プチ時化へのアジャストで大迷走したかみやカワハギ大会

プチ時化へのアジャストで大迷走したかみやカワハギ大会TKBの次に攻略したい大会なんてことを宣言し気合を入れて参加したかみやカワハギ大会だが悲願の優勝(というか竿)は遥か彼方。プチ時化へのアジャストがうまくできず前半戦は大迷走。仕掛けとオモリを取っ替え引っ替え、撃沈ペース。今季最大29.1センチで表彰台に滑りこめた。

プチ時化へのアジャストで大迷走したかみやカワハギ大会羽田・かみやの大会は送迎バス利用組は釣り座は選ばないが船を選べるという優遇措置がある。へた釣りはというと潮先の釣り座が空いている船のクジをひきたいので船は指定しない。受付で座席表を確認すると3号(淳ちゃん船長)船の左舷前寄りが空いている。左舷前が午前中の潮先だと思われるので、3号船のクジを引くと……右舷胴の間、前から4番目。相変わらずのクジ運の悪さだが、腕のなさとクジ運の悪さを補うための愚策である。なんとかなるもん!!

■太刀メタル切れる!! 釣り方決められず仕掛けとオモリを変えまくる

プチ時化へのアジャストで大迷走したかみやカワハギ大会船は約1時間かけて竹岡沖へ。北風だったので移動中はそれほど激しく揺れはしなかったが船が止まると風が強く海面がザワザワしている感じ。波もそれなりに深い。いつもなら宙でスタートするのだが、宙だと底はどこ?なことになりそうなので底から30センチ浮かした位置に7センチ間隔で3本針を配した時化用仕掛けの太刀メタルVer.で釣り始める。8時40分に釣り開始。1匹目は9時にゲット。20分もかかってしまった。上乗りさんをしていたH賀達人が「釣ってる人はもう8匹釣ってますよ」といらぬプレッシャーをくれる。
プチ時化へのアジャストで大迷走したかみやカワハギ大会プチ時化へのアジャストで大迷走したかみやカワハギ大会

プチ時化へのアジャストで大迷走したかみやカワハギ大会型狙いだから数はいらないもんねと誘いすぎず動かしすぎずを意識して釣っているとちょっといい魚信。針掛かりも成功し、巻き上げる。ドラグが滑るいい手応えにそろそろ「タモ」と叫ぶかなと考えていると…ふっと軽くなる。魚だけじゃなくオモリごとなくなった感じ。太刀メタルが切れていた。切れた個所から推測するにフグの歯にやられたというよりは結びコブの部分で切れた。太刀メタルに結びコブはだめなのかも……。ここから迷走が始まる。ノーマルな底仕掛け、時化用30センチ持ち上げ仕掛け、オモリもピカイチくん、黄色&ラメ、赤金、中オモリを付けてみたり外したり。ただし、どれもこれもハズレはしないがアタリもしないという感じ。20センチくらいのカワハギなら釣れるが、25センチには届かない。それ以上に底での釣りだと魚信があっても掛けられないことが多いのでストレスがすさまじい。

■結局慣れた宙釣りで今季最大29.1センチ。船別3位に滑りこんだよ

プチ時化へのアジャストで大迷走したかみやカワハギ大会悩み続けるも有効な手立てが見つからない。宙釣りができるくらいまで風収まってくれ~と祈り続けるがそんな想いは天には届かない。右隣の人が巨大なカワハギを釣り上げる。31.5センチ。滅多にお目にかかれないご立派サイズを真横で見ると、今年もダメか……とは思わない。これで踏ん切りがついた。苦手な釣り方をしていては型も数も伸ばせない。密集型宙釣り仕掛け+ピカイチくん(緑)+アワビ貼りブレードのいつもの3点セットを投入する。ピカイチくんを緑にしたのは攻めているポイントが水深が30メートルと深かったから。波のせいで底を大きく切っていることもあったが、あれこれ悩むより慣れた釣り方の方が結果が出る。13時少し前に底から魚を引き離すのに少し苦労する魚信。巻き上げ中もときどき竿を送らないといなせない引き込みをする。H賀達人のタモに収まったのは29.1センチのカワハギ。今季最大である。これで入賞できなければ諦めがつくサイズである。
プチ時化へのアジャストで大迷走したかみやカワハギ大会プチ時化へのアジャストで大迷走したかみやカワハギ大会

