ホタテ、ほうき星、ラトル音錘など新戦力の手応えをチェック

ホタテ、ほうき星、ラトル音錘など新戦力の手応えをチェック最初に断っておく。正しい使い方ができてない可能性が高い人が感じた個人的な手応えにすぎない。釣り方はほぼ錘を底から切った宙釣りなのでゼロテンション以下では全く様子が変わってくる可能性もある。ホタテのヒモほうき星ラトル音付きイエローオモリなどの手応えを書きとめる。

ホタテ、ほうき星、ラトル音錘など新戦力の手応えをチェック実際に使ってみて一番面白いと感じたのはホタテのヒモ。3本針の一番上の針に10センチ~15センチくらいの長さの物をチョン掛けして使ってみたのだが、抜群の集魚効果があったと思う。仕掛けを投入してクワセの間を作るとすぐにホタテのヒモを齧り取っているのであろうアサリでは経験したことがないチョンチョンモゾモゾという魚信とはいえないような魚信が頻発する。ただし、全くといっていいほど針掛かりには持ち込めない。魚を釣るための餌というよりは集魚用の見せ餌としてはこれまで試した物の中では最強かも。魚を寄せる効果では、ハギポンよりもアワビ貼りブレードよりもこれまで試したことがあるどんな集寄よりも効果抜群のような気がする。効果がありすぎて、しかも魚の食欲まで満たしてしまうので、ヒモが短くなると魚がどこかに行ってしまうような気もしていたり。

ホタテ、ほうき星、ラトル音錘など新戦力の手応えをチェックほうき星」は餌となるアサリとシンクロした動きで、カワハギにアピールしてくれるので意外に使えるヤツかも。心配していた枝スとのカラミもほぼ発生せずに、周りに誰もほうき星を使ってないという局面では船下のカワハギの奪い合いに結構効果があったように感じる。TKB52ミナミ予選2戦目がまさにそういう状況だった。かみやカワハギ大会では横の人もほうき星を使っていたので効果が分かりにくかったが、もし自分も使ってなかったら横の人にカワハギを奪われてたかもと考えると使わないという選択をしづらい。特濃モエビパウダーにまぶして使っているがこちらの効果はよく分からない。

ホタテ、ほうき星、ラトル音錘など新戦力の手応えをチェックものすご~く期待していた「快適船シンカーS RV」のケイムライエローは、今のところ効果を実感することはできていない。かみやカワハギ大会で、前半をラトル音付きオモリで、後半を普通の錘で釣ってみたが、明快にラトル音のおかげで魚が寄っているという感触はなかった。黄色だから魚信が増えたという手応えもなかったので、ラトル音付きオモリはほかにいろいろやってみてどうにもならないときの気分転換アイテムかなぁっと考え始めている。一回使っただけで見切るのは早計なので、もう一度先発させてみて判断しよう。

ホタテ、ほうき星、ラトル音錘など新戦力の手応えをチェック波での船の上下が激しくて宙でも釣りが成立しない状況で、錘を着底させたまま底から浮いたカワハギを狙える漁礁用仕掛けは効果的だった。枝スを出す位置は下から20センチ、30センチ、40センチ。波の上下に合わせて竿先を上げたり下げたりしながら穂先が曲がらないゼロテンションを維持することに集中すれば、なんとか魚信を取れることが分かった。海が荒れ気味なのにゲストは元気なときに漁礁用仕掛けは重宝すると思う。船酔いするのでそんな日にあまり釣行したくはないけれど……。

ホタテ、ほうき星、ラトル音錘など新戦力の手応えをチェック閃迅カワハギ先折調子かみやカワハギ大会で結果には恵まれなかったが、宙でのタタキ、フワフワという誘いともに問題なく(折れることなく)行えた。魚信だけでなく、宙の状態で幹糸や錘に触れてくるカワハギからのシグナルの捉えやすさは、折れる前よりもむしろ上がっているように感じる。シグナルを察知できれば、そのあとの掛けにいく動作に移りやすいので釣っていて楽しい。ただし、早アワセになって口の皮一枚で針掛かりすることが多く(海面でバラシやすく)なったので、アワセのタイミングは少し遅らせるように慣れていく必要がありそう。

