釣りなしの予定…禁断症状を抑えきれず有馬名物?ます池

有馬温泉_2011へた釣り家の先祖代々のお墓は大阪にあるので、毎年お盆はお墓参り&大阪近郊の温泉地へ小旅行。お盆だから殺生はやめようと、釣りはしない方針だったのだが、釣り中毒なので週末に竿を握らないと禁断症状が…。釣り掘までは我慢できたが、有馬名物ます池の看板で限界w

■へた釣りが並んででも食う唯一の店 通天閣の串カツ屋「だるま」

新世界_だるま釣りが好きな人にありがちな性質だが、へた釣りもせっかちである。行列に並んで飯を食うという気は全くなく、以前、某人気店で家族に行ったときに行列の長さにうんざりして、「配給制じゃあるまいし、並んで飯を食うなんて共産主義国家以外じゃありえない!」と別の店に入って(しかもその店が不味くって)、妻、子供1号&2号に激しく非難されたこともある。そんなせっかちが唯一並んででも食う店が通天閣下の串カツ屋「だるま」。

新世界_だるま通天閣界隈には、串カツ屋はそれこそ腐るほどあるのだが、お墓参り帰りに食う年に一度の串カツはこの店でなくてはならないのである。衣のフワサク感がたまらないのと、小うるさいと感じるくらいあちらこちらに書かれている「ソース二度づけ禁止」&「串カツを食うマナー」の但し書きが面白い。二度づけしても怒られたり店から追い出されたりすることはないのだが、通天閣界隈の立ち飲み屋が発祥と思われる「串カツマナー」は、洋食のテーブルマナーなんかより、ずっと理にかなっている。

新世界_だるまにしても、通天閣のある新世界は、随分と健全な街になった。20年前くらいまではよほどの物好き(へた釣りはその一人であった)でもない限り近づかない街だった。3本立てで1000円の映画館でホモの痴漢に注意しながら暇を潰し、ストリップ小屋では本番したさに目を血走らせてじゃんけん。ブー麻雀で小銭の奪い合いに精を出し、将棋・囲碁だってお金を賭けてが基本。財布が空になったら近くの公園で地べたに座ってよく分からない芸人さんたちのショーを眺める。そんなカオスで電波ゆんゆんな街の名残を感じたのは、観光バスだけだった。

■有馬温泉の川のせせらぎに釣りしたい欲がむっくり…禁断症状が!?

有馬温泉_ます池お墓参りの翌日は有馬温泉へ。大阪市内から気軽に行けて、金泉、銀泉といういかにも効能がありそうな2種類の温泉に入れる温泉街だ。街の中央には川が流れており、一昨年川遊びをしたときには、小さなハヤやカジカを網ですくって遊んだ。上流にマスの養殖池があり、そこから逃げてきたニジマスが泳いでいたりもするらしい。釣りはしないと決めてきたのだが……川のせせらぎを聞いているうちにお魚と戯れたいという欲求がむくむく。

有馬温泉_ます池温泉旅行と言っても子供連れだと、温泉に浸かってのんびりというわけにはいかない。六甲山頂にある公園へ遊びに行くと、釣り掘を発見。コイやフナが釣れるようなのだが……食えない魚は釣らないがポリシーなので、ここは何とか我慢。公園からの帰り道。ロープウェイの駅の近くで「有馬ます池」なる看板を見つけたと同時に釣りを我慢するのは限界だった。「まだホテルに帰るには早すぎるよね」と、家族の同意を得る前に足は看板の指し示す矢印の方向へと歩み出している。

有馬温泉_ます池「有馬名物 にじますつり」……これを名物にしたらあかんでしょ!という感じのしょぼい釣り掘だった。20メートル四方ほどの池に10~15センチのニジマスが大量に放たれている。練り餌を針につけて放り込むと、ゴンズイ玉のようにニジマスが針に群がり、1秒後には釣れているというお手軽さ。1匹だけ釣って、釣りの禁断症状を解消したら、竿を子供1号&2号に渡して見学。コツはウキ下のハリスが張るようにちょっと振り込んでからハリスの長さ分手前に引いてくることなんだけど、そんなことしなくても釣れるから子供たちは楽しんでいたようだ。たぶん二度と行かないw

■有馬名物、手焼きの炭酸せんべいとありまサイダー、山椒の佃煮

有馬温泉_三津森本舗3日分の記事なので普段から長い記事がさらに長くなっている。有馬名物の釣りはしょぼかったが、そのほかの有馬名物は温泉を含め美味しかったり楽しかったりするものが多い。まずは手焼きの炭酸せんべい。三津森本舗というお店で目の前で焼いているのを見ることができる。焼く工程は型に流して鉄板でジュ~というだけなのだが、その横に控えているのが、プラモデルでいうところのバリを取る人。1枚1枚丁寧に手作業で炭酸せんべいを丸い形に整えていく。1日に6000枚くらい炭酸せんべいのバリを取り続けるんだそうだ。

有馬温泉_ありまサイダー有馬名物のB級グルメといえば、ありまサイダー てつぽう水。明治41年に日本初のサイダーとして売り出され、三ツ矢サイダーの前身となった飲料を復刻したという由緒正しき清涼飲料なのでB級グルメ呼ばわりすると怒られそうではある。炭酸がきつすぎて子供1号&2号では1本飲みきれない。一般に流通させるとおそらく人気は出ないであろう「ゲップ」多発飲料。不思議なことに湯上がりに飲むと刺激が心地よい。ビンからラッパ飲みすると炭酸がきついのでコップに注いでから飲むのがオススメだ。1本250円と、コストパフォーマンスは悪いけど……買っちゃうんだよなぁ~~♪

