アマダイが来たぞぉ~♪ 東京湾にて狼中年と化してしまう

アマダイが来たぞぉ~♪ 東京湾にて狼中年と化してしまう大雪をもたらした南岸低気圧のせいで時化の東京湾。前日に出船中止をきめた船宿が多かった。羽田・かみやはというと……アマダイ大会が行われた。さすがにキャンセルが多数出て参加者は2/3くらいまで減ったが、おかげで片舷4人~5人と釣りやすくなった。釣れんかったけどw

アマダイが来たぞぉ~♪ 東京湾にて狼中年と化してしまう少しでも大きな船をということでしゃちょう船長の船を選ぶ。さらになるべく揺れない左舷の胴に釣り座を決める。風は北寄りで出港時間は下げ潮。船に乗ってみると、思っていたより快適な東京湾クルーズ。凪とはいわないが、意外と好条件かもと思ったりもした。富浦沖で船が止まれば好条件なんてとんでもないってことに気づく。まさに行きはよいよい、釣りはつらい、つらいながらも釣れるもんなら釣りなはれな感じ。船が速度を落とした瞬間に強風でグラグラし始める。ここまで来たら釣るしかないわけで、無駄に気合を入れて、仕掛け投入。

■アマダイが来たぞぉ~♪1発目はキダイとスレカナドの一荷にな~んだ

アマダイが来たぞぉ~♪ 東京湾にて狼中年と化してしまう出船前にうれしいことがあった。釣場速報の宮本記者と久しぶりの再会。あと数日で釣場速報報から卒業することが決まっており、これが最後の取材かもとのこと。子供と一緒にアジを持ってドヤ顔を決めている写真を一面に大きく使ってもらったことがある。この紙面は家の玄関に額に入れていまだに飾ってある。そんなわけで今回は、自分撮り以外に宮本記者に撮ってもらった写真もあったりする。普段は自分が釣っている姿を見ないもので……撮ってもらった写真の感想は、やっぱりデブだなだったりするw

アマダイが来たぞぉ~♪ 東京湾にて狼中年と化してしまう海が荒れており、タナをピタリと決めることができず悪戦苦闘。潮まで結構効いており、50号の錘だと少しずつ吹きあがってしまう感じ。マメにタナを取り直し、底から30センチ、50センチ、1メートルで誘いを入れてみる。最初の魚の生体反応は釣りを開始して45分ほどたった10時15分。小ぶりなムシガレイだった。これでようやくタナの取り方が分かった感じ。続いて10時25分に最初の「アマダイが来たぞぉ~♪」が発生。アワセが決まって電動巻き上げを始めるといい感じに竿先を引きこむ。手ごたえ的には40センチを下回ることはない感じ。大艫からH林達人がタモを持って駆けつけてくださる。海面に魚影が映る。「な~んだ」。H林達人はタモを置いて自分の釣り座へと戻ってしまった。キダイとカナドの一荷。カナドがスレ掛かりだったので、良型アマダイと確信するような引きをしてくれたみたい。

■アマダイが来たぞぉ~♪ シビレエイ? 3度目でやっとアマダイ♪

アマダイが来たぞぉ~♪ 東京湾にて狼中年と化してしまう船は富浦沖に見切りをつけて剣崎沖へ移動。移動してすぐに根掛かりしたような感じに穂先がグッと曲がる。良型アマダイはこういう魚信の出方をすることがあるので、今度こそはと「アマダイが来たぞぉ~♪」。重量感のある手ごたえではあるが、なんか違う。何人か自分の竿を置いて、へた釣りが釣り上げるはずの巨大アマダイを見学にきてくれたのだが……海面にシルエットが見えると、これまたな~んだとそっぽを向かれる。ヒラタエイの♀かなと思ったが、図鑑と照らし合わせると…ひょっとしてシビレエイ? 発電するエイの仲間だ。せっかくだから感電体験しとけばよかったかもw

アマダイが来たぞぉ~♪ 東京湾にて狼中年と化してしまうシビレエイの5分後、竿先がクンッと沈んで動かなくなる魚信。ゆっくり聞きあげると、いい感じに竿が曲がる。本日三度目の「アマダイが来たぞぉ~♪」。すっかり狼中年になってしまったへた釣りの言うことを誰も信じてくれない。巻き上げ中に何度も竿をグンッグンッと持っていく手ごたえ…今度こそアマダイだと思うんだけどなぁ~~~~。唯一タモ持ってやってきてくれたのが宮本記者。いい人である。次の職場でも頑張ってぇ~。35センチのアマダイだった。その後、アカボラやトラギスなどが飽きない程度に釣れてくれたが良型の手ごたえはなしで14時に沖上がり。

