浮かれ気分でアマダイ釣りはこれでいいかも?なメモを書く

浮かれ気分でアマダイ釣りはこれでいいかも?なメモを書く腕がアレなもんでできることは限られているのだが、できることでなんとなく上手くいっているのがアマダイ自己最高の6匹&自己最大の45センチ釣ったぞ記念にアマダイ釣りはこれでいいかも?メモを書いておく。へた釣りは普通に釣っているつもりだが「独特な」と人の目には映るらしい。

浮かれ気分でアマダイ釣りはこれでいいかも?なメモを書く沖のウィリー五目で何かの間違えでアマダイが釣れた。関西ではグジと呼ばれる高級魚が自分の竿からつながっている針に掛かるとは思っていなかったので、びっくりするやらうれしいやら。お刺身の仄かな甘さに感動し、酒蒸しの上品なお味にもっと食いたいという欲望がムクムク。アマダイ1本勝負の第1戦でこれまた何かの間違いで4匹第2戦でもなんとか1匹、今年に入ってからもアマダイ×2、カイワリ、オニカサゴの三光を達成したかと思えば、味噌漬け食いたい釣行で45センチ含め6匹。魚に好かれることがあまりない方なのにアマダイには好かれているとしか思えない釣果だったりする。

1.しゃちょう船長に「独特な誘い方」と言われた誘いはウィリーシャクリ

アマダイ釣りでたぶんこうだと思うことをまとめてメモしておく羽田・かみやしゃちょう船長が記した釣果報告にこう書いてあった。「独特の誘い方が決め手だったのかな…」。独特に見えるようである。船上でも「竿ずっと動かして何やってたんですか?」と聞かれたので、どうやらアマダイ釣りの基本的な誘い方とは全く別物になっているらしい。たぶんこうだと思うことメモでも書いたが、へた釣りは底からビュンと竿を激しく煽る。アマダイの魚信の多くは跳ねあげた仕掛けが潮に馴染んで落ち着くまでの間に出る。

アマダイ、カイワリ、し~あ~わ~せ~すぎるLTウィリー五目この誘い方がいいのではと考えるに至った理由は沖のウィリーで釣った1匹目のアマダイの魚信の出方がこうだったから。オキアミを底から生きているエビのように跳ね上げさせているつもりなのだがちゃんと動いているかどうかは知らない。シャクリ幅はその日のアマダイのタナに合うように底をトントン小突きながら調整する。シャクリたい長さがちょうど竿を水平にしたときの幅になるように小突きながらリールを巻いたり糸を出したりして合わせる。

アマダイ、カイワリ、オニカサゴ3つそろえてキモちEeeeeeee♪竿先が跳ねないギリギリの強さでビュンとシャクリ上げながら力を抜いて竿が水平の位置でピタッと止まるように。完全にウィリーのシャクリ方と同じだ。シャクリ幅は竿が完全に下を向いているときで1メートルくらい。キダイが食ってこない範囲でできるだけ大きくシャクれる幅を探っている。最少で30センチ。底べったり勝負のときは下針ではなく上針のオキアミが元気に跳ねているようにと意識する。

2.下針の上に打つガン玉ワークが実はすごく大事なのではないかと…

年末年始伊豆合宿 ~少し自虐的ウキフカセタックル紹介~ウィリーシャクリでは仕掛けが張りを保った状態をキープするのが重要だ。アマダイ釣りでも親子サルカンや下針の上に打つガン玉が激しくシャクったときに仕掛けの張りを保つのに役立っているような気がしている。へた釣りはウキフカセで使うガン玉セットをアマダイ釣りに持って行っている。G7~5Bまで入っている。使うのはG2~5B。魚信がないときは軽くしていく。魚信はあるのに針掛かりしなかったり魚信を感知できずに餌がなくなるときは重くして仕掛けが張るようにしている。

3.飲ませて獲っていい釣りなのでチヌRは効果ありのような気がする

ナノスムースコートなら釣れる気がw 「チヌR」で何を釣ろうアマダイは餌を一飲みで捕食していると思う。アマダイの歯で指を噛まれるといたいがハリスを切るほどの鋭さはない。とすると餌を飲み込んだアマダイが違和感を覚えて吐き出そうとするときに口の中のどこにでもいいから針先が立ってくれれば勝負できるってことだ。ナノスムースコートで刺さり具合抜群のチヌRは効果ありだと思う。この針で6匹釣ったうち口に掛かったのは1匹だけ、残りの5匹は口の中というより内臓に針掛かりしていた。アマダイらしい魚信があったのにすっぽ抜けることもこれなら少なくなりそう。

チヌRアマダイ仕掛け一応できた。針の色って黒でいいの?ヒネリがあるとオキアミがまっすぐ付けられないのではという不安も杞憂だった。確かにヒネリなしでまっすぐの針に比べてオキアミの装餌を慎重に行う必要はあるが、仕掛けが落ちていく最中にクルクル回ったり、ヨレヨレと左右に動いたりというほどにバランスが崩れるということはなかった。ヒネリの有無はまっすぐ付けられないではなく、まっすぐ付けるのにちょっと気を使う必要があるってレベルのデメリットと考えればいいかな?

