貧して鈍して悩んで沈む。TKB52決勝は反省点だらけだ!!

貧して鈍して悩んで沈む。TKB52決勝は反省点だらけだ!!しかしまぁ、TKBの決勝って必ずド貧果なんだよなぁ~っと、自分の技術と運のなさと心の弱さを嘆く。3匹合計長さが60センチを切ったことなんて、今季一度もなかった。なのに決勝がTKB寸55センチで終わるなんて想像だにしていなかった。どうしてそうなったのか? 一応反省くらいはしておこう。

★自作仕掛けはハマレばエッヘン。釣れないと悩みの元になる?

宙、砂、岩、漁礁用へた釣り印のカワハギ仕掛け第1号だ♪今年主に使っている仕掛けはオモリから16センチ(枝間8センチ)に3本の針を密集させる宙釣り専用仕掛け。これを竿1本分頭上に持ち上げて、水平の位置(底から1メートルくらい)にくるまで叩き下げ、水平の位置からはオモリを平打ちさせるようにフワフワさせながら少しずつ誘い下げてオモリが着底するまで縦に探る。宙での叩きでカワハギの興味を引き、カワハギが食ってくることが多い底から1メートルの範囲はあまり激しく動かさずに良型が食いついてくるのを待つ。

練習ならTKB寸80センチ超え! ブルペンエースのどや顔♪良型のカワハギは餌を1つ食っただけでは満足せず、3つとも食おうと何度もアタックしてくると考えている。そのために針を密集させ、3つの餌で1匹釣るつもりで設計した仕掛けだった。実際、この仕掛けを使うようになってから良型比率が上がったという手ごたえはある(誘いが小さくなったので小型が釣れなくなった?)のだが、TKB52決勝では全く良型が寄ってきたという感触を得ることなく終わった。針間を広くしてもっと広い層にアピールすべきだったのかな? 周りで良型が釣れているのを見て、何度も仕掛けを付け換えようとしたのだが、決断がつかず結局餌を密集させた宙での釣りに固執してしまった。1の矢が通じないときに、2の矢、3の矢がないとダメだってことだと思う。一応、ほかの仕掛けも持っていたのに……。

★くわせ(吸わせ)て獲るのに穂先が硬い先折調子は不向きかも?

嘆いていても仕方ない。閃迅カワハギ先折調子176をD.I.Y.超人さん、名人さん、達人さんの言う目感度だ、手感度だは備わっていない。基本方針はくわせて獲るだ。カワハギが幹糸に触れてくるザワザワという感触は100%ではないが大型(だと思う)に限れば取れる。くわせの間を作るためにフワフワを止める。もろもろの感度が不足しているので、掛けにはいかない。餌を吸い込んでくれるかどうかは運まかせ。口の中に針先が立った感触がガッと手元まで伝わってきたらアワセに行く。穂先が折れて以来、ザワザワやガッという手ごたえは取りやすくなったのだが、ザワザワからガッへと移行する頻度は落ちたような気がしている。

良型ばかりなぜバレる? カワハギをバラす理由を考察する竿先が硬いので、食い込みが悪くなったのかも?と考えているのだがどうなんだろう。特にTKB52決勝の日のようにカワハギの活性がよろしくない日ほどカワハギが寄っているのに食い込んでくれないという傾向がある。某達人さんから「1234調子で宙釣りって方法もあり」と教わった。掛け合わせていく能力がないへた釣りの釣り方だと宙での釣りでも柔らかい竿の方がいいのかもと悩み始めている。食い込みがよくなれば掛かりどころもよくなり、最近のもう1つの悩み、良型ばかりがなぜバレる問題も解決するかもしれない。

★ホタテ星もアサリ串も撤退。余計な物は付けない方が釣れる気が

どんだけアホですか? 究極生体集寄「ホタテ星」を夢見る昨年はハギポンの集魚力を信じて、仕掛けから集寄の類をどんどんなくしていった。それで釣果はそれなりにまとまったのに、「さらなる工夫でさらなる集魚効果を」と企んだのが裏目裏目に出ているような気がしてきた。ホタテ星には確かに魚を寄せる効果はあるが、アワセても絶対に(針が付いてないのだから当然)針掛かりしない。邪魔な魚信を増やしているだけに終わってしまっている。これがガッという針が立った魚信以外にはアワセにもいかないようになった(釣れる数が減った)一因でもある気がするので、ホタテ星からはTKB52決勝を最後に撤退する。

