良型ばかりなぜバレる? カワハギをバラす理由を考察する

良型ばかりなぜバレる? カワハギをバラす理由を考察するへた釣りに限れば数が釣れないから不調だとは感じない。「よっしゃ~♪」と掛けた瞬間に歓喜の声をあげ、「タモ~~♪」と嬉々として船長を呼んじゃうような良型カワハギ(と思われる)引きを2週連続でバラしてしまったことで、もしかして絶不調かも?とTKB52決勝前に悩みだす。

何が問題なのかと考えてみた。カワハギをバラす理由として考えられるのは、次の5つと考えられる。

1.針先が甘くなっていた
噂のがまかつ新針「競技カワハギ」の速攻&くわせをゲットへた釣りに限ればこれはない。ベラでもトラギスでも大きな魚が釣れれば針を交換している。だいたい1釣行で針を40本~50本くらい使って、針代が馬鹿にならないなぁと考えているくらいなので、針先が甘いからバレたとは考えにくい。少なくとも爪に当てると滑るという針の交換目安よりもずっと早く針は交換している。

2.リーリング速度が一定ではない
不幸は続く…エアドのクラッチが戻ったり戻らなかったりする720gの超大型カワハギを釣った前田俊超人は、そのとき電動リールを使っていたそうだ。テンションが一定で巻いてこられるので大型のカワハギを獲りやすいと解説していた。竹岡沖だと電動が必要な水深を攻めることはまずないので手巻きリールで釣ることになるのだが、テンションを一定に保って巻くには何に気を付ければいいんだろう。強く引きこまれたらリールを巻くのを止めて引きに合わせて竿を送っているのだが、これが問題なのかなぁ? バラシたのはいずれも強く引きこまれた直後だ。

3.掛かりどころが悪い
今季初の尺超え30.8センチなのに心はダークサイドに堕ちたカワハギの達人さんたちの目にはへた釣りのアワセは遅いと見えるらしい。カワハギの口の中に吸い込まれた針が口の中に立って滑った合図がガッだと信じて竿を持ち上げるようにしているのだが、アワセが遅いせいで掛かりどころが悪くなっているのかなぁ? 無事タモに収まった28センチ以上のカワハギの多くはちゃんといいところに掛かっていることが多いので、一概にアワセが遅いとも言い難いし……悩む。

4.竿の持ち方が悪い
また尺確実バラシたぁ~。最近の俺って残念な子すぎない!?これはカワハギ師匠に指摘された。竿をちゃんと持っていれば竿が硬くてもバレることはないらしい。竿の持ち方については、以前にも柔らかく持てば取れる魚信の数が増えると教わったことがある。竿の持ち方に指導が入ったってことはやっぱり何か問題あるのかっ!? 柔らかく持てと言われても、ガンガン引かれている最中にどうすればいいのか、これまた悩み中。

5.リールを買い換えるべき
巻糸量にナイロンしかないリールにPEを巻いてもいいの?最近、調子に乗ってカワハギなんてドラグガチガチで十分だっ!!なんてことを考えていた。1回目のバラシはドラグをガチガチに締めていて発生した。2回目のバラシはガチガチから2クリック(AIRDなのでクリック音は鳴らないけど)分くらい緩めたがやっぱりバレた。巻き上げ中に滑る感覚はあったのに、急に引きこまれたときにドラグがうまく滑らなかった? いろいろガタがきているのでリール買い換えた方がいいのかな?

■ないない尽くしのへた釣りの秘策は掛けたら獲る「カワハギ亀甲」だ

練習ならTKB寸80センチ超え! ブルペンエースのどや顔♪リーリングは急には上手くはならない。アワセだって悩むとせっかく釣れているカワハギを逃すことになりかねない。竿の持ち方は正解が分からない。リールを買い換える金はない。ないない尽くしのへた釣りだが秘策はある。「カワハギ亀甲(命名はデカッw船長)」をTKB52決勝で復活させよう。枝間6センチ以下にした仕掛けで釣ると、カワハギ2014のテーマは自分に合う仕掛け探しになりそうだ大型カワハギが掛かれば口に1本+体に1本ないし2本の針がスレ掛かりする。魚はほとんど抵抗できなくなり、釣趣は極めて悪い(カサゴを釣ってる感じになる)。29.5センチを2枚釣りTKB寸で80センチを超えた釣行まではカワハギ亀甲仕掛けを使っていた。魚とのやり取りが面白くないので封印したのだが、TKB52決勝でデカそうなのをバラしたくない。封印を解くことにする。



