かみやメバル大会2014に向けて下手なりの無駄な足掻き♪

かみやメバル大会2014に向けて下手なりの無駄な足掻き♪今週末は第13回かみやメバル大会だ。昨年は型部門で3位に入賞しマグレ大爆発だったわけだが、今年も何かの間違いを狙っている。腕が足りないのはどうしようもないので、大型メバルを狙った餌を持ちこんで何かの間違いが起きる確率を少しでも上げてみる。仕掛けも少しアレンジ。

■アホちゃうの? ってくらい餌にお金をかけて入れこんでいる!?

贅沢します勝つまではw エサエビL(4~5cm)買いに行く?餌はイソスジエビ(4~5センチ)を30匹を通販で注文した。事故がなければ大会前日には届く予定。通販で届いた海水ごと活きエビクーラー55に移して、エアレーションしておけば1日、2日は元気なままキープできると考えている。お値段1匹100円超えの超高価なエビなので、これまで25センチ以上の大型メバルを釣った記憶のあるポイントでだけ使ってみるつもり。船宿でもらうモエビでも大きなエビには大きなメバルが食いついてくるという傾向は明らかにあるので、それなりの効果はあるはず。

「カサゴ入れ食い餌はあります!!」と言いたいけれど…幻か!?人生最大のメバルは何かの間違いで針に掛かったカタクチイワシに食いついてきた。ただし、全長10センチを超えるカタクチイワシを一飲みしてやろうというメバルはあまりいないようで、イワシでメバルが釣れた経験は2、3回しかない。もう一回り小さくて、ウロコのキラメキがメバルの捕食スイッチを入れてくれる餌としてオイカワを5匹だけ持って行くつもり。大型の実績のあるポイントでしかも釣り座が障害物に接近したチャンスタイム限定で投入してみようと考えている。オイカワ以外にメダカやグッピーの♀カージナルテトラまで検討したけど、メバルの餌にちょうどいいサイズの物はほとんど見つからなかったので断念。

「WAREKALA」というルアーがなんだか釣れそうな気がする昨年の大会で大型のメバルを寄せる効果があるのでは?という手ごたえを掴んだWAREKALA 1.8は今年はどうもパッとしない。癒されりゅぅぅぅぅうううううう!!だった練習釣行でもついに1匹もメバルを掛けられなかった。今年はどうやら東京湾奥は潮が澄んだままという傾向があるようで、カフェオレのような色をした潮の状態になっていない。目がいいと言われるメバルにワームが完全に見切られちゃってるのかなぁと考えている。一応持って行くけど、潮の色がこれなら!って感じに変わってないなら使わないような気がする。

■今大会はカサゴはいらない。超細ハリスで下針の位置を上げてみる

間違え覚悟でへた釣り流東京湾エビメバル攻略法をまとめるへた釣りが普段使っている仕掛けは図の通り。がまかつの「エビメバル専用」という仕掛けの下部を25センチほど詰めて使っている。一番下の針が底に着かずに少し上を漂っていると想像している。理由はいくつかある。まず下針を底に着けると根掛かりのリスクが増す。底を針が引きずる感触が竿先や手元に伝わってきて、魚信を取ろうとするのの邪魔になる。メバルは底近辺にいることもあるがカサゴと違って底に腹を着けて餌を待ち伏せているわけではない。錘から下針まで35センチという長さは一応カサゴに色気を出しながらもメバルメインに狙うのにちょうどいいと考えている。ただし、大会ではメバルだけを狙えばよい。今年から型も数もカサゴを除外してメバルだけというルールに変更されたので、もう少し下針の位置を上げて勝負してみようと考えている。果たして適切な長さが40センチなのか50センチなのか、市販仕掛けそのままの60センチなのかは分かっていない。40センチから初めて様子を見てみるつもりだ。

メバル釣りの新兵器になりそうな「糸付ナノヤマメ」をチェックまだ4日も先なので予報は変わるかもしれないが、大会当日は晴れの予報。曇っていればハリスは1号で、もし晴れていたらハリスを0.8号まで落としてみようと考えている。1号と0.8号でどれくらいメバルの食いの差が出るかはちゃんとデータを集めていないが、晴れの日にハリス1.2号の仕掛け(間違えて買った)を使ったときには明らかにメバルの魚信が減ったように感じた。たかが0.2号、されど0.2号である。何かの間違いが起きる可能性を少しでも上げるために0.8号で勝負する。大型が掛かって0.8号で大丈夫という不安はあまり抱いてない。メバルは歯が鋭い魚ではない。下針の位置を上げれば根ズレでハリスが痛むことも回避できるはず。メバル独特の一撃目の強烈な引き込みさえいなせれば0.8号で十分に獲れる…と思う。

