NW伊豆合宿まとめ 宇佐美を100%楽しむためのあれこれ

NW伊豆合宿まとめ 宇佐美を100%楽しむためのあれこれ8泊9日のNW伊豆合宿が終わった。いい年したおっさんが降雪のため竿を出せなかった元日を除いて、時間があれば釣りをしていたのだからあんたも好きねぇとしか言いようがない。もちろん行ける機会があればきっとまた行く。宇佐美の海をもっと楽しむために覚えておくことをメモしておく。

■堤防編 水温急低下時の対策が必要。カマスがちょっぴり気になる

NW伊豆合宿 初日は堤防で釣りの感触を覚えてるか確認だ堤防での釣りに関しては、雪が降った1月1日の前後で、海の様子が全く変わってしまった。降雪前の前半戦は、仕掛けを入れれば何かが釣れるという状況。釣れてくるメジナ、カサゴともに数もサイズもまずまず満足のいく状態だった。クロダイもそのうち顔を出してくれるだろうという手ごたえだったのだが、雪とともに状況が一変した。その後2日間は魚がほとんど釣れなかった。NW伊豆合宿 堤防にて風と波に苦戦。午後カイワリも中止宇佐美は小規模ながらも流入する河川が多く、山に雪が残り雪解け水が流れ込む間は水温が下がったままになるようだ。浅場のゴロタ場にある初津の堤防はその影響を顕著に受ける。雪が溶け切った最終日になると再び魚が釣れ始めたのだから、水温が著しく低下したときは釣り物および釣り場の変更を考えた方がよさそう。

NW伊豆合宿 家族サービスディ。子供の許しを得て初釣り♪釣り物変更の候補として気になっているのがカゴ釣りで狙うカマス。帰る日に聞いて知ったことなのだが、水温低下で大苦戦していた2日間も、宇佐美港とその少し東にある大崎堤防でカゴ釣りをしていた人は、カマスを大漁とまではいかないが、そこそこ釣っていたそうである。磯竿4号で50メートル程度投げられれば釣れるそうだ。カマスを泳がせて大物狙いもありと教わると、気にするなという方が無理である。NW伊豆合宿 帰る間際にお土産。メジナ、カサゴ、ムラソイカゴ釣りはやったことないが、比較的釣り場が空いている年末年始の宇佐美なら入門(キャストの練習)に適しているような気がする。1万5000円で買える遠投4号竿もあるようなので、取りあえずお試しで買ってみよう。リールはPE0.8号を巻いた投げ釣り用のリールを流用してみるつもり。釣ったカマスは合宿所で干物にして朝食にする!

■船編 荒天で出船中止を見込んで+1回予約する。アカムツやろかな

NW伊豆合宿 素直な伊豆ハギ相手に今季最多で有終の美冬のこの時期はやはり海が荒れる。予約したうちの3回に1回、ひどいときには3回に2回中止になることもある。遠征の釣りなので予約は早めに入れるため、天候を確認してからというわけにはいかない。船に乗りたい回数+1回、余裕を持って予約を入れておこうと決めた。全日好天なら1回多く船に乗ることになるが、乗り足りないよりは1回多く乗ってちょっと出費がかさんじゃったなぁとなる方が幸せである。

NW伊豆合宿 2014年の釣り納めは子供2号とカイワリ五目だいろんな船に行くのが好きじゃないので宇佐美港は治久丸1船でいい。この時期の治久丸は、カワハギカイワリ五目、ヒラメオニカサゴ、アカムツで出船することが多い。へた釣りがこの中でやったことがないのはアカムツだけ。アカムツの道具さえ持って行けば、天気を確認してから「明日乗りたい」と飛び入り参加が可能になる。DEEP GAME 120-180フォースマスター3000MKでできそうな気がする。仕掛けは船で買えるみたいだし、オモリさえ買えばせっかくの伊豆なのに船に乗り足りないときのもう1戦が可能になるはず。

■防寒編 極寒用の10mm厚の長靴を買ってから行くべきだったぁ~

NW伊豆合宿 釣れなくて釣れなくて釣れなくてつらいよぉ~防寒具はほぼ完璧になっていると思っていた。体のほかの部分の防寒が完璧になると長靴の底から足の裏へ、足の裏からふくらはぎへと伝わってくる冷たさを際立って感じるようになった。船上で足元が濡れて感じる冷たさとは全く質が違う。体を底冷えさせるような冷たさである。船以上に堤防では足元の防寒が大事だと思い知る。特に雪の日の翌日は、防寒靴下つま先ガードも通用せず寒さが足の裏から駆け上がってきた。極寒用の10mm厚のハイパーサーマル長靴東京湾の船用にはオーバースペックかなぁと買うのを躊躇していたが、堤防用にはちょうどいいかも。

