アジにまさかの完全試合?からの後半ポツポツでなんとか

アジにまさかの完全試合?からの後半ポツポツで体裁保つ午後から風が止む予報なのに出船時刻を迎えても凪ぎる気配はなし。出船前に「午前船はアジ船中0匹」なんてインパクト絶大な船長砲をくらい、竿出す前からあか~んな気分。前半はコマセを撒けど魚信皆無。アジにまさかの完全試合?な予感さえ覚えたが後半ポツポツでなんとか!!

アジにまさかの完全試合?からの後半ポツポツで体裁保つオニカサゴの2戦目をしたかったが、剣崎沖~洲の崎沖は風速15メートル超えの予報だったので回避して、湾奥で癒しの釣りをと目論む。風は午後から弱まるはずだったので、金沢八景・一之瀬丸の午後LTアジ船に乗る。11時に品川駅にいれば出船時刻に間に合う楽チン釣行だ。家を出たときはまだ風が強く吹いていた。12時少し前に金沢八景駅に着いても風は収まっていない。予報通りならお昼過ぎからほぼ無風なはずなのだが……。受付で「風止みませんね」と話すと、「朝より吹いてる」と言われる。う~~む、暗雲。

■ビシを落とすと反応が消える低活性アジに成す術なく完全試合ペース

アジにまさかの完全試合?からの後半ポツポツで体裁保つ釣り客はへた釣りともう1人だけという大名釣り。といってもアジ釣りなのでもう少し人数が乗ってた方がコマセが効く気がするが……。船長に挨拶をして午前船の釣果を聞くと「アジ船中0です」と言われる。からかわれてるのかな?と何度か聞きなおしたが「船中0」で間違いなさそう。「反応はあっても仕掛けを入れると反応が消えてしまう。船をずらすと反応はあるけど仕掛けを入れるとやっぱり…」という状況みたいだ。反応が持ちあがらないどころか消えてしまう超低活性パターンだ。20分ほど走った水深30メートルくらいのポイントで釣り開始となる。海は釣りにならないというレベルではないが、釣りやすい感じではない。

アジにまさかの完全試合?からの後半ポツポツで体裁保つ指示ダナは底から2メートルだったので底1メートルで1振り、50センチ上げてもう1振り、あと50センチすうっと持ち上げて待つといういつもの釣り方。コマセを2回素早く撒いて、50センチ持ち上げることで仕掛けとコマセの煙幕を同調させる。20秒待って魚信がなければ底を取り直す。何度かポイントを変わったが1時間以上、何も起きない。仕掛けを入れると反応が消えるという午前船の流れのままのようで、船長はマメにポイントを変えてくれるのだがそれでもにっちもさっちもいかないもよう。できることはコマセを切らさず撒き続けることだけ。辛抱強くコマセを入れ替える。

■穂先フルフルなのにグンと食い込まない居食いアジに大苦戦したよ

アジにまさかの完全試合?からの後半ポツポツで体裁保つ14時を過ぎて、ポイントは八景沖より北側に移動していた。水深は22メートル。まだ時間はあるはずなのに「アジにまさかの完全試合?」なんて不吉な釣行記のタイトルが頭をよぎる。船長から「やっと釣れたよ」とのアナウンス。もう1人の人がアジを釣ったようだ。へた釣りにもその数分後に穂先をプルプルと震わせる魚信。そのまま我慢していれば穂先をグンッと持って行くはずなのだが、ちっとも食い込まない。波による上下で仕掛けがたるんでいると推測して、ゆっくり仕掛けを張っていくとようやく食い込んだ。魚信があって掛け方が分かればなんとかなる。それからはダブルありで釣れ始める。
アジにまさかの完全試合?からの後半ポツポツで体裁保つアジにまさかの完全試合?からの後半ポツポツで体裁保つ

アジにまさかの完全試合?からの後半ポツポツで体裁保つコマセが少ないのでアジの群れは船下に居着くという感じではないが、辛抱強くコマセを撒いていると群れが入ってくる。竿を動かして掛けていく釣りになるので、掛かり所を選べず、巻き上げ中の行方不明や海面での口切れバラシが頻発する。でも、ほかに釣りようがないので、魚信があったらゆっくり竿を聞き上げて穂先がグンッと入るのを待つ。16時前になんとか20匹。残り30分で5匹追加できて、25匹。まさかの完全試合?からはずいぶん盛り返せた気がする。結局沖上がりまで風は止まずに船上ドッタンバッタンのまま。



