へたさんの仕掛け作り教室…仕掛けは妄想シミュレーターだ♪

へたさんの仕掛け作り教室…仕掛けは妄想シミュレーター♪尊敬する超人りょうさんの仕掛け作り教室のタイトルだけ真似した。へた釣りの書くことなので、釣れなくてもノー・クレームでw 平日に少しずつ仕掛けを作って、土日にその仕掛けで釣る。仕掛け作りはこうやって釣ろうという妄想上のシミュレーションなので、平日の気分はいつでも大漁だ。

へたさんの仕掛け作り教室…仕掛けは妄想シミュレーター♪仕掛け作り妄想シュレーション。これが大事。あまり工夫の余地のない釣りは市販の仕掛けで十分だと考えている。以前、LTアジ用の仕掛けを作ったが、工夫(=妄想)できることが少なくて2つほど作って挫折した。メバルカワハギの仕掛けもいくつか作ってみたが、やはりあまり妄想できることがない。錘を黒く塗ったり、アワビ貼りブレードを作ってみたりは楽しいのだが、錘より上の部分を作るのは単純作業になってしまって、これも1釣行分だけ作って飽きてしまった。作りたいのは…アイデアばっちり、妄想たっぷり、強烈なインパクト第一印象でみんな笑顔になっちゃうような乙な仕掛けなのである。

■オレンジピラピラ、ムラムラしちゃう妄想ぎっしりオニカサゴ仕掛け

へたさんの仕掛け作り教室…仕掛けは妄想シミュレーター♪アピール力なら船中誰にも負けないをテーマに作っているのがオニカサゴの仕掛け。作っている最中、船中誰も釣れてない状況で1人だけ入れ食いになっているのだが、実際はその真逆の結果になっている。でも気にしない。ハリスは6号。針はムツ針の17号。大型の魚を狙うときは内掛け結びで針を結んだ方が最後の一頑張りをしてくれるように感じるし、太ハリスを締めこみやすいと思う。結節強度をあげるために一工夫して、端糸に結びコブを作ってさらにもう一頑張りしてもらえるようにしている。オニカサゴだけでなくマゴチでもこの結び方をしているがチモトが切れたという経験はない。
へたさんの仕掛け作り教室…仕掛けは妄想シミュレーター♪へたさんの仕掛け作り教室…仕掛けは妄想シミュレーター♪

へたさんの仕掛け作り教室…仕掛けは妄想シミュレーター♪仕掛けはサルカンから50センチの場所から親子サルカンを介して40センチの枝ス。その先に1メートルハリスを結んで先針を結ぶという至ってシンプルなもの。錘を底から50センチほど持ち上げると枝スは底から10センチくらいをヒラヒラと漂い、先針は海中に這っているのをイメージする。50センチくらいの幅でするどく誘うと先針も底を跳ねるって感じ。鋭く跳ねさせる誘いとフワフワと仕掛けを動かす誘いを混ぜてオニカサゴに餌の存在を気付かせるという釣りだ。時々大きく誘い上げてゆっくり落としていき、広範囲のオニカサゴにアピールするという竿の操作を繰り返す。根掛かりが酷いポイントでは底から錘を1メートル切って先針で勝負する。オニカサゴに餌の存在をいかに気付かせるかが勝負なので、ゴテゴテいろんな物を付けてこれなら誰にも負けないぜ、ケケケケッ!となるのが仕掛け作りの楽しみだ。

へたさんの仕掛け作り教室…仕掛けは妄想シミュレーター♪針にはエコスカートのオレンジと白を装着。さらに根魚ベイトのオレンジとピンク夜光を半分に切って針に刺しておく。エコスカートオレンジ+根魚ベイト・ピンク夜光、エコスカートホワイト+根魚ベイト・オレンジを組み合わせていろんな色でアピールする。身餌はエコスカートと根魚ベイトの間に挟んで装餌する。さらにチモト部にはケイムラに発光するだけでなく、仕掛けに浮力を与えてフワフワ漂いやすくなるムラムラ パイプを5センチほどにカットして付ける。ついでに夜光玉なんかもハリスに通しておけば、これなら誰にも負けないぜ、ケケケケッ! どうしたことかあまり釣れてないけど、気にしないぜ、ケケケケッ!

■「ていねいに作ってますね」と驚かれる、へた釣りのウィリー仕掛け

へたさんの仕掛け作り教室…仕掛けは妄想シミュレーター♪工夫(=妄想)の余地が大きいので作るのが大好きなのがウィリー仕掛け。イサキのときはいろいろな色の組み合わせを作って楽しむのだが、沖のウィリー五目はオレンジ、白、緑の3色の組み合わせが鉄板なので、この3色のウィリーを量産する。全長2.6メートルのウィリー3本針+空針1本仕掛けで70センチ、130センチ、190センチからウィリーの枝スを出して、末端にケン付きのチヌ針3号を結ぶ。枝スは10センチ。仕掛けを積極的に動かして釣る釣りなので、枝スは10センチが魚信を取りやすいし、想像している動きと実際に海中で動いている様子にズレが少ないような気がする。そんなこと気にする前にシャクリ方練習した方がいいんじゃない?と言われそうだし、ごもっともと認めるしかないが、妄想上のへた釣りはいつでも大漁の達人なのでそんなことまで気になるのだ。