アマダイが来たぞぉ~♪ 東京湾にて狼中年と化してしまう行きはよいよい、釣りはつらいに続いて、帰りは怖いってほどに船揺れまくり、飛沫あがりまくり、人間跳ねまくりな復路が待っていた。大会のもう一隻の船は大きなしゃちょう船長の後ろにぴったり付いてのスリップストリーム航法。ちなみに大会の結果は、もう一隻の船から上位3人の入賞者が出た。へた釣りは1.5センチ足りずに入賞圏外に沈む。



Twitter

2014年02月16日 20:23

« アマダイ大会、出る以上は真剣♪ オキアミの尾切りに励む | メイン | シビレエイはエレキテル医療器具? 感電しときゃよかった »

最近の釣りに行った記事

三兎追うも…船中カイワリ2匹を独り占めしたから良しとする
人生6、7、8匹目のオニカサゴ。最大37cmでおみくじは小吉
有終の美を飾る1尾で一之瀬丸感謝デーは3位入賞。桜咲く
血塗られた久里浜沖でマ・イシ・クロとそろえダイ三元達成♪
お持ち帰りはアラサー1尾のみ。せめてミドサー欲しかった
クロダイ、アジ、〆サバ三種盛り。妻1号は船酔いでノーカン
悪運はTKBで尽きた。かみやカワハギ大会はいいとこなし
平和島は宇宙より遠い。でもTKB初の船別1位を獲得したよ
良型アジ66匹+60センチヒラメで八景沖豪華刺し盛り成功!!
カイワリ、チダイ、イナダなど宇佐美沖豪華5点盛りが完成
アミ五目で4目釣るも…居酒屋へたは品切れ次第臨時休業
尺確実な手応え!! 釣れたのはお邪魔虫三連星でチーン♪
へた釣り亭は1品300円均一安居酒屋。刺し盛りはアジのみ
“待て”を覚えた女、妻1号はアジ23匹。へた釣りはアカ~ン
ガス欠1DAYバトル? 久しぶりのかみやは楽しかったよ!
優しくないのよ東京湾の釣りの神様はっ!! 妻1号はアジ4匹
タチウオ釣りはあ行しか喋れない? 色々あるとなおさらだ
魚種豊富で魚影濃い宇佐美でカイワリ込みウィリー十五目
平成最後のイサキ釣りは最後の最後だけちょい盛り上がり
束楽勝からのソウダ禍で大失速。平成最後?のイサキ釣り
いつになったら一之瀬丸マゴチ童貞卒業できるの(遠い目)
型狙い作戦がハマり尺足らず3匹釣るも45匹までと振るわず
鱈・柳・柳・柳・柳・柳・青など五目一荷多数で超たっのしー
北海道の師匠が釣った魚が食べられる店、釧路・巽で舌鼓
ひどいウネリに船酔いしながら3年ぶりのアオゾイ3匹ゲット!!
雨で流れが速すぎて姪2号がなんとかオショロコマを1匹
標津カレイ北海道の師匠杯は台風で飛んできた女が3位に
ご当地流には理由がある。無視するとウグイの呪いが発動
釣れないから呑む。釧路の日米でとり天と東北の美酒に酔う
明石家さんまばかりでシシャモは釣れず。明日は出船中止
数釣りシーズン開幕したよ。 179匹で7月の最多記録更新!!
イサキってどうやったら釣れるんだっけ? 本気で忘れたぞ
性悪タチウオ&やる気なしアジとの痺れる戦いの行方は…
八景沖のアジ行方知れず? ウネリで掛からんし撃チ~ン
曇天なのに渋かったぁ!! あさなぎ丸デビュー戦は18匹まで
かみやメバル大会で型も数も船中3位なら頑張った方だよね
前半ウィリーに塩対応。後半たっのしー♪でカイワリは14匹
船中0じゃどうしようもないよねと自分を慰めるアカムツ4戦目
2018年の剣崎イサキチョロくない。開幕戦はなんとかツ抜け
GWは釣りしない週間にしよかな。アジツ抜けせずに頓死す
木更津沖で「へたクソぉ!!」と自分を罵り続けた夜アナゴ釣行
GWのゲートが開いて即落馬!? 宇佐美に行ってクーラー空
予報以上に風ビュービューの中、超お立ち台で午前LTアジ
序盤魚信少なくジリジリするも3年ぶり3本目の本塁打マゴチ
潮流も竿先も俺の心もキュンキュンしなかったウィリー五目
魚信少なめもヒット3本。昨年のマゴチの釣果を1日で超えた
始まったよ、シロムツしか釣れない伝説がっ!! 今季お終い
5本針にキンメ・キンメ・キンメ・シロムツ・メダイしたものの…
いきなりの尺たらず熟メバルに今季はイケる!と思ったが…
クロムツ3匹でまずまずも難敵のチビクロ、サバに大苦戦す

著者: へた釣り