サバに負けた。カイワリ2匹だけでしょんぼりな宇佐美遠征

サバに負けた。カイワリ2匹だけでしょんぼりな宇佐美遠征ウィリーを信じる心を取り戻すために釣るのも食べるのも大好きなカイワリを狙って宇佐美へとプチ遠征。浜辺には海水浴に興じる家族連れが見え、海はすっかり夏模様だったが、魚の方はお寒い感じ。なんとかカイワリを2匹釣って撃沈だけは免れたが、とにかく魚っ気に乏しくつらかった。

サバに負けた。カイワリ2匹だけでしょんぼりな宇佐美遠征車で釣行する人にとっては東伊豆の入り口寄りの宇佐美なんて通常釣行の射程内なんだろうが、電車釣行のへた釣りにとっては片道2時間半近く、往復で5時間も電車に乗るわけで遠征である。船は午後船なので朝はゆっくり。8時少し前の東海道線で熱海経由で宇佐美を目指せば余裕を持って間に合う。駅から宇佐美漁港までは徒歩20分くらい。ゆっくり歩いて向かう。既に海開きしているのか、海水浴場には泳いでいる家族連れの姿が見える。船着き場に到着して海をのぞくと、かなり濁りがきつい。昨日は青潮が発生したなんて噂も……悪条件かも。
サバに負けた。カイワリ2匹だけでしょんぼりな宇佐美遠征サバに負けた。カイワリ2匹だけでしょんぼりな宇佐美遠征

■マルアジがウィリーに食ってきて今日はイケるかもと一瞬思ったが…

サバに負けた。カイワリ2匹だけでしょんぼりな宇佐美遠征乗船場所で腹ごしらえをして、道具の準備をして待っていると治久丸が帰ってきた。午前船のアカムツは船中5匹だったそうだ。アカムツが5匹も釣れるのなら潮が悪いということはなさそうなので一安心。片舷3人ずつの計6人での出船となる。治久丸の釣り座は船長の指定。へた釣りの釣り座は右舷の舳になった。釣り座についてコマセのバケツを見るとあれ?っとなる。アミコマセとオキアミが1つずつ入っている。混ぜて使うのかなと混ぜていると、船長から「混ぜずに使う」と教わる。でも、時既に遅し。混ぜたコマセで釣ることに。
サバに負けた。カイワリ2匹だけでしょんぼりな宇佐美遠征サバに負けた。カイワリ2匹だけでしょんぼりな宇佐美遠征

サバに負けた。カイワリ2匹だけでしょんぼりな宇佐美遠征12時少し前に船は港を出る。最初のポイントは大崎堤防沖の水深25メートルくらいの場所。カイワリだけでなく、アジカワハギ、メジナにクロダイ、マダイなどが混ざる五目釣りの期待ポイントだ。指示は「底10メートルまでをシャクって」だった。3メートルから50センチ刻みで14回シャクる。カイワリ狙いなのでスティ0の高速シャクリ。1回目は魚信なし、底まで落とし直して2回目で竿先をプルルと震わせる魚信。マルアジだった。速いシャクリに反応する魚がいるので、今日はイケるかもと思ったが、その後沈黙。
サバに負けた。カイワリ2匹だけでしょんぼりな宇佐美遠征サバに負けた。カイワリ2匹だけでしょんぼりな宇佐美遠征

■カイワリいたのに…カイワリを蹴散らすサバの猛襲に成す術なく

サバに負けた。カイワリ2匹だけでしょんぼりな宇佐美遠征ポイントが変わる。初島方向へと移動して水深90メートルのこの時期にしては深めのポイント。底から12メートルまでをシャクるが魚からのコンタクトなし。船長からマイクで「ウィリー?」と聞かれる。もちろんウィリーである。「オキアミの方がいいよぉ」と指導されるが当然言うことは聞かない。船上で一番聞きたくないセリフが飛び出す。「反応はあるんですけどねぇ~。食ってこないねぇ~」。今日もダメかもと不安が頭をよぎる。初島近くの何カ所目かのポイントで、「これは食ってきますよ~」という群れにあたった。14時少し前にカイワリ1匹目。その3分後にはもう1匹。入れ食いというわけでないが、鋭くシャクれば魚信が出る。これならツ抜けは狙えるかもと手返しを急いだが……このあとがいけない。サバの猛攻に遭う。カイワリが魚信っても巻き上げ中にサバに化ける。自分のサバだけならまだしも、横の人のサバにもよく化けるので、トホホとなる。その後カイワリは船中に入れられず。
サバに負けた。カイワリ2匹だけでしょんぼりな宇佐美遠征サバに負けた。カイワリ2匹だけでしょんぼりな宇佐美遠征