へたさんの仕掛け作り教室…仕掛けは妄想シミュレーター♪思った通りに動いているようにということを考慮して排除したのが枝スの夜光玉類。枝スの間を遊動しちゃう夜光玉が水の抵抗となりなんとなく不自然な動きをしているような気がする。でも夜光パーツは欲しいのでチモト補強を兼ねてUVレジンで夜光部分を針とを一体化するようにしている。まずは、チヌ針の0.8号~1号を外掛け結びで結ぶ。このときキラキラ光るティンセルを3本くらい針に添わせて一緒に巻いてしまう。ティンセルの効果はそこそこありそうな気がする。続いてUVレジンの夜光をチモトの結び目に塗る。UVライトを当てて一度乾かして、UVレジンの蛍光赤で目を書いてみる。オキアミを餌にするとき目が付いているのが大事ってくらいだから、ウィリーにだって目があった方がいいような気がするからだ。
へたさんの仕掛け作り教室…仕掛けは妄想シミュレーター♪へたさんの仕掛け作り教室…仕掛けは妄想シミュレーター♪

へたさんの仕掛け作り教室…仕掛けは妄想シミュレーター♪ウィリー仕掛けを作るとき、このUVレジンを乾かすという作業が1本あたり夜光で30秒、蛍光赤で40秒(なぜか赤の方が乾くのに時間がかかる)くらいかかる。この間、じっと針とライトを持ってというのは時間の無駄なので、ウィリーを同時に3本巻くなら3本ペンチを用意して輪ゴムでグリップを固定して使うのがいい。そのままウィリーを巻き始められる状態なので、ストレスが軽減できる。「ていねいに作ってますね」と驚かれることがあるへた釣り印のウィリー仕掛け。こちらは2013年の沖のウィリー開幕戦を除いて、そこそこ実績もあるので、自作仕掛けの中では一応自信作だったりする。



Twitter

2013年03月18日 17:41

« 低活性時の沖のウィリー五目にはアマダイ仕掛けが必須かも | メイン | メダイって見た目美味しそうに見えないけど◎非常に美味!? »

最近の釣りのお勉強記事

考えだすとハマるので考えたくはない枝スの長さの最適解
ヒラメに味を占め来季もきっとやる。八景沖アミ五目備忘録
潮の速さと仕掛け長、ソウダ禍の相関に悩んだイサキ2018
剣崎沖イサキでソウダガツオ対策に効果抜群の超短仕掛け
コマセ釣りは大潮を避ける。流して釣る底棲魚は大潮が○
初島沖イサキは長ハリスがウィリーより3倍有利と認めるよ
クロムツ狙いで底からオモリを10mは探る範囲が広すぎた!?
もう1戦するかっ!! 多動性中年向けオニカサゴ誘い方メモ
やらないのと知らないのは大違い。マダイの誘い方を調べる
束釣り記念。えっへんおっほん気分でLTアジ愚策あれこれ
剣崎沖イサキ2017総括。枝間は50センチ、ハンドルは大事
イサキの追い食いは仕掛けの張りを意識してゆっくりと巻く
バルーンサビキに餌が主流? シシャモは7月後半に接岸?
今秋? 来春?から伝説を始める…深場のこうかな?メモ
深場のは買うのにウィリーは意地でも自作。へたのこだわり
「誘い探り釣法」命名記念で調子に乗ってクロムツ釣りメモ
なぜアマダイに愛されないのか? ウジウジと悩んでみたよ
2016年のカワハギ釣りはデカハギ天国にまた一歩近づけた
マダイやイナダ、ショゴも!? 勝手にイシダイ五目の備忘録♪
デカハギ天国100の愚策~誘わない。でもしっかり寄せる~
'16カワハギの新兵器。ピカイチくん feat.アワビ貼りブレード
眉に唾をたっぷり付けてね♪ 束超え狙えるイサキの釣り方
昨季の怪我の功名。超ショート仕掛けでイサキ束釣り狙うぞ
タチウオはソフトでもハードでも対応できる準備が肝心かも
ガッ、ノタ~、フルフル…夏タチの魚信と針掛かり傾向と対策
澄み潮と濁り潮…タチウオ釣れてるとイサキは釣れない?
LTアジ仕掛けを見直す。低活性時はハリスを細く枝を長く
オマツリ考。横の人を思いやり感情をこじらせないのが大事
アコウをまた釣りたい。伝説が続くよう勇者様の教えをメモ
アナゴに餌だけくれてやらない淳ちゃん船長式イソメ装餌法
エビマゴチにヒューズ不要? 荒天時のタナの取り方は?
洲崎沖での釣果の満足度を指標化する「ウィリーこいこい」
来年こそは深場伝説をはじめるために残すぼうけんのしょ
上手くいったら調子に乗ってアマダイ釣りの下手な考えメモ
ムツ五目再戦に向け…アワセ必須? 向こうアワセでOK?
オニカサゴが釣れない理由がどうしても分からず休学宣言
タチウオで横の人のPEを切り怨まれないために注意する事
自己批判することが多すぎ。2015年のカワハギを総括する
はじめから全開でぇは間違い。TKB44決勝大惨敗の大反省
再戦の機会があるかどうかは分からんがサビキアジ備忘録
大アジを狙って釣るよりたくさん釣って良型を混ぜるが正解
タチウオの魚信を出す誘い&針掛かりパターンをチャート化
イサキ束釣りの最終兵器は超ショートオマツリフリー仕掛け
どうかな?がうまくいきウシシ♪とほくそ笑む北海道備忘録
剣崎沖イサキでボウズを回避するためのこうじゃないかな
完成することはない湾フグのこーかなあーかなメモ帳1枚目
忘れないうちにイシモチの釣り方メモを残しておくことにする
曇り、凪、水温、潮…メバル爆釣条件を真剣に考えてみた
NW伊豆合宿まとめ 宇佐美を100%楽しむためのあれこれ
貧して鈍して悩んで沈む。TKB52決勝は反省点だらけだ!!

著者: へた釣り