平成最後のイサキ釣りは最後の最後だけちょい盛り上がり

平成最後のイサキ釣りは最後の最後だけちょい盛り上がり潮速かった、ドッタンバッタン釣りづらかった、ソウダガツオはウザかった、そしてイサキは渋かったといいことなしで平成(本当に)最後のイサキ釣行は終わるものと覚悟した。14時を過ぎた時点でバケツに中にはイサキが15匹だけ。大惨敗も大惨敗。8月のワースト更新確実なペースだった。

平成最後のイサキ釣りは最後の最後だけちょい盛り上がり「剣崎沖なら大潮でも潮は速くないことがある」という瀧本船長の言葉を信じての釣行。速くないことがあるというだけで、潮が緩いと言われたわけではないのだが……。2束狙いを宣言して束すら超えずに終了するのはどうにもばつが悪い。台風が残したウネリの予報が思ったほど酷くないことを確認してから予約を入れる。金沢八景・一之瀬丸に着いてみるとイサキとの別れを惜しむ週末アングラーが片舷9人ずつで18人。へた釣りの釣り座はほぼ指定席になっている右舷の舳。9人なのでお立ち台ではなく釣り座あり。7月22日に自己最多となる179匹釣ったときと同じ席なのでいけるかも!!と出船前はテンション高め。

■イサキの活性は低め。辛抱強くシャクってポツ~ンポツ~ンと拾う

平成最後のイサキ釣りは最後の最後だけちょい盛り上がり船は45分ほど走って剣崎沖へ。観音崎周辺はウネリが激しく、ドッタンバッタンしていたが久里浜を過ぎるとウネリは落ちついた。剣崎沖のイサキ船は既に船団とはいえない規模。一之瀬丸を加えて4隻だけ。海は穏やかで釣りにくさはない。先行している船を観察するが、よろしくない。バリバリとイサキの食いが立っているという様子ではなくイサキを船に取り込んでいる姿は確認できず。船長からの指示は「20メートルから15メートル」。50センチ刻みでシャクリだす。スティ0では魚信なし、ステイ時間を1秒、2秒と長くしていくと釣り開始10分以内に1匹目のイサキをゲット。
平成最後のイサキ釣りは最後の最後だけちょい盛り上がり平成最後のイサキ釣りは最後の最後だけちょい盛り上がり

平成最後のイサキ釣りは最後の最後だけちょい盛り上がり指示ダナは「20メートルから」「18メートルから」といった具合に変わるが探れる幅が5メートルから6メートルあるので釣りやすい。またソウダガツオも全くいないというわけではなさそうだが、ビシを落とすと魚影が確認できるほどにわいているわけではない。魚信が遠のく時間帯もあったが辛抱強くシャクっていると、トリプルが発生したりダブルになったりとイサキの活性が上がってくる。指示ダナの上限当たりでガッガッと穂先を揺らすいい魚信。重量感もあり引く。これは尺超え確実!!と思ったが、水面に見えたシルエットが違った。30センチくらいのメジナだった。血抜きしてキープ。
平成最後のイサキ釣りは最後の最後だけちょい盛り上がり平成最後のイサキ釣りは最後の最後だけちょい盛り上がり

■潮速、ソウダガツオ禍、ドッタンバッタンに苦戦。条件さえ整えば…

平成最後のイサキ釣りは最後の最後だけちょい盛り上がり開始2時間でイサキは15匹くらい。その後3時間ほどイサキを全く手に出来なくなる。もともと潮は速かった。潮が速いとコマセと仕掛けが同調している時間が短く、ビシから遠い針でしか釣れないという状況だった。そこにソウダガツオが来襲し始める。イサキが長い仕掛けでしか釣れない状況ではソウダガツオ避けのショート仕掛けは使えない。長い仕掛けを使い続けるほかなく、ソウダガツオに蹂躙され続ける。さらに風が吹き始め、海が急に荒れてしまう。潮の向きと風の向きが悪いのか波状攻撃で船が上下左右に激しく揺さぶられる。海中で仕掛けはたるんでしまっているようで、全く魚信がだせなくなる。10時以降、イサキが全く釣れなくなった。
平成最後のイサキ釣りは最後の最後だけちょい盛り上がり平成最後のイサキ釣りは最後の最後だけちょい盛り上がり

