サバに負けた。カイワリ2匹だけでしょんぼりな宇佐美遠征

サバに負けた。カイワリ2匹だけでしょんぼりな宇佐美遠征ウィリーを信じる心を取り戻すために釣るのも食べるのも大好きなカイワリを狙って宇佐美へとプチ遠征。浜辺には海水浴に興じる家族連れが見え、海はすっかり夏模様だったが、魚の方はお寒い感じ。なんとかカイワリを2匹釣って撃沈だけは免れたが、とにかく魚っ気に乏しくつらかった。

サバに負けた。カイワリ2匹だけでしょんぼりな宇佐美遠征車で釣行する人にとっては東伊豆の入り口寄りの宇佐美なんて通常釣行の射程内なんだろうが、電車釣行のへた釣りにとっては片道2時間半近く、往復で5時間も電車に乗るわけで遠征である。船は午後船なので朝はゆっくり。8時少し前の東海道線で熱海経由で宇佐美を目指せば余裕を持って間に合う。駅から宇佐美漁港までは徒歩20分くらい。ゆっくり歩いて向かう。既に海開きしているのか、海水浴場には泳いでいる家族連れの姿が見える。船着き場に到着して海をのぞくと、かなり濁りがきつい。昨日は青潮が発生したなんて噂も……悪条件かも。
サバに負けた。カイワリ2匹だけでしょんぼりな宇佐美遠征サバに負けた。カイワリ2匹だけでしょんぼりな宇佐美遠征

■マルアジがウィリーに食ってきて今日はイケるかもと一瞬思ったが…

サバに負けた。カイワリ2匹だけでしょんぼりな宇佐美遠征乗船場所で腹ごしらえをして、道具の準備をして待っていると治久丸が帰ってきた。午前船のアカムツは船中5匹だったそうだ。アカムツが5匹も釣れるのなら潮が悪いということはなさそうなので一安心。片舷3人ずつの計6人での出船となる。治久丸の釣り座は船長の指定。へた釣りの釣り座は右舷の舳になった。釣り座についてコマセのバケツを見るとあれ?っとなる。アミコマセとオキアミが1つずつ入っている。混ぜて使うのかなと混ぜていると、船長から「混ぜずに使う」と教わる。でも、時既に遅し。混ぜたコマセで釣ることに。
サバに負けた。カイワリ2匹だけでしょんぼりな宇佐美遠征サバに負けた。カイワリ2匹だけでしょんぼりな宇佐美遠征

サバに負けた。カイワリ2匹だけでしょんぼりな宇佐美遠征12時少し前に船は港を出る。最初のポイントは大崎堤防沖の水深25メートルくらいの場所。カイワリだけでなく、アジカワハギ、メジナにクロダイ、マダイなどが混ざる五目釣りの期待ポイントだ。指示は「底10メートルまでをシャクって」だった。3メートルから50センチ刻みで14回シャクる。カイワリ狙いなのでスティ0の高速シャクリ。1回目は魚信なし、底まで落とし直して2回目で竿先をプルルと震わせる魚信。マルアジだった。速いシャクリに反応する魚がいるので、今日はイケるかもと思ったが、その後沈黙。
サバに負けた。カイワリ2匹だけでしょんぼりな宇佐美遠征サバに負けた。カイワリ2匹だけでしょんぼりな宇佐美遠征

■カイワリいたのに…カイワリを蹴散らすサバの猛襲に成す術なく

サバに負けた。カイワリ2匹だけでしょんぼりな宇佐美遠征ポイントが変わる。初島方向へと移動して水深90メートルのこの時期にしては深めのポイント。底から12メートルまでをシャクるが魚からのコンタクトなし。船長からマイクで「ウィリー?」と聞かれる。もちろんウィリーである。「オキアミの方がいいよぉ」と指導されるが当然言うことは聞かない。船上で一番聞きたくないセリフが飛び出す。「反応はあるんですけどねぇ~。食ってこないねぇ~」。今日もダメかもと不安が頭をよぎる。初島近くの何カ所目かのポイントで、「これは食ってきますよ~」という群れにあたった。14時少し前にカイワリ1匹目。その3分後にはもう1匹。入れ食いというわけでないが、鋭くシャクれば魚信が出る。これならツ抜けは狙えるかもと手返しを急いだが……このあとがいけない。サバの猛攻に遭う。カイワリが魚信っても巻き上げ中にサバに化ける。自分のサバだけならまだしも、横の人のサバにもよく化けるので、トホホとなる。その後カイワリは船中に入れられず。
サバに負けた。カイワリ2匹だけでしょんぼりな宇佐美遠征サバに負けた。カイワリ2匹だけでしょんぼりな宇佐美遠征

