どったんばったん時化海でマダイとマハタ。イナダはお留守

どったんばったん時化海でマダイとマハタ。イナダはお留守土曜よりはマシと釣行を決めたのだが、嘘でしょってくらいの時化だった。立って釣るのが相当つらいレベルでタナは底から3メートルまでと言われても船が波で2メートル幅を上下しているとタナどこ? 金沢八景・一之瀬丸のアミ五目初挑戦でマダイとマハタをゲット。イナダは船中0で留守。

どったんばったん時化海でマダイとマハタ。イナダはお留守2時前だったと思う。家の外壁を叩く雨の音で目が覚めた。そんな予報じゃ…と思ったが雨足は激しい。そのまま目が冴えてしまった。のんびり支度をし、5時前に外に出てみると雨はやんでいた。風は強い。間欠的に強く吹くと街路樹がザワッと音を立てる。時化を覚悟する。寝不足だけど大丈夫かなぁと不安になる。船宿に着いても風が弱まる気配はない。席札は四隅以外は空いていたので左舷の胴を取る。その後、船長から2人組が来るので舳に移動してと言われ、さらには右舷の艫が空いてるのでどうぞと言われ席を移動する。風のせいで釣行を取りやめた人がいたんだと思われる。

■アジ釣れないで船長をヤキモキさせる。遂に仕掛けを手渡されるw

どったんばったん時化海でマダイとマハタ。イナダはお留守船はドッタンバッタンと波に揉まれながら八景沖の水深20メートルくらいのポイントに着く。船長からの指示は「1.5号の仕掛けで切られるようなら太い仕掛けに換えてください」だった。本日の目標はイナダなのでこの指示は無視して、最初からハリス3号の全長3メートルの仕掛けで釣りを始める。底から1.5メートル、2メートルでコマセを振り出し、2.5メートルで待つという作戦で釣り始めた。すぐに竿先をプルルと震わせる魚信があったが針掛かりしない。船中、アジの顔を見たというアナウンスがあった。アジのサイズが小さいのでチヌ針3号ではなかなか針掛かりしない。最初の獲物は釣り始めて15分くらいしてからで、マダイだった。ただし15センチくらいしかないチャリコなのでリリース。
どったんばったん時化海でマダイとマハタ。イナダはお留守どったんばったん時化海でマダイとマハタ。イナダはお留守

どったんばったん時化海でマダイとマハタ。イナダはお留守船中ほかの人はアジをポツポツ釣っているようだ。船長から「アジ釣れました?」と何度か聞かれたので8時半の時点でアジボウズなのはへた釣りだけ? 別にアジは釣りたくないから気にしないという方針だったが、船長にしてみればお土産(釣果)になるアジを釣ってもらわないとってことみたい。「釣れました?」と何度か聞かれて、とうとうアジの仕掛けを渡されてしまう。せっかくくれた物を「アジいらね」とツっかえすわけにもいかないので使わせてもらうとアジをゲット。船が波で上下するのでタナを合わせにくいし、掛かっても巻き上げ中のバラシ多数。大して数は伸ばせず。海の荒れ具合が最高潮で立って釣るのがかなりつらい状態。タナなんて合わせようがない。大きく狂ってないようにするのが精いっぱいだった。
どったんばったん時化海でマダイとマハタ。イナダはお留守どったんばったん時化海でマダイとマハタ。イナダはお留守

■マダイ、マハタが釣れて五目らしく。残るはイナダだったんだが…

どったんばったん時化海でマダイとマハタ。イナダはお留守時化の海でアジ狙いでは心が折れるので、数匹アジを確保したら(船長にアジは釣れたアピールをしたら)イナダ狙いの仕掛けに戻す。岩礁の上を攻めているようで、タナが変わるので15秒おきに底を取り直して底から2.5メートルで待つことにしたらようやくまぁまぁいい魚信が訪れる。引きも強いが青物のそれではない。25センチ以上30センチ未満のマダイだった。しばらくするともう一度いい魚信。今度も青物らしくはない。茶色の体に白のラインが入ったマハタだった。この2尾のおかげで船酔いでリタイアだけはなんとか免れたって感じだ。喉の奥が灼けるような酸が何度かこみあげてきていた。
どったんばったん時化海でマダイとマハタ。イナダはお留守どったんばったん時化海でマダイとマハタ。イナダはお留守

どったんばったん時化海でマダイとマハタ。イナダはお留守ポイントを何カ所か移動する。ここでようやくアミ五目がどういう釣りなのか分かった。最初のポイントはアジ釣りのポイントでアジの仕掛けで数釣りをするべきだったみたい。少しずつマダイの期待が高いポイントへと移動していく。最後は最も大型が(ということはイナダも?)期待できる、残りは30分オキアミ残さず撒いてねポイントに来た。イナダ狙いなのでFLビシの下をオキアミが通る幅に調整して、数シャクリで一気に撒く。今度こそイナダ?という魚信が一度だけあった。ドラグも滑っていい感じだったのだが波で船が下がったときにテンションが抜けたらしく、プンッという嫌な手応えとともにバラした。

