世の中に何の影響もない2023年のへた釣り10大ニュースw

世の中に何の影響もない2023年のへた釣り10大ニュースw2023年は満足行く釣行が少なかったというのが感想。例年なら10大ニュースを選ぶのに惜しいけれどこの釣行は落とさないととなるが、今年は印象に残る10釣行を選ぶのに一苦労した。釣り人としてポンコツなだけでなく人としてポンコツなことも発覚した1年だった。痛風だし白内障だし……。

1位 夫婦そろって束超え…合わせてアジ242匹って粂丸の奇跡?
妻と釣行するようになったのは2018年から。半日アジで30匹釣るを目標に足かけ6年。昨年やっと30匹をクリアした。今年はなんと人生初の束釣りを達成した。タナを正確に取れるようになったし撒いたコマセの中に仕掛けを入れるのも上手くなった。手返しはまだまだだけど高活性の群れに当たれば113匹!! 粂丸の船長に感謝!

2位 釣行すると痛風が悪化するのは防水靴のせいかもと気づいた
猛暑の中釣りに行った翌朝、右足の甲が痛くなり階段の昇り降りができなくなった。病院で痛風発作であることが確定し、2、3週間我慢すれば痛みは治まると知り安堵したが、2カ月半にわたって発作が再発し続けることに。痛みは足の甲から親指の付け根に。右足から左足へと広がっていく。禁酒してもなかなか治らずつらかった。

3位 2023年の帳尻合わせ第1戦はカイワリツ抜け達成でどやっ!!
前もって目標を宣言し目論み通りにというのはうれしいものである。2023年唯一とも言えそうな目論見通りの釣行が帳尻合わせ第1戦のカイワリ釣りだった。カイワリのツ抜けはなんと2年ぶりのこと。それを宣言して達成できたのだからうれしくないわけがない。ただし、帳尻合わせ釣行がうまくいったのはこれっきりで帳尻は合わず。

4位 メバル煮付け級1匹だけだがA5級アジ多数+人生初キジハタ
釣りを始めて14年めともなると、初めて釣った魚にはなかなか出会えない。2023年は関西出身のへた釣りにとっては垂涎の魚であったキジハタを初めて釣った。瀬戸内海ではアコウと呼ばれ、美味な魚しかいないハタ類の中で最も美味いハタの1つとされている魚である。東京湾でも釣れるようになってきているとは知っていたが…。

5位 魚信を出せず心荒む展開も熟アマダイ(45)に慰められる
数は腕だが型は運というが、腕が悪いせいで数は釣れず運まで悪くて型にも恵まれなかった。2023年に釣った魚で一番満足いくサイズの魚がこの45センチのアマダイだった。なかなか魚信を出せずこのままボウズをくらうかもという予感を覚え始めているとガツガツという感じの硬質な魚信。巻き上げ始めると抵抗激しくにんまり。

6位 ガツ~ンと穂先持っていく夏秋の癒しの釣魚アカハタ初挑戦
夏秋の癒しの釣魚になってくれるのではと期待して初挑戦したのが城ヶ島沖のアカハタ釣り。エサのサバ短を齧り取っていくキタマクラの猛攻にエサ持ちがとことん悪く大苦戦したがいいポイントに仕掛けが入るとガツ~ンと穂先持っていく。カサゴとは違い巻き上げ中も引くので釣趣がよい。刺身や煮付けで食味もよしでまた行く。

7位 尺には遠いが長井沖で人生初のイワシでメバルをゲット♥
いつか達成したい目標の1つが尺メバルを釣るである。東京湾奥のモエビ餌でのメバル釣りでは何年釣行を続けても尺には届かず。良型を狙うならと勧めてもらったのがカタクチイワシを泳がせて狙うイワシメバルだった。昨年初挑戦するもボウズ。今年は3匹釣れた。船中尺メバルが釣れていたので、次こそは!!と気合が入っている。

8位 城ヶ島沖クロムツは魚信少なめも釣れれば大満足サイズで♪
カイワリ釣りとほぼ同じ回数釣行したのが中深場だ。狙う魚はアカムツだったりクロムツだったりするがへた釣りは本命を決めずに深場五目として楽しんでいる。2023年の中深場釣りで最も満足だったのが良型2匹含む3匹のクロムツが釣れたこの釣行。活性がかなり悪く船上ほぼ沈黙という状況下で誘って魚信を出せて面白かった。

9位 糖尿病→痛風発作→脇腹痙攣ときて白内障…これで最後?
白内障と診断されて、釣り人としてだけでなく人としてもポンコツだと自覚した。白内障なんて70歳とか80歳のご老人がなるもんだと思っていたら57歳にして自身が診断されてしまった。視力が落ちているのには気付いており、眼鏡を変えたのになぜか見えやすくならないのでおかしいなとは感じていた。手術しないとダメかな?

