どったんばったん時化海でマダイとマハタ。イナダはお留守

どったんばったん時化海でマダイとマハタ。イナダはお留守土曜よりはマシと釣行を決めたのだが、嘘でしょってくらいの時化だった。立って釣るのが相当つらいレベルでタナは底から3メートルまでと言われても船が波で2メートル幅を上下しているとタナどこ? 金沢八景・一之瀬丸のアミ五目初挑戦でマダイとマハタをゲット。イナダは船中0で留守。

どったんばったん時化海でマダイとマハタ。イナダはお留守2時前だったと思う。家の外壁を叩く雨の音で目が覚めた。そんな予報じゃ…と思ったが雨足は激しい。そのまま目が冴えてしまった。のんびり支度をし、5時前に外に出てみると雨はやんでいた。風は強い。間欠的に強く吹くと街路樹がザワッと音を立てる。時化を覚悟する。寝不足だけど大丈夫かなぁと不安になる。船宿に着いても風が弱まる気配はない。席札は四隅以外は空いていたので左舷の胴を取る。その後、船長から2人組が来るので舳に移動してと言われ、さらには右舷の艫が空いてるのでどうぞと言われ席を移動する。風のせいで釣行を取りやめた人がいたんだと思われる。

■アジ釣れないで船長をヤキモキさせる。遂に仕掛けを手渡されるw

どったんばったん時化海でマダイとマハタ。イナダはお留守船はドッタンバッタンと波に揉まれながら八景沖の水深20メートルくらいのポイントに着く。船長からの指示は「1.5号の仕掛けで切られるようなら太い仕掛けに換えてください」だった。本日の目標はイナダなのでこの指示は無視して、最初からハリス3号の全長3メートルの仕掛けで釣りを始める。底から1.5メートル、2メートルでコマセを振り出し、2.5メートルで待つという作戦で釣り始めた。すぐに竿先をプルルと震わせる魚信があったが針掛かりしない。船中、アジの顔を見たというアナウンスがあった。アジのサイズが小さいのでチヌ針3号ではなかなか針掛かりしない。最初の獲物は釣り始めて15分くらいしてからで、マダイだった。ただし15センチくらいしかないチャリコなのでリリース。
どったんばったん時化海でマダイとマハタ。イナダはお留守どったんばったん時化海でマダイとマハタ。イナダはお留守

どったんばったん時化海でマダイとマハタ。イナダはお留守船中ほかの人はアジをポツポツ釣っているようだ。船長から「アジ釣れました?」と何度か聞かれたので8時半の時点でアジボウズなのはへた釣りだけ? 別にアジは釣りたくないから気にしないという方針だったが、船長にしてみればお土産(釣果)になるアジを釣ってもらわないとってことみたい。「釣れました?」と何度か聞かれて、とうとうアジの仕掛けを渡されてしまう。せっかくくれた物を「アジいらね」とツっかえすわけにもいかないので使わせてもらうとアジをゲット。船が波で上下するのでタナを合わせにくいし、掛かっても巻き上げ中のバラシ多数。大して数は伸ばせず。海の荒れ具合が最高潮で立って釣るのがかなりつらい状態。タナなんて合わせようがない。大きく狂ってないようにするのが精いっぱいだった。
どったんばったん時化海でマダイとマハタ。イナダはお留守どったんばったん時化海でマダイとマハタ。イナダはお留守

■マダイ、マハタが釣れて五目らしく。残るはイナダだったんだが…

どったんばったん時化海でマダイとマハタ。イナダはお留守時化の海でアジ狙いでは心が折れるので、数匹アジを確保したら(船長にアジは釣れたアピールをしたら)イナダ狙いの仕掛けに戻す。岩礁の上を攻めているようで、タナが変わるので15秒おきに底を取り直して底から2.5メートルで待つことにしたらようやくまぁまぁいい魚信が訪れる。引きも強いが青物のそれではない。25センチ以上30センチ未満のマダイだった。しばらくするともう一度いい魚信。今度も青物らしくはない。茶色の体に白のラインが入ったマハタだった。この2尾のおかげで船酔いでリタイアだけはなんとか免れたって感じだ。喉の奥が灼けるような酸が何度かこみあげてきていた。
どったんばったん時化海でマダイとマハタ。イナダはお留守どったんばったん時化海でマダイとマハタ。イナダはお留守

どったんばったん時化海でマダイとマハタ。イナダはお留守ポイントを何カ所か移動する。ここでようやくアミ五目がどういう釣りなのか分かった。最初のポイントはアジ釣りのポイントでアジの仕掛けで数釣りをするべきだったみたい。少しずつマダイの期待が高いポイントへと移動していく。最後は最も大型が(ということはイナダも?)期待できる、残りは30分オキアミ残さず撒いてねポイントに来た。イナダ狙いなのでFLビシの下をオキアミが通る幅に調整して、数シャクリで一気に撒く。今度こそイナダ?という魚信が一度だけあった。ドラグも滑っていい感じだったのだが波で船が下がったときにテンションが抜けたらしく、プンッという嫌な手応えとともにバラした。