どったんばったん時化海でマダイとマハタ。イナダはお留守
キープしたのはマダイ×1匹、マハタ×1匹、アジ×8匹だけ。サバ、ウミタナゴはリリースした。五目だからもっと簡単な釣りだと思っていたら大苦戦だった。もっと海が穏やかな日にリベンジするかと言われると微妙。ウィリーと違ってタナで待つ時間が長いため、多動性中年の好みに合う釣りではなかった。イナダがどうしても食べたくて再戦するとしたらウィリー+空針の仕掛けで動かしまくって勝負すると思う。
どったんばったん時化海でマダイとマハタ。イナダはお留守どったんばったん時化海でマダイとマハタ。イナダはお留守



Twitter

2016年10月30日 16:49

« ワラサがダメならイナダを一之瀬丸のアミ五目で狙うもんね | メイン | 大荒れ時のタナキープ。無駄な足掻きはしない方がマシ? »

最近の釣りに行った記事

序盤魚信少なくジリジリするも3年ぶり3本目の本塁打マゴチ
潮流も竿先も俺の心もキュンキュンしなかったウィリー五目
魚信少なめもヒット3本。昨年のマゴチの釣果を1日で超えた
始まったよ、シロムツしか釣れない伝説がっ!! 今季お終い
5本針にキンメ・キンメ・キンメ・シロムツ・メダイしたものの…
いきなりの尺たらず熟メバルに今季はイケる!と思ったが…
クロムツ3匹でまずまずも難敵のチビクロ、サバに大苦戦す
今年も始まったよぉ~……釣れない方の“深場伝説”がっ!!!
次にオニカサゴ釣れるのは4年後かも…サドンデスで散る!!
アジにまさかの完全試合?からの後半ポツポツでなんとか
4年ぶり通算4匹目と5匹目のオニカサゴで2017初釣りは吉!!
釣り納め2017はカイワリ17匹で自己最多更新。ハマチも8匹
東京湾の釣り納めは紅(アマ)白(タチ)そろえてまずは重畳
ツイテないのか実力不足か。一之瀬丸感謝デーで撃ち~ん
時化の上に激渋カワハギだったがピカイチくんに救われる
入学初日に退学しよかなと頭をよぎった2017アマダイ初戦
平和島は果てしなく…。TKB6回目で初めて船中個人表彰♪
ダイ三元狙いも…中(マダイ)のみ。この釣り向いてないね
プチ時化へのアジャストで大迷走したかみやカワハギ大会
江戸前カワハギおかわりは船別で型数1位も3万円に届かず
台風前の強行午前アミ五目はマダイで入魂、イナダで痛恨
台風の中継かって時化海でたっのしーいカワハギ釣り大会
高切れ、竿折れ、コマセをかぶって…精も根も尽き果てたよ
ちいさいアジ、ちいさいアジ、ちいさいアジだけ釣…~れた♪
あと5g分の底力が足りず上州屋カワハギ大会はお土産なし
ウィリーたっのしーカイワリ5匹。カンパチきっびしー1匹だけ
1匹だけはという夢はかなえたもののマゴチに苦手意識は…
どっちつかずで狙いを絞れずアジのみで終わったアミ五目
時化後の××で八景沖アジがちょろいヤツに。半日で117匹♪
型(25up×7匹)よし、数(122匹)よしで2017イサキは最高だ♪
1匹1匹丁寧に真心込めて巻き上げたイサキは…88匹止まり
船上でムキー!!ってなったら負け。タチウオ迷宮に迷いこむ
低打率で苦しむもタチウオはツ抜け。アジは入れパク46匹!!
入れパク追い食いバリバリ。イサキ162匹に笑いが止まらん
アオゾイを釣らせてやろうと海攻頑張る。でも釣れなかった
2年ぶりの釧路の沖を満喫。ただしアオゾイ明日にオアズケ
なんちゃって渓流釣りでオショロコマと子供に遊んでもらう
釣りができる喜びに小突きまくった標津沖カレイは44cmまで
予想通りの出船中止。元祖ザンタレを食いに南蛮酊を目指す
カイワリは船中1匹なんだもん…。宇佐美遠征2連続で貧果に
サバに負けた。カイワリ2匹だけでしょんぼりな宇佐美遠征
ウィリーを信じる心を失った!! イサキの今季ワーストを更新
月別最多は頓挫でも尺イサキ5+クロムツ+クロダイでドヤッ
イサキは週休2日制? 目標の1/3しか釣れずにどよ~~ん
メバルの数は2位。でも型勝負は最下位…デカいの釣れん
今年はいいかも!! 剣崎沖イサキ開幕戦で40匹は自己最多
夜アジ・メバカサで本命そろえる。数と型は聞かないでぇ~w
…………………………伝説どころか何事も始まらなかった
2試合連続で完全試合。マゴチ…釣れる気しなくなってきた
GWは4連敗。ウィリーまで貧果に沈んでもうあかーーーん!!

著者: へた釣り