水深60メートル前後。仕掛け長は3メートルなので着底したら1メートル底を切ってゆっくりと誘い上げていくことに。竿を持ち上げ切ると2メートルくらいの幅を誘っているイメージ。まずはゆっくり太極拳で誘ってみて、魚信がなければ小さく鋭くシャクる、止める時間を長く取るなどいろいろ試してみる。置き竿以外のあの手この手を繰り出したがな~んにも起きない。トラギスが1匹釣れただけ。
三兎追うも…船中カイワリ2匹を独り占めしたから良しとする三兎追うも…船中カイワリ2匹を独り占めしたから良しとする

三兎追うも…船中カイワリ2匹を独り占めしたから良しとする「口使ってくれませんね~」と船長。アマダイが元気ないというだけでなく本当に魚が船下にいるの?と疑いたくなるほどに魚からのコンタクトがない。釣り始めて1時間ほどしてようやく少しマシな魚信がある。穂先を鋭く引き込むが巻き上げ始めると重量感がない。そのわりによく引いた魚の正体はカイワリ。リレーの本命の1つを取りあえず手にする。時間だけが経っていく。船長も宇佐美港近くのポイントに見切りをつけて初島沖の水深90メートル前後に移動する。アマダイからのコンタクトは一度もなく、黄色のアゴヒゲがかわいいヒメジとタマガシラが釣れただけでアマダイは終了。三兎のうち一兎は逃す。
三兎追うも…船中カイワリ2匹を独り占めしたから良しとする三兎追うも…船中カイワリ2匹を独り占めしたから良しとする

■イナダを捨ててカイワリに狙いを絞った高速シャクリで1匹追加

三兎追うも…船中カイワリ2匹を独り占めしたから良しとするカイワリも初島沖の90メートル前後のポイントで狙った。ハリス分(3メートル)底を切ってから50センチ刻みで14回シャクって底から10メートルまでを探る。カイワリ狙いなのでスティ0の高速シャクリでスタートするが、魚信なし。7メートル幅を3回探ってコマセがビシに少し残っているように上窓の開き具合を調整し、次にスティ時間を1秒、2秒と長くしていって魚信が出るシャクリ方を探す。スティ2秒にすると魚信があった。グンッと穂先を暴力的に持って行く。ドラグが滑って巻けない。イナダ(ハマチ)だ。クッションなしだったので2.5号のハリスを切られて終了。船長が「カイワリは夕方から」と言ってた理由が分かった。イナダの活性が高いとカイワリはなかなか食ってこないし、カイワリを掛けても巻き上げ中にイナダに化けて船に入らないことが多い。イナダは暗くなってくると活性が下がる。
三兎追うも…船中カイワリ2匹を独り占めしたから良しとする三兎追うも…船中カイワリ2匹を独り占めしたから良しとする

三兎追うも…船中カイワリ2匹を独り占めしたから良しとするイナダを狙うならスティ時間を3秒以上取ればよい。逆にスティ時間を2秒以下にすればイナダはほとんど食ってこない。魚がもっと釣れていればこの時間帯はイナダタイムと割りきれるのだが、ここまでキープできているのはカイワリ1匹だけ。イナダと遊んでいる時間(巻き上げに時間がかかる)はもったいない。イナダが食ってこないカイワリ狙いの高速シャクリで釣り続ける。この判断が正解だったのか失敗だったかは微妙。他の人が釣っているイナダは1匹も釣れなかった。代わりにカイワリをもう1匹だけ追加できた。カイワリは船中2匹でその2匹を独り占めしたのだから正解だったとすべきか、「イナダいい人5本、マダイ混じる」を逃したのを悔いるべきか……やっぱりカイワリの方がうれしい気がするので良し!!
三兎追うも…船中カイワリ2匹を独り占めしたから良しとする三兎追うも…船中カイワリ2匹を独り占めしたから良しとする



Twitter

2019年01月12日 23:13

« 明日は宇佐美にてマダイ、カイワリ、アマダイ三兎追う釣行 | メイン | カイワリを釣りながらムツ針ウィリーはあり? なし?と夢想 »

