平成最後のイサキ釣りは最後の最後だけちょい盛り上がり

平成最後のイサキ釣りは最後の最後だけちょい盛り上がり潮速かった、ドッタンバッタン釣りづらかった、ソウダガツオはウザかった、そしてイサキは渋かったといいことなしで平成(本当に)最後のイサキ釣行は終わるものと覚悟した。14時を過ぎた時点でバケツに中にはイサキが15匹だけ。大惨敗も大惨敗。8月のワースト更新確実なペースだった。

平成最後のイサキ釣りは最後の最後だけちょい盛り上がり「剣崎沖なら大潮でも潮は速くないことがある」という瀧本船長の言葉を信じての釣行。速くないことがあるというだけで、潮が緩いと言われたわけではないのだが……。2束狙いを宣言して束すら超えずに終了するのはどうにもばつが悪い。台風が残したウネリの予報が思ったほど酷くないことを確認してから予約を入れる。金沢八景・一之瀬丸に着いてみるとイサキとの別れを惜しむ週末アングラーが片舷9人ずつで18人。へた釣りの釣り座はほぼ指定席になっている右舷の舳。9人なのでお立ち台ではなく釣り座あり。7月22日に自己最多となる179匹釣ったときと同じ席なのでいけるかも!!と出船前はテンション高め。

■イサキの活性は低め。辛抱強くシャクってポツ~ンポツ~ンと拾う

平成最後のイサキ釣りは最後の最後だけちょい盛り上がり船は45分ほど走って剣崎沖へ。観音崎周辺はウネリが激しく、ドッタンバッタンしていたが久里浜を過ぎるとウネリは落ちついた。剣崎沖のイサキ船は既に船団とはいえない規模。一之瀬丸を加えて4隻だけ。海は穏やかで釣りにくさはない。先行している船を観察するが、よろしくない。バリバリとイサキの食いが立っているという様子ではなくイサキを船に取り込んでいる姿は確認できず。船長からの指示は「20メートルから15メートル」。50センチ刻みでシャクリだす。スティ0では魚信なし、ステイ時間を1秒、2秒と長くしていくと釣り開始10分以内に1匹目のイサキをゲット。
平成最後のイサキ釣りは最後の最後だけちょい盛り上がり平成最後のイサキ釣りは最後の最後だけちょい盛り上がり

平成最後のイサキ釣りは最後の最後だけちょい盛り上がり指示ダナは「20メートルから」「18メートルから」といった具合に変わるが探れる幅が5メートルから6メートルあるので釣りやすい。またソウダガツオも全くいないというわけではなさそうだが、ビシを落とすと魚影が確認できるほどにわいているわけではない。魚信が遠のく時間帯もあったが辛抱強くシャクっていると、トリプルが発生したりダブルになったりとイサキの活性が上がってくる。指示ダナの上限当たりでガッガッと穂先を揺らすいい魚信。重量感もあり引く。これは尺超え確実!!と思ったが、水面に見えたシルエットが違った。30センチくらいのメジナだった。血抜きしてキープ。
平成最後のイサキ釣りは最後の最後だけちょい盛り上がり平成最後のイサキ釣りは最後の最後だけちょい盛り上がり

■潮速、ソウダガツオ禍、ドッタンバッタンに苦戦。条件さえ整えば…

平成最後のイサキ釣りは最後の最後だけちょい盛り上がり開始2時間でイサキは15匹くらい。その後3時間ほどイサキを全く手に出来なくなる。もともと潮は速かった。潮が速いとコマセと仕掛けが同調している時間が短く、ビシから遠い針でしか釣れないという状況だった。そこにソウダガツオが来襲し始める。イサキが長い仕掛けでしか釣れない状況ではソウダガツオ避けのショート仕掛けは使えない。長い仕掛けを使い続けるほかなく、ソウダガツオに蹂躙され続ける。さらに風が吹き始め、海が急に荒れてしまう。潮の向きと風の向きが悪いのか波状攻撃で船が上下左右に激しく揺さぶられる。海中で仕掛けはたるんでしまっているようで、全く魚信がだせなくなる。10時以降、イサキが全く釣れなくなった。
平成最後のイサキ釣りは最後の最後だけちょい盛り上がり平成最後のイサキ釣りは最後の最後だけちょい盛り上がり

平成最後のイサキ釣りは最後の最後だけちょい盛り上がり沖上がりの時間が近づいてくる。このまま8月のワースト記録を更新して終わりかなと諦めかけていると、まず最初に潮がいくらか緩んで釣りやすくなった。次に風が収まりドッタンバッタンしなくなった。再びポツ~ンポツ~ンとではあるがイサキが釣れるようになる。沖上がりの時間に船長から「ソウダガツオいないようなのでもう少しやっていきます」。イサキの活性が上向いた。トリプル2回、ダブルも2回とようやくこの時期のイサキ釣りらしい釣りになった。15時19分に平成最後のイサキを釣り上げ終了。ラスト1時間で25匹と最後だけちょっと盛りあがった。8月ワーストは更新せずに済んだ。
平成最後のイサキ釣りは最後の最後だけちょい盛り上がり平成最後のイサキ釣りは最後の最後だけちょい盛り上がり