Twitter

2018年01月14日 19:57

« 風を嫌って2017年の第2戦は午後LTアジにしよっかなぁっと | メイン | 東京湾のアジの旬って冬?ってくらい脂が乗っててびっくり »

最近の釣りに行った記事

6月のええもん1=新川にしやで伝助アナゴ、白子、キアラ刺
6月のええもん2=ShunのA5牛しゃぶローススープ茶漬け♪
プチ時化お立ち台で体幹トレーニングしつつイサキを26匹♪
1日剣崎で釣れてイサキ13匹、最大28.5cmでなんとかなった
コマセ振る意味ないレベルの速潮にカイワリ1匹だけと撃沈
5月のええもん=哲剣で活アコウ刺しに感動+カマ焼きも◎
好漁続きでどうした、俺。六目41匹でクーラー八分と大満足
G:激旨W:ウィークの仕上げは東京湾口アカムツでにんまり
令和の初釣りは雨の中シャクリ続けてカイワリ7匹でドヤッ!!
アラフォー食べ頃アマダイに癒されGWのGは撃沈じゃない
4月のええもん=正宗屋のカステラ&魚屋ひでぞう刺し盛り
妄想は妄想のまま。シマアジは釣れずメジナとイサキのみ
タナ取りスピード勝負に妻苦戦で14匹。30匹クリアが遠いよ
夢ではなかった…「カイワリ船中0じゃなきゃ」が瓦解した日
鏡面のように穏やかな海で釣りをしている白日夢を見たよ
明石焼き、いかなご釘煮、蛸ぺったん、穴子串を魚の棚で
明石・人丸花壇で鯛・蛸・穴子の海峡名物3点セットを満喫♪
続・深場伝説アラの章始まらず。お土産カイワリ4匹で十分♪
不幸だねぇ氷雨降る時化海で本命ボウズなんて闇堕ちする
肩コリ完治!! すげぇな、東京湾。もしかしてサバのおかげ?
2月のええもんは難波・天秤棒でおこぜ含むお刺身三昧!
三途の川みたいな海でイシダイ撃沈。アミ五目でカンパチ!!
ブラックドラゴン相手に筋トレ。クロムツは3匹だけでチーン
難波・桃酔でええもん=アコウの酒蒸しと白アマダイを食う
三兎追うも…船中カイワリ2匹を独り占めしたから良しとする
人生6、7、8匹目のオニカサゴ。最大37cmでおみくじは小吉
有終の美を飾る1尾で一之瀬丸感謝デーは3位入賞。桜咲く
血塗られた久里浜沖でマ・イシ・クロとそろえダイ三元達成♪
お持ち帰りはアラサー1尾のみ。せめてミドサー欲しかった
クロダイ、アジ、〆サバ三種盛り。妻1号は船酔いでノーカン
悪運はTKBで尽きた。かみやカワハギ大会はいいとこなし
平和島は宇宙より遠い。でもTKB初の船別1位を獲得したよ
良型アジ66匹+60センチヒラメで八景沖豪華刺し盛り成功!!
カイワリ、チダイ、イナダなど宇佐美沖豪華5点盛りが完成
アミ五目で4目釣るも…居酒屋へたは品切れ次第臨時休業
尺確実な手応え!! 釣れたのはお邪魔虫三連星でチーン♪
へた釣り亭は1品300円均一安居酒屋。刺し盛りはアジのみ
“待て”を覚えた女、妻1号はアジ23匹。へた釣りはアカ~ン
ガス欠1DAYバトル? 久しぶりのかみやは楽しかったよ!
優しくないのよ東京湾の釣りの神様はっ!! 妻1号はアジ4匹
タチウオ釣りはあ行しか喋れない? 色々あるとなおさらだ
魚種豊富で魚影濃い宇佐美でカイワリ込みウィリー十五目
平成最後のイサキ釣りは最後の最後だけちょい盛り上がり
束楽勝からのソウダ禍で大失速。平成最後?のイサキ釣り
いつになったら一之瀬丸マゴチ童貞卒業できるの(遠い目)
型狙い作戦がハマり尺足らず3匹釣るも45匹までと振るわず
鱈・柳・柳・柳・柳・柳・青など五目一荷多数で超たっのしー
北海道の師匠が釣った魚が食べられる店、釧路・巽で舌鼓
ひどいウネリに船酔いしながら3年ぶりのアオゾイ3匹ゲット!!
雨で流れが速すぎて姪2号がなんとかオショロコマを1匹

著者: へた釣り