クロムツ3匹でまずまずも難敵のチビクロ、サバに大苦戦す

クロムツ3匹でまずまずも難敵のチビクロ、サバに大苦戦す伝説始めます…始める心の準備は何年も前からできているのだがちっとも始まらない。1投目でいきなりのクロムツのダブル。始まっちゃうかもよ~と小躍りしたのだが、良かったのはその一瞬だけ。サバに苦しみ、シロムツに邪魔され、クロムツは3匹まで。チビクロなる新たな敵も……。

クロムツ3匹でまずまずも難敵のチビクロ、サバに大苦戦す本日は深場釣りの名手、K重名人羽田・かみやのLT深場五目で同船。技を盗ませていただくために本当は並んで釣りたかったのだが、K重名人が入った右舷には既に5人。へた釣りが割り込むと6人になり少々手狭な感じになる。左舷は4人だったので左舷に座ることに。片舷5人ずつの10名での出船となる。ポイントは剣崎沖。1時間半ほどの航路。北風で追い風なので風は感じないが海は白波が立ってちょっと荒れている感じ。船が止まってみれば釣りにくいほどには荒れてはいなかったが……。
クロムツ3匹でまずまずも難敵のチビクロ、サバに大苦戦すクロムツ3匹でまずまずも難敵のチビクロ、サバに大苦戦す

■いきなりのクロムツダブルで伝説始まりの予感を抱くもチビクロに…

クロムツ3匹でまずまずも難敵のチビクロ、サバに大苦戦す幹糸6号、枝ス7号というクロムツに幹糸を気付かせないぞ仕掛けを投入する。オモリは150号なので6号あれば十分に感じる。メダイやシマガツオが掛かったらという不安はあるが、本日は両方とも釣れなかったので強度のチェックはできず。釣り方はいつも通りオモリが着底したら10メートル巻き上げて、枝スの長さ分の70センチ刻みでストンストンと落としていく多動性釣法。魚信はすぐにあった。竿先をガクンガクン揺らすクロムツっぽい魚信。アワセにはいかず竿に魚の重みが乗るのを待ってから少しだけ竿を持ち上げて針掛かりを確定させる。引きはまずまずで海面が近付くにつれ抵抗が弱まる。いきなりのクロムツダブルでスタート。今日は伝説イケる!!とマジで思った。

クロムツ3匹でまずまずも難敵のチビクロ、サバに大苦戦すすぐに仕掛けを再投入し同じ釣り方で誘い続けるも3匹目のクロムツがなかなか釣れない。何度も竿先をググッと引き込むような魚信や食い上げた?というクロムツっぽい変化は出るのだが一向に針掛かりしない。ムツ針なので基本向こうアワセでいいはずだし、最初の2匹も向こうアワセで釣れているのだが……こうも掛からないとなんでぇ?と頭の中が???だらけになってくる。ようやく掛けたらミニユメカサゴとアジの剣崎沖のいらないノドクロ一荷。10時半くらいにようやく謎の魚信の針掛かりに成功して、???の正体が判明。20センチくらいのクロムツだった。難敵チビクロである。魚信ってるのに掛からないのはたぶん全部コイツ。クロムツを狙っていてチビクロに邪魔される。サイズが違うだけで同じ習性の魚なのでこれはつらい。
クロムツ3匹でまずまずも難敵のチビクロ、サバに大苦戦すクロムツ3匹でまずまずも難敵のチビクロ、サバに大苦戦す

■サバが釣れたら運気急降下。カゴカマスとクロムツ追加で溜飲下げる

クロムツ3匹でまずまずも難敵のチビクロ、サバに大苦戦すポイントを何カ所か移動する。魚信が出るポイントがあるかと思えば、全く魚信が出せないポイントも。そして第2の難敵が襲いかかってくる。サバである。へた釣りはLT深場五目ではサバをあまり釣らない人(理由は不明)なのだが、なぜか急にサバの猛攻を受けることになる。仕掛けが底に着く前にサバが食ってきてクロムツがいるタナにまで仕掛けを落とせない。運よくサバを釣らずにいたのが急にサバばかり釣れ出すと運気が急降下したような気分になってくる。デカッw船長もサバの猛攻を嫌ってかポイントを大きく移動し、保田沖に移動する。サバがいなくなるとチャンスがやってくる。「カゴカマズ釣れたよ!」と教えてもらった直後にそれっぽい魚信。裏本命のカゴカマスが釣れた。カゴカマスはクロムツより美味だと本気で思っていたりする。