Twitter

2014年12月02日 20:34

« 720g…エキサイティングカワハギに参加前から…戦意が… | メイン | 一之瀬丸の感謝デー釣り大会に今年も参加しちゃうからね »

最近の釣りのお勉強記事

潮の速さと仕掛け長、ソウダ禍の相関に悩んだイサキ2018
剣崎沖イサキでソウダガツオ対策に効果抜群の超短仕掛け
コマセ釣りは大潮を避ける。流して釣る底棲魚は大潮が○
初島沖イサキは長ハリスがウィリーより3倍有利と認めるよ
クロムツ狙いで底からオモリを10mは探る範囲が広すぎた!?
もう1戦するかっ!! 多動性中年向けオニカサゴ誘い方メモ
やらないのと知らないのは大違い。マダイの誘い方を調べる
束釣り記念。えっへんおっほん気分でLTアジ愚策あれこれ
剣崎沖イサキ2017総括。枝間は50センチ、ハンドルは大事
イサキの追い食いは仕掛けの張りを意識してゆっくりと巻く
バルーンサビキに餌が主流? シシャモは7月後半に接岸?
今秋? 来春?から伝説を始める…深場のこうかな?メモ
深場のは買うのにウィリーは意地でも自作。へたのこだわり
「誘い探り釣法」命名記念で調子に乗ってクロムツ釣りメモ
なぜアマダイに愛されないのか? ウジウジと悩んでみたよ
2016年のカワハギ釣りはデカハギ天国にまた一歩近づけた
マダイやイナダ、ショゴも!? 勝手にイシダイ五目の備忘録♪
デカハギ天国100の愚策~誘わない。でもしっかり寄せる~
'16カワハギの新兵器。ピカイチくん feat.アワビ貼りブレード
眉に唾をたっぷり付けてね♪ 束超え狙えるイサキの釣り方
昨季の怪我の功名。超ショート仕掛けでイサキ束釣り狙うぞ
タチウオはソフトでもハードでも対応できる準備が肝心かも
ガッ、ノタ~、フルフル…夏タチの魚信と針掛かり傾向と対策
澄み潮と濁り潮…タチウオ釣れてるとイサキは釣れない?
LTアジ仕掛けを見直す。低活性時はハリスを細く枝を長く
オマツリ考。横の人を思いやり感情をこじらせないのが大事
アコウをまた釣りたい。伝説が続くよう勇者様の教えをメモ
アナゴに餌だけくれてやらない淳ちゃん船長式イソメ装餌法
エビマゴチにヒューズ不要? 荒天時のタナの取り方は?
洲崎沖での釣果の満足度を指標化する「ウィリーこいこい」
来年こそは深場伝説をはじめるために残すぼうけんのしょ
上手くいったら調子に乗ってアマダイ釣りの下手な考えメモ
ムツ五目再戦に向け…アワセ必須? 向こうアワセでOK?
オニカサゴが釣れない理由がどうしても分からず休学宣言
タチウオで横の人のPEを切り怨まれないために注意する事
自己批判することが多すぎ。2015年のカワハギを総括する
はじめから全開でぇは間違い。TKB44決勝大惨敗の大反省
再戦の機会があるかどうかは分からんがサビキアジ備忘録
大アジを狙って釣るよりたくさん釣って良型を混ぜるが正解
タチウオの魚信を出す誘い&針掛かりパターンをチャート化
イサキ束釣りの最終兵器は超ショートオマツリフリー仕掛け
どうかな?がうまくいきウシシ♪とほくそ笑む北海道備忘録
剣崎沖イサキでボウズを回避するためのこうじゃないかな
完成することはない湾フグのこーかなあーかなメモ帳1枚目
忘れないうちにイシモチの釣り方メモを残しておくことにする
曇り、凪、水温、潮…メバル爆釣条件を真剣に考えてみた
NW伊豆合宿まとめ 宇佐美を100%楽しむためのあれこれ
貧して鈍して悩んで沈む。TKB52決勝は反省点だらけだ!!
良型ばかりなぜバレる? カワハギをバラす理由を考察する
ホタテ、ほうき星、ラトル音錘など新戦力の手応えをチェック

著者: へた釣り