アジにまさかの完全試合?からの後半ポツポツでなんとか

アジにまさかの完全試合?からの後半ポツポツで体裁保つ午後から風が止む予報なのに出船時刻を迎えても凪ぎる気配はなし。出船前に「午前船はアジ船中0匹」なんてインパクト絶大な船長砲をくらい、竿出す前からあか~んな気分。前半はコマセを撒けど魚信皆無。アジにまさかの完全試合?な予感さえ覚えたが後半ポツポツでなんとか!!

アジにまさかの完全試合?からの後半ポツポツで体裁保つオニカサゴの2戦目をしたかったが、剣崎沖~洲の崎沖は風速15メートル超えの予報だったので回避して、湾奥で癒しの釣りをと目論む。風は午後から弱まるはずだったので、金沢八景・一之瀬丸の午後LTアジ船に乗る。11時に品川駅にいれば出船時刻に間に合う楽チン釣行だ。家を出たときはまだ風が強く吹いていた。12時少し前に金沢八景駅に着いても風は収まっていない。予報通りならお昼過ぎからほぼ無風なはずなのだが……。受付で「風止みませんね」と話すと、「朝より吹いてる」と言われる。う~~む、暗雲。

■ビシを落とすと反応が消える低活性アジに成す術なく完全試合ペース

アジにまさかの完全試合?からの後半ポツポツで体裁保つ釣り客はへた釣りともう1人だけという大名釣り。といってもアジ釣りなのでもう少し人数が乗ってた方がコマセが効く気がするが……。船長に挨拶をして午前船の釣果を聞くと「アジ船中0です」と言われる。からかわれてるのかな?と何度か聞きなおしたが「船中0」で間違いなさそう。「反応はあっても仕掛けを入れると反応が消えてしまう。船をずらすと反応はあるけど仕掛けを入れるとやっぱり…」という状況みたいだ。反応が持ちあがらないどころか消えてしまう超低活性パターンだ。20分ほど走った水深30メートルくらいのポイントで釣り開始となる。海は釣りにならないというレベルではないが、釣りやすい感じではない。

アジにまさかの完全試合?からの後半ポツポツで体裁保つ指示ダナは底から2メートルだったので底1メートルで1振り、50センチ上げてもう1振り、あと50センチすうっと持ち上げて待つといういつもの釣り方。コマセを2回素早く撒いて、50センチ持ち上げることで仕掛けとコマセの煙幕を同調させる。20秒待って魚信がなければ底を取り直す。何度かポイントを変わったが1時間以上、何も起きない。仕掛けを入れると反応が消えるという午前船の流れのままのようで、船長はマメにポイントを変えてくれるのだがそれでもにっちもさっちもいかないもよう。できることはコマセを切らさず撒き続けることだけ。辛抱強くコマセを入れ替える。

■穂先フルフルなのにグンと食い込まない居食いアジに大苦戦したよ

アジにまさかの完全試合?からの後半ポツポツで体裁保つ14時を過ぎて、ポイントは八景沖より北側に移動していた。水深は22メートル。まだ時間はあるはずなのに「アジにまさかの完全試合?」なんて不吉な釣行記のタイトルが頭をよぎる。船長から「やっと釣れたよ」とのアナウンス。もう1人の人がアジを釣ったようだ。へた釣りにもその数分後に穂先をプルプルと震わせる魚信。そのまま我慢していれば穂先をグンッと持って行くはずなのだが、ちっとも食い込まない。波による上下で仕掛けがたるんでいると推測して、ゆっくり仕掛けを張っていくとようやく食い込んだ。魚信があって掛け方が分かればなんとかなる。それからはダブルありで釣れ始める。
アジにまさかの完全試合?からの後半ポツポツで体裁保つアジにまさかの完全試合?からの後半ポツポツで体裁保つ

アジにまさかの完全試合?からの後半ポツポツで体裁保つコマセが少ないのでアジの群れは船下に居着くという感じではないが、辛抱強くコマセを撒いていると群れが入ってくる。竿を動かして掛けていく釣りになるので、掛かり所を選べず、巻き上げ中の行方不明や海面での口切れバラシが頻発する。でも、ほかに釣りようがないので、魚信があったらゆっくり竿を聞き上げて穂先がグンッと入るのを待つ。16時前になんとか20匹。残り30分で5匹追加できて、25匹。まさかの完全試合?からはずいぶん盛り返せた気がする。結局沖上がりまで風は止まずに船上ドッタンバッタンのまま。