Twitter

2018年08月26日 20:30

« 束釣れる気はしないが…イサキとのお別れを楽しんでこよう | メイン | イサキ終了の儀式は断PE。毎年10メートルずつ切っていく »

最近の釣りに行った記事

本日、大人はウィリーにおさわり禁止…カイワリほげたぞ
居食いしてる?な気難アジにあの手この手で口使わせて81匹
天秤&仕掛けを和彦丸SPにしてシロギス58匹でにんまり
アカムツどころか魚信が一度もなく城ヶ島沖で大撃ち~ん
暑さとサバに無口になるも船長冴えててカイワリを9匹!!
あさなぎ丸が小船と事故…イサキ開幕戦は不戦敗で激凹み
デラキンメは朝一でゲットするも水深400m超は謎だらけ
金田湾イワシメバルがあまりに魚信なく呆けてホゲて凹む
焼肉デート楽しかった。釣りもした気がするけど覚えてない
23・22・20センチのトリプルを決めるもメバルは凪に限るね
天秤? 胴突き? 俺に限ってどっちもあかんなシロギス釣り
愚策裏目で波に乗れずオキメバル4匹一荷でなんとか帳尻
天気予報大外れで良型クロムツ釣れてなければ凍え死んでた
巨大アジ猛攻であわやカイワリいない五目になるとこだった
煮付け2尾で1皿サイズのメバル14人前に癒してもらい幸せ
午前アジ22匹でなんとか。妻は5匹&竿折れて後半闇堕ちす
春の海ひねもす癒しリレーのはずが…心身鍛錬の一日に!!
春の京都。京都らしいええもんを探して一泊二日めし旨旅♪
ヤリイカも俺が行ったら終わるやん…断トツ最低1.5匹だけ
行ったらやっぱり終わってたよ…好調の余韻でカイワリ8匹
走水黄金大アジゲットも…アジに嫌われたままツ抜けせず
2022年初の大漁♪ 炙り刺しで最高なクロムツ15匹でドヤッ!!
暖かくって午後アジ作戦成功と思いきや釣果が凍死レベル
鉄壁のサバに阻まれ時合逃しカイワリ4匹だけとしょんぼり
3週間ぶりの釣りはサバ地獄と変な潮でクロムツ2匹だけ~
ドキドキもワクワクもなく初釣りの鬼おみくじ2022は大凶だ
ドデカアマ53.5センチ! 2021年最後にして最高の釣りだ!!
家族一人に1匹30㎝級クロムツ確保でお正月は尾頭付きで♪
10分の5がリリースって…一之瀬感謝デーカワハギで頓死す
潮澄み中盤まで魚信なし。日が傾いてカイワリダブル×3+1
デカハギの釣り方忘れた! 昨年に続きツ抜けせずで開幕
53センチのマハタ釣れたが…カイワリには全く相手にされず
妻がクロダイおかわり成功。それも48センチにサイズアップ
魚っ気皆無の白間津で船酔い・竿折れ・クーラー空で呆然
妻が47.5センチ人生初クロダイ。アジはコマセ係で撃ちーん
初のえいあん丸・城ヶ島沖オニカサゴは速潮に悩まされ2匹
帰りのクーラーの重さまで…サワラは五十肩に優しかった♥
105日ぶりのカイワリプチ遠征はあわやボウズで痺れたよ~
コレジャナイ十目で困憊。今日はダメ思ったらラスト10分で
三度目の正直でワラサ挑むも二度あることは…マダイは2匹
八景沖マダイは珍しく素直で3匹。久里浜ワラサとは断交中
新ブランド?よっしゃサバ。ポニョに34cmアマダイ混ざり喜々
ラストイサキは半日50匹。ワラサは常日頃の行いが悪い?
ラスト5分…またね♥とクロムツにめっちゃ営業されてしまう
2週連続で追い食いゼロって…今年の剣崎ウリンボ手強い
くそ暑い上にくそ渋い剣崎イサキ24匹どまりでくっそーー!!
やっぱ下手やねん♪ めっちゃ真面目に釣ってシロギス14匹
イサキは雨の日に限る。今季最大36cm&最多47匹でどやっ
宇佐美のカイワリは歓迎してくれた…最初の数投だけはね
雨中のシロギス特訓。キス天食べ放題へ一歩一歩前進中♪

著者: へた釣り