と、ここまで準備して、あとは運を天にまかせる。目標は無料乗船券狙いで型部門3位。でも、活かしクーラーを自作するために2位になってクーラーをもらってもいいかなぁっと、獲らぬタヌキの皮算用しながら、あと4日間は虫のいい夢見ていよう。



Twitter

2014年06月11日 19:56

« 北海道の師匠&自分用の父の日のプレゼントにサビナイフ | メイン | 「カイワリ入れパク」って……これは何かの罠ではないかとw »

最近の釣りのお勉強記事

考えだすとハマるので考えたくはない枝スの長さの最適解
ヒラメに味を占め来季もきっとやる。八景沖アミ五目備忘録
潮の速さと仕掛け長、ソウダ禍の相関に悩んだイサキ2018
剣崎沖イサキでソウダガツオ対策に効果抜群の超短仕掛け
コマセ釣りは大潮を避ける。流して釣る底棲魚は大潮が○
初島沖イサキは長ハリスがウィリーより3倍有利と認めるよ
クロムツ狙いで底からオモリを10mは探る範囲が広すぎた!?
もう1戦するかっ!! 多動性中年向けオニカサゴ誘い方メモ
やらないのと知らないのは大違い。マダイの誘い方を調べる
束釣り記念。えっへんおっほん気分でLTアジ愚策あれこれ
剣崎沖イサキ2017総括。枝間は50センチ、ハンドルは大事
イサキの追い食いは仕掛けの張りを意識してゆっくりと巻く
バルーンサビキに餌が主流? シシャモは7月後半に接岸?
今秋? 来春?から伝説を始める…深場のこうかな?メモ
深場のは買うのにウィリーは意地でも自作。へたのこだわり
「誘い探り釣法」命名記念で調子に乗ってクロムツ釣りメモ
なぜアマダイに愛されないのか? ウジウジと悩んでみたよ
2016年のカワハギ釣りはデカハギ天国にまた一歩近づけた
マダイやイナダ、ショゴも!? 勝手にイシダイ五目の備忘録♪
デカハギ天国100の愚策~誘わない。でもしっかり寄せる~
'16カワハギの新兵器。ピカイチくん feat.アワビ貼りブレード
眉に唾をたっぷり付けてね♪ 束超え狙えるイサキの釣り方
昨季の怪我の功名。超ショート仕掛けでイサキ束釣り狙うぞ
タチウオはソフトでもハードでも対応できる準備が肝心かも
ガッ、ノタ~、フルフル…夏タチの魚信と針掛かり傾向と対策
澄み潮と濁り潮…タチウオ釣れてるとイサキは釣れない?
LTアジ仕掛けを見直す。低活性時はハリスを細く枝を長く
オマツリ考。横の人を思いやり感情をこじらせないのが大事
アコウをまた釣りたい。伝説が続くよう勇者様の教えをメモ
アナゴに餌だけくれてやらない淳ちゃん船長式イソメ装餌法
エビマゴチにヒューズ不要? 荒天時のタナの取り方は?
洲崎沖での釣果の満足度を指標化する「ウィリーこいこい」
来年こそは深場伝説をはじめるために残すぼうけんのしょ
上手くいったら調子に乗ってアマダイ釣りの下手な考えメモ
ムツ五目再戦に向け…アワセ必須? 向こうアワセでOK?
オニカサゴが釣れない理由がどうしても分からず休学宣言
タチウオで横の人のPEを切り怨まれないために注意する事
自己批判することが多すぎ。2015年のカワハギを総括する
はじめから全開でぇは間違い。TKB44決勝大惨敗の大反省
再戦の機会があるかどうかは分からんがサビキアジ備忘録
大アジを狙って釣るよりたくさん釣って良型を混ぜるが正解
タチウオの魚信を出す誘い&針掛かりパターンをチャート化
イサキ束釣りの最終兵器は超ショートオマツリフリー仕掛け
どうかな?がうまくいきウシシ♪とほくそ笑む北海道備忘録
剣崎沖イサキでボウズを回避するためのこうじゃないかな
完成することはない湾フグのこーかなあーかなメモ帳1枚目
忘れないうちにイシモチの釣り方メモを残しておくことにする
曇り、凪、水温、潮…メバル爆釣条件を真剣に考えてみた
NW伊豆合宿まとめ 宇佐美を100%楽しむためのあれこれ
貧して鈍して悩んで沈む。TKB52決勝は反省点だらけだ!!

著者: へた釣り