10位 隣でキハダ26キロ+カツオ3.6キロ…でも、僕はノーピク
釣ってうれしいのではなく、釣れたのを見られてうれしかった釣行を10大ニュースに選出しなくてはならないのだからなかなか苦しい。キハダマグロが釣れたのをすぐ横で見られた。へた釣りによっての本命であるカツオが釣れたのも見た。でも、僕はノーピクだった。ノーピクだったついでにこの釣行後に痛風発作まで発症した。


Twitter

2023年12月30日 15:06

« 近くに民泊ができて不安なので大漁旗で暖簾を作ろうかな? | メイン | 熱海の地魚寿司はアジ、マダイ、キンメ、メダイなどだった »

最近の気になる魚・物・話題の記事

豊漁らしいのでホタルイカ1キロ買っちゃうのってありかな
春にマダイに混じるイサキも…ってこの魚いつが旬なんだろ
凪で釣り物選び放題。マゴチ・中深場・カイワリどれ行こう
シロアマダイ買うのにTHERMOS ソフトクーラーよさそう
4月なのにA5ランクベイブリアジ刺しのぬらぬら感ヤヴァい
東京湾がダメなら伊豆山・熱海第十喜久丸のメバル気になる
凪たらという約束通り今年初の釣りデートに行ってくるよ~
米粒大でも外れにくいように赤タンは塩で〆た方がいいの?
横須賀沖なら良型メバルいる!! 6月の夜メバルまで我慢かな
陸でくよくよするより海でつんのめるよ。走水大アジ釣りに
急流で筋肉質な走水のタコはアジと並ぶブランドで美味い?
3週間ぶりに釣りに行けるのに…風がなんだか微妙な感じだ
大漁旗掲げて釣具倉庫が“へたさんの釣りベース”に昇格した
中深場に限って針や親子サルカンを再利用していると気付く
シマノスタンプラリーでGoProに「UL GEAR CUBE」欲しい
下田と大阪でお休みしたから貧乏暇なし…今週は釣りもなし
瀬戸内真鯛の伝説的仕掛けと煽られリアクションバイトする
大阪食いだおれ&呑んだくれのツケで手の指が痛風にぃぃい
1戦くらいエビメバルやりたいが狙って釣れる魚ではない?
大阪ではシロアマダイが普通に市場で売られていてびっくり
お墓参りに大阪で今週末は釣りお休み。メバルの針仕入れに
熱海未活用魚で作った「ひみつの炊き込みごはん」気になる
どう食べても旨い1.5キロキンメ煮付けを独り占めする贅沢
サンゴ堂で掛け枠を買えばキンメ用仕掛け巻きサービスあり
左右で別の手袋と酔い止め2種を持って式根島キンメに出発
番匠高宮丸から式根島沖キンメ。竿頭はシールがもらえる?
2名から貸切でクロムツ狙える網代・安菜丸すごく気になる
新島キンメ第3戦に向け中オモリ買いに行くもいきなり頓挫
淡路島のイカナゴ泳がせメバルは尺超え乱舞かもと気になる
下がらん…どころか上がってる。カイワリ釣りすぎたせい?
先週はアマダイ・カイワリ。今週はカイワリ・アマダイへと
時化の憂さ晴らしに呑むのは「日和上げ」。いい言葉だなぁ
「釣りまか」でシロギスはイソメちょん掛けでいいと知った
カイワリ釣れたらアマダイのサイズが10cm大きく感じるよ
寒暖差? ダイエットのせい?…釣行翌日はめっちゃ腰痛い
自力でキスアナゴ天丼に向けて「イソメの友」…そこから?
日曜は実験日和だがさすがに…土曜にアマダイ行ってくるよ
釣具売ってるセリアどこ? 「釣り糸ほぐしピック」が欲しい
アカムツ行き詰ってアカムツウィリー針が馬鹿によく見える
曇天時のアマダイ攻略にハピソンのLEDシンカーが気になる
瀬戸内では尺メバルはビーズを嫌うと言われているみたいだ
カイワリ大漁→ほぼ尺メバルの余勢駆り役満(アカムツ)狙い
グラデーションに味が染みるいかり肩良型メバルの煮付け♪
目のいいメバル対策で先糸も魚に見えないピンクフロロ装着
冷凍生しらすは関西では「冷凍シロメ」と呼ばれ小鮎の特餌
カイワリが20匹釣れたら作れるもう1つの絶品が開き干し♪
相模湾イワシ&エビメバル仕掛け。釣り方を思い出してみる
好漁続きで動画見ながら祝杯上げてると…尿酸値が危険水域
極鋭CGガイド修理は3080円。AGSは衝撃に注意必要らしい
メバカサは回避し今週は相模湾での初釣りカイワリプチ遠征

著者: へた釣り