ホタテ、ほうき星、ラトル音錘など新戦力の手応えをチェック最後にハギポンアサリ。今年はTKB52予選の結果次第では土日連続釣行の過密スケジュールになりそうだったので、剥けるときに多めに剥いて、ハギポン液に1週間漬けたひね漬けハギポンと、これまでどおり前日に剥いて一晩だけ漬けた新鮮浅漬けハギポンの2種類の餌を使っている。しっかり締まったひね漬けと少し柔らかめの浅漬けという使い分けができるようになって餌選択の幅が広がった。どちらでも針掛かり率が変わらないときは古いひね漬けから使っていく。魚の活性がよく餌を丸ごと吸い込んでくれるようなときは浅漬けを中心に使う。



Twitter

2014年11月03日 15:15

« どうにもならなかった!! もってない僕のかみやカワハギ大会 | メイン | アベノミクスの円安が庶民の釣り人の財布を直撃し始める »

最近の釣りのお勉強記事

潮の速さと仕掛け長、ソウダ禍の相関に悩んだイサキ2018
剣崎沖イサキでソウダガツオ対策に効果抜群の超短仕掛け
コマセ釣りは大潮を避ける。流して釣る底棲魚は大潮が○
初島沖イサキは長ハリスがウィリーより3倍有利と認めるよ
クロムツ狙いで底からオモリを10mは探る範囲が広すぎた!?
もう1戦するかっ!! 多動性中年向けオニカサゴ誘い方メモ
やらないのと知らないのは大違い。マダイの誘い方を調べる
束釣り記念。えっへんおっほん気分でLTアジ愚策あれこれ
剣崎沖イサキ2017総括。枝間は50センチ、ハンドルは大事
イサキの追い食いは仕掛けの張りを意識してゆっくりと巻く
バルーンサビキに餌が主流? シシャモは7月後半に接岸?
今秋? 来春?から伝説を始める…深場のこうかな?メモ
深場のは買うのにウィリーは意地でも自作。へたのこだわり
「誘い探り釣法」命名記念で調子に乗ってクロムツ釣りメモ
なぜアマダイに愛されないのか? ウジウジと悩んでみたよ
2016年のカワハギ釣りはデカハギ天国にまた一歩近づけた
マダイやイナダ、ショゴも!? 勝手にイシダイ五目の備忘録♪
デカハギ天国100の愚策~誘わない。でもしっかり寄せる~
'16カワハギの新兵器。ピカイチくん feat.アワビ貼りブレード
眉に唾をたっぷり付けてね♪ 束超え狙えるイサキの釣り方
昨季の怪我の功名。超ショート仕掛けでイサキ束釣り狙うぞ
タチウオはソフトでもハードでも対応できる準備が肝心かも
ガッ、ノタ~、フルフル…夏タチの魚信と針掛かり傾向と対策
澄み潮と濁り潮…タチウオ釣れてるとイサキは釣れない?
LTアジ仕掛けを見直す。低活性時はハリスを細く枝を長く
オマツリ考。横の人を思いやり感情をこじらせないのが大事
アコウをまた釣りたい。伝説が続くよう勇者様の教えをメモ
アナゴに餌だけくれてやらない淳ちゃん船長式イソメ装餌法
エビマゴチにヒューズ不要? 荒天時のタナの取り方は?
洲崎沖での釣果の満足度を指標化する「ウィリーこいこい」
来年こそは深場伝説をはじめるために残すぼうけんのしょ
上手くいったら調子に乗ってアマダイ釣りの下手な考えメモ
ムツ五目再戦に向け…アワセ必須? 向こうアワセでOK?
オニカサゴが釣れない理由がどうしても分からず休学宣言
タチウオで横の人のPEを切り怨まれないために注意する事
自己批判することが多すぎ。2015年のカワハギを総括する
はじめから全開でぇは間違い。TKB44決勝大惨敗の大反省
再戦の機会があるかどうかは分からんがサビキアジ備忘録
大アジを狙って釣るよりたくさん釣って良型を混ぜるが正解
タチウオの魚信を出す誘い&針掛かりパターンをチャート化
イサキ束釣りの最終兵器は超ショートオマツリフリー仕掛け
どうかな?がうまくいきウシシ♪とほくそ笑む北海道備忘録
剣崎沖イサキでボウズを回避するためのこうじゃないかな
完成することはない湾フグのこーかなあーかなメモ帳1枚目
忘れないうちにイシモチの釣り方メモを残しておくことにする
曇り、凪、水温、潮…メバル爆釣条件を真剣に考えてみた
NW伊豆合宿まとめ 宇佐美を100%楽しむためのあれこれ
貧して鈍して悩んで沈む。TKB52決勝は反省点だらけだ!!
良型ばかりなぜバレる? カワハギをバラす理由を考察する
ホタテ、ほうき星、ラトル音錘など新戦力の手応えをチェック

著者: へた釣り