どったんばったん時化海でマダイとマハタ。イナダはお留守

どったんばったん時化海でマダイとマハタ。イナダはお留守土曜よりはマシと釣行を決めたのだが、嘘でしょってくらいの時化だった。立って釣るのが相当つらいレベルでタナは底から3メートルまでと言われても船が波で2メートル幅を上下しているとタナどこ? 金沢八景・一之瀬丸のアミ五目初挑戦でマダイとマハタをゲット。イナダは船中0で留守。

どったんばったん時化海でマダイとマハタ。イナダはお留守2時前だったと思う。家の外壁を叩く雨の音で目が覚めた。そんな予報じゃ…と思ったが雨足は激しい。そのまま目が冴えてしまった。のんびり支度をし、5時前に外に出てみると雨はやんでいた。風は強い。間欠的に強く吹くと街路樹がザワッと音を立てる。時化を覚悟する。寝不足だけど大丈夫かなぁと不安になる。船宿に着いても風が弱まる気配はない。席札は四隅以外は空いていたので左舷の胴を取る。その後、船長から2人組が来るので舳に移動してと言われ、さらには右舷の艫が空いてるのでどうぞと言われ席を移動する。風のせいで釣行を取りやめた人がいたんだと思われる。

■アジ釣れないで船長をヤキモキさせる。遂に仕掛けを手渡されるw

どったんばったん時化海でマダイとマハタ。イナダはお留守船はドッタンバッタンと波に揉まれながら八景沖の水深20メートルくらいのポイントに着く。船長からの指示は「1.5号の仕掛けで切られるようなら太い仕掛けに換えてください」だった。本日の目標はイナダなのでこの指示は無視して、最初からハリス3号の全長3メートルの仕掛けで釣りを始める。底から1.5メートル、2メートルでコマセを振り出し、2.5メートルで待つという作戦で釣り始めた。すぐに竿先をプルルと震わせる魚信があったが針掛かりしない。船中、アジの顔を見たというアナウンスがあった。アジのサイズが小さいのでチヌ針3号ではなかなか針掛かりしない。最初の獲物は釣り始めて15分くらいしてからで、マダイだった。ただし15センチくらいしかないチャリコなのでリリース。
どったんばったん時化海でマダイとマハタ。イナダはお留守どったんばったん時化海でマダイとマハタ。イナダはお留守

どったんばったん時化海でマダイとマハタ。イナダはお留守船中ほかの人はアジをポツポツ釣っているようだ。船長から「アジ釣れました?」と何度か聞かれたので8時半の時点でアジボウズなのはへた釣りだけ? 別にアジは釣りたくないから気にしないという方針だったが、船長にしてみればお土産(釣果)になるアジを釣ってもらわないとってことみたい。「釣れました?」と何度か聞かれて、とうとうアジの仕掛けを渡されてしまう。せっかくくれた物を「アジいらね」とツっかえすわけにもいかないので使わせてもらうとアジをゲット。船が波で上下するのでタナを合わせにくいし、掛かっても巻き上げ中のバラシ多数。大して数は伸ばせず。海の荒れ具合が最高潮で立って釣るのがかなりつらい状態。タナなんて合わせようがない。大きく狂ってないようにするのが精いっぱいだった。
どったんばったん時化海でマダイとマハタ。イナダはお留守どったんばったん時化海でマダイとマハタ。イナダはお留守

■マダイ、マハタが釣れて五目らしく。残るはイナダだったんだが…

どったんばったん時化海でマダイとマハタ。イナダはお留守時化の海でアジ狙いでは心が折れるので、数匹アジを確保したら(船長にアジは釣れたアピールをしたら)イナダ狙いの仕掛けに戻す。岩礁の上を攻めているようで、タナが変わるので15秒おきに底を取り直して底から2.5メートルで待つことにしたらようやくまぁまぁいい魚信が訪れる。引きも強いが青物のそれではない。25センチ以上30センチ未満のマダイだった。しばらくするともう一度いい魚信。今度も青物らしくはない。茶色の体に白のラインが入ったマハタだった。この2尾のおかげで船酔いでリタイアだけはなんとか免れたって感じだ。喉の奥が灼けるような酸が何度かこみあげてきていた。
どったんばったん時化海でマダイとマハタ。イナダはお留守どったんばったん時化海でマダイとマハタ。イナダはお留守

どったんばったん時化海でマダイとマハタ。イナダはお留守ポイントを何カ所か移動する。ここでようやくアミ五目がどういう釣りなのか分かった。最初のポイントはアジ釣りのポイントでアジの仕掛けで数釣りをするべきだったみたい。少しずつマダイの期待が高いポイントへと移動していく。最後は最も大型が(ということはイナダも?)期待できる、残りは30分オキアミ残さず撒いてねポイントに来た。イナダ狙いなのでFLビシの下をオキアミが通る幅に調整して、数シャクリで一気に撒く。今度こそイナダ?という魚信が一度だけあった。ドラグも滑っていい感じだったのだが波で船が下がったときにテンションが抜けたらしく、プンッという嫌な手応えとともにバラした。