★決勝の日だけ釣れないのは心の問題? 座禅でもしようかなぁw

いろんなアカンが積み重なってホンマにアカ~ンなカワハギ釣り方は変えてないつもりなのにTKB決勝のときだけ貧果に沈むという傾向が明らかにある。周りに上手な人が多いからとも考えられるが、練習釣行では名人さんに数では何倍も釣り負けていても良型だけはしっかり釣っていることが多い。となると…精神的に弱いと考えるしかないかも。決勝は周りが全員名人に見える。予選だとそこまでプレッシャーを感じることはないのに……。座禅でも組んで精神修行するしかないかもw



Twitter

2014年12月08日 19:05

« せっかくもらえたあべなぎさのサインが消えないように保護 | メイン | 上州屋のセールを利用して伊豆合宿の準備を始めないと… »

最近の釣りのお勉強記事

考えだすとハマるので考えたくはない枝スの長さの最適解
ヒラメに味を占め来季もきっとやる。八景沖アミ五目備忘録
潮の速さと仕掛け長、ソウダ禍の相関に悩んだイサキ2018
剣崎沖イサキでソウダガツオ対策に効果抜群の超短仕掛け
コマセ釣りは大潮を避ける。流して釣る底棲魚は大潮が○
初島沖イサキは長ハリスがウィリーより3倍有利と認めるよ
クロムツ狙いで底からオモリを10mは探る範囲が広すぎた!?
もう1戦するかっ!! 多動性中年向けオニカサゴ誘い方メモ
やらないのと知らないのは大違い。マダイの誘い方を調べる
束釣り記念。えっへんおっほん気分でLTアジ愚策あれこれ
剣崎沖イサキ2017総括。枝間は50センチ、ハンドルは大事
イサキの追い食いは仕掛けの張りを意識してゆっくりと巻く
バルーンサビキに餌が主流? シシャモは7月後半に接岸?
今秋? 来春?から伝説を始める…深場のこうかな?メモ
深場のは買うのにウィリーは意地でも自作。へたのこだわり
「誘い探り釣法」命名記念で調子に乗ってクロムツ釣りメモ
なぜアマダイに愛されないのか? ウジウジと悩んでみたよ
2016年のカワハギ釣りはデカハギ天国にまた一歩近づけた
マダイやイナダ、ショゴも!? 勝手にイシダイ五目の備忘録♪
デカハギ天国100の愚策~誘わない。でもしっかり寄せる~
'16カワハギの新兵器。ピカイチくん feat.アワビ貼りブレード
眉に唾をたっぷり付けてね♪ 束超え狙えるイサキの釣り方
昨季の怪我の功名。超ショート仕掛けでイサキ束釣り狙うぞ
タチウオはソフトでもハードでも対応できる準備が肝心かも
ガッ、ノタ~、フルフル…夏タチの魚信と針掛かり傾向と対策
澄み潮と濁り潮…タチウオ釣れてるとイサキは釣れない?
LTアジ仕掛けを見直す。低活性時はハリスを細く枝を長く
オマツリ考。横の人を思いやり感情をこじらせないのが大事
アコウをまた釣りたい。伝説が続くよう勇者様の教えをメモ
アナゴに餌だけくれてやらない淳ちゃん船長式イソメ装餌法
エビマゴチにヒューズ不要? 荒天時のタナの取り方は?
洲崎沖での釣果の満足度を指標化する「ウィリーこいこい」
来年こそは深場伝説をはじめるために残すぼうけんのしょ
上手くいったら調子に乗ってアマダイ釣りの下手な考えメモ
ムツ五目再戦に向け…アワセ必須? 向こうアワセでOK?
オニカサゴが釣れない理由がどうしても分からず休学宣言
タチウオで横の人のPEを切り怨まれないために注意する事
自己批判することが多すぎ。2015年のカワハギを総括する
はじめから全開でぇは間違い。TKB44決勝大惨敗の大反省
再戦の機会があるかどうかは分からんがサビキアジ備忘録
大アジを狙って釣るよりたくさん釣って良型を混ぜるが正解
タチウオの魚信を出す誘い&針掛かりパターンをチャート化
イサキ束釣りの最終兵器は超ショートオマツリフリー仕掛け
どうかな?がうまくいきウシシ♪とほくそ笑む北海道備忘録
剣崎沖イサキでボウズを回避するためのこうじゃないかな
完成することはない湾フグのこーかなあーかなメモ帳1枚目
忘れないうちにイシモチの釣り方メモを残しておくことにする
曇り、凪、水温、潮…メバル爆釣条件を真剣に考えてみた
NW伊豆合宿まとめ 宇佐美を100%楽しむためのあれこれ
貧して鈍して悩んで沈む。TKB52決勝は反省点だらけだ!!

著者: へた釣り