最近の釣りに行った記事

あさなぎ丸が小船と事故…イサキ開幕戦は不戦敗で激凹み
デラキンメは朝一でゲットするも水深400m超は謎だらけ
金田湾イワシメバルがあまりに魚信なく呆けてホゲて凹む
焼肉デート楽しかった。釣りもした気がするけど覚えてない
23・22・20センチのトリプルを決めるもメバルは凪に限るね
天秤? 胴突き? 俺に限ってどっちもあかんなシロギス釣り
愚策裏目で波に乗れずオキメバル4匹一荷でなんとか帳尻
天気予報大外れで良型クロムツ釣れてなければ凍え死んでた
巨大アジ猛攻であわやカイワリいない五目になるとこだった
煮付け2尾で1皿サイズのメバル14人前に癒してもらい幸せ
午前アジ22匹でなんとか。妻は5匹&竿折れて後半闇堕ちす
春の海ひねもす癒しリレーのはずが…心身鍛錬の一日に!!
春の京都。京都らしいええもんを探して一泊二日めし旨旅♪
ヤリイカも俺が行ったら終わるやん…断トツ最低1.5匹だけ
行ったらやっぱり終わってたよ…好調の余韻でカイワリ8匹
走水黄金大アジゲットも…アジに嫌われたままツ抜けせず
2022年初の大漁♪ 炙り刺しで最高なクロムツ15匹でドヤッ!!
暖かくって午後アジ作戦成功と思いきや釣果が凍死レベル
鉄壁のサバに阻まれ時合逃しカイワリ4匹だけとしょんぼり
3週間ぶりの釣りはサバ地獄と変な潮でクロムツ2匹だけ~
ドキドキもワクワクもなく初釣りの鬼おみくじ2022は大凶だ
ドデカアマ53.5センチ! 2021年最後にして最高の釣りだ!!
家族一人に1匹30㎝級クロムツ確保でお正月は尾頭付きで♪
10分の5がリリースって…一之瀬感謝デーカワハギで頓死す
潮澄み中盤まで魚信なし。日が傾いてカイワリダブル×3+1
デカハギの釣り方忘れた! 昨年に続きツ抜けせずで開幕
53センチのマハタ釣れたが…カイワリには全く相手にされず
妻がクロダイおかわり成功。それも48センチにサイズアップ
魚っ気皆無の白間津で船酔い・竿折れ・クーラー空で呆然
妻が47.5センチ人生初クロダイ。アジはコマセ係で撃ちーん
初のえいあん丸・城ヶ島沖オニカサゴは速潮に悩まされ2匹
帰りのクーラーの重さまで…サワラは五十肩に優しかった♥
105日ぶりのカイワリプチ遠征はあわやボウズで痺れたよ~
コレジャナイ十目で困憊。今日はダメ思ったらラスト10分で
三度目の正直でワラサ挑むも二度あることは…マダイは2匹
八景沖マダイは珍しく素直で3匹。久里浜ワラサとは断交中
新ブランド?よっしゃサバ。ポニョに34cmアマダイ混ざり喜々
ラストイサキは半日50匹。ワラサは常日頃の行いが悪い?
ラスト5分…またね♥とクロムツにめっちゃ営業されてしまう
2週連続で追い食いゼロって…今年の剣崎ウリンボ手強い
くそ暑い上にくそ渋い剣崎イサキ24匹どまりでくっそーー!!
やっぱ下手やねん♪ めっちゃ真面目に釣ってシロギス14匹
イサキは雨の日に限る。今季最大36cm&最多47匹でどやっ
宇佐美のカイワリは歓迎してくれた…最初の数投だけはね
雨中のシロギス特訓。キス天食べ放題へ一歩一歩前進中♪
尺級5匹込みで21匹! 剣崎イサキの釣り方思い出した?
剣崎イサキ絶好調とはいかないが昨季より手応えありで8匹
クロムツからの魚信なしでひたすらサバサバサバサバサバ
アカクラゲの時期にシロギスの練習? 心得違いもいいとこ
尺イサキ多数にアカイサキ雄でクーラー六分もレア魚はなし

著者: へた釣り