Twitter

2018年01月14日 19:57

« 風を嫌って2017年の第2戦は午後LTアジにしよっかなぁっと | メイン | 東京湾のアジの旬って冬?ってくらい脂が乗っててびっくり »

最近の釣りに行った記事

アラはともかくとして…クーラー真っ白でピント合わねぇよ(泣
前半苦戦も怒涛の追い上げでカイワリ自己最多を27匹に!
釣れども釣れども手乗りカサゴで…俺の心は木っ端微塵!
怒涛の4連荘ありアカムツ5匹。極鋭CG釣れる気しかしない
午前は船中1匹の報に暗澹とするもカイワリ15匹でえっへん
南房まで行ってシマアジがボウズだけでなくクーラー空っぽ
厳しい通り越し痺れた。アラフォーイシダイゲットでなんとか
極鋭CGオニカサゴで入魂完了。腕ではなく竿を褒められる
自称・老先短い母にええもん食わせに上かん屋 久佐久へ
初の外房にて45cm&30cmのアカムツ両手にドヤっドヤっ顔
満足サイズも2匹。深場五目初戦はクロムツ6匹でえっへん
難波最強の立ち飲み屋発見! あたりや食堂でニセンベロ!!
あわや2釣行連続でクーラー空! オニカサゴみくじは小吉
年越しそば2019は難波・源氏で。関西流に辛味大根が美味
令和元年の釣り納めで今年初のをやらかしてしょぼ~ん!
イナダだらけでイシダイどこ~? シマ消え込みで3匹ゲット
久里浜沖7時間耐久マダイ魚信なし地獄にもがき苦しんだ
カイワリは安定の14匹。カンパチはソレダメをやらかしたよ
序盤にクロダイ×2、そのうちマダイも釣れると思ったのに…
雑然とした路地の老舗寿司屋あばらやで大人のドキドキを
カイワリと変わらないサイズだけど初の白間津・シマアジだ
カイワリツ抜けは楽勝と油断したら後半デカアジに翻弄され
ドラグ滑って面白すぎ!! イナダ(ハマチ)10匹で大大大満足
タチウオは指5本×2で満足。アマダイはポニョのみで罪悪感
台風一過の午前アジは土砂降り、強風、ゴミだらけだったが
餃子激戦区の恵比寿に祇園歩兵3号店。優しいお味に納得
35up乱舞。アジしか釣れずしょんぼり、妻は人生最大に興奮
伊豆はカワハギ天国のはずだったのに後半失速でもツ抜け
久々の治久丸午前でカイワリ9匹。えべっさんも人生初の!!
炙り+好みの味ですし焼き。コスパも抜群な難波・ときすし
母78歳の誕生日をメープル猪名川で祝う。秋の味覚楽しむ
ゲストはサバだけ…八景沖でアジ入れ食いの午後アミ五目
浅場タチウオ攻略失敗。でも50mなら労せずとも掛かるかも
路線図読めないおっさんはタチウオ掛け方分からんのです
刺し盛りは関西は活かり、関東は旨みと恵比寿 魚一商店で
撃沈ではないが下手さ加減認識したタチアジ。でもタコ3杯♪
5年連続イサキ束超え失敗。良型混じると数を伸ばせない
純ちゃんのすじ塩は恵比寿でNo.1の煮込みかも知れない!!
難波・豪快立ち寿司でウニとイクラこぼれ盛り痛風一直線♪
恵比寿・肉天国で炙りユッケ、痛風味玉、牛トロ天を堪能す
一之瀬丸一の凄腕カツオ一本釣り師になってげんなりする
北海道のそばは最高!! 中標津・伊とうで藪・更科食べ比べ
姪2号にオショロコマを釣らせるミッション今年も無事クリア!!
釧路・繁栄丸アオゾイ耐久。7匹だけど今年も釣れたよ
北海道の師匠杯で子供はアオゾイゲット。へたはお世話係
台風令和初上陸の翌日剣崎イサキ束釣れるかなチャレンジ
難波居酒屋のお刺身は安くて美味いの代表、嬉々わらまさ
難波で昼飲みならなんばグランド花月1階、酒処さつき最強
宇佐美の魚やる気なし。カイワリ、チダイ、ホウボウ1匹ずつ
売り切れが多いがおっぱい串がとにかく絶品なおみっちゃん

著者: へた釣り