潮の速さと仕掛け長、ソウダ禍の相関に悩んだイサキ2018

潮の速さと仕掛け長、ソウダ禍の相関に悩んだイサキ2018あれこれ条件の分岐を増やして釣りを難しくしてしまうのは好きではないが、全く同じ条件ということはないのが海。釣果を高めに安定させようとすると、どうしてもあれこれ条件が増えていく。2018年のイサキ釣りは潮の速さと仕掛けの長さの関係に悩み、ソウダガツオ対策の難しさを知る。

2018年の剣崎イサキチョロくない。開幕戦はなんとかツ抜け2018年の剣崎沖イサキは全7戦。10匹18匹8匹179匹45匹81匹40匹だった。全部で381匹。1釣行あたりの平均は55匹なのでまずまず。今季は25センチ以上の大ウリンボサイズがよく混じったのがうれしい。束超えを目指して高速で休まずシャクリ続ける数釣りも楽しいが、よいサイズが混じりそうなときは高めのタナをじっくりと探って良型を物にする。タナの上限12メートルという指示でも10メートルくらいまでシャクればガツンと穂先が入ることがある。型狙いと数狙いを局面によって使い分ける。型狙いは長めの仕掛けが有利である。良型ほどリアクションバイトでウィリーに飛びついてはこない。320センチの仕掛けを使っていたときの方が良型をゲットできる頻度は高かった。
http://www.hetaturi.com/archives/2018/08/345.html型狙い作戦がハマり尺足らず3匹釣るも45匹までと振るわず

★ソウダガツオ禍対策にはショート仕掛けが有利なのは間違いないが

剣崎沖イサキでソウダガツオ対策に効果抜群の超短仕掛け長い方が良型を狙いやすいのに仕掛けを短くする理由は、ソウダガツオへの対策に尽きる。8月に入りソウダガツオがウィリーにバンバン当たってくるようになると、長い仕掛けはフォール中に食われやすく、ハリス1.5号の仕掛けは結構な確率で切られてしまうので仕掛けを捨てにいっているような状態になる。なるべく長い仕掛けを使いたいので260センチ、200センチ、160センチという具合に針数を減らし、仕掛けの全長を短くしていく。これでソウダガツオを100%かわせるというものではないが、短ければ短いほど仕掛けをタナまで送り届けられる頻度は高くなる。

★潮速いときは短い仕掛けではイサキが釣れない。潮が緩めば釣れる

前半ウィリーに塩対応。後半たっのしー♪でカイワリは14匹イサキを釣るのに必要な仕掛けの長さは潮の速さによって変わってくる。そのことに最初に気付いたのは剣崎沖ではなくカイワリ五目の合間にやった初島沖でのイサキ釣り。4.5メートルの仕掛けを使っている人の4分の1しか釣れなかった。初島沖も潮は速い。コマセと仕掛けが同調する時間は短く、しかもビシより遠い位置でということになる。イサキはビシから遠い針にばかり食ってきた。同じ傾向は速潮で悩んだ平成(本当に)最後のイサキ釣りでも。イサキは一番先の針にしか食ってこない。ソウダガツオに途中で切られた短い仕掛けではソウダガツオは釣れないがイサキはもっと釣れないという状態だった。潮が緩むとビシに近い針にも食ってくるようになりトリプル、ダブルが発生するようになったので、潮の速さによって仕掛けの長さを考える必要があるのは間違いなさそう。

★潮回りと潮の速い時間帯の長さの関係のデータ化が来季のテーマ

イサキ二束超え条件は潮回りが小さくて雨の日ってことかな潮の速さと仕掛けの長さに相関があることに気付くとあることに思い当たった。2016年以降に束超えを達成している日は7月後半~8月にかけての潮回りが小さい日。2015年以前に束を超えたのは8月の大潮や中潮の日だった。2016年以降、使い始めたのがソウダガツオ対策のショート仕掛け。ショート仕掛けは潮が緩い(少なくとも速すぎない)とき限定と考えられる。剣崎沖は潮回りで潮の速さは左右されないそうだが、潮回りの大きい日の方が潮の速い時間帯が長いような気がする。潮回りの小さい日は潮が速い時間帯もあるが潮が緩んでいる時間が長い気がする。気がするだけではどうしようもない。潮回りと潮の速さの関係を実証するのが来季の大きなテーマ。潮が速く釣りにくいと感じた時間の長さを潮回りごとに整理して、船長含め多くの人が関係ないという潮回りと潮の速さの関係を分析したい。