NW伊豆合宿 雨のち子供2号大爆発。大物賞はほぼ手中にノギスケール125は計算通り、子供たちが面白がって自分でサイズを測ってくれた。ただし、凸凹がある堤防の上ではなかなか正確に測るのが難しい。ノギスケールを固定できる折りたたみ式の平な板を作ろうかなぁ。それほど大きな魚が釣れるわけでもないので、50センチくらいあればOKな気がする。大会じゃないので0.1センチまで正確に測る必要もないんだけどね。



Twitter

2015年01月05日 17:31

« NW伊豆合宿 帰る間際にお土産。メジナ、カサゴ、ムラソイ | メイン | NW伊豆合宿のおかたづけ 長期間放置する物は念入りに »

最近の釣りのお勉強記事

剣崎沖イサキでソウダガツオ対策に効果抜群の超短仕掛け
コマセ釣りは大潮を避ける。流して釣る底棲魚は大潮が○
初島沖イサキは長ハリスがウィリーより3倍有利と認めるよ
クロムツ狙いで底からオモリを10mは探る範囲が広すぎた!?
もう1戦するかっ!! 多動性中年向けオニカサゴ誘い方メモ
やらないのと知らないのは大違い。マダイの誘い方を調べる
束釣り記念。えっへんおっほん気分でLTアジ愚策あれこれ
剣崎沖イサキ2017総括。枝間は50センチ、ハンドルは大事
イサキの追い食いは仕掛けの張りを意識してゆっくりと巻く
バルーンサビキに餌が主流? シシャモは7月後半に接岸?
今秋? 来春?から伝説を始める…深場のこうかな?メモ
深場のは買うのにウィリーは意地でも自作。へたのこだわり
「誘い探り釣法」命名記念で調子に乗ってクロムツ釣りメモ
なぜアマダイに愛されないのか? ウジウジと悩んでみたよ
2016年のカワハギ釣りはデカハギ天国にまた一歩近づけた
マダイやイナダ、ショゴも!? 勝手にイシダイ五目の備忘録♪
デカハギ天国100の愚策~誘わない。でもしっかり寄せる~
'16カワハギの新兵器。ピカイチくん feat.アワビ貼りブレード
眉に唾をたっぷり付けてね♪ 束超え狙えるイサキの釣り方
昨季の怪我の功名。超ショート仕掛けでイサキ束釣り狙うぞ
タチウオはソフトでもハードでも対応できる準備が肝心かも
ガッ、ノタ~、フルフル…夏タチの魚信と針掛かり傾向と対策
澄み潮と濁り潮…タチウオ釣れてるとイサキは釣れない?
LTアジ仕掛けを見直す。低活性時はハリスを細く枝を長く
オマツリ考。横の人を思いやり感情をこじらせないのが大事
アコウをまた釣りたい。伝説が続くよう勇者様の教えをメモ
アナゴに餌だけくれてやらない淳ちゃん船長式イソメ装餌法
エビマゴチにヒューズ不要? 荒天時のタナの取り方は?
洲崎沖での釣果の満足度を指標化する「ウィリーこいこい」
来年こそは深場伝説をはじめるために残すぼうけんのしょ
上手くいったら調子に乗ってアマダイ釣りの下手な考えメモ
ムツ五目再戦に向け…アワセ必須? 向こうアワセでOK?
オニカサゴが釣れない理由がどうしても分からず休学宣言
タチウオで横の人のPEを切り怨まれないために注意する事
自己批判することが多すぎ。2015年のカワハギを総括する
はじめから全開でぇは間違い。TKB44決勝大惨敗の大反省
再戦の機会があるかどうかは分からんがサビキアジ備忘録
大アジを狙って釣るよりたくさん釣って良型を混ぜるが正解
タチウオの魚信を出す誘い&針掛かりパターンをチャート化
イサキ束釣りの最終兵器は超ショートオマツリフリー仕掛け
どうかな?がうまくいきウシシ♪とほくそ笑む北海道備忘録
剣崎沖イサキでボウズを回避するためのこうじゃないかな
完成することはない湾フグのこーかなあーかなメモ帳1枚目
忘れないうちにイシモチの釣り方メモを残しておくことにする
曇り、凪、水温、潮…メバル爆釣条件を真剣に考えてみた
NW伊豆合宿まとめ 宇佐美を100%楽しむためのあれこれ
貧して鈍して悩んで沈む。TKB52決勝は反省点だらけだ!!
良型ばかりなぜバレる? カワハギをバラす理由を考察する
ホタテ、ほうき星、ラトル音錘など新戦力の手応えをチェック
宙、砂、岩、漁礁用へた釣り印のカワハギ仕掛け第1号だ♪

著者: へた釣り