クロムツ3匹でまずまずも難敵のチビクロ、サバに大苦戦す保田沖には第3の敵、シロムツがいた。釣っても釣ってもシロムツばかりでトホホとなる。ユメカサゴならオモリを底に着けないことでかわせるがシロムツがほかの魚より先に食ってくる状況を回避する方法は編み出せていない。シロムツを釣り続けるしかないわけだ。それでも終了間際の14時少し前にシロムツと一荷でクロムツをゲット。これでクロムツ3匹+チビクロ1匹(チビクロはクロムツにカウントしてやんない!!)+カゴカマス1匹をキープして本日の釣果は5匹。食べて美味しい魚ばかりなのでこれで満足しなければバチが当たるが、伝説には程遠い凡庸な結果。伝説始めるのはまた今度。
クロムツ3匹でまずまずも難敵のチビクロ、サバに大苦戦すクロムツ3匹でまずまずも難敵のチビクロ、サバに大苦戦す



Twitter

2018年02月18日 19:25

« 治久丸のカイワリ・オニカサゴリレーがすご~く気になるぞ | メイン | サバに捕まると勝負にならない中深場。避ける方法ない? »

最近の釣りに行った記事

難波居酒屋のお刺身は安くて美味いの代表、嬉々わらまさ
難波で昼飲みならなんばグランド花月1階、酒処さつき最強
宇佐美の魚やる気なし。カイワリ、チダイ、ホウボウ1匹ずつ
売り切れが多いがおっぱい串がとにかく絶品なおみっちゃん
竿先グングンッ…でもバレる。気難しいアジに翻弄されたよ
土用の丑に鰻なる野暮は避け恵比寿・う福でお先に鰻三昧
小サメの駆除に協力したら梅雨アナゴとタチウオもらえたよ
俺が行っても終わらずどころかカイワリ18匹で最多記録更新
6月のええもん1=新川にしやで伝助アナゴ、白子、キアラ刺
6月のええもん2=ShunのA5牛しゃぶローススープ茶漬け♪
プチ時化お立ち台で体幹トレーニングしつつイサキを26匹♪
1日剣崎で釣れてイサキ13匹、最大28.5cmでなんとかなった
コマセ振る意味ないレベルの速潮にカイワリ1匹だけと撃沈
5月のええもん=哲剣で活アコウ刺しに感動+カマ焼きも◎
好漁続きでどうした、俺。六目41匹でクーラー八分と大満足
G:激旨W:ウィークの仕上げは東京湾口アカムツでにんまり
令和の初釣りは雨の中シャクリ続けてカイワリ7匹でドヤッ!!
アラフォー食べ頃アマダイに癒されGWのGは撃沈じゃない
4月のええもん=正宗屋のカステラ&魚屋ひでぞう刺し盛り
妄想は妄想のまま。シマアジは釣れずメジナとイサキのみ
タナ取りスピード勝負に妻苦戦で14匹。30匹クリアが遠いよ
夢ではなかった…「カイワリ船中0じゃなきゃ」が瓦解した日
鏡面のように穏やかな海で釣りをしている白日夢を見たよ
明石焼き、いかなご釘煮、蛸ぺったん、穴子串を魚の棚で
明石・人丸花壇で鯛・蛸・穴子の海峡名物3点セットを満喫♪
続・深場伝説アラの章始まらず。お土産カイワリ4匹で十分♪
不幸だねぇ氷雨降る時化海で本命ボウズなんて闇堕ちする
肩コリ完治!! すげぇな、東京湾。もしかしてサバのおかげ?
2月のええもんは難波・天秤棒でおこぜ含むお刺身三昧!
三途の川みたいな海でイシダイ撃沈。アミ五目でカンパチ!!
ブラックドラゴン相手に筋トレ。クロムツは3匹だけでチーン
難波・桃酔でええもん=アコウの酒蒸しと白アマダイを食う
三兎追うも…船中カイワリ2匹を独り占めしたから良しとする
人生6、7、8匹目のオニカサゴ。最大37cmでおみくじは小吉
有終の美を飾る1尾で一之瀬丸感謝デーは3位入賞。桜咲く
血塗られた久里浜沖でマ・イシ・クロとそろえダイ三元達成♪
お持ち帰りはアラサー1尾のみ。せめてミドサー欲しかった
クロダイ、アジ、〆サバ三種盛り。妻1号は船酔いでノーカン
悪運はTKBで尽きた。かみやカワハギ大会はいいとこなし
平和島は宇宙より遠い。でもTKB初の船別1位を獲得したよ
良型アジ66匹+60センチヒラメで八景沖豪華刺し盛り成功!!
カイワリ、チダイ、イナダなど宇佐美沖豪華5点盛りが完成
アミ五目で4目釣るも…居酒屋へたは品切れ次第臨時休業
尺確実な手応え!! 釣れたのはお邪魔虫三連星でチーン♪
へた釣り亭は1品300円均一安居酒屋。刺し盛りはアジのみ
“待て”を覚えた女、妻1号はアジ23匹。へた釣りはアカ~ン
ガス欠1DAYバトル? 久しぶりのかみやは楽しかったよ!
優しくないのよ東京湾の釣りの神様はっ!! 妻1号はアジ4匹
タチウオ釣りはあ行しか喋れない? 色々あるとなおさらだ
魚種豊富で魚影濃い宇佐美でカイワリ込みウィリー十五目

著者: へた釣り