アジにまさかの完全試合?からの後半ポツポツでなんとか

アジにまさかの完全試合?からの後半ポツポツで体裁保つ午後から風が止む予報なのに出船時刻を迎えても凪ぎる気配はなし。出船前に「午前船はアジ船中0匹」なんてインパクト絶大な船長砲をくらい、竿出す前からあか~んな気分。前半はコマセを撒けど魚信皆無。アジにまさかの完全試合?な予感さえ覚えたが後半ポツポツでなんとか!!

アジにまさかの完全試合?からの後半ポツポツで体裁保つオニカサゴの2戦目をしたかったが、剣崎沖~洲の崎沖は風速15メートル超えの予報だったので回避して、湾奥で癒しの釣りをと目論む。風は午後から弱まるはずだったので、金沢八景・一之瀬丸の午後LTアジ船に乗る。11時に品川駅にいれば出船時刻に間に合う楽チン釣行だ。家を出たときはまだ風が強く吹いていた。12時少し前に金沢八景駅に着いても風は収まっていない。予報通りならお昼過ぎからほぼ無風なはずなのだが……。受付で「風止みませんね」と話すと、「朝より吹いてる」と言われる。う~~む、暗雲。

■ビシを落とすと反応が消える低活性アジに成す術なく完全試合ペース

アジにまさかの完全試合?からの後半ポツポツで体裁保つ釣り客はへた釣りともう1人だけという大名釣り。といってもアジ釣りなのでもう少し人数が乗ってた方がコマセが効く気がするが……。船長に挨拶をして午前船の釣果を聞くと「アジ船中0です」と言われる。からかわれてるのかな?と何度か聞きなおしたが「船中0」で間違いなさそう。「反応はあっても仕掛けを入れると反応が消えてしまう。船をずらすと反応はあるけど仕掛けを入れるとやっぱり…」という状況みたいだ。反応が持ちあがらないどころか消えてしまう超低活性パターンだ。20分ほど走った水深30メートルくらいのポイントで釣り開始となる。海は釣りにならないというレベルではないが、釣りやすい感じではない。

アジにまさかの完全試合?からの後半ポツポツで体裁保つ指示ダナは底から2メートルだったので底1メートルで1振り、50センチ上げてもう1振り、あと50センチすうっと持ち上げて待つといういつもの釣り方。コマセを2回素早く撒いて、50センチ持ち上げることで仕掛けとコマセの煙幕を同調させる。20秒待って魚信がなければ底を取り直す。何度かポイントを変わったが1時間以上、何も起きない。仕掛けを入れると反応が消えるという午前船の流れのままのようで、船長はマメにポイントを変えてくれるのだがそれでもにっちもさっちもいかないもよう。できることはコマセを切らさず撒き続けることだけ。辛抱強くコマセを入れ替える。

■穂先フルフルなのにグンと食い込まない居食いアジに大苦戦したよ

アジにまさかの完全試合?からの後半ポツポツで体裁保つ14時を過ぎて、ポイントは八景沖より北側に移動していた。水深は22メートル。まだ時間はあるはずなのに「アジにまさかの完全試合?」なんて不吉な釣行記のタイトルが頭をよぎる。船長から「やっと釣れたよ」とのアナウンス。もう1人の人がアジを釣ったようだ。へた釣りにもその数分後に穂先をプルプルと震わせる魚信。そのまま我慢していれば穂先をグンッと持って行くはずなのだが、ちっとも食い込まない。波による上下で仕掛けがたるんでいると推測して、ゆっくり仕掛けを張っていくとようやく食い込んだ。魚信があって掛け方が分かればなんとかなる。それからはダブルありで釣れ始める。
アジにまさかの完全試合?からの後半ポツポツで体裁保つアジにまさかの完全試合?からの後半ポツポツで体裁保つ

アジにまさかの完全試合?からの後半ポツポツで体裁保つコマセが少ないのでアジの群れは船下に居着くという感じではないが、辛抱強くコマセを撒いていると群れが入ってくる。竿を動かして掛けていく釣りになるので、掛かり所を選べず、巻き上げ中の行方不明や海面での口切れバラシが頻発する。でも、ほかに釣りようがないので、魚信があったらゆっくり竿を聞き上げて穂先がグンッと入るのを待つ。16時前になんとか20匹。残り30分で5匹追加できて、25匹。まさかの完全試合?からはずいぶん盛り返せた気がする。結局沖上がりまで風は止まずに船上ドッタンバッタンのまま。