サバに負けた。カイワリ2匹だけでしょんぼりな宇佐美遠征船長もサバの猛攻に成す術なしのようでイサキでお土産確保作戦に。ウィリーでではなく6メートルの仕掛けでタナで待つ釣り。イサキは船中魚信ゼロで終了。再び、カイワリというかサバを釣りに行くことに。巻き上げ中ならともなく、指示ダナの低めの位置でサバが食い始めるとどうにもならない。高速シャクリでサバをかわすと今度は何もウィリーに触れてこなくなる。サバでも魚信があった方がマシ。お手上げだ。船長もお手上げだったらしく。底が砂泥のアマダイポイントに移動。底2~3メートルという指示。アマダイ狙いで底付近からフワリフワリと誘ってみたがアマダイはお留守だった。キダイを4匹ほど釣って本日終了。ウィリーを信じる心を取り戻すというミッションは……失敗かな? 帰りに残念賞としてサザエをいただく。
サバに負けた。カイワリ2匹だけでしょんぼりな宇佐美遠征サバに負けた。カイワリ2匹だけでしょんぼりな宇佐美遠征



Twitter

2017年07月08日 22:14

« シャクらないへたはただの下手だ。指と腕痛いけどカイワリ | メイン | 釣具用に作られたウェットティッシュ「タックル専用つやだし」 »

最近の釣りに行った記事

4月のええもん=正宗屋のカステラ&魚屋ひでぞう刺し盛り
妄想は妄想のまま。シマアジは釣れずメジナとイサキのみ
タナ取りスピード勝負に妻苦戦で14匹。30匹クリアが遠いよ
夢ではなかった…「カイワリ船中0じゃなきゃ」が瓦解した日
鏡面のように穏やかな海で釣りをしている白日夢を見たよ
明石焼き、いかなご釘煮、蛸ぺったん、穴子串を魚の棚で
明石・人丸花壇で鯛・蛸・穴子の海峡名物3点セットを満喫♪
続・深場伝説アラの章始まらず。お土産カイワリ4匹で十分♪
不幸だねぇ氷雨降る時化海で本命ボウズなんて闇堕ちする
肩コリ完治!! すげぇな、東京湾。もしかしてサバのおかげ?
2月のええもんは難波・天秤棒でおこぜ含むお刺身三昧!
三途の川みたいな海でイシダイ撃沈。アミ五目でカンパチ!!
ブラックドラゴン相手に筋トレ。クロムツは3匹だけでチーン
難波・桃酔でええもん=アコウの酒蒸しと白アマダイを食う
三兎追うも…船中カイワリ2匹を独り占めしたから良しとする
人生6、7、8匹目のオニカサゴ。最大37cmでおみくじは小吉
有終の美を飾る1尾で一之瀬丸感謝デーは3位入賞。桜咲く
血塗られた久里浜沖でマ・イシ・クロとそろえダイ三元達成♪
お持ち帰りはアラサー1尾のみ。せめてミドサー欲しかった
クロダイ、アジ、〆サバ三種盛り。妻1号は船酔いでノーカン
悪運はTKBで尽きた。かみやカワハギ大会はいいとこなし
平和島は宇宙より遠い。でもTKB初の船別1位を獲得したよ
良型アジ66匹+60センチヒラメで八景沖豪華刺し盛り成功!!
カイワリ、チダイ、イナダなど宇佐美沖豪華5点盛りが完成
アミ五目で4目釣るも…居酒屋へたは品切れ次第臨時休業
尺確実な手応え!! 釣れたのはお邪魔虫三連星でチーン♪
へた釣り亭は1品300円均一安居酒屋。刺し盛りはアジのみ
“待て”を覚えた女、妻1号はアジ23匹。へた釣りはアカ~ン
ガス欠1DAYバトル? 久しぶりのかみやは楽しかったよ!
優しくないのよ東京湾の釣りの神様はっ!! 妻1号はアジ4匹
タチウオ釣りはあ行しか喋れない? 色々あるとなおさらだ
魚種豊富で魚影濃い宇佐美でカイワリ込みウィリー十五目
平成最後のイサキ釣りは最後の最後だけちょい盛り上がり
束楽勝からのソウダ禍で大失速。平成最後?のイサキ釣り
いつになったら一之瀬丸マゴチ童貞卒業できるの(遠い目)
型狙い作戦がハマり尺足らず3匹釣るも45匹までと振るわず
鱈・柳・柳・柳・柳・柳・青など五目一荷多数で超たっのしー
北海道の師匠が釣った魚が食べられる店、釧路・巽で舌鼓
ひどいウネリに船酔いしながら3年ぶりのアオゾイ3匹ゲット!!
雨で流れが速すぎて姪2号がなんとかオショロコマを1匹
標津カレイ北海道の師匠杯は台風で飛んできた女が3位に
ご当地流には理由がある。無視するとウグイの呪いが発動
釣れないから呑む。釧路の日米でとり天と東北の美酒に酔う
明石家さんまばかりでシシャモは釣れず。明日は出船中止
数釣りシーズン開幕したよ。 179匹で7月の最多記録更新!!
イサキってどうやったら釣れるんだっけ? 本気で忘れたぞ
性悪タチウオ&やる気なしアジとの痺れる戦いの行方は…
八景沖のアジ行方知れず? ウネリで掛からんし撃チ~ン
曇天なのに渋かったぁ!! あさなぎ丸デビュー戦は18匹まで
かみやメバル大会で型も数も船中3位なら頑張った方だよね

著者: へた釣り