平成最後のイサキ釣りは最後の最後だけちょい盛り上がり沖上がりの時間が近づいてくる。このまま8月のワースト記録を更新して終わりかなと諦めかけていると、まず最初に潮がいくらか緩んで釣りやすくなった。次に風が収まりドッタンバッタンしなくなった。再びポツ~ンポツ~ンとではあるがイサキが釣れるようになる。沖上がりの時間に船長から「ソウダガツオいないようなのでもう少しやっていきます」。イサキの活性が上向いた。トリプル2回、ダブルも2回とようやくこの時期のイサキ釣りらしい釣りになった。15時19分に平成最後のイサキを釣り上げ終了。ラスト1時間で25匹と最後だけちょっと盛りあがった。8月ワーストは更新せずに済んだ。
平成最後のイサキ釣りは最後の最後だけちょい盛り上がり平成最後のイサキ釣りは最後の最後だけちょい盛り上がり



Twitter

2018年08月26日 20:30

« 束釣れる気はしないが…イサキとのお別れを楽しんでこよう | メイン | イサキ終了の儀式は断PE。毎年10メートルずつ切っていく »

最近の釣りに行った記事

優しくないのよ東京湾の釣りの神様はっ!! 妻1号はアジ4匹
タチウオ釣りはあ行しか喋れない? 色々あるとなおさらだ
魚種豊富で魚影濃い宇佐美でカイワリ込みウィリー十五目
平成最後のイサキ釣りは最後の最後だけちょい盛り上がり
束楽勝からのソウダ禍で大失速。平成最後?のイサキ釣り
いつになったら一之瀬丸マゴチ童貞卒業できるの(遠い目)
型狙い作戦がハマり尺足らず3匹釣るも45匹までと振るわず
鱈・柳・柳・柳・柳・柳・青など五目一荷多数で超たっのしー
北海道の師匠が釣った魚が食べられる店、釧路・巽で舌鼓
ひどいウネリに船酔いしながら3年ぶりのアオゾイ3匹ゲット!!
雨で流れが速すぎて姪2号がなんとかオショロコマを1匹
標津カレイ北海道の師匠杯は台風で飛んできた女が3位に
ご当地流には理由がある。無視するとウグイの呪いが発動
釣れないから呑む。釧路の日米でとり天と東北の美酒に酔う
明石家さんまばかりでシシャモは釣れず。明日は出船中止
数釣りシーズン開幕したよ。 179匹で7月の最多記録更新!!
イサキってどうやったら釣れるんだっけ? 本気で忘れたぞ
性悪タチウオ&やる気なしアジとの痺れる戦いの行方は…
八景沖のアジ行方知れず? ウネリで掛からんし撃チ~ン
曇天なのに渋かったぁ!! あさなぎ丸デビュー戦は18匹まで
かみやメバル大会で型も数も船中3位なら頑張った方だよね
前半ウィリーに塩対応。後半たっのしー♪でカイワリは14匹
船中0じゃどうしようもないよねと自分を慰めるアカムツ4戦目
2018年の剣崎イサキチョロくない。開幕戦はなんとかツ抜け
GWは釣りしない週間にしよかな。アジツ抜けせずに頓死す
木更津沖で「へたクソぉ!!」と自分を罵り続けた夜アナゴ釣行
GWのゲートが開いて即落馬!? 宇佐美に行ってクーラー空
予報以上に風ビュービューの中、超お立ち台で午前LTアジ
序盤魚信少なくジリジリするも3年ぶり3本目の本塁打マゴチ
潮流も竿先も俺の心もキュンキュンしなかったウィリー五目
魚信少なめもヒット3本。昨年のマゴチの釣果を1日で超えた
始まったよ、シロムツしか釣れない伝説がっ!! 今季お終い
5本針にキンメ・キンメ・キンメ・シロムツ・メダイしたものの…
いきなりの尺たらず熟メバルに今季はイケる!と思ったが…
クロムツ3匹でまずまずも難敵のチビクロ、サバに大苦戦す
今年も始まったよぉ~……釣れない方の“深場伝説”がっ!!!
次にオニカサゴ釣れるのは4年後かも…サドンデスで散る!!
アジにまさかの完全試合?からの後半ポツポツでなんとか
4年ぶり通算4匹目と5匹目のオニカサゴで2017初釣りは吉!!
釣り納め2017はカイワリ17匹で自己最多更新。ハマチも8匹
東京湾の釣り納めは紅(アマ)白(タチ)そろえてまずは重畳
ツイテないのか実力不足か。一之瀬丸感謝デーで撃ち~ん
時化の上に激渋カワハギだったがピカイチくんに救われる
入学初日に退学しよかなと頭をよぎった2017アマダイ初戦
平和島は果てしなく…。TKB6回目で初めて船中個人表彰♪
ダイ三元狙いも…中(マダイ)のみ。この釣り向いてないね
プチ時化へのアジャストで大迷走したかみやカワハギ大会
江戸前カワハギおかわりは船別で型数1位も3万円に届かず
台風前の強行午前アミ五目はマダイで入魂、イナダで痛恨
台風の中継かって時化海でたっのしーいカワハギ釣り大会

著者: へた釣り