プチ時化へのアジャストで大迷走したかみやカワハギ大会その後も20センチ前後を中心にまずまずペースでカワハギが釣れる。前半大苦戦したわりには終わってみれば21匹。3匹合計長のTKB寸で75センチくらいなのでまぁ悪くはない。もう少し早めに底での釣りを諦めて宙釣りに切り替えていればという気がしないでもないが、風は少しずつ収まっていっていたのであのタイミングがちょうどよかったという気もする。総合優勝はT佐名人で32.6センチ。数釣りは42匹で異次元O塚名人。へた釣りは船別表彰でなんとか3位に滑りこんで無料乗船券と「尺たらずシール」をいただく。大会中は迷わない!! これが本日得た一番の教訓だと思う。写真が少ないのはマジメに釣っていたってことなのでご容赦。



Twitter

2017年11月12日 19:56

« かみやカワハギ大会はまたも時化海。心以外の準備は万全 | メイン | 太刀メタルに結び目NGかフグに負けたか検証方法ないかな »

最近の釣りに行った記事

午前は船中1匹の報に暗澹とするもカイワリ15匹でえっへん
南房まで行ってシマアジがボウズだけでなくクーラー空っぽ
厳しい通り越し痺れた。アラフォーイシダイゲットでなんとか
極鋭CGオニカサゴで入魂完了。腕ではなく竿を褒められる
自称・老先短い母にええもん食わせに上かん屋 久佐久へ
初の外房にて45cm&30cmのアカムツ両手にドヤっドヤっ顔
満足サイズも2匹。深場五目初戦はクロムツ6匹でえっへん
難波最強の立ち飲み屋発見! あたりや食堂でニセンベロ!!
あわや2釣行連続でクーラー空! オニカサゴみくじは小吉
年越しそば2019は難波・源氏で。関西流に辛味大根が美味
令和元年の釣り納めで今年初のをやらかしてしょぼ~ん!
イナダだらけでイシダイどこ~? シマ消え込みで3匹ゲット
久里浜沖7時間耐久マダイ魚信なし地獄にもがき苦しんだ
カイワリは安定の14匹。カンパチはソレダメをやらかしたよ
序盤にクロダイ×2、そのうちマダイも釣れると思ったのに…
雑然とした路地の老舗寿司屋あばらやで大人のドキドキを
カイワリと変わらないサイズだけど初の白間津・シマアジだ
カイワリツ抜けは楽勝と油断したら後半デカアジに翻弄され
ドラグ滑って面白すぎ!! イナダ(ハマチ)10匹で大大大満足
タチウオは指5本×2で満足。アマダイはポニョのみで罪悪感
台風一過の午前アジは土砂降り、強風、ゴミだらけだったが
餃子激戦区の恵比寿に祇園歩兵3号店。優しいお味に納得
35up乱舞。アジしか釣れずしょんぼり、妻は人生最大に興奮
伊豆はカワハギ天国のはずだったのに後半失速でもツ抜け
久々の治久丸午前でカイワリ9匹。えべっさんも人生初の!!
炙り+好みの味ですし焼き。コスパも抜群な難波・ときすし
母78歳の誕生日をメープル猪名川で祝う。秋の味覚楽しむ
ゲストはサバだけ…八景沖でアジ入れ食いの午後アミ五目
浅場タチウオ攻略失敗。でも50mなら労せずとも掛かるかも
路線図読めないおっさんはタチウオ掛け方分からんのです
刺し盛りは関西は活かり、関東は旨みと恵比寿 魚一商店で
撃沈ではないが下手さ加減認識したタチアジ。でもタコ3杯♪
5年連続イサキ束超え失敗。良型混じると数を伸ばせない
純ちゃんのすじ塩は恵比寿でNo.1の煮込みかも知れない!!
難波・豪快立ち寿司でウニとイクラこぼれ盛り痛風一直線♪
恵比寿・肉天国で炙りユッケ、痛風味玉、牛トロ天を堪能す
一之瀬丸一の凄腕カツオ一本釣り師になってげんなりする
北海道のそばは最高!! 中標津・伊とうで藪・更科食べ比べ
姪2号にオショロコマを釣らせるミッション今年も無事クリア!!
釧路・繁栄丸アオゾイ耐久。7匹だけど今年も釣れたよ
北海道の師匠杯で子供はアオゾイゲット。へたはお世話係
台風令和初上陸の翌日剣崎イサキ束釣れるかなチャレンジ
難波居酒屋のお刺身は安くて美味いの代表、嬉々わらまさ
難波で昼飲みならなんばグランド花月1階、酒処さつき最強
宇佐美の魚やる気なし。カイワリ、チダイ、ホウボウ1匹ずつ
売り切れが多いがおっぱい串がとにかく絶品なおみっちゃん
竿先グングンッ…でもバレる。気難しいアジに翻弄されたよ
土用の丑に鰻なる野暮は避け恵比寿・う福でお先に鰻三昧
小サメの駆除に協力したら梅雨アナゴとタチウオもらえたよ
俺が行っても終わらずどころかカイワリ18匹で最多記録更新

著者: へた釣り