どったんばったん時化海でマダイとマハタ。イナダはお留守
キープしたのはマダイ×1匹、マハタ×1匹、アジ×8匹だけ。サバ、ウミタナゴはリリースした。五目だからもっと簡単な釣りだと思っていたら大苦戦だった。もっと海が穏やかな日にリベンジするかと言われると微妙。ウィリーと違ってタナで待つ時間が長いため、多動性中年の好みに合う釣りではなかった。イナダがどうしても食べたくて再戦するとしたらウィリー+空針の仕掛けで動かしまくって勝負すると思う。
どったんばったん時化海でマダイとマハタ。イナダはお留守どったんばったん時化海でマダイとマハタ。イナダはお留守



Twitter

2016年10月30日 16:49

« ワラサがダメならイナダを一之瀬丸のアミ五目で狙うもんね | メイン | 大荒れ時のタナキープ。無駄な足掻きはしない方がマシ? »

最近の釣りに行った記事

初の外房にて45cm&30cmのアカムツ両手にドヤっドヤっ顔
満足サイズも2匹。深場五目初戦はクロムツ6匹でえっへん
難波最強の立ち飲み屋発見! あたりや食堂でニセンベロ!!
あわや2釣行連続でクーラー空! オニカサゴみくじは小吉
年越しそば2019は難波・源氏で。関西流に辛味大根が美味
令和元年の釣り納めで今年初のをやらかしてしょぼ~ん!
イナダだらけでイシダイどこ~? シマ消え込みで3匹ゲット
久里浜沖7時間耐久マダイ魚信なし地獄にもがき苦しんだ
カイワリは安定の14匹。カンパチはソレダメをやらかしたよ
序盤にクロダイ×2、そのうちマダイも釣れると思ったのに…
雑然とした路地の老舗寿司屋あばらやで大人のドキドキを
カイワリと変わらないサイズだけど初の白間津・シマアジだ
カイワリツ抜けは楽勝と油断したら後半デカアジに翻弄され
ドラグ滑って面白すぎ!! イナダ(ハマチ)10匹で大大大満足
タチウオは指5本×2で満足。アマダイはポニョのみで罪悪感
台風一過の午前アジは土砂降り、強風、ゴミだらけだったが
餃子激戦区の恵比寿に祇園歩兵3号店。優しいお味に納得
35up乱舞。アジしか釣れずしょんぼり、妻は人生最大に興奮
伊豆はカワハギ天国のはずだったのに後半失速でもツ抜け
久々の治久丸午前でカイワリ9匹。えべっさんも人生初の!!
炙り+好みの味ですし焼き。コスパも抜群な難波・ときすし
母78歳の誕生日をメープル猪名川で祝う。秋の味覚楽しむ
ゲストはサバだけ…八景沖でアジ入れ食いの午後アミ五目
浅場タチウオ攻略失敗。でも50mなら労せずとも掛かるかも
路線図読めないおっさんはタチウオ掛け方分からんのです
刺し盛りは関西は活かり、関東は旨みと恵比寿 魚一商店で
撃沈ではないが下手さ加減認識したタチアジ。でもタコ3杯♪
5年連続イサキ束超え失敗。良型混じると数を伸ばせない
純ちゃんのすじ塩は恵比寿でNo.1の煮込みかも知れない!!
難波・豪快立ち寿司でウニとイクラこぼれ盛り痛風一直線♪
恵比寿・肉天国で炙りユッケ、痛風味玉、牛トロ天を堪能す
一之瀬丸一の凄腕カツオ一本釣り師になってげんなりする
北海道のそばは最高!! 中標津・伊とうで藪・更科食べ比べ
姪2号にオショロコマを釣らせるミッション今年も無事クリア!!
釧路・繁栄丸アオゾイ耐久。7匹だけど今年も釣れたよ
北海道の師匠杯で子供はアオゾイゲット。へたはお世話係
台風令和初上陸の翌日剣崎イサキ束釣れるかなチャレンジ
難波居酒屋のお刺身は安くて美味いの代表、嬉々わらまさ
難波で昼飲みならなんばグランド花月1階、酒処さつき最強
宇佐美の魚やる気なし。カイワリ、チダイ、ホウボウ1匹ずつ
売り切れが多いがおっぱい串がとにかく絶品なおみっちゃん
竿先グングンッ…でもバレる。気難しいアジに翻弄されたよ
土用の丑に鰻なる野暮は避け恵比寿・う福でお先に鰻三昧
小サメの駆除に協力したら梅雨アナゴとタチウオもらえたよ
俺が行っても終わらずどころかカイワリ18匹で最多記録更新
6月のええもん1=新川にしやで伝助アナゴ、白子、キアラ刺
6月のええもん2=ShunのA5牛しゃぶローススープ茶漬け♪
プチ時化お立ち台で体幹トレーニングしつつイサキを26匹♪
1日剣崎で釣れてイサキ13匹、最大28.5cmでなんとかなった
コマセ振る意味ないレベルの速潮にカイワリ1匹だけと撃沈

著者: へた釣り