タチウオ釣りはあ行しか喋れない? 色々あるとなおさらだ

タチウオ釣りはあ行しか喋れない? 色々あるとなおさらだ船を降りるとき金沢八景・一之瀬丸の社長船長から「あーとか、いーとか、叫んでましたね」と指摘される。へた釣りのタチウオ釣りは騒がしい。あっと驚き、いーっと癇癪、うーんと悩んで、えーっと悔やむ、おっと喜ぶ。船上で発する声のほとんどがあ行の感嘆詞。頭の悪い人になる。

タチウオ釣りはあ行しか喋れない? 色々あるとなおさらだ台風の置き土産なのか? 西日本に甚大な被害をもたらした台風21号の日から風がやまない。海上だけでなく街中でも風が強く歩きにくいと感じる日が続く。本日は事前の予報では凪だったが、少しずつ予報が悪くなる。風が強まる午後を避けて、午前タチウオに行くことにしたが、朝家を出ると既に強めの風。街路樹の枝が揺れていた。金沢八景駅に着くと海が近いせいでさらに強風。風速7~8メートルは吹いている。ただでさえへたクソなタチウオ釣りである。風波で魚信が取りづらくなると撃沈必至。風を嫌ってか片舷6人。オマツリを心配せずに済む。一之瀬丸パターンで舳が空いていたので左舷の舳で釣ることに。

■走水に向かうも反応なし。八景沖に戻ってポツポツと釣れ始めたよ

タチウオ釣りはあ行しか喋れない? 色々あるとなおさらだ船長は朝受付をしてくれる一之瀬社長だった。見知った顔だし、話したこともあるのでアウェイ感は薄らぐ。船長からのアナウンスは「走水方面に向かいます」。猿島が近付き船は減速する。タチウオ船団の姿は……ない。薄い反応が散らばっているらしく、あっちにぽつん、こっちのぽつんといる。こういう日はよろしくない。減速して反応を探すが、船はいっこうに止まれない。止まりかけてはまた走りだすを繰り返す。観音崎方面に小規模な船団ができはじめた。船の向いている方向からしてそれに合流するのかなと思っていたら、「10分ほど走ります」とのアナウンス。船は向きを変える。南へではなく北へ。八景沖へと戻ってきた。

タチウオ釣りはあ行しか喋れない? 色々あるとなおさらだ港を出てから30分近く経ってようやく釣り開始。指示ダナは「25メートルから20メートル」だった。水深が浅いので30センチ幅でフワリと誘ってハンドル半回転巻くという誘いで釣り始める。リズミカルに誘うのが大事だ。魚信はすぐにあったコッと餌に歯が立った手応えがあり穂先をグッと持って行く。タチウオ釣り毎朝のお約束でビックリアワセをしてしまう。本日最初のあっ!! 魚信があっても同じペースで誘い続けるのが基本と知っているのに毎回必ず最初の魚信は逃すのだがら船上のへた釣りは本当に頭が悪い。2度目の魚信で1匹目。サイズは指3本くらい。このあとは飽きない程度に魚信はあるが、例によって低打率にあえぐ。うーんとえーっを繰り返す。でも、いーっとなる前には釣れてくれる。
タチウオ釣りはあ行しか喋れない? 色々あるとなおさらだタチウオ釣りはあ行しか喋れない? 色々あるとなおさらだ

■ライフジャケットが暴発!! 竿先まで折れてえーっ。目標に1匹足りず

タチウオ釣りはあ行しか喋れない? 色々あるとなおさらだ東京湾タチウオの群れはこの辺りにしかいないらしく。どんどん船が集まってきて船団が出来始める。タチウオはバリバリという食いではないが頑張って誘えば餌を追ってくれる。そして何かの間違いで針掛かりしてくれる。半日船の目標であるツ抜けは狙えそうというペースに。素直に針掛かりして穂先をギュ~ンと持って行ってくれるタチウオもいれば、餌への甘噛みを繰り返しなかなか食い込まないヤツも。その場でシェイクやゆっくり聞き上げなどあれこれ手を尽くしたが掛かることもあれば駄目なときもある。確率よく針掛かりするという方法は最後まで見つからなかった。
タチウオ釣りはあ行しか喋れない? 色々あるとなおさらだタチウオ釣りはあ行しか喋れない? 色々あるとなおさらだ

タチウオ釣りはあ行しか喋れない? 色々あるとなおさらだ10時30分を過ぎると風が強くなった。白波が立ち始め船の揺れが激しくなる。船の揺れの影響をなるべく受けないように船べりには体を預けず、体で揺れを吸収する。魚信が取りにくくなり、針掛かりさせるのがさらに難しくなる。なんとか針掛かりさせテンビンを手に取ろううとしたとき、プシューという異音。お腹が少し締めつけられる未知の感触。ライフジャケットが膨らんでしまった。えーっである。どこかに膨らます用のヒモが引っ掛かってしまったと思われるが、一瞬何が起きたのか分からなかった。魚だけは逃すまいと竿とテンビンを船中に投げ入れハリスを手繰る。タチウオは無事ゲット。膨らんだライフジャケットが邪魔なので脱いで、仕掛けを再投入しようとすると……本日2度目のえーっである。異次元O塚工房作タチウオSPの穂先が折れていた。
タチウオ釣りはあ行しか喋れない? 色々あるとなおさらだタチウオ釣りはあ行しか喋れない? 色々あるとなおさらだ

タチウオ釣りはあ行しか喋れない? 色々あるとなおさらだ折れた竿で最後まであきらめずに誘い続けた。波で船が上下するため、海中の仕掛けが張れていないことが多いらしく、餌だけ取られたり、針を飲みこまれてハリスを切られてしまったりする。数を伸ばせず11時30分少し前に終了。数えてみると9匹。朝、反応が見つからず船が止まれなかったときには釣れても2、3匹かもと覚悟したことを思えば、半日船で9匹はまぁまぁではないかと。指2本は混じらず、3本~3.5本でそろったのがうれしい。120センチ超えのドラゴンタチウオダービーサイズは不発。



Twitter

2018年09月09日 16:36

« 台風去っても風が止まない。午前だけタチウオ行ってくるか | メイン | タチウオ仕掛けは凪はシンプル、時化は要チモトパイプかな »

最近の釣りに行った記事

特餌忘れ凪のはずが時化でメバル釣れずなんだか不本意な…
前半はサバに混じってアジで後半はアジに混じってサバ地獄
稲取沖第1投で城ケ島以西で“アレ”が釣れない呪い解呪成功
シロギスは三歩進んで五歩さがりアナゴは二歩進んだら迷子
辛うじてノーピクではないもののノーガコッでクロムツボウズ
へたが来た日は釣れる!? 尺級2匹込みカイワリ18匹でどやっ
釣れるイメージ全く湧ず。マゴチで2024年初の完全ボウズ
程よくとほろ酔いが苦手な夫婦は人生二度目の仲良く束釣り
A5ランク混じりでアジ28匹+煮付けメバルにクロダイまで
式根島キンメでシールもらってドヤッ顔で写真に納まったよ
上手くシャクれば!! 一荷も! カイワリの醍醐味満喫し自己最多
手乗りキダイに翻弄されてあわやあわやのアマダイボウズ!?
役満かも!?はメダイで…いつも通り白中ドラ(クロムツ)2
ほぼ尺…29.5センチの自己最大メバルでリアランサーに入魂
2024年伊豆初釣りはラスト入れパクしカイワリ20匹でどやっ
時化はあか~ん!! ドッタンバッタン魚信だせずシロギス21匹
走水黄金大アジとはいかなかったが30センチ級混じり28匹
役満かも?な引きはサバのみで。またも白ドラ(クロムツ)3
2024年は幸先よすぎ!! 初釣りでアジ105匹+シロギス20匹
オーラスで役満(アカムツ)あがれず白ドラ(クロムツ)3で
2023年の帳尻合わせ第1戦はカイワリツ抜け達成でどやっ!!
津波注意報の中白間津まで行ってうどん食って帰ってきた
寒さと雨で午前は瀕死…陽がさす午後にアマダイ2匹で帳尻
夫婦そろって束超え…合わせてアジ242匹って粂丸の奇跡?
へたさん来たらやっぱり…でもカイワリ3匹で痛風には十分
入れて入れて休んで入れて…1回旋回半夜クロムツであわわ
ガツ~ンと穂先持っていく夏秋の癒しの釣魚アカハタ初挑戦
ゲスト含め渋かった!! でも満足サイズのアマダイゲット♪
シロムツ本命宣言したら2匹だけ。ほかは痛風に悪そうな…
唯一のこれは!?な魚信は奪食いで…伊豆アカムツまたも撃沈
元気なのはサバとカマスだけで美味しいお刺身はいずこへ?
猛暑日に釣りは本当にあかん…脇腹攣って船上で悶絶したよ
隣でキハダ26キロ+カツオ3.6キロ…でも、僕はノーピク
キャストは少しは様になりシロギス久々に大人になれて24匹
極技 湾フグは2投で入魂するもシロギスはやっぱり苦手だ…
メバル煮付け級1匹だけだがA5級アジ多数+人生初キジハタ
妻と二人がかりでジャスト束!! 全部干物サイズで満足度◎
タコを触れずにキャーキャー言うことすらできなかったのよ
宇佐美の「へたさん来たら釣れない」がまた始まってしまう
人生二度目の新島キンメは…底も魚信も取れず大撃ち~ん
朝からキスで夜はアナゴで下手さ加減を思い知らされた一日
城ヶ島沖クロムツは魚信少なめも釣れれば大満足サイズで♪
久々フォースに気をよくするもオキアミ有利でカイワリ7匹
GW第2戦は待望の凪!! いつもの如く撃沈しマゴチ1匹だけ
強風に苦しみ触手に苛まれ釣り方見失うアジ・キスリレー
予期せぬ大時化にアジツ抜けせずクロダイで帳尻だけ合わす
ちょい時化だけど猿アジはぽつぽつ…後半凪たらし~んと
昼までノーガコッ伝説継続…ヤヴァいかもで一度だけガコッ
気難しいアジに苦戦も46匹。シロギスは釣り方掴めず9匹だけ
驕る下手は久しからず。ノーガコッ伝説が今日始まったよ

著者: へた釣り