性悪タチウオ&やる気なしアジとの痺れる戦いの行方は…

性悪タチウオ&やる気なしアジとの痺れる戦いの行方は…ほとんどの魚はへた釣りの言うことを素直に聞いてはくれないが、中でもいくらなんでも性悪すぎるだろ!!と言いたいのがタチウオである。魚信はあれどもちっとも掛からず、かと思うと急に強烈に穂先を引き込んでびっくりアワセでさようなら。今日も苦しんだ。アジは1ミリもやる気ねぇし。

性悪タチウオ&やる気なしアジとの痺れる戦いの行方は…本日より出船となる羽田・かみやタチウオアジリレーに。Y田名人から「一緒に釣りましょう」とのお誘いがあり左舷で並んで釣ることに。Y田名人の予想では艫寄り有利で、アジは左舷がいいとのこと。大艫にはH林軍曹、その横にOK干物職人が既に入っていたため、左舷の後ろから3番目、4番目で釣ることに。片舷9人ずつの18人での出船。本日の新兵器はエサがずれにくいケン付タチウオ ST-Rと、ギュと握れば脳絞めできる太刀魚KOバサミⅡ
性悪タチウオ&やる気なしアジとの痺れる戦いの行方は…性悪タチウオ&やる気なしアジとの痺れる戦いの行方は…

■フワフワ誘いのお手本先生の真似をしたのに……タチウオは9匹まで

性悪タチウオ&やる気なしアジとの痺れる戦いの行方は…船は1時間ほど走って猿島近くで減速する。広い範囲に反応が散らばっているのかレッドクリフ状態のタチウオ船団はできていない。デカッw船長が最初に選んだポイントは水深60メートル。50メートルから40メートルを探ってとの指示だったがここは空振り。もう少し船団に近づいた2カ所目のポイントで最初の魚信がある。コツコツとエサを齧ってくる。誘う幅を狭くして食いこむのを待つと穂先は震わせてくれるものの針掛かりする雰囲気は全くなし。ならばと同じペースで誘い続けると手応え消失。魚信はあるけど掛からない。本日はずっと魚信はあるけど…に苦しむことになる。1匹目が掛かったのは釣り始めて30分ほどしてから。指2本のネクタイサイズ。「リリースすれば」と言われたがこのサイズをリリースしていると持って帰れるタチウオはいなくなる気がしたのでキープ。
性悪タチウオ&やる気なしアジとの痺れる戦いの行方は…性悪タチウオ&やる気なしアジとの痺れる戦いの行方は…

性悪タチウオ&やる気なしアジとの痺れる戦いの行方は…一苦労しているへた釣りのすぐ横でベテランの方が一人順調に釣っている。しかもサイズが大きい。あまり忙しく誘うのではなく、魚信があったタナでフワフワと誘い続けて上手に食わせている。心の中(口にも出してたかも)で「お手本先生」と命名し魚信があったら、誘い上げ続けるのではなく、そのタナでフワフワと竿を操作してみたが竿の調子が違うのかこの方法では食いこますことができず。エサをほとんど齧られて逃げられてしまう。魚信を出せても魚をなかなか取り込めない「タチウオなんて大嫌いだぁ!!!!」と船上でわめきたくなるパターン。何かの間違いで掛かってくれるのをポツポツと拾っていく。このポイントではなんとか3匹。
性悪タチウオ&やる気なしアジとの痺れる戦いの行方は…性悪タチウオ&やる気なしアジとの痺れる戦いの行方は…

性悪タチウオ&やる気なしアジとの痺れる戦いの行方は…ツ抜けなんて絶対に無理でネクタイサイズ5~6匹で終わりかな?と半ばあきらめかけていたら、次のポイントはサイズがよくなった。へた釣りが指3本を釣った直後にY田名人が指5本のメーター級を釣り上げる。すぐにへた釣りにも4.5本級。このサイズだと素直に穂先を持って行ってくれるので掛からない魚信の主は小さすぎるのかも。フワフワ誘うというお手本先生の釣り方を取り入れてリールのハンドル1/4回転ごとにフワリと誘うという釣り方で最後はちょっといいペースで釣れるようになり、タチウオは9匹。4.5本が1匹、3本が3匹で残りはネクタイサイズ。1匹紐ネクタイ?というサイズも釣れたがこれはリリースした。
性悪タチウオ&やる気なしアジとの痺れる戦いの行方は…性悪タチウオ&やる気なしアジとの痺れる戦いの行方は…

■やる気なしのアジのスイッチを強制的に入れるドカ撒き作戦効果あり?

性悪タチウオ&やる気なしアジとの痺れる戦いの行方は…タチウオのこの日のパターンをつかみかけてたタイミングだったので名残惜しいが11時30分でアジにリレーする。タチウオアジリレーは同じ竿でもできるが釣趣を楽しみたいのでリアランサーLTアジで釣った。最初のポイントは富岡沖(だと思う)。かすりもせずに不発。無線で「アジは相当厳しい」との情報が入ってくる。なんとか型を見られているという情報を頼りにベイブリッジへと向かう。何隻がアジ船がいたがあまり釣れている風ではない、どころか倦怠感がすさまじい。船はなかなか止まれずにベイブリッジの下を行ったり来たり。やっと止まってもペンシルサバがたま~に釣れるだけでまた移動。
性悪タチウオ&やる気なしアジとの痺れる戦いの行方は…性悪タチウオ&やる気なしアジとの痺れる戦いの行方は…

