カワハギは冷凍アサリと自分で剥いたアサリで食いが違う?

カワハギは冷凍アサリと自分で剥いたアサリで食いは違う?へた釣りはカワハギ4シーズン目にして、殻付きアサリを剥くようになった。それまでの3シーズン、23戦はずっと船宿でもらえる冷凍アサリで釣っていた。今年の釣果と昨年までの釣果を比べてみると悩みが……冷凍アサリと生アサリで食いは違う? 食いだけならあまり変わらない気もする。

時化後に右舷貸し切りで人生最高のカワハギ釣り\(^o^)/金沢八景・一之瀬丸の船長に聞いてみたら、「昔の冷凍アサリは解凍したら身がドロドロなんてこともあったけど、最近のは問題ないですよ」。船長がその証拠としてあげたのが「冷凍エサの人も生アサリの人も取られるときは全部エサを取られる。残るときは全部残る。冷凍エサの人だけエサを取られないって経験はない」。シーズンになるといろんな釣り人を乗せて毎日出船している船長の言うことなので説得力がある。一方で、船宿でもらう冷凍エサを使っている人と自分で剥いたアサリを使っている人とでは、竿頭になる確率が自分で剥いた人の方が圧倒的に高いとへた釣りは感じている。それが今年から自分でアサリを剥いてみようと思った動機だった。

■冷凍アサリ=既製品。自分で剥いたらカスタムメイドなアサリができる

今更ながら「カワハギ地獄Bible」DVDを見て目から鱗がぁ!!船宿に早めに到着しアサリの殻剥きに勤しんでいる人は、気合が違うし上手な人が多いってだけのこと? それなら自分で剥かなくてもいいかな?と思い始めていたのだが、「カワハギ地獄Bible」を見てようやく得心が行った。船宿でもらえる冷凍アサリは身の硬さや大きさなどを自分でコントロールできないが、自分で剥いた身は大きさを粒の大きさで変えられるし、剥いた後の締め具合によって身の大きさ、硬さを変えられる。竿頭になるような人は、その日のカワハギの活性やサイズに合わせて、使うアサリの大きさや硬さを調整していたのである。この調整の有無で釣れる魚が1時間に1匹多ければ、釣果としては7匹違う。2匹も違えば14匹違うことになる。竿頭でも30匹以下のことが多いカワハギ釣りで14匹違えば、ダブルスコアにされちゃうってこと。

初めてのアサリ剥きで「やっと、それ?」と叱られない基本事項アサリの大きさを変えるといいということには気付いていた。大き目のアサリには大きなカワハギが来ることが多い。TKB43かみや予選1戦目で、大粒のアサリを見せエサに使うと良型カワハギのゲット率が上がるという知り、その真似をしていたのだが、ただの真似を道理にしてくれたのが「カワハギ地獄Bible」。以来、へた釣りのエサの使い方はこんな感じ。
・大粒アサリ:見せエサとして前夜に剥いて硬目に締めて餌持ちをよくしておく。大型カワハギでも一口で食べられないサイズなので、あきらかにカワハギがアサリを突いているときに勝負できる時間を長くできる。アピールしたいため一番上の針に付ける。大粒アサリを1つより、中粒や小粒を2つ付けた方がよいと教えてもらったが……餌を付けるのが遅いので大粒1つの方がへた釣り向きだ。
・中粒アサリ:これも前夜に剥いて硬く締めておく。カワハギの口に入るサイズである一方で硬めにしてあるので、エサ持ちがよい。一番下の針に付けると、吸い込みが悪い分、明らかにカワハギではないと感じる魚信があったときに竿を大きく持ち上げてかわすことができる。一番下の針はなるべく餌持ちをよくした方がカワハギに餌の存在を気付いてもらいやすい(=魚信が増える)ような気がする。
・小粒アサリ:船宿に着いてから40粒くらいだけ剥き、ほとんど締めない。海水で薄めたアミノシュリンクでヌメリだけとって使う。これが本命の食わせエサで真ん中の針に付ける。吸いこみがいいので、競技カワハギくわせ5号の針にちょうどマッチするサイズのものをなるべく選んで装餌する。実際、真ん中の針でカワハギを掛ける率が高い。

アミノシュリンク締まりすぎで100円水切りタッパーをおかわりこういうコントロールは冷凍アサリではできないので、一度アサリを剥くようになったら冷凍アサリには戻れない。アサリの使い分けを意識し始めたTKB43かみや予選1戦目以降の7釣行は、竿頭になれない日でも、さほどトップと枚数差はなくなってきているし、25センチのまずまずサイズ以上をお土産にできているので、エサを使い分けることの効果は、それなりにあるのではないかと…思うんだけどなぁ~、どうだろ?



