冬の東京湾癒し系No.1といえばやっぱりエビメバルだよね♪

冬の東京湾癒し系No.1といえばやっぱりエビメバルだよね♪東京湾メバルが本日解禁になった。初日は混むから翌日にと考えていたのだが、日曜は天気がよくなさそうだったので、人生初のメバル解禁日釣行。初日は良型が出ると言われていたが、悲願の尺メバリストにはなれず。でも、煮付けサイズ2匹で、冬の東京湾癒し系の釣りを楽しむ。

冬の東京湾癒し系No.1といえばやっぱりエビメバルだよね♪釣りにおいて癒し系の対義語は修行系だと思う。オニカサゴを相手に修行のような釣りを繰り返し傷ついた心を、メバルなら優しく癒してくれるに違いない。羽田・かみやの桟橋で「今日はメバル♪」と言うと、大吉(45up)オニカサゴを釣るまで通い続けるというまさに修行系の釣りに勤しまれているS藤達人から「逃げちゃダメでしょ!!」と叱られる。んなこと言われても…1月に釣った魚はたったの13匹。癒しがなければ心が折れちゃいそうだ。

■尺が期待できる ̄ー ̄で魚信ゼロ。メバルまで修行系になりそう…

冬の東京湾癒し系No.1といえばやっぱりエビメバルだよね♪開幕初日はもう少し混むかな?と懸念していたが、釣り座はこっちから埋めていくようにと推奨されている左舷に8人。その後4人釣り客が訪れて右舷に4人の12人で出船した。へた釣りの釣り座は左舷の艫から3番目。いつも悩むのだが、左舷の舳が特等席だとして、右舷の舳と左舷の艫寄りとではどちらがいい席なんだろう? 本日に限れば左舷が正解だったようだが、右舷の舳寄りでいい目に遭ったこともあるのでよく分からない。船長のアナウンスは「15分ほど走って近場からやってきます」。

冬の東京湾癒し系No.1といえばやっぱりエビメバルだよね♪かみやの近場といえば、 ̄ー ̄と呼んでいる川崎のシーバース。数は期待できないが良型のメバルが期待できるポイントだ。昨年の開幕初日にここで31.5センチが出たと聞いていた。尺超えを狙うならこのポイントが有力なのだが……何度も船を入れ替えてストラクチャーに寄せてくれても全く魚信がない。あれ?と思ったのはへた釣りだけではなかったようで、船長からも「なんだよ!」「おかしいな!」というボヤキ声が聞こえる。結局、 ̄ー ̄では一度も魚信なしで本牧沖へと移動することに。癒し系のはずなのに……メバルまで修行系に変身?
冬の東京湾癒し系No.1といえばやっぱりエビメバルだよね♪冬の東京湾癒し系No.1といえばやっぱりエビメバルだよね♪

■本牧沖でも修行系!? イワシメバルで「釣れないよ!」と叱られる

冬の東京湾癒し系No.1といえばやっぱりエビメバルだよね♪本牧の国際埠頭沖に到着したのは8時20分ころ。本牧なら型はともかく数が釣れて癒してくれるよねと思ったのだが、そんな期待も裏切られる。魚信がない。メバルどころかカサゴもエビを食ってこない。船中ポツリポツリとメバルが上がっているが…へた釣りだけは蚊帳の外。1人、メバル相手に修行系の釣りをすることに。何が悪い? 下針の位置を調整したり、待つときの竿の曲がりを少しずつ変えてみたりするも…さっぱり。30分ほど悪戦苦闘して釣れた魚はカタクチイワシ1匹のみ。イワシメバルしちゃおとそのまま仕掛けを投入していると、船長から「イワシなんて付けてちゃ釣れないよ!」と叱られる。癒しを求めてきたのに、なんだかよく叱られる日だ。
冬の東京湾癒し系No.1といえばやっぱりエビメバルだよね♪冬の東京湾癒し系No.1といえばやっぱりエビメバルだよね♪

冬の東京湾癒し系No.1といえばやっぱりエビメバルだよね♪本牧沖もパッとしたポイントがないようで、船は小移動を繰り返す。何か所移動したのかはっきり覚えていないが9時30分になってようやく、竿先にフワッと変化があってギュンと引きこむメバルの魚信! 20センチに満たないサイズだが、2014年1匹目のメバルを無事にゲット。1匹釣れると気分が楽になる。その後、カサゴを連続で4匹ほど釣りあげる。うち2匹は20センチを超えるサイズだったので、やっと! やっと! 癒しの釣りになってきた。
冬の東京湾癒し系No.1といえばやっぱりエビメバルだよね♪冬の東京湾癒し系No.1といえばやっぱりエビメバルだよね♪

■尺は遠いが煮付けサイズのメバルと妻からの「いっぱい」に癒される

冬の東京湾癒し系No.1といえばやっぱりエビメバルだよね♪ポイントは国際埠頭内側のキリンみたいな荷揚げ用クレーンの下。根がきついポイントなので10秒に一度頭上まで聞きあげてゆっくり落とすを繰り返していると、竿先をグンッと持っていかれる。手首分だけ送って巻き上げ始めると、小気味よく竿先を引きこんでくれる。良型メバルの引きに癒されるぅぅうう! これが本日最大の23.5センチ(船長計測)のメバルであった。その後もメバルのダブルあり、笑っちゃうくらい小さなイシモチやウミタナゴを釣ったりと、退屈しない程度に癒しの魚信と引きが訪れる。
冬の東京湾癒し系No.1といえばやっぱりエビメバルだよね♪冬の東京湾癒し系No.1といえばやっぱりエビメバルだよね♪