Twitter

2018年01月14日 19:57

« 風を嫌って2017年の第2戦は午後LTアジにしよっかなぁっと | メイン | 東京湾のアジの旬って冬?ってくらい脂が乗っててびっくり »

最近の釣りに行った記事

いつになったら一之瀬丸マゴチ童貞卒業できるの(遠い目)
型狙い作戦がハマり尺足らず3匹釣るも45匹までと振るわず
鱈・柳・柳・柳・柳・柳・青など五目一荷多数で超たっのしー
北海道の師匠が釣った魚が食べられる店、釧路・巽で舌鼓
ひどいウネリに船酔いしながら3年ぶりのアオゾイ3匹ゲット!!
雨で流れが速すぎて姪2号がなんとかオショロコマを1匹
標津カレイ北海道の師匠杯は台風で飛んできた女が3位に
ご当地流には理由がある。無視するとウグイの呪いが発動
釣れないから呑む。釧路の日米でとり天と東北の美酒に酔う
明石家さんまばかりでシシャモは釣れず。明日は出船中止
数釣りシーズン開幕したよ。 179匹で7月の最多記録更新!!
イサキってどうやったら釣れるんだっけ? 本気で忘れたぞ
性悪タチウオ&やる気なしアジとの痺れる戦いの行方は…
八景沖のアジ行方知れず? ウネリで掛からんし撃チ~ン
曇天なのに渋かったぁ!! あさなぎ丸デビュー戦は18匹まで
かみやメバル大会で型も数も船中3位なら頑張った方だよね
前半ウィリーに塩対応。後半たっのしー♪でカイワリは14匹
船中0じゃどうしようもないよねと自分を慰めるアカムツ4戦目
2018年の剣崎イサキチョロくない。開幕戦はなんとかツ抜け
GWは釣りしない週間にしよかな。アジツ抜けせずに頓死す
木更津沖で「へたクソぉ!!」と自分を罵り続けた夜アナゴ釣行
GWのゲートが開いて即落馬!? 宇佐美に行ってクーラー空
予報以上に風ビュービューの中、超お立ち台で午前LTアジ
序盤魚信少なくジリジリするも3年ぶり3本目の本塁打マゴチ
潮流も竿先も俺の心もキュンキュンしなかったウィリー五目
魚信少なめもヒット3本。昨年のマゴチの釣果を1日で超えた
始まったよ、シロムツしか釣れない伝説がっ!! 今季お終い
5本針にキンメ・キンメ・キンメ・シロムツ・メダイしたものの…
いきなりの尺たらず熟メバルに今季はイケる!と思ったが…
クロムツ3匹でまずまずも難敵のチビクロ、サバに大苦戦す
今年も始まったよぉ~……釣れない方の“深場伝説”がっ!!!
次にオニカサゴ釣れるのは4年後かも…サドンデスで散る!!
アジにまさかの完全試合?からの後半ポツポツでなんとか
4年ぶり通算4匹目と5匹目のオニカサゴで2017初釣りは吉!!
釣り納め2017はカイワリ17匹で自己最多更新。ハマチも8匹
東京湾の釣り納めは紅(アマ)白(タチ)そろえてまずは重畳
ツイテないのか実力不足か。一之瀬丸感謝デーで撃ち~ん
時化の上に激渋カワハギだったがピカイチくんに救われる
入学初日に退学しよかなと頭をよぎった2017アマダイ初戦
平和島は果てしなく…。TKB6回目で初めて船中個人表彰♪
ダイ三元狙いも…中(マダイ)のみ。この釣り向いてないね
プチ時化へのアジャストで大迷走したかみやカワハギ大会
江戸前カワハギおかわりは船別で型数1位も3万円に届かず
台風前の強行午前アミ五目はマダイで入魂、イナダで痛恨
台風の中継かって時化海でたっのしーいカワハギ釣り大会
高切れ、竿折れ、コマセをかぶって…精も根も尽き果てたよ
ちいさいアジ、ちいさいアジ、ちいさいアジだけ釣…~れた♪
あと5g分の底力が足りず上州屋カワハギ大会はお土産なし
ウィリーたっのしーカイワリ5匹。カンパチきっびしー1匹だけ
1匹だけはという夢はかなえたもののマゴチに苦手意識は…

著者: へた釣り