サバに負けた。カイワリ2匹だけでしょんぼりな宇佐美遠征船長もサバの猛攻に成す術なしのようでイサキでお土産確保作戦に。ウィリーでではなく6メートルの仕掛けでタナで待つ釣り。イサキは船中魚信ゼロで終了。再び、カイワリというかサバを釣りに行くことに。巻き上げ中ならともなく、指示ダナの低めの位置でサバが食い始めるとどうにもならない。高速シャクリでサバをかわすと今度は何もウィリーに触れてこなくなる。サバでも魚信があった方がマシ。お手上げだ。船長もお手上げだったらしく。底が砂泥のアマダイポイントに移動。底2~3メートルという指示。アマダイ狙いで底付近からフワリフワリと誘ってみたがアマダイはお留守だった。キダイを4匹ほど釣って本日終了。ウィリーを信じる心を取り戻すというミッションは……失敗かな? 帰りに残念賞としてサザエをいただく。
サバに負けた。カイワリ2匹だけでしょんぼりな宇佐美遠征サバに負けた。カイワリ2匹だけでしょんぼりな宇佐美遠征



Twitter

2017年07月08日 22:14

« シャクらないへたはただの下手だ。指と腕痛いけどカイワリ | メイン | 釣具用に作られたウェットティッシュ「タックル専用つやだし」 »

最近の釣りに行った記事

ほぼ初体験タイラバでタツノオトシゴ+カイワリなんとか2匹
気まぐれな剣崎沖イサキに翻弄されるのもいと嬉しで35匹♪
自己最大47センチ&自己最多更新で富戸オニカサゴ最高♪
A5ランク絶品アジばかり53匹。時化避けサクッと釣行大成功
推しは剣崎でしょ、と沖の瀬イサキに塩対応されてしまい…
和彦丸キス・アジリレーで東京湾二大釣魚に再入門してきた
イサキ開幕戦は尺級5匹込み23匹。でも剣崎は撃ちーん!
復活の日釣行。まずはめでタイ、あとはひたすらイサキで…
【コロナで自粛】試行錯誤で美味しく! 日田風焼きそば開店
【コロナで自粛】大阪の居酒屋の味を求め串揚げやさん開店
【コロナで散財】美味い乾麺のそば番外編。ほうじ茶蕎麦編
【コロナで自粛】大阪の匂いに包まれお好み焼き屋さん開店
【コロナで自粛】子供1号バイト先より肉着弾し焼肉屋開店!!
【コロナで散財】一番美味い乾麺のそばを探す。天狗そば編
【コロナで自粛】陽気がよいので玄関先で焼き鳥屋さん開店
【コロナで散財】日本一美味い駅そば「音威子府そば」を食う
アラはともかくとして…クーラー真っ白でピント合わねぇよ(泣
前半苦戦も怒涛の追い上げでカイワリ自己最多を27匹に!
釣れども釣れども手乗りカサゴで…俺の心は木っ端微塵!
怒涛の4連荘ありアカムツ5匹。極鋭CG釣れる気しかしない
午前は船中1匹の報に暗澹とするもカイワリ15匹でえっへん
南房まで行ってシマアジがボウズだけでなくクーラー空っぽ
厳しい通り越し痺れた。アラフォーイシダイゲットでなんとか
極鋭CGオニカサゴで入魂完了。腕ではなく竿を褒められる
自称・老先短い母にええもん食わせに上かん屋 久佐久へ
初の外房にて45cm&30cmのアカムツ両手にドヤっドヤっ顔
満足サイズも2匹。深場五目初戦はクロムツ6匹でえっへん
難波最強の立ち飲み屋発見! あたりや食堂でニセンベロ!!
あわや2釣行連続でクーラー空! オニカサゴみくじは小吉
年越しそば2019は難波・源氏で。関西流に辛味大根が美味
令和元年の釣り納めで今年初のをやらかしてしょぼ~ん!
イナダだらけでイシダイどこ~? シマ消え込みで3匹ゲット
久里浜沖7時間耐久マダイ魚信なし地獄にもがき苦しんだ
カイワリは安定の14匹。カンパチはソレダメをやらかしたよ
序盤にクロダイ×2、そのうちマダイも釣れると思ったのに…
雑然とした路地の老舗寿司屋あばらやで大人のドキドキを
カイワリと変わらないサイズだけど初の白間津・シマアジだ
カイワリツ抜けは楽勝と油断したら後半デカアジに翻弄され
ドラグ滑って面白すぎ!! イナダ(ハマチ)10匹で大大大満足
タチウオは指5本×2で満足。アマダイはポニョのみで罪悪感
台風一過の午前アジは土砂降り、強風、ゴミだらけだったが
餃子激戦区の恵比寿に祇園歩兵3号店。優しいお味に納得
35up乱舞。アジしか釣れずしょんぼり、妻は人生最大に興奮
伊豆はカワハギ天国のはずだったのに後半失速でもツ抜け
久々の治久丸午前でカイワリ9匹。えべっさんも人生初の!!
炙り+好みの味ですし焼き。コスパも抜群な難波・ときすし
母78歳の誕生日をメープル猪名川で祝う。秋の味覚楽しむ
ゲストはサバだけ…八景沖でアジ入れ食いの午後アミ五目
浅場タチウオ攻略失敗。でも50mなら労せずとも掛かるかも
路線図読めないおっさんはタチウオ掛け方分からんのです

著者: へた釣り