冬の東京湾癒し系No.1といえばやっぱりエビメバルだよね♪良型メバルは22センチ(これも船長計測)の物を1匹追加しただけで、煮付けサイズのメバルを4匹という目標には至らなかった。メバル9匹+カサゴ16匹で合計25匹。1月に釣った魚のほぼ倍の数の魚を2月の初日に釣ったのだから、不満なんて口にしたら罰が当たる。家に帰ってクーラーを開けると、妻1号から「あら!? 今日はいっぱいいるねぇ~♪」。スカスカのクーラーばかりが続いたのでいっぱいの基準が下がっているだけなのだが、それでも、メバルの引きに癒され、「いっぱいいるねぇ~」に癒された1日なのであった。



Twitter

2014年02月01日 19:14

« 解禁初日にメバル出撃。今年こそ尺メバリストに俺はな~る | メイン | 3社の総合カタログで3月に横浜にて弄り倒したい物チェック »

最近の釣りに行った記事

23・22・20センチのトリプルを決めるもメバルは凪に限るね
天秤? 胴突き? 俺に限ってどっちもあかんなシロギス釣り
愚策裏目で波に乗れずオキメバル4匹一荷でなんとか帳尻
天気予報大外れで良型クロムツ釣れてなければ凍え死んでた
巨大アジ猛攻であわやカイワリいない五目になるとこだった
煮付け2尾で1皿サイズのメバル14人前に癒してもらい幸せ
午前アジ22匹でなんとか。妻は5匹&竿折れて後半闇堕ちす
春の海ひねもす癒しリレーのはずが…心身鍛錬の一日に!!
春の京都。京都らしいええもんを探して一泊二日めし旨旅♪
ヤリイカも俺が行ったら終わるやん…断トツ最低1.5匹だけ
行ったらやっぱり終わってたよ…好調の余韻でカイワリ8匹
走水黄金大アジゲットも…アジに嫌われたままツ抜けせず
2022年初の大漁♪ 炙り刺しで最高なクロムツ15匹でドヤッ!!
暖かくって午後アジ作戦成功と思いきや釣果が凍死レベル
鉄壁のサバに阻まれ時合逃しカイワリ4匹だけとしょんぼり
3週間ぶりの釣りはサバ地獄と変な潮でクロムツ2匹だけ~
ドキドキもワクワクもなく初釣りの鬼おみくじ2022は大凶だ
ドデカアマ53.5センチ! 2021年最後にして最高の釣りだ!!
家族一人に1匹30㎝級クロムツ確保でお正月は尾頭付きで♪
10分の5がリリースって…一之瀬感謝デーカワハギで頓死す
潮澄み中盤まで魚信なし。日が傾いてカイワリダブル×3+1
デカハギの釣り方忘れた! 昨年に続きツ抜けせずで開幕
53センチのマハタ釣れたが…カイワリには全く相手にされず
妻がクロダイおかわり成功。それも48センチにサイズアップ
魚っ気皆無の白間津で船酔い・竿折れ・クーラー空で呆然
妻が47.5センチ人生初クロダイ。アジはコマセ係で撃ちーん
初のえいあん丸・城ヶ島沖オニカサゴは速潮に悩まされ2匹
帰りのクーラーの重さまで…サワラは五十肩に優しかった♥
105日ぶりのカイワリプチ遠征はあわやボウズで痺れたよ~
コレジャナイ十目で困憊。今日はダメ思ったらラスト10分で
三度目の正直でワラサ挑むも二度あることは…マダイは2匹
八景沖マダイは珍しく素直で3匹。久里浜ワラサとは断交中
新ブランド?よっしゃサバ。ポニョに34cmアマダイ混ざり喜々
ラストイサキは半日50匹。ワラサは常日頃の行いが悪い?
ラスト5分…またね♥とクロムツにめっちゃ営業されてしまう
2週連続で追い食いゼロって…今年の剣崎ウリンボ手強い
くそ暑い上にくそ渋い剣崎イサキ24匹どまりでくっそーー!!
やっぱ下手やねん♪ めっちゃ真面目に釣ってシロギス14匹
イサキは雨の日に限る。今季最大36cm&最多47匹でどやっ
宇佐美のカイワリは歓迎してくれた…最初の数投だけはね
雨中のシロギス特訓。キス天食べ放題へ一歩一歩前進中♪
尺級5匹込みで21匹! 剣崎イサキの釣り方思い出した?
剣崎イサキ絶好調とはいかないが昨季より手応えありで8匹
クロムツからの魚信なしでひたすらサバサバサバサバサバ
アカクラゲの時期にシロギスの練習? 心得違いもいいとこ
尺イサキ多数にアカイサキ雄でクーラー六分もレア魚はなし
八景沖で小中アジほぼ入れ食い。アカクラゲさえいなければ
アカクラゲ大っ嫌い! アジもキスも目標未達でしょぼ~ん
強風の間隙縫って午前メバル。煮付け4匹含む19匹で満足
キントキはいるけれど遠征ウィリーで史上最低のド貧果に

著者: へた釣り