波予報を眺め絶望しながらイサキの仕掛けで気を紛らわすチヌRの欠点を1つあげるとすれば、表面がツルツルすぎて身のしっかりしていないオキアミだと、シャクているうちに餌が外れたりずれたりしてしまうこと。ケンの代わりにヒゲを付けようにもこれまた表面がツルツルすぎてうまくヒゲを固定できない。瞬間接着剤かUVレジンをつまようじの先でちょんと付けてヒゲを固定できないか、実験してみるつもり。

4.ニンニクパワーじゃないっすよん。だってゲストが寄っちゃうからw

餌のオキアミを硬く締める「オキアミ職人」は効果抜群だったオキアミ職人」というニンニクエキス&アミノ酸を添加する液体を使っているが、これはあくまでオキアミの身を締めるために使っている。チヌRだとオキアミが外れたりずれたりしやすいかもという問題はメバル釣りナノヤマメを使った経験からある程度予想できていた。集魚効果を期待するならプロ仕様のおろしにんにくアルギニンなどのアミノ酸を使う。海底にいる魚の生息数はアマダイ<<<<<<<ゲストなわけで、ゲストラッシュになる可能性のある集魚効果は狙っていない。

5.オキアミはでっかい方がいい気がするのでLLか3Lを買っていこう

味噌漬け食える! 45センチありでアマダイ6匹ゲットだぜ♪アマダイは目で餌を追っているような気がする。というのも大きめの餌を付けた針にアマダイが喰いついてくることが多いから。船宿でもらえるのはオキアミのLサイズのパックだがちょっと小さいような気がしている。LL以上のサイズの物を買って持っていく方がいいのかなぁと考えているのだがどうだろう? 針のサイズもチヌ針の4号を使っているが、アマダイの口の大きさを考えると5号でもいいような気がしているので今度試してみようと思う。



Twitter

2013年12月22日 13:21

« 味噌漬け食える! 45センチありでアマダイ6匹ゲットだぜ♪ | メイン | ハギポン大爆発。尺超え2匹で一之瀬丸釣り大会で優勝だぁ »

最近の釣りのお勉強記事

考えだすとハマるので考えたくはない枝スの長さの最適解
ヒラメに味を占め来季もきっとやる。八景沖アミ五目備忘録
潮の速さと仕掛け長、ソウダ禍の相関に悩んだイサキ2018
剣崎沖イサキでソウダガツオ対策に効果抜群の超短仕掛け
コマセ釣りは大潮を避ける。流して釣る底棲魚は大潮が○
初島沖イサキは長ハリスがウィリーより3倍有利と認めるよ
クロムツ狙いで底からオモリを10mは探る範囲が広すぎた!?
もう1戦するかっ!! 多動性中年向けオニカサゴ誘い方メモ
やらないのと知らないのは大違い。マダイの誘い方を調べる
束釣り記念。えっへんおっほん気分でLTアジ愚策あれこれ
剣崎沖イサキ2017総括。枝間は50センチ、ハンドルは大事
イサキの追い食いは仕掛けの張りを意識してゆっくりと巻く
バルーンサビキに餌が主流? シシャモは7月後半に接岸?
今秋? 来春?から伝説を始める…深場のこうかな?メモ
深場のは買うのにウィリーは意地でも自作。へたのこだわり
「誘い探り釣法」命名記念で調子に乗ってクロムツ釣りメモ
なぜアマダイに愛されないのか? ウジウジと悩んでみたよ
2016年のカワハギ釣りはデカハギ天国にまた一歩近づけた
マダイやイナダ、ショゴも!? 勝手にイシダイ五目の備忘録♪
デカハギ天国100の愚策~誘わない。でもしっかり寄せる~
'16カワハギの新兵器。ピカイチくん feat.アワビ貼りブレード
眉に唾をたっぷり付けてね♪ 束超え狙えるイサキの釣り方
昨季の怪我の功名。超ショート仕掛けでイサキ束釣り狙うぞ
タチウオはソフトでもハードでも対応できる準備が肝心かも
ガッ、ノタ~、フルフル…夏タチの魚信と針掛かり傾向と対策
澄み潮と濁り潮…タチウオ釣れてるとイサキは釣れない?
LTアジ仕掛けを見直す。低活性時はハリスを細く枝を長く
オマツリ考。横の人を思いやり感情をこじらせないのが大事
アコウをまた釣りたい。伝説が続くよう勇者様の教えをメモ
アナゴに餌だけくれてやらない淳ちゃん船長式イソメ装餌法
エビマゴチにヒューズ不要? 荒天時のタナの取り方は?
洲崎沖での釣果の満足度を指標化する「ウィリーこいこい」
来年こそは深場伝説をはじめるために残すぼうけんのしょ
上手くいったら調子に乗ってアマダイ釣りの下手な考えメモ
ムツ五目再戦に向け…アワセ必須? 向こうアワセでOK?
オニカサゴが釣れない理由がどうしても分からず休学宣言
タチウオで横の人のPEを切り怨まれないために注意する事
自己批判することが多すぎ。2015年のカワハギを総括する
はじめから全開でぇは間違い。TKB44決勝大惨敗の大反省
再戦の機会があるかどうかは分からんがサビキアジ備忘録
大アジを狙って釣るよりたくさん釣って良型を混ぜるが正解
タチウオの魚信を出す誘い&針掛かりパターンをチャート化
イサキ束釣りの最終兵器は超ショートオマツリフリー仕掛け
どうかな?がうまくいきウシシ♪とほくそ笑む北海道備忘録
剣崎沖イサキでボウズを回避するためのこうじゃないかな
完成することはない湾フグのこーかなあーかなメモ帳1枚目
忘れないうちにイシモチの釣り方メモを残しておくことにする
曇り、凪、水温、潮…メバル爆釣条件を真剣に考えてみた
NW伊豆合宿まとめ 宇佐美を100%楽しむためのあれこれ
貧して鈍して悩んで沈む。TKB52決勝は反省点だらけだ!!

著者: へた釣り