Twitter

2012年11月29日 16:47

« TWiN BLADEをアワビ貼りして錘に装着すると…ちゃらすぎw | メイン | 師匠たちへの付け届け(お歳暮)にFISH PENでも買っとくか »

最近の釣りのお勉強記事

潮が速い日のアジに名人秘伝の脱力系フワフワ誘いを試す
カイワリだけを選んで釣れた!! チダイは釣り方分からない!?
仕掛け強度を上げるため添え糸なし枝ス編み付けを覚える
動かさないウィリーの方にイサキが食ってくる条件を妄想す
考えだすとハマるので考えたくはない枝スの長さの最適解
ヒラメに味を占め来季もきっとやる。八景沖アミ五目備忘録
潮の速さと仕掛け長、ソウダ禍の相関に悩んだイサキ2018
剣崎沖イサキでソウダガツオ対策に効果抜群の超短仕掛け
コマセ釣りは大潮を避ける。流して釣る底棲魚は大潮が○
初島沖イサキは長ハリスがウィリーより3倍有利と認めるよ
クロムツ狙いで底からオモリを10mは探る範囲が広すぎた!?
もう1戦するかっ!! 多動性中年向けオニカサゴ誘い方メモ
やらないのと知らないのは大違い。マダイの誘い方を調べる
束釣り記念。えっへんおっほん気分でLTアジ愚策あれこれ
剣崎沖イサキ2017総括。枝間は50センチ、ハンドルは大事
イサキの追い食いは仕掛けの張りを意識してゆっくりと巻く
バルーンサビキに餌が主流? シシャモは7月後半に接岸?
今秋? 来春?から伝説を始める…深場のこうかな?メモ
深場のは買うのにウィリーは意地でも自作。へたのこだわり
「誘い探り釣法」命名記念で調子に乗ってクロムツ釣りメモ
なぜアマダイに愛されないのか? ウジウジと悩んでみたよ
2016年のカワハギ釣りはデカハギ天国にまた一歩近づけた
マダイやイナダ、ショゴも!? 勝手にイシダイ五目の備忘録♪
デカハギ天国100の愚策~誘わない。でもしっかり寄せる~
'16カワハギの新兵器。ピカイチくん feat.アワビ貼りブレード
眉に唾をたっぷり付けてね♪ 束超え狙えるイサキの釣り方
昨季の怪我の功名。超ショート仕掛けでイサキ束釣り狙うぞ
タチウオはソフトでもハードでも対応できる準備が肝心かも
ガッ、ノタ~、フルフル…夏タチの魚信と針掛かり傾向と対策
澄み潮と濁り潮…タチウオ釣れてるとイサキは釣れない?
LTアジ仕掛けを見直す。低活性時はハリスを細く枝を長く
オマツリ考。横の人を思いやり感情をこじらせないのが大事
アコウをまた釣りたい。伝説が続くよう勇者様の教えをメモ
アナゴに餌だけくれてやらない淳ちゃん船長式イソメ装餌法
エビマゴチにヒューズ不要? 荒天時のタナの取り方は?
洲崎沖での釣果の満足度を指標化する「ウィリーこいこい」
来年こそは深場伝説をはじめるために残すぼうけんのしょ
上手くいったら調子に乗ってアマダイ釣りの下手な考えメモ
ムツ五目再戦に向け…アワセ必須? 向こうアワセでOK?
オニカサゴが釣れない理由がどうしても分からず休学宣言
タチウオで横の人のPEを切り怨まれないために注意する事
自己批判することが多すぎ。2015年のカワハギを総括する
はじめから全開でぇは間違い。TKB44決勝大惨敗の大反省
再戦の機会があるかどうかは分からんがサビキアジ備忘録
大アジを狙って釣るよりたくさん釣って良型を混ぜるが正解
タチウオの魚信を出す誘い&針掛かりパターンをチャート化
イサキ束釣りの最終兵器は超ショートオマツリフリー仕掛け
どうかな?がうまくいきウシシ♪とほくそ笑む北海道備忘録
剣崎沖イサキでボウズを回避するためのこうじゃないかな
完成することはない湾フグのこーかなあーかなメモ帳1枚目

著者: へた釣り