★潮が緩いときはそのまま、速いときは繋いで使う超々ショート仕掛け

平成最後のイサキ釣りは最後の最後だけちょい盛り上がりソウダガツオに仕掛けをぶつぶつ切られまくって行きついたのが2本針で全長105センチという超々ショート仕掛け平成(本当に)最後のイサキ釣りでは潮が速くイサキを釣るには仕掛けの長さが250センチは絶対に必要という状況だったのでこの仕掛けをそのまま投入することはなかったが意外と便利に使える仕掛けかもという手応えを掴んだ。ソウダガツオに切られた仕掛けにこのショート仕掛けを接続することで針数と仕掛け長を調整することができる。エイトノットで接続するのでソウダガツオが食ってきても接続部分で切れることが多く、すぐにまた超々ショート仕掛けを接続できるのでロスタイムが短い。潮が緩いときはそのままで、潮が速いときは切られた仕掛けに接続することで便利に使えそうだ。



Twitter

2018年08月28日 17:06

« イサキ終了の儀式は断PE。毎年10メートルずつ切っていく | メイン | 宇佐美でカツオ&ヒラソウダがカイワリに混じる。行こうかな »

最近の釣りのお勉強記事

ヒラメに味を占め来季もきっとやる。八景沖アミ五目備忘録
潮の速さと仕掛け長、ソウダ禍の相関に悩んだイサキ2018
剣崎沖イサキでソウダガツオ対策に効果抜群の超短仕掛け
コマセ釣りは大潮を避ける。流して釣る底棲魚は大潮が○
初島沖イサキは長ハリスがウィリーより3倍有利と認めるよ
クロムツ狙いで底からオモリを10mは探る範囲が広すぎた!?
もう1戦するかっ!! 多動性中年向けオニカサゴ誘い方メモ
やらないのと知らないのは大違い。マダイの誘い方を調べる
束釣り記念。えっへんおっほん気分でLTアジ愚策あれこれ
剣崎沖イサキ2017総括。枝間は50センチ、ハンドルは大事
イサキの追い食いは仕掛けの張りを意識してゆっくりと巻く
バルーンサビキに餌が主流? シシャモは7月後半に接岸?
今秋? 来春?から伝説を始める…深場のこうかな?メモ
深場のは買うのにウィリーは意地でも自作。へたのこだわり
「誘い探り釣法」命名記念で調子に乗ってクロムツ釣りメモ
なぜアマダイに愛されないのか? ウジウジと悩んでみたよ
2016年のカワハギ釣りはデカハギ天国にまた一歩近づけた
マダイやイナダ、ショゴも!? 勝手にイシダイ五目の備忘録♪
デカハギ天国100の愚策~誘わない。でもしっかり寄せる~
'16カワハギの新兵器。ピカイチくん feat.アワビ貼りブレード
眉に唾をたっぷり付けてね♪ 束超え狙えるイサキの釣り方
昨季の怪我の功名。超ショート仕掛けでイサキ束釣り狙うぞ
タチウオはソフトでもハードでも対応できる準備が肝心かも
ガッ、ノタ~、フルフル…夏タチの魚信と針掛かり傾向と対策
澄み潮と濁り潮…タチウオ釣れてるとイサキは釣れない?
LTアジ仕掛けを見直す。低活性時はハリスを細く枝を長く
オマツリ考。横の人を思いやり感情をこじらせないのが大事
アコウをまた釣りたい。伝説が続くよう勇者様の教えをメモ
アナゴに餌だけくれてやらない淳ちゃん船長式イソメ装餌法
エビマゴチにヒューズ不要? 荒天時のタナの取り方は?
洲崎沖での釣果の満足度を指標化する「ウィリーこいこい」
来年こそは深場伝説をはじめるために残すぼうけんのしょ
上手くいったら調子に乗ってアマダイ釣りの下手な考えメモ
ムツ五目再戦に向け…アワセ必須? 向こうアワセでOK?
オニカサゴが釣れない理由がどうしても分からず休学宣言
タチウオで横の人のPEを切り怨まれないために注意する事
自己批判することが多すぎ。2015年のカワハギを総括する
はじめから全開でぇは間違い。TKB44決勝大惨敗の大反省
再戦の機会があるかどうかは分からんがサビキアジ備忘録
大アジを狙って釣るよりたくさん釣って良型を混ぜるが正解
タチウオの魚信を出す誘い&針掛かりパターンをチャート化
イサキ束釣りの最終兵器は超ショートオマツリフリー仕掛け
どうかな?がうまくいきウシシ♪とほくそ笑む北海道備忘録
剣崎沖イサキでボウズを回避するためのこうじゃないかな
完成することはない湾フグのこーかなあーかなメモ帳1枚目
忘れないうちにイシモチの釣り方メモを残しておくことにする
曇り、凪、水温、潮…メバル爆釣条件を真剣に考えてみた
NW伊豆合宿まとめ 宇佐美を100%楽しむためのあれこれ
貧して鈍して悩んで沈む。TKB52決勝は反省点だらけだ!!
良型ばかりなぜバレる? カワハギをバラす理由を考察する

著者: へた釣り