有馬温泉_川上商店最後に紹介する有馬名物が山椒。川上商店というお店で、花山椒、葉山椒、実山椒の佃煮と、山椒入りの醤油などを大量に買い込む。さらに陶泉 御所坊という宿で山椒を使ったハリハリ漬けを分けてもらう(200g450円。自家製のため在庫量によっては売ってもらえないこともあり)。山椒なんてウナギのかば焼きにかけるか、麻婆豆腐に使うか、赤出しにパラリと散らすかくらいしか調味料としては使い道がないと思っていたが、山椒を脇役にではなく、主役にするとこれがなかなか美味で、中毒性のある食い物になる。



Twitter

2011年08月15日 15:49

« 写真拡大機能実装記念。大きな釣行写真をまとめてどうぞ | メイン | 9月の釣行メニュー 真鯛&ワラサ、ハゼマゴチ、カワハギ »

最近の釣りに行った記事

コマセ振る意味ないレベルの速潮にカイワリ1匹だけと撃沈
5月のええもん=哲剣で活アコウ刺しに感動+カマ焼きも◎
好漁続きでどうした、俺。六目41匹でクーラー八分と大満足
G:激旨W:ウィークの仕上げは東京湾口アカムツでにんまり
令和の初釣りは雨の中シャクリ続けてカイワリ7匹でドヤッ!!
アラフォー食べ頃アマダイに癒されGWのGは撃沈じゃない
4月のええもん=正宗屋のカステラ&魚屋ひでぞう刺し盛り
妄想は妄想のまま。シマアジは釣れずメジナとイサキのみ
タナ取りスピード勝負に妻苦戦で14匹。30匹クリアが遠いよ
夢ではなかった…「カイワリ船中0じゃなきゃ」が瓦解した日
鏡面のように穏やかな海で釣りをしている白日夢を見たよ
明石焼き、いかなご釘煮、蛸ぺったん、穴子串を魚の棚で
明石・人丸花壇で鯛・蛸・穴子の海峡名物3点セットを満喫♪
続・深場伝説アラの章始まらず。お土産カイワリ4匹で十分♪
不幸だねぇ氷雨降る時化海で本命ボウズなんて闇堕ちする
肩コリ完治!! すげぇな、東京湾。もしかしてサバのおかげ?
2月のええもんは難波・天秤棒でおこぜ含むお刺身三昧!
三途の川みたいな海でイシダイ撃沈。アミ五目でカンパチ!!
ブラックドラゴン相手に筋トレ。クロムツは3匹だけでチーン
難波・桃酔でええもん=アコウの酒蒸しと白アマダイを食う
三兎追うも…船中カイワリ2匹を独り占めしたから良しとする
人生6、7、8匹目のオニカサゴ。最大37cmでおみくじは小吉
有終の美を飾る1尾で一之瀬丸感謝デーは3位入賞。桜咲く
血塗られた久里浜沖でマ・イシ・クロとそろえダイ三元達成♪
お持ち帰りはアラサー1尾のみ。せめてミドサー欲しかった
クロダイ、アジ、〆サバ三種盛り。妻1号は船酔いでノーカン
悪運はTKBで尽きた。かみやカワハギ大会はいいとこなし
平和島は宇宙より遠い。でもTKB初の船別1位を獲得したよ
良型アジ66匹+60センチヒラメで八景沖豪華刺し盛り成功!!
カイワリ、チダイ、イナダなど宇佐美沖豪華5点盛りが完成
アミ五目で4目釣るも…居酒屋へたは品切れ次第臨時休業
尺確実な手応え!! 釣れたのはお邪魔虫三連星でチーン♪
へた釣り亭は1品300円均一安居酒屋。刺し盛りはアジのみ
“待て”を覚えた女、妻1号はアジ23匹。へた釣りはアカ~ン
ガス欠1DAYバトル? 久しぶりのかみやは楽しかったよ!
優しくないのよ東京湾の釣りの神様はっ!! 妻1号はアジ4匹
タチウオ釣りはあ行しか喋れない? 色々あるとなおさらだ
魚種豊富で魚影濃い宇佐美でカイワリ込みウィリー十五目
平成最後のイサキ釣りは最後の最後だけちょい盛り上がり
束楽勝からのソウダ禍で大失速。平成最後?のイサキ釣り
いつになったら一之瀬丸マゴチ童貞卒業できるの(遠い目)
型狙い作戦がハマり尺足らず3匹釣るも45匹までと振るわず
鱈・柳・柳・柳・柳・柳・青など五目一荷多数で超たっのしー
北海道の師匠が釣った魚が食べられる店、釧路・巽で舌鼓
ひどいウネリに船酔いしながら3年ぶりのアオゾイ3匹ゲット!!
雨で流れが速すぎて姪2号がなんとかオショロコマを1匹
標津カレイ北海道の師匠杯は台風で飛んできた女が3位に
ご当地流には理由がある。無視するとウグイの呪いが発動
釣れないから呑む。釧路の日米でとり天と東北の美酒に酔う
明石家さんまばかりでシシャモは釣れず。明日は出船中止

著者: へた釣り