どったんばったん時化海でマダイとマハタ。イナダはお留守
キープしたのはマダイ×1匹、マハタ×1匹、アジ×8匹だけ。サバ、ウミタナゴはリリースした。五目だからもっと簡単な釣りだと思っていたら大苦戦だった。もっと海が穏やかな日にリベンジするかと言われると微妙。ウィリーと違ってタナで待つ時間が長いため、多動性中年の好みに合う釣りではなかった。イナダがどうしても食べたくて再戦するとしたらウィリー+空針の仕掛けで動かしまくって勝負すると思う。
どったんばったん時化海でマダイとマハタ。イナダはお留守どったんばったん時化海でマダイとマハタ。イナダはお留守



Twitter

2016年10月30日 16:49

« ワラサがダメならイナダを一之瀬丸のアミ五目で狙うもんね | メイン | 大荒れ時のタナキープ。無駄な足掻きはしない方がマシ? »

最近の釣りに行った記事

血塗られた久里浜沖でマ・イシ・クロとそろえダイ三元達成♪
お持ち帰りはアラサー1尾のみ。せめてミドサー欲しかった
クロダイ、アジ、〆サバ三種盛り。妻1号は船酔いでノーカン
悪運はTKBで尽きた。かみやカワハギ大会はいいとこなし
平和島は宇宙より遠い。でもTKB初の船別1位を獲得したよ
良型アジ66匹+60センチヒラメで八景沖豪華刺し盛り成功!!
カイワリ、チダイ、イナダなど宇佐美沖豪華5点盛りが完成
アミ五目で4目釣るも…居酒屋へたは品切れ次第臨時休業
尺確実な手応え!! 釣れたのはお邪魔虫三連星でチーン♪
へた釣り亭は1品300円均一安居酒屋。刺し盛りはアジのみ
“待て”を覚えた女、妻1号はアジ23匹。へた釣りはアカ~ン
ガス欠1DAYバトル? 久しぶりのかみやは楽しかったよ!
優しくないのよ東京湾の釣りの神様はっ!! 妻1号はアジ4匹
タチウオ釣りはあ行しか喋れない? 色々あるとなおさらだ
魚種豊富で魚影濃い宇佐美でカイワリ込みウィリー十五目
平成最後のイサキ釣りは最後の最後だけちょい盛り上がり
束楽勝からのソウダ禍で大失速。平成最後?のイサキ釣り
いつになったら一之瀬丸マゴチ童貞卒業できるの(遠い目)
型狙い作戦がハマり尺足らず3匹釣るも45匹までと振るわず
鱈・柳・柳・柳・柳・柳・青など五目一荷多数で超たっのしー
北海道の師匠が釣った魚が食べられる店、釧路・巽で舌鼓
ひどいウネリに船酔いしながら3年ぶりのアオゾイ3匹ゲット!!
雨で流れが速すぎて姪2号がなんとかオショロコマを1匹
標津カレイ北海道の師匠杯は台風で飛んできた女が3位に
ご当地流には理由がある。無視するとウグイの呪いが発動
釣れないから呑む。釧路の日米でとり天と東北の美酒に酔う
明石家さんまばかりでシシャモは釣れず。明日は出船中止
数釣りシーズン開幕したよ。 179匹で7月の最多記録更新!!
イサキってどうやったら釣れるんだっけ? 本気で忘れたぞ
性悪タチウオ&やる気なしアジとの痺れる戦いの行方は…
八景沖のアジ行方知れず? ウネリで掛からんし撃チ~ン
曇天なのに渋かったぁ!! あさなぎ丸デビュー戦は18匹まで
かみやメバル大会で型も数も船中3位なら頑張った方だよね
前半ウィリーに塩対応。後半たっのしー♪でカイワリは14匹
船中0じゃどうしようもないよねと自分を慰めるアカムツ4戦目
2018年の剣崎イサキチョロくない。開幕戦はなんとかツ抜け
GWは釣りしない週間にしよかな。アジツ抜けせずに頓死す
木更津沖で「へたクソぉ!!」と自分を罵り続けた夜アナゴ釣行
GWのゲートが開いて即落馬!? 宇佐美に行ってクーラー空
予報以上に風ビュービューの中、超お立ち台で午前LTアジ
序盤魚信少なくジリジリするも3年ぶり3本目の本塁打マゴチ
潮流も竿先も俺の心もキュンキュンしなかったウィリー五目
魚信少なめもヒット3本。昨年のマゴチの釣果を1日で超えた
始まったよ、シロムツしか釣れない伝説がっ!! 今季お終い
5本針にキンメ・キンメ・キンメ・シロムツ・メダイしたものの…
いきなりの尺たらず熟メバルに今季はイケる!と思ったが…
クロムツ3匹でまずまずも難敵のチビクロ、サバに大苦戦す
今年も始まったよぉ~……釣れない方の“深場伝説”がっ!!!
次にオニカサゴ釣れるのは4年後かも…サドンデスで散る!!
アジにまさかの完全試合?からの後半ポツポツでなんとか

著者: へた釣り