性悪タチウオ&やる気なしアジとの痺れる戦いの行方は…他の人が釣れているときに余計なことをやると怒られるかもしれないが、船中1匹しかアジが釣れてないから愚策を試してみることに。ビシにイワシミンチをミチミチに詰めてカゴの蓋を開けたまま海中に投入し、タナで一気に振りだすドカ撒き作戦。釣り座が悪い時にやってみようと練っていた愚策だがアジのやる気のないときにも効果ありだった。ドカ撒きすると両隣で船中2匹目、3匹目のアジ。仕掛けを入れ直したへた釣りにも船中4匹目のアジ。魚信が遠のくまでは普通に釣り、魚信が遠のいたらドカ撒きでアジのやる気スイッチを強制的に入れるという作戦でへた釣りの周りだけアジが釣れるようになったのでこの作戦は効果あり。アジは16匹。最初は完全試合もあるかもという状況だったのでなんとか立て直せた方だと思う。
性悪タチウオ&やる気なしアジとの痺れる戦いの行方は…性悪タチウオ&やる気なしアジとの痺れる戦いの行方は…



Twitter

2018年07月08日 20:06

« 水潮の濁りがいい方に働くと信じて明日はタチアジ開幕戦!! | メイン | タチウオ指4本は炙り刺し、指3本は変わり揚げ、指2本は… »

最近の釣りに行った記事

特餌忘れ凪のはずが時化でメバル釣れずなんだか不本意な…
前半はサバに混じってアジで後半はアジに混じってサバ地獄
稲取沖第1投で城ケ島以西で“アレ”が釣れない呪い解呪成功
シロギスは三歩進んで五歩さがりアナゴは二歩進んだら迷子
辛うじてノーピクではないもののノーガコッでクロムツボウズ
へたが来た日は釣れる!? 尺級2匹込みカイワリ18匹でどやっ
釣れるイメージ全く湧ず。マゴチで2024年初の完全ボウズ
程よくとほろ酔いが苦手な夫婦は人生二度目の仲良く束釣り
A5ランク混じりでアジ28匹+煮付けメバルにクロダイまで
式根島キンメでシールもらってドヤッ顔で写真に納まったよ
上手くシャクれば!! 一荷も! カイワリの醍醐味満喫し自己最多
手乗りキダイに翻弄されてあわやあわやのアマダイボウズ!?
役満かも!?はメダイで…いつも通り白中ドラ(クロムツ)2
ほぼ尺…29.5センチの自己最大メバルでリアランサーに入魂
2024年伊豆初釣りはラスト入れパクしカイワリ20匹でどやっ
時化はあか~ん!! ドッタンバッタン魚信だせずシロギス21匹
走水黄金大アジとはいかなかったが30センチ級混じり28匹
役満かも?な引きはサバのみで。またも白ドラ(クロムツ)3
2024年は幸先よすぎ!! 初釣りでアジ105匹+シロギス20匹
オーラスで役満(アカムツ)あがれず白ドラ(クロムツ)3で
2023年の帳尻合わせ第1戦はカイワリツ抜け達成でどやっ!!
津波注意報の中白間津まで行ってうどん食って帰ってきた
寒さと雨で午前は瀕死…陽がさす午後にアマダイ2匹で帳尻
夫婦そろって束超え…合わせてアジ242匹って粂丸の奇跡?
へたさん来たらやっぱり…でもカイワリ3匹で痛風には十分
入れて入れて休んで入れて…1回旋回半夜クロムツであわわ
ガツ~ンと穂先持っていく夏秋の癒しの釣魚アカハタ初挑戦
ゲスト含め渋かった!! でも満足サイズのアマダイゲット♪
シロムツ本命宣言したら2匹だけ。ほかは痛風に悪そうな…
唯一のこれは!?な魚信は奪食いで…伊豆アカムツまたも撃沈
元気なのはサバとカマスだけで美味しいお刺身はいずこへ?
猛暑日に釣りは本当にあかん…脇腹攣って船上で悶絶したよ
隣でキハダ26キロ+カツオ3.6キロ…でも、僕はノーピク
キャストは少しは様になりシロギス久々に大人になれて24匹
極技 湾フグは2投で入魂するもシロギスはやっぱり苦手だ…
メバル煮付け級1匹だけだがA5級アジ多数+人生初キジハタ
妻と二人がかりでジャスト束!! 全部干物サイズで満足度◎
タコを触れずにキャーキャー言うことすらできなかったのよ
宇佐美の「へたさん来たら釣れない」がまた始まってしまう
人生二度目の新島キンメは…底も魚信も取れず大撃ち~ん
朝からキスで夜はアナゴで下手さ加減を思い知らされた一日
城ヶ島沖クロムツは魚信少なめも釣れれば大満足サイズで♪
久々フォースに気をよくするもオキアミ有利でカイワリ7匹
GW第2戦は待望の凪!! いつもの如く撃沈しマゴチ1匹だけ
強風に苦しみ触手に苛まれ釣り方見失うアジ・キスリレー
予期せぬ大時化にアジツ抜けせずクロダイで帳尻だけ合わす
ちょい時化だけど猿アジはぽつぽつ…後半凪たらし~んと
昼までノーガコッ伝説継続…ヤヴァいかもで一度だけガコッ
気難しいアジに苦戦も46匹。シロギスは釣り方掴めず9匹だけ
驕る下手は久しからず。ノーガコッ伝説